パッシェン デール。 [B! 軍事] パッシェンデールの戦い

イープル (イーペル)

パッシェン デール

戦火により廃墟となった街(1918年撮影) アウグスト修道院およびノネボッシェンのベネディクト会女子修道院を中心として集落が発達した。 どちらも1580年に流行したの被害にあい、破壊された。 ベネディクト修道院はのちに再建されたが、フランス軍占領下で略奪され、修道院は没収された。 1382年のでは市内の地区が戦場になった。 ではを中心とする突出部に位置していたため、市は戦場となり甚大な被害を受けた。 市は1920年代初頭まで放棄されていたが、徐々に人々が戻り再建された。 1932年に地元住民によってチーズ製造施設が開業した。 この製造所は現在までの唯一の供給源となっている。 では連合軍のヨーロッパ反攻作戦の際にの防衛部隊が駐留したが、戦闘による被害はほとんど出なかった。 今日のゾンネベーケでは地元産の青い粘土をしたレンガ製造が主要産業となっている。 地下壕 [ ] 第一次世界大戦中に市内に掘られた地下壕の模型 ゾンネベーケおよび周辺集落は、1917年7月から11月まで行われた(第三次イーペル会戦)の戦場となり、大戦を通じて最も多くの地下壕が建設された区域となった。 現在でもレンガ製造向けの粘土を採掘に伴い、地下壕が定期的に発見されている。 現在までに約180の地下壕が確認されており、1990年代まで一部の地下壕は実際に入ることができた。 1983年、オーストラリア軍が建設した地下壕がレンガ製造工場付近で発見され、1998年まで一般公開された。 この地下壕は最終的に木材の腐食により崩壊したため、現在入ることはできない。 アウグスト修道院の考古学的発掘調査の間に、ゾンネベーケ教会の下で別の地下壕が発見された。 この地下壕の模型や発見された遺物は市内の戦争記念博物館で展示されている。 1998年2月、地元住民が転落したことで新たな地下壕が発見された。 今日ではこれらの地下壕を歴史的記念物として保存・活用する動きが高まっている。 地区 [ ] 市はゾンネベーケ、ベセラーレ、ヘルフェルト、パッシェンデール、ザントフォールデの各地区に分かれている。 これらの地区はいずれも独立した町だったが、1970年代に合併した。 472 II ベセラーレ 14,33 2. 684 III ヘルフェルト 7,79 1. 553 IV パッシェンデール 22,22 3. 152 V ザントフォールデ 6,68 521.

次の

【パッシェンデール】の例文集・使い方辞典

パッシェン デール

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 移動: , パッシェンデールの戦い 第三次イープル会戦 フーゲ付近にあるシャトーの森で渡り板の上に立つオーストラリア兵, 1917年10月29日. 撮影:Frank Hurley 戦争: 年月日:1917年7月31日~11月10日 場所:、の 結果:引き分け 交戦勢力• オーストラリア• カナダ• 指揮官 ダグラス・ヘイグ ヒューバート・ゴーフ ハーバート・プルーマー アーサー・カリー マックス・フォン・ガルヴィッツ 戦力 不明 不明 損害 死傷約448,000 死傷約260,000 パッシェンデールの戦い(-のたたかい、 Battle of Passchendaele、 第三次イープル会戦とも)は、のにおける主要な戦いの一つ。 7月末から同年11月まで続いた。 戦闘は、、、の対の間で戦われた。 攻勢側となった連合国の目的は、のに位置する付近にあるパッシェンデールの村(今日のPassendale)を制圧し、ドイツ軍戦線に突破口を開きベルギーの海岸線まで進出して、そこにあるドイツ軍の潜水艦基地を占拠することにあった。 これは戦線の要である位置に決定的な通廊を穿つことにより、フランス軍への圧迫を除去することを意図していた。 当時のフランス軍は、の惨敗のため士気が極端に乱れており、全師団の戦闘における信頼性が損なわれるほど諸部隊や兵士の抗命や軍規違反が頻発していた。 戦場の大部分は埋め立てられた沼沢地であり、雨が無くともぬかるんでいた。 イギリス軍による極めて大規模な準備砲撃はこの地表を引き裂いてしまい、8月以降の大雨と相俟って通行不能な底無し沼を作り出し、このため無数の兵士が溺死することになった。 当時発明されたばかりのも沈み込んで行動不能だった。 ドイツ軍は良好なと、連合国の準備砲撃を生き延びた相互に連携した群に拠っていた。 最終的にパッシェンデールの村はカナダ軍により占拠されたが、連合国軍の損害は殆ど45万人に及んだ一方、ドイツ側の損害は26万人であった。 現在のオランダ語で「パッシェンデール」はPassendaleと綴られる。 古いPasschendaeleという綴りを用いる場合は、今日では特にこの戦いのことを指す(ただし、例外として、西フレミッシュ方言で発音する現地住民は古い綴りの方を用いる)。 本来この名称は1917年10月~11月の間に生起した戦いだけを指すべきだが、一般にはイギリス大陸派遣軍による7月31日の作戦発起以降の作戦期間全体を指すようになった。 三ヶ月に渡る激戦の末、カナダ軍団が1917年11月6日にパッシェンデールを奪取して戦闘は終わった。 第一次世界大戦の「パッシェンデール」と言えば、「初期の近代的戦争が見せた極端な残虐性」を象徴する言葉である。 今日のPassendaleは、ベルギーの地方自治体であるゾンネベーケ(en:Zonnebeke)に含まれる。 戦術的概観と前哨戦 メシヌの尾根 「メシヌの戦い」も参照 第一次イープル会戦において、イープル北方の橋をドイツ軍が奪取した結果、付近の連合国戦線はドイツ側に突出する形になり、周囲をドイツ軍に囲まれた上に高地のドイツ軍から見下ろされていた。 連合軍最高司令官サー・ダグラス・ヘイグ元帥は、この戦線をの海岸線まで突破してドイツ軍の基地を占拠することを決断した。 作戦が成功すれば、潜水艦を無力化できる他に、連合軍戦線を整理・短縮しつつ新戦線の背後に多くのドイツ軍部隊を分断・包囲できると思われた。 ヘイグは第二軍司令官のハーバート・プルーマー将軍に戦闘を続行するよう命じたが、準備が整うまで更なる攻勢は延期せざるを得なくなった。 また戦略要地であるメシヌの尾根を予め確保しておく必要があった。 メシヌの尾根を巡る戦いは6月7日~14日にかけて生起し、ここでイギリス第二軍は所期の目的を達成した。 この戦闘はイギリス軍による(600tの起爆により陣地のドイツ兵約1万名が死亡)から始まったことで知られる。 1917年7月~ ドイツ軍は7月にをイープルで初めて実戦投入した 「イペリット」という通称の由来。 これは人体の皮膚や粘膜を襲い、皮膚や呼吸器に糜爛や炎症を起こし、眼を焼いて失明に至る場合もあり、非常な苦痛を伴った。 メシヌの尾根に続き、作戦の第二段階として、サー・ヒューバート・ゴーフ(en:Hubert Gough)将軍に対しイープルを見下ろすゲルベルト台地を制圧するという任務が与えられた。 多数の野砲が該当戦域に集められ4日間に渡り準備砲撃を実施した。 ドイツ軍は連合軍の攻勢意図を察知して守備兵力を増強した。 連合軍が攻勢を進める上での障害の一つはイーゼル運河だったが、これは7月27日、ドイツ軍の塹壕が無人であることに連合軍が気付いて突破された。 この4日後、主攻勢が開始され、ピルケムの尾根への大規模突撃により約1. 8km前進したが、このたった一つの戦闘で連合軍は死傷者・行方不明者合計32,000人という損害を出した。 イープル-パッシェンデール戦の全体を通じて、地表状態は悪かった。 これは同地域が既に何度も戦火に曝されていたことと、部分的に氾濫していたためである。 絶え間のない砲撃は排水用の用水路を破壊してしまい、季節外れの大雨と相俟って、付近一帯は泥の海と水の張った砲弾孔で覆い尽くされた。 兵士は泥の上に渡した渡り板の上を歩いて前線に向かったが、45kg程の装備を担いでいる場合が少なからずあり、足を滑らせて砲弾孔にでも落ちればそのまま溺死する危険があった。 辺りの樹木は葉も枝も吹き飛ばされて幹のみとなり、埋葬された戦死者の遺体は雨や砲撃で掘り返されてしばしば地表に露出した。 1917年9月~ 連合軍による8月の大規模な攻勢が、悪天候にも災いされて失敗に終わった後を受け、9~10月の作戦においては「bite and hold」(噛って維持する)と呼ばれる新戦略が採用された。 これは敢えて小規模な前進を行いその都度予想される反撃を撃退することで、戦果を積み重ねて行こうという発想に基づいていた。 作戦指揮はヒューバート・ゴーフに代わってハーバート・プルーマーが執ることとなった。 連合軍はこの時点で同戦域に1,295門の砲を集めており、これは凡そ攻撃正面4. 5mにつき1門に相当した。 9月10日のメニン道路の戦いでは、大規模な砲撃に続く攻撃で約1. 35km前進したが、ドイツ軍による抵抗もまた激しく、21,000人の損害を出した。 この頃のドイツ軍は半永久的な陣地帯を構築しており、大変深く掘られた待避壕とコンクリート製のトーチカ群を備え、それを支援する砲兵は両軍陣地の中間地帯(No man's land)を正確に射界に収めていた。 続いて突出部南東のポリゴンの森とブルードサインデにおける攻撃では、連合軍は更に約1. 8km前進したのと引き換えに30,000人の損害を出した。 英軍の戦線は今やパッシェンデールの尾根から見下ろされる位置まで進んでおり、従ってそこが次なる重要目標となった。 10月9日に実施されたポエルカペル(en:Langemark-Poelkapelle)に対する攻撃は連合軍にとって陰気な失敗に終わり、疲れ果てた兵達は僅かな前進の後反撃を受けて撃退された。 第一次パッシェンデール戦 パッシェンデールの空撮写真、戦闘前と戦闘後。 村全体と道路までもが粉砕された様子が判る。 両軍が相手の遮蔽物や移動経路を悉く砲撃したためであり、市街戦が町を非市街化した。 第一次パッシェンデール戦は、1917年10月12日、ポエルカペル付近で地歩を拡大しようとする三国協商側の更なる試みにより始まった。 大雨がまたしても移動を妨げ、泥のため砲を前進させることは出来なかった。 三国協商側は撃退され士気は低下した。 十分に準備の整った三国同盟側の防御の前に、連合軍の戦果は僅かであり損害は13,000人に及んだ。 この時点で連合軍の損害は100,000人に達していたが、戦果は極めて限定的であり戦略的突破も未達成だった。 第二次パッシェンデール戦 カナダの将軍サー・アーサー・ウィリアム・カリー。 第二次パッシェンデール戦においてカナダ軍団を指揮した。 カリーは、カナダ軍部隊がドイツ軍の撃破に成功した場合、カナダ軍の損害は16,000人から20,000人になるであろうと正確に予言した。 詳細は「第二次パッシェンデール戦」を参照 この時点で酷く消耗していたANZAC軍の代替として、カナダ軍団の二個師団が戦線に投入された。 ヴィミーの尾根と70高地の戦いにおける成功の結果、カナダ軍は精鋭部隊として認められ、以後戦争を通じて最悪の戦場の幾つかに投入されることとなった。 到着に当り、カナダ部隊の総指揮官だったサー・アーサー・カリー将軍は、目標を達成する上での損害は16,000人になるだろうとの見解を表明した。 カリーは目標の価値に対してこの数字は異常に高過ぎるとの意見を持っていたが、ヘイグはここ何年かに連合軍が蒙った大損害を通じて損害何十万人と言った程度の数字には動じなくなってしまっており、攻勢を実行するよう命令した。 カナダ軍部隊は10月半ばに戦線入りした。 1917年10月26日、カナダ軍の第三師団と第四師団の計20,000人が突出部の丘陵地帯を前進し、第二次パッシェンデール戦が開始された。 連合軍は何百メートルかの前進と引き換えに12,000人の損害を出した。 イギリス軍二個師団の増援を受けて、10月30日に大雨の中で実施された二回目の攻撃により町は奪取された。 続く5日間に渡りドイツ軍の砲撃と反撃に耐え、11月6日に第二波の増援部隊が到着した時点で、カナダ軍二個師団の兵員は五分の四が失われていた。 交代部隊として投入されたのはカナダの第一師団と第二師団だった。 ドイツ軍は依然戦場を取り囲んでいたため、6日に第三師団の残存兵力による限定的な攻撃が実施され、これに呼応した第一師団による大きな前進により戦域全体に渡って要地が確保された。 この攻撃で第一師団が実施した中の一例は52高地に対するものだった。 52高地はパッシェンデールが位置したのと同じ低い丘の一角を占めており、この攻撃を支援するためにカナダ大陸派遣軍の第10大隊が予備から投入された。 この大隊は本来攻撃に参加する予定では無かったが、第10大隊の指揮官は部下にあたかも攻撃主力を担当するかのように準備させており、この判断は大隊が予備状態を解除された時点で報われた。 1917年11月10日、第10大隊は目標を軽微な損害で占拠した。 同日の第二師団による更なる攻撃によりドイツ軍は斜面から町の東へと追いやられ、連合軍による高地の確保は揺ぎ無いところとなった。 余波 行方不明者のためのタイン・コット記念碑とタイン・コット墓地 カンブレーの戦いは戦車の集中投入により成された初の突破であり、最終的勝利への自信が揺らいでいたイギリス政府を立ち直らせたが、その際戦果を拡大するための予備兵力が不足した。 これは第三次イープル会戦が原因である。 イギリスの政治家達は人的損害を完全に補充することを渋るようになっていた。 補充すればするだけ犠牲にされてしまうと恐れたためである。 このことがイギリス軍をしてドイツ軍の攻撃の前に脆弱たらしめた。 3月21日、ドイツ軍による大攻勢であるミヒャエル作戦が始まり、4月9日にはその助攻勢であるリスの戦いが始まった。 この作戦でドイツ軍は約9. 6km前進し連合軍がパッシェンデールで獲得した土地をほぼ全て奪回した。 これは、連合軍が450,000人の損害と5ヶ月の時間を費やして得た土地が僅か3日で失われたことを意味しており、多くの歴史家達が指摘するようにイープル突出部は元々「大作戦を仕掛けるほど戦略的に重要な地域ではなかった」ことをまた証明している。 これらの戦いとそれによるイギリス兵戦没者の記念碑として、イープルのメニン門記念碑(en:Menin Gate Memorial)、タイン・コット墓地と行方不明者記念碑(en:Tyne Cot Cemetery)がある。 後者はイギリス連邦戦争墓地委員会(en:Commonwealth War Graves Commission)の墓地としては世界最大で、12,000基近い墓碑から成る。 パッシェンデールは第一次世界大戦における大規模戦闘の残虐さを象徴している。 ドイツ軍は約270,000人を失い、イギリス帝国の各軍は計約300,000人を失った。 この中には兵約3,596人、兵36,500人、カナダ兵16,000人が含まれる。 カナダ兵の損害は殆どが10月26日から11月10日にかけての最終攻撃にて生じた。 イギリス・ニュージーランド・オーストラリアで合わせて90,000人の遺体は身元を特定できず、また42,000人の遺体は遂に発見できなかった。 空撮写真の分析では1平方マイル(2. 引用 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

優勢だったドイツが敗退に変わる重要な戦い パッシェンデールの戦い

パッシェン デール

ライン戦線の膠着と魔道大隊は第一次世界対戦のドイツ帝国とフランス共和国の戦い似てる 幼女戦記第1話でも描かれたライン戦線。 ターニャがピンポイントで敵を撃破していきますが、現実ではそう上手くいくわけでもなく・・・。 憶測ですが、第1次世界大戦でのドイツ帝国とフランス共和国の国境での塹壕戦を元にしていると考えています。 第一次世界大戦 犠牲者数 (1914年7月28日~1918年11月11日 戦闘員及び民間人 総計:約3700万人 ドイツ :177万人 オーストリア:120万人 イギリス :91万人 フランス :136万人 ロシア :170万人 イタリア :65万人 セルビア :37万人 アメリカ :13万人 — JS. Kenta isokaze1937 1914年から戦争終結の1918年までこの戦線は大きな変化がありませんでした。 この間に塹壕を突破するために戦車、戦闘機、毒ガスなど様々な新兵器が生まれました。 幼女戦記の世界に存在する魔道部隊をもってしても、戦線は膠着状態でした。 協商連合との闘いは第2次世界大戦の冬戦争を彷彿とさせる 幼女戦記2話や中盤でも描かれた北方ノルデンでの戦闘はアニメ12話を通してライン戦線と共に物語の中心でした。 アンソンは強敵でしたね。 存在Xに蘇生された後はラスボスとなって、ターニャの前に立ちはだかりました。 ネルソン級戦艦「ロドニー」(その2) 第二次世界大戦開戦当時、本艦は本国艦隊および大西洋艦隊に所属。 1940年、ノルウェーにてドイツ軍機の攻撃を受けるが、すぐに回復。 その後はイギリス~カナダ間の輸送船団の護衛任務に従事した。 — オミーズの辞典 ioujimma1945 そんな北方ノルデンですが、筆者は第2次世界大戦におけるノルウェー侵攻やフィンランドでの冬戦争を元にしていると考えます。 QF 3インチ 20cwt高射砲(その3) 本砲は改修し、性能向上型のタイプが第二次世界大戦で使われ、潜水艦の備砲や、本土防空任務についた。 また、フィンランドに供与された本砲は1941年から1944年かけてソ連との継続戦争で活躍した — オミーズの辞典 ioujimma1945 大西洋進出のために侵攻したドイツ軍とそれを阻止するために上陸したイギリス軍。 ですが、現実ではこの戦闘は2か月で終結してしまいます。 幼女戦記では協商連合は共和国ほどではないにせよ、脅威でした。 そこで、フィンランドでソビエト連邦との間に起きた冬戦争です。 冬戦争 第二次世界大戦中の1939年にソ連がフィンランドに侵攻した戦争。 ソ連の侵攻目的はフィンランド湾を制圧し、対ドイツ戦の軍事拠点にするためであった。 しかし、圧倒的な劣勢のなかフィンランドは根強く抵抗し、ソ連軍も多大な損害を被った。 — オミーズの辞典 ioujimma1945 ソビエト連邦の侵攻に対し、フィンランド軍は抵抗を続け、国を維持することに成功しています。 そのような歴史をふまえ、幼女戦記での協商連合との闘いは中立のスウェーデン。 実際に領土内で戦闘の行われたノルウェー。 冬戦争でゾビエト連邦に対して善戦をした3ヶ国をミックスした設定になっているのではないかと考えます。 ダキア大公国での帝国軍の勝利は第2次世界大戦でもよく見られた傾向 アニメ5話でダキアとの闘いで圧勝したターニャ率いる大隊。 帝国とダキアの格の違いを見せつけられた回でした。 今日は第二次世界大戦が始まった日。 ドイツ軍がポーランドに3方向から侵攻。 航空機と戦車の空陸一体となった機動戦を展開、それに呼応しソ連も参戦、10月にはドイツ軍とソ連軍が全域を占領。 ちなみにこの時はまだ電撃戦ではなく殲滅包囲戦のばず。 ドイツが周辺国を侵攻するなか、ポーランドやフランスは第2次世界大戦で新戦術の電撃戦に敗北しました。 アレーヌ市への砲撃とパルチザン排除はワルシャワ蜂起に似ている アニメ8話「火の試練」で市外への砲撃がなされました。 第1次世界大戦の塹壕戦での前線付近の村や町は瓦礫の山と化しました。 第2次世界大戦では空襲や市街戦でしょうか。 大戦後期のポーランドで起きたワルシャワ蜂起なども考えられます。 幼女戦記に登場する戦略も元ネタがありそう ここからは幼女戦記で登場した、いろいろな戦術や戦略の元ネタを考察していきます。 攻め込んでいたと思っていた共和国が混乱は兵士の言葉に表されます。 俺たちは攻めていたんじゃなかったのか!? 1916年の今日は、第一次世界大戦におけるソンムの戦いが終結した日。 連合国軍がドイツ軍への大攻勢として開始し、最終的に両軍合わせて百万人以上の損害を出したが、連合国軍は僅かな土地を獲得したにとどまり、ドイツ軍は後退を最少におさえた。 — OCU世界史同好会 OCUWorldHistory この戦術に似ているのが、第1次世界大戦で近いものは初期のフランスのプラン17という作戦です。 この作戦はフランス軍がドイツ領土を奪取するというものですが、ドイツ軍の計画的な後退により失敗に終わっています。 ターニャの魔道部隊による敵司令部撃滅はドイツのV1ロケットに似てる 幼女戦記の世界では存在Xの影響か、戦争が進むにつれ、いろいろな技術がすさまじく進歩していきます。 ターニャが率いる部隊が搭乗するロケットもその一つです。 おやすみゲルマン 今日はV1ロケット 巡航ミサイルの祖。 ジャイロスコープと高度計により方向と高度を設定し先端のプロペラで距離を計算、設定距離まで飛ぶとエンジンを止めて落下する。 エンジンはパルスジェットなのでバスバスと音がする。 良兵器だったが飛行速度が遅いので戦闘機で撃墜できた — 苺カステラ提督 itigoCastilla これは第2次世界大戦時のドイツが開発したV1ロケットに見えます。 実際にV1ロケットはイギリスへと発射されているので、幼女戦記での作戦はこれを考慮しているのではないかと考えます。 解錠作戦は第1次世界大戦でのパッシェンデールの戦いを彷彿とさせる 物語後半の共和国の戦いにて敵右翼をトンネル内に設置した地雷によって壊滅させる解錠作戦。 数メートルの前進と引き換えに、泥の中、1万2000人の兵士を失う。 すでに十数万人が死傷。 ヘイグ司令官は、感覚が麻痺しているのか、軽微な損害と判断し、攻撃続行。 連合軍はドイツ軍陣地の地下に爆薬を仕掛け、爆発させ1万人の兵士が一瞬のうちに壊滅しました。 これは、核兵器以外で人間が行った爆破としては最大規模であるとのことです。 8cmKw FlaK? 回転ドア作戦ってシュリーフェンプランの位置逆バージョンなのね。 これは第1次世界大戦のドイツ帝国に似たような計画があります。 シェリーフェンプランです。 これは、回転ドア作戦と違って北部から突破して南部の部隊を挟み撃ちにするというものです。 回転ドア作戦は逆シェリーフェンプランともいえます。 実際は、ベルギーがドイツの予想を上回る抵抗をし、短期間に包囲することができず、フランスに立て直す余裕を作ってしまいました。 手こずっている間に帝政ロシアの攻撃の準備が整い、兵力を東西に分ける結果へと繋がります。 幼女戦記のように、複数の戦線を抱えることとなってしまいます。 この後に御存知の通り、何年にも渡る塹壕戦へと突入していきました。 まとめ 一通りアニメで行われた戦闘をまとめてみましたが、どうだったでしょうか?幼女戦記は色々な初心者から戦史に精通した玄人までが楽しめる軍事ネタが散りばめられていると考えています。 詳しい人ならもう知っているとか、それは違うだろというものがあると思いますが、これを機に幼女戦記の元ネタにも興味をもってくれると嬉しいです。

次の