余ったビール 漬物。 【余ったビールで!】ナスのビール漬けはいかが?【簡単お漬物レシピ】

【裏ワザ】残ったビールの意外な活用法8選

余ったビール 漬物

ビールを使った料理法 ビールを使った料理といえば天ぷらです。 天ぷらの衣にビールを使うと、 衣の水分が蒸発してサクサクした食感に仕上がります。 天ぷらの衣にビールを使うときに気をつけていただきたいことが、 炭酸が抜けたビールを使うということです。 炭酸が抜けきっていないと油がはねるので気をつけてください。 次にご紹介するのは、お肉料理です。 お肉料理の下ごしらえのときにビールを使います。 ビールにお肉を漬け込むと、 アルコール成分が肉に吸収されてお肉が柔らかくなります。 漬け込む時間は1~2時間くらいが目安です。 時間が経ったら、お肉を水洗いして 水気を拭いてから焼いてください。 ビールは煮込み料理にも合います。 トマト煮込みやカレーとの相性が抜群です。 煮込み料理にビールを入れることで、深みのある味わいになります。 ビールを入れすぎると苦味やビールの風味が際立つので、 少量ずつ入れるようにしましょう。 最後にご紹介するのはお漬物です。 密閉袋やビニール袋に、一口大に カットしたきゅうりなどの野菜と大さじ1のビールと塩、大さじ3を入れて 冷蔵庫に入れてください。 半日冷やすと味がしみ込みます。 ビールの甘味が味のアクセントになってくれます。 ビールを使った掃除法 余ったビールは掃除の時にも大活躍してくれます。 ビールには、アルコールと ビタミンEが含まれています。 アルコールとビタミンEが油汚れを分解するので、 油汚れが気になるコンロ周りをキレイに掃除することができるのです。 また、皮脂汚れが気になる窓ガラスやフローリング掃除にも使うことができます。 ビールには美肌成分であるビタミンEが含まれています。 スポンサーリンク 掃除中に手が荒れることもありませんので、安心して拭き掃除ができます。 ビールは木製家具のお手入れ時にも役立ちます。 柔らかい布にビールを 染み込ませて木製家具を拭くと、木製家具がピカピカになります。 ビールを使って木製家具のお手入れをするときには、目立たない場所で 試してから磨いてください。 そして、ビールでゴールドジュエリーを拭くと、輝きが増します。 柔らかい布にビールを少し染み込ませて、汚れが目立つ部分を拭いてください。 ストーンや真珠が付いているアクセサリーは避けましょう。 ビールを使った美容法 ビールは美容にも使うことができます。 ビールには髪にツヤを与えるタンパク質や ビタミンがたくさん含まれています。 余ったビールを普段使っているシャンプーや コンディショナーに混ぜて使ってみましょう。 ビールの原料である小麦や トウモロコシのタンパク質が髪をコーティングして、ツヤを アップさせてくれます。 余ったビールをお風呂や足湯に入れると、ビールに含まれているイースト酵母や アルコール成分によって、肌が柔らかくなります。 また血行が促進されるので、 新陳代謝が活発になります。 パーティーなどで大量のビールが 余るときに試したい活用法です。 まとめ 余ったビールの活用法を、料理・掃除・美容の3つのカテゴリーから ご紹介しました。 この他にも、余ったビールは観葉植物の肥料として使うこともできます。 ビールに含まれている糖分が植物の栄養になり、アルコールが雑菌や害虫の 退治をしてくれます。 さらに、ビールをキッチンペーパーに染み込ませて 葉っぱを拭くと、鮮やかな緑色になります。 このように余ったビールは様々な活用法があるので、捨てずに有効活用 することをオススメします。

次の

余ったビールを最大限に活用できる料理・掃除・美容法!

余ったビール 漬物

ビール大国ベルギーの名物料理 夏に飲むビールは最高ですね。 ビール大国ベルギーでは、飲むだけでなく、料理にも使います。 なかでも「カルボナード」という名の牛肉のビール煮は、ベルギー料理レストランなら必ずメニューに載っている名物料理です。 今回は、残り物のビールでOK、手に入りやすい食材でアレンジした作り方をご紹介します。 しっかり煮込むので、アルコールが苦手な方や子供にも喜ばれるご馳走です。 ビールの力 煮込み料理は、煮込んでいる間に副菜を準備したり、別の仕事ができるので、忙しい時には重宝する料理です。 今回のカルボナードは、弱火で煮込んでいる間に、ビールの炭酸と有機酸の働きで牛肉のたんぱく質がほぐれ、保水性も高まって、肉がとろとろに柔らかくなり、味も浸みます。 伝統的なレシピでは黒ビールと、香辛料が入った甘いパンを使いますが、日本の食材でも大丈夫。 ビールの味はあまり残りませんが、銘柄による微妙な甘さや苦みなど、いろいろ試してお楽しみください。 【材料】 ・牛肉 カレー・シチュー用 :500g ・タマネギ 薄切りにしておく :200g ・マッシュルーム 食べやすいように切っておく シメジでもよい :200g ・バター:20g ・小麦粉:50g ・ビール:500cc ・ブイヨン:8g ・ワインビネガー 酢でもよい :大さじ1 ・黒砂糖:10g ・塩:適宜 ・胡椒:適宜 ・あればベイリーフ:2~3枚 【作り方】 1. 牛肉に焼き色が付いたら、取り出す。 肉全体に焼き色を付ける 3. タマネギが少し透明になった頃合いで、マッシュルームも入れて炒める。 バターの香りが立つ 4. 小麦粉がタマネギとマッシュルームにからみ、粉っぽさがなくなるまで炒める。 焦げないように、底からこそげ落とすようにして。 底が焦げないように 5. ビール、ブイヨン、ビネガー、黒砂糖、ベイリーフを鍋に入れる。 途中で時々、あくを取る。 焦げないように、鍋の底からよく混ぜる。 あくを取りつつ煮込む 付け合わせ野菜を添えて ビールによって味が違いますので、塩・コショウ・砂糖で調節してください。 大量に作って冷凍しておくのもおすすめです。 食べる前に弱火で温め直すと、さらに柔らかくなります。 福田恭子/フリーランス・ライター。 京都市生まれ。 ドイツ・テュービンゲン大学で学ぶ。 文化を専門として茶道家元や京都の老舗料理店の広報誌編集長を務め、国内各地や世界50カ国で取材。

次の

粕漬け,ビール漬け,はちみつ漬け…発酵食品「漬物」のおいしい漬け方レシピ9選

余ったビール 漬物

ビールが余って困る。 そんなときは料理に? ビールが余るともったいないけど、そのまま捨ててしまうこともあるでしょう。 でもそんな時毎日のように食べる料理に使えるとしたら、捨てるのをやめようと考えませんか? ビールには様々な使い道があります。 順番にビールに含まれる成分をもとに、料理への使い道を説明していきます。 ビールはお肉を柔らかくする? ビールにはお肉を柔らかくするための成分が含まれています。 ビールの炭酸には有機酸が含まれていて、漬け込んでおくだけでも保水性が高まっていき柔らかくなっていきます。 時間的には1~2時間ぐらいで大丈夫ですが、3~4時間煮込むことでより柔らかさを増します。 お肉を柔らかくして、おつまみとして肉料理を作るのもいいですね。 ビールはお肉の脂っこさを抑える効果も 肉の部位によっては、脂っこさが多くて胃もたれを起こしてしまう人もいることでしょう。 脂っこさが目立つお肉ですが、ビールによって脂っこさとしつこさをおさえることもできます。 お肉を煮込む場合だけでなく、鳥の唐揚げを作ったり豚の生姜焼きを作ったりするときにも使えます。 大量のビールを購入した際には、ぜひ試してみてください。 ビールは天ぷらの衣にも? 意外かもしれませんが、ビールは天ぷらにも活用することができます。 これは天ぷらの衣にビールを混ぜる方法となっていて、水の代わりにビールを入れます。 すると普段天ぷらが上手く作れない人でも、簡単にサクサクの天ぷらを作ることができます。 ビール臭さは天ぷらを揚げた際になくなるので、子供がいる家庭でも安心して作ることができます。 ビールの炭酸が衣に混ざり揚げることで気泡となり、サクサクふわふわな食感を生み出します。 ビールの料理はビールのおつまみに ここで紹介した料理は、ビールを使っているだけあってビールとの相性は抜群。 翌日の晩酌のおともにも最適です。 他にも、漬物などもビールを使って作ることができます。 ビールを飲みながらビールで作った料理をおいしく食べれるなんて、ビール党からすれば夢のような時間ですね。 ビールを使って作るおすすめのお肉料理 さて、ビールを使うと聞いたらまず思い浮かぶのが「お肉料理」ではないでしょうか?ここでは余り物のビールを使ったお肉料理のレシピをご紹介していきます。 「ビールにはやっぱりお肉!」と考えている方は、ぜひこのレシピを試してみてください。 本格スペアリブ 本格的なスペアリブも、ビールを使えば柔らかくなって食べやすく、しかもコクのある味に仕上がります。 【材料】(1人前)• スペアリブ 5本• 目安としては1時間ですが、漬け込む時間が長ければ長いほど味がしっかりしみこみます。 漬け込みが完了したら、そこから漬け込んだ液体と一緒に圧力鍋に投入してしっかりと煮込んでいきます。 普通の鍋でも大丈夫なのですが、しっかりと柔らかくするなら圧力鍋がおススメです。 圧力がかかったら火を止めて圧力が抜けていくのをゆっくりと待ちます。 圧力が抜けたら蓋を外し、そのままお皿へと飾りつけをしましょう。 オシャレに葉っぱなどを飾ると、立派な料理になります。 チキンのビール煮もおいしい お金のかからないチキンのビール煮もおすすめです。 シンプルで美味しいチキンのビール煮の作り方をご紹介していきます。 鶏肉 500g• オリーブオイル 大さじ1• 玉ねぎ 1個• まず鶏肉を一口大に切っていきます。 そしてオリーブオイルをフライパンにかけて、そこから鶏肉をしっかりと焼き色がつくまで焼いていきます。 一度ひっくり返して、焼き目がつくまで焼いていきます。 のちにビールで煮込んでいくので、そこまで火を通す必要はありません。 何度もひっくり返してしまうと肉汁が出て、パサつく原因となってしまいますで注意が必要です。 玉ねぎを薄切りにして軽く痛めていきます。 全体にからめる程度で大丈夫です。 10分もすれば火は十分に行きわたり、食べれる状態になります。 もっと味をしっかりと含ませたいなら15分から20分くらいしっかりと煮込んでいきましょう。 もちろん豚肉にも。 豚の角煮 ビールと一緒に食べるなら、豚の角煮はかかせませんね。 固くなりやすい豚肉にも、ビールパワーの効果は抜群です。 冷蔵庫で保存もできるので作りすぎても問題ありません。 豚バラ 600g• ゆで卵 お好みの個数で• ネギ 1本• ビール 350ml• お好みの大きさに合わせて豚バラブロックを切っていき、脂身を下にしてフライパンに並べていきます。 表面にしっかり焼き色がつくまで焼いていきましょう。 鍋に肉が隠れるぐらいに水を浸して、お好みで切ったネギと生姜を入れていきます。 沸騰して灰汁が出てきたらこまめにとっていきましょう。 そこから弱火または中火で煮込んでいきます。 生姜とねぎを取り除きお湯を捨てます。 お湯を捨てた鍋にゆで卵を入れた後にビールを入れます。 ビールを使って作るお肉以外の料理 お肉の料理にビールは最適ですが、お肉以外の料理にも活用していくことができます。 ではいったいどんな料理を作っていくことができるのでしょうか。 ちょっとヘルシーなビールを使った料理にチャレンジしたいと考えている人はぜひ参考にしてみてください。 野菜をビール漬け? 野菜をビール漬けにする発想はほとんどの方はしないでしょう。 しかしお漬物感覚で気軽にビールを用いた料理を作ることができます。 今回は居酒屋の定番・きゅうりを使った野菜料理をご紹介します。 きゅうり 1㎏• まずきゅうりを自分好みで食べやすいサイズにカットしていきます。 しっかりと揉みこんでいき混ぜ合わせたら、空気が入らないようにしっかりと包んで冷蔵庫に入れておきます。 そのまま3日間ほど入れておけばきゅうりの漬物が完了となります。 他にもナスや大根、ニンジンも同じように作ることができるのでぜひお試しください。 ビールに漬けることでほろ苦さとしょっぱさのコントラストが引き立ち、ちょっとクセになる味に仕上がります。 炊き込みご飯にもビール 意外でしょうが、ビールは炊き込みご飯の中に入れていてもおいしく食べることができます。 水の代わりにビールを使うことで、ビール特有の香りや苦みをご飯の甘みとともに味わうことができます。 お米 2合• ビール 350ml• 塩 小さじ1• 鶏もも肉 150g• 枝豆 80g• お米を洗いそのまま炊飯器の窯の中へと入れます。 枝豆も皮をむいたらそのまま窯に投入しましょう。 そしてビールと塩をそのまま窯へゆっくりと投入します。 全体にいきわたるように軽く混ぜておきましょう。 ニンジンや鶏肉も一口サイズに切っておき食べやすいサイズにカットしておきます。 すべて切り終わったらビールが浸っている窯へと入れます。 ここでは特に混ぜる必要はありません。 そのまま炊き込みをして、炊き上がったら完成となります。 海鮮の天ぷらもおすすめ つづいて先ほど軽く触れた天ぷらのレシピ。 天ぷらの液にビールを使うことでサックサクの本格天ぷらに仕上がるのです。 今回は初夏が旬となるイサキの天ぷらについてご紹介していきます。 イサキ 2枚• イサキを三枚に切り分けたら小骨をとっていきます。 サイズを食べやすい自分好みのサイズにカットしたら小麦粉をまぶしていきます。 しっかりと浸したらそのまま油へ投入して、衣ができれば完成です。 余ったビールを無駄なく使おう お中元、お歳暮など、ビールが飲み切れないときはぜひ料理に使ってみてください。 お肉が柔らかくジューシーに仕上がります。 このお肉料理に合う飲み物は…もちろんビール!大量消費ができますね。 ビールを使うと子供が食べれない?と気にする人もいるようですが、煮込むとアルコールは飛んでしまうので大丈夫です。 余ったビールを使うことは食品ロスを減らして地球にも優しいです!ぜひお試しください。

次の