快気 祝い 職場。 快気祝いのプレゼントおすすめ22選。退院や回復時の感謝をこめた贈り物

快気祝いの相場はいくら?渡す時期や金額感、基本的なマナーまで

快気 祝い 職場

ケガや病気で入院している際にお見舞いに来ていただいた方々へ退院してから贈る「快気祝い」。 お見舞いやお世話になった方へのお礼や、病気・けがが良くなったことを報告する意味でも慎重に選びたいもの。 ここでは贈った方に喜んでいただける「お菓子の贈り物」をご紹介したいと思います。 感謝の気持ちを人気なお菓子ギフトと一緒に贈ってみてはいかがでしょう。 快気祝いの贈り物にお菓子がお勧めな理由 快気祝いの贈り物には何点かのポイントを押さえて贈り物を選ぶ必要がありますのでご紹介したいと思います。 例えば年配の方には和菓子であったり、お子様のいる家族であれば焼き菓子、甘いものが苦手な方にはせんべいやあられの詰め合わせ、職場であればたくさんの種類が入った大きな詰め合わせなど選択することができるので、贈る側にもメリットがあります。 しかし、お菓子であれば金額などもさまざまな設定で、贈る方の家庭の人数や職場の方の人数に合わせて数や量なども選ぶことができます。 洗剤やせっけんであると、皆さんで分けていただくなどは難しいので、困ってしまう事もあるかもしれません。 同じ洋菓子でも「有名ホテルの焼き菓子」や「期間限定品」など、ちょっとしたこだわりのあるお菓子が人気です。 その他、とても有名で流行りのお菓子だけれど並ばないとなかなか購入できない品や地域の名店のお菓子でそこでしか買えないという品など、希少価値があるものも人気です。 そして一番は「自分ではなかなか買わないけれど、もらったらうれしい品」が受け取る側としては一番嬉しい贈り物となるようです。 お子様のいるご家庭であればプリンやムース、ババロアなど冷やして食べるデザートも喜ばれます。 冬場であればチョコレートの詰め合わせや焼き菓子などが定番となっています。 個別包装や密閉包装など、賞味期限に考慮したものを選ぶようにします。 一つ一つが小分けに包装してある物を選べば配りやすいですし好みがあってもたくさんの種類の中から選べると皆さんに楽しんでもらう事が出来るでしょう。 ただし、個人でいただいたお見舞いに対しては、個人へお返しをするようにしましょう。 要冷蔵なものなども職場などに配る場合は不向きですので注意が必要です。 どなたかにあげるとしても少し食べたものをお裾分けするわけにもいきませんので、出来れば一つ一つ梱包され、小分けになっている物などを贈ると受け取った方も無駄にすることなく食べたり分けたりすることが出来ます。 職場関係に配る際もこの個別包装は衛生面などからしても重要です。 共通しているのは、いずれも日持ちが良くて常温で持ち運びができること。 これは贈り物としてはかなり重要なポイントです。 焼き菓子なら職場で食べるにも手軽で、配るにも適しています。 大半の物は数が多くてそれほど重くならないので、重さの面でもメリットがあります。 焼き菓子をチョコレートコーティングしたしたものや、スティック状のミルフィーユなども話題のお菓子といえるでしょう。 おかきやあられのなどの米菓小分けセットは贈り物でも根強い人気の品です。 誰にでも愛される定番のゼリーなら、世代を超えて贈っても喜んでいただけます。 また、家族の多い方には数種類の味を楽しめるゼリーの詰め合わせをプレゼントしたりすると皆さん好みが違っても大丈夫ですね。 しっかりとした固さの煉羊羹(ねりようかん)と、柔らかい水羊羹(みずようかん)など、有名な和菓子屋さんのものであればどこに贈っても恥ずかしくありません。 最後に お菓子にはたくさんの種類があるので、贈る方の年齢や家族構成などを配慮しながらお礼と感謝の気持ちを添えたメッセージやお礼状と一緒に贈ると相手の方も贈り主が元気になられたことを知り、安心して喜んでいただけることでしょう。

次の

覚えておくべき!快気祝いのギフトで贈ってはいけない品物

快気 祝い 職場

「快気祝いのお礼状」基本的な文面構成• 時候のあいさつ• 病気・ケガで入院していた旨、お相手に心配をかけたことへのお詫び• お見舞いにいらした・お見舞いをいただいたことへのお礼• 退院したこと、退院後の報告(あいさつの次に入ることもあります)• 快気祝いを贈る旨(追伸として最後に加えることもあります)• お相手の健康を気遣う旨、書面での略式であることのお詫び• 結語 封書で改まって書く場合は上記のような構成が一般的です。 メッセージカードなどでは(2)~(5)を簡潔にまとめます。 回復しているといっても、病み上がり(療養中)の身。 「いきなりがんばりすぎでは?」とお相手が心配することのないよう、退院後しばらくは身体を気遣うことも伝えましょう。 また、「さて 私儀(わたくしぎ)」や「さて 私こと」は、行末に配置して、行末を一文字分程度空けるのが通例です。 では、これを踏まえていくつか例文をご紹介します。 さて、私こと この度の入院に際しまして、突然のことで大変なご心配とご迷惑をおかけしながら、過分なお見舞いまで賜り厚くお礼申し上げます。 しばらくは自宅にて療養し、一日も早く職務に復帰できるよう体力の回復に努めますが、本復の際は改めてご報告させていただきたく存じます。 つきましては内祝いの印として心ばかりの品をお届けいたしますので、何卒ご笑納くださいませ。 まずは略儀ながら書中をもって御礼かたがたご挨拶申し上げます。 この度の入院中は、ご多忙の中わざわざお見舞いにお越しいただき、その上結構なお見舞いまで賜り誠にありがとうございました。 しばらくは自宅にて療養し、体力の回復に努めますが、本復の際は改めてご挨拶にうかがいたいと存じます。 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心からお祈りしております。 「重ね言葉」に気をつけて! 病気やケガは決して喜ばしいものではないですから、身の回りで何度も繰り返すことのないように、お礼状でも「ますます、重ね重ね、くれぐれ、再び、次々、返す返す、いろいろ、いよいよ」といった重ねる言葉は使わないようにしましょう。

次の

快気祝いの相場はいくら?渡す時期や金額感、基本的なマナーまで

快気 祝い 職場

快気祝いも全快祝いも、どちらも退院したときにするものということはご存知の方も多いと思います。 しかしこの2つの違いや意味を、はっきりとご存知でしょうか? また快気内祝いとの違いは? 今回はそれらの違いや意味について、ご紹介します。 快気祝いとは 快気祝いとは、入院や自宅療養をしていた人の病気がほぼ完治し、入院中にお見舞いに来てくれた人にお礼と報告を兼ねたお返しをすることを意味しています。 一般的には退院から1週間から10日の間に、入院中お見舞いを頂いた人に退院の報告を添えた挨拶状とお礼返しとして快気祝い品を送ります。 品物の表書きには「快気祝」と書いた熨斗紙をかけて、苗字のみ書くのが一般的です。 快気祝いはお祝いごとなので水引は蝶結びを原則としています。 水引は、「病気やケガを繰り返さないように」と願いを込めて紅白の結び切りを用います。 おもてなし(レストランでの会食や自宅での快気祝いパーティー などを行う際は、おもてなしそのものが快気祝いとなるので、特別にお祝いの品を準備することはしません。 絶対に贈り物をしてはならないというわけではないので、消耗品などをお返しとして贈ってもいいでしょう。 全快祝いとは 全快祝いの意味は、入院していた人や退院後自宅療養していた人の病気やケガが完治した状態で、お見舞いに来てくださった人にお礼と報告を兼ねた贈り物を送ることです。 全快祝いでは、病気やケガ等の入院理由のものが完治したことを、入院中にお見舞いに来てくださった人にお知らせをして、お礼の贈り物をします。 快気祝いと全快祝いの違い では快気祝いと全快祝いは、何が違うのでしょうか? 本来の意味合いとしては、快気祝いは病気等で入院していた人が退院した際にお見舞いを頂いた方に退院の報告とお礼をすることを意味します。 よって全快祝いと違って完治はしておらず、退院後も通院したり自宅療養を行っていたりするケースもあります。 現在は病気の全快を願い、縁起のいい全快祝いと兼ねる場合も多いようです。 快気祝いにはどんなものを贈ればよい? 快気祝いに贈るべきものは、基本的には「消え物」です。 特に、洗剤や石鹸などは喜ばれます。 これは「使い切ってしまえば終わり」ということで個々人の好みに左右されにくい、という理由にもよるのですが、快気祝いとして贈る場合は、「病を(水に)流す」という意味も持ちます。 迷ったらこれを贈るとよいでしょう。 また、果物類も良いとされています。 こちらも「消え物」ですが、「滋養強壮をつけてください」という意味も持ちます。 ただし、糖尿病などの生活習慣病の場合は食事の制限があることもあります。 相手の病気や回復度合いを知った上で判断しましょう。 もはやお祝いやお返しの定番となっている「カタログギフト」は快気祝いにもおすすめです。 好きなものを選んでいただけるので、迷ったらこれにしましょう。 確実に相手に喜んでもらえます。 熨斗は、蓋がしまるものならばケースの上に貼られます。 フルーツのかご盛りなどの場合は、持ち手の部分に張り付けられることが多いと言えます。 快気内祝いとは 一般的に「内祝い」とはお祝いごとのことを言いますが、快気内祝いの場合はその限りではありません。 快気内祝いとは、退院はしたけれど全快ではなく通院や自宅療養を行う場合に用いられます。 よって病気の完治のお知らせを目的とする快気祝いとは違い、快気内祝いとは退院はしているけれど通院や自宅療養が必要なときに使用します。 快気祝いと快気内祝いも区別が難しいのですが、快気祝いは全快祝いの意味も兼ねており、快気内祝いは主に退院したというお知らせと覚えておきましょう。 入院中にお見舞いに来てくださった、もしくはお見舞いを送ってくださった人に対する感謝と自らの回復の報告を相手にする意味を持っているのが快気祝いです。 退院して少し落ち着いたら、早めに快気祝い手配をしましょう。 そして、快気祝いに添える挨拶状も忘れずにお礼に添えて一緒に送ってくださいね。 快気祝いは入院中のお見舞いの感謝の気持ちのです。 支えてくださった方への感謝の気持ちを大切にしてお礼返しをしましょう。 病院へのお礼はすべき? 昔は医師に対する心づけやお礼の品物を贈る、という習慣がありました。 しかしながら現在では、このような習慣はすたれつつあります。 「だれからであっても受け付けない」としている病院が非常に多くなっていますから、基本的にはお礼の品物については考えなくてもよいでしょう。 ただ、人情として「どうしてもお礼をしたい」という人もいるかもしれません。 その場合は、事前に必ず病院に許可をとってください。 病院側で、「引き受ける」と言われた場合は、みんなで分けられるお菓子などを贈ることをおすすめします。

次の