お気 を 遣 わせ て しまい。 「気を遣う」の敬語表現・気を遣うの使い方と例文・別の敬語表現

「お気遣い」と「お心遣い」の違いは?類語や英語表現も紹介

お気 を 遣 わせ て しまい

日常的に誰かに対して「気を遣う」という言葉は、使う事がある言葉でしょう。 書き言葉でも話し言葉でも、相手に気を遣うという事は大切な言葉です。 この「気を遣う」という言葉の正しい使い方ができているのか気になってきます。 誰かに対して「気を遣う」というのですから、この言葉自体も丁寧かつ正しい敬語表現で相手に伝えていきたいものです。 話し言葉から書き言葉に至るところまで「気を遣う」をどのように敬語表現することができるのか考えていきましょう。 単語として敬語を考える 敬語表現を考えていくところで、言葉自体の意味もわからなければ、敬語表現に直す事すら難しくなってしまいます。 「気」という単語は名詞でもあるので、難しく感じることはない事でしょう。 しかし「遣う」はどうでしょうか。 一般的に使われる「つかう」は「使う」ではないでしょうか。 実際に「気を使う」と表記されていることもあります。 しかし厳密には、それぞれ違った意味で相手に捉われることがある言葉になります。 「使う」の場合は一般用語で、主に動詞形として使われます。 「上目を使う」や「仮名を使う」と表すことができます。 対して「遣う」は限定用語で、主に名詞形として使われます。 先程の動詞を名詞系として「上目遣い(をする)」や「仮名遣い(をする)」となります。 「気を遣う」の敬語での使い方 正しい敬語で相手に伝えるためには、敬語がどのようなものであるかをしっかりと認識する必要があります。 敬語には3種類あり、「丁寧語・尊敬語・謙譲語」とそれぞれの定義によって分かれています。 丁寧語は単語頭に「お・ご」を付け、言葉を優しく包ませて語尾に「ですます調」で締める丁寧で、相手を尊重した言葉遣いの事を指します。 尊敬語と謙譲語は、主語が誰に当たるかによって使い方を分ける必要があり、敬語の難しい所はこの2つにあると言っても過言ではありません。 相手が主語に当たる場合は、相手を持ち上げた言い方で尊敬を表す「尊敬語」で、こちら側が主語に当たる場合は、こちら側を下げるへりくだった言い方をすることによって、相手が立場的に上の位置になることで相手を尊重した言い方をする言葉遣いの事を指します。 メールで相手に「気を遣う」という言葉を用いるのに気を遣わなければならない所は、主語が誰に当たるかを考えて「お気遣いいただき」と表現を適切に変えなければいけないという事です。 いくらこちら側が相手に対して「気を遣う」事をしていたとしても、相手に対してわざわざ「気を遣っております」とは言わないでしょう。 謙譲語として相手に表現するケースは珍しい事かと思われます。 相手の事を本当に気遣っているならば、やはり敬語の中でも丁寧語か尊敬語を使う事が配慮になるでしょう。 目上の人への使い方 目上の方に対して「気を遣う」という言葉を使うケースは、尊敬語一択であると言えるでしょう。 こちらがいくら気を遣っていたとしても、それは社会として当然であり、こちらが主語で「気を遣う」を言う際のケースとしては「お気を遣わせ奉りますよう」というように、少し古風ではありますが「どうかお気を遣わせてください」というような表現をしますが、そのようなケースは少ないかと思われます。 尊敬語を正しく用い、「お気遣い頂き誠にありがとうございます。 」というように誠実さを相手に示すようにしましょう。 「気を遣う」を敬語表現するときの例文 言葉の使い方についてご理解いただけた事でしょう。 では実際に、日常的にどのように「気を遣う」を遣っていけるのかを例文と共に考えて身に着けていきましょう。 ちなみに、「気を使う」にはまた別に意味があるので、書き言葉にする際は漢字の変換ミスの無いように、相手にしっかりと思っていることを伝えられるように心がけることが大切です。 たかが漢字一文字と侮らないように誤字には充分に気をつけるようにしましょう。 その一文字で相手には不本意な言葉として伝わってしまいます。 メールなどの文面のみのコミュニケーションには、字だけが相手に伝える事のできる表現方法になります。 そのあたりもしっかりと気を遣うようにしましょう。 褒め言葉の際の「気を遣う」 「気を遣う」という言葉は、相手を褒める時にも使われる言葉でもあります。 「そこまでお気を遣わないでも」というような言葉であったり、「あなたは良く人に気を遣うお人ですね」というような褒め言葉の表現としても用いることができます。 「気を遣う」を指摘 上からの意見として、相手にもっと気を遣う方が良いと子供や部下に言わなければいけない時もある事でしょう。 友達同士であれば冗談交じりに「気を遣う事をもう少し意識して」と言えるかも知れませんが、指摘として他人にいう事は相手には不快に思う事も多いでしょう。 アドバイスとして「あなたはもう少し気を遣う事ができると良いですよ」と言っても、上からの意見として伝わってしまいます。 「もう少し気を遣う事が可能でしたらお願いします」と言うと、上司からの意見として最善な敬語であると言えます。 感謝を相手に示す「気を遣う」 一般的に一番「気を遣う」という言葉を使うフレーズは、感謝の言葉をこちらから言う時ではないでしょうか。 何かしてもらった時に「お気遣いありがとうございます」というように、「気を遣う」事をされた身として感謝の言葉として相手に伝える表現になります。 相手は「気を遣いました」と言ったわけではありません。 「気を遣う」という言葉自体、意図的ではない無償の優しさからくる物なので、その優しさにこちらが気づいたときに「気を遣う」という言葉が出てきます。 「気を遣う」の別の敬語表現例 お心遣い 「気を遣う」という言葉を用いずに「お心遣い」という言葉を使う場合もあります。 同じように使う方も多くいらっしゃいますが、厳密に言うと意味が異なり、聞く人によって発信した人の意とは違った解釈を持たれかねない言葉でもあります。 「お心遣い」という言葉には心や精神、思いを形で表現するものという意味があります。 相手の気持ちや助けになる事を考えた結果として、積極的に行う行為を「お心遣い」といいます。 対してお気遣いでは、どのような意味を持っているのかも改めて考えていく必要が出てきます。 お気遣い 心や精神での思いやりについて表現したものを「お心遣い」というのに対して「お気遣い」はどのような時にどういう意味合いとして使う事ができるのか、心と気の違いも大きいものである事がわかります。 「お気遣い」は基本的に必要な行いや言葉を相手に発信する行為の事を指します。 したがって、わかりやすく例えるのであれば、怪我をして入院する際に「近いうちお見舞いに行きます。 お大事になさってください。 」という言葉に対して「お気遣いありがとうございます」というように言う事でしょう。 そうではなく、わざわざお見舞いに来てくれた際は、精神的にも助けられ、心に感謝する側として「お心遣いありがとうございます。 」と使うことができます。 ご配慮 「気を遣う」を「お気遣い」とした場合でも類語があり、「ご配慮」というものもあります。 「ご配慮」は、あいさつ文や報告書などの少し堅いビジネスシーンであっても問題なく使用できる言葉であり、意味も「お気遣い」と似ているため、目上の方や取引先など敬意を払うべき相手にも共通して使える言葉です。 意味としては、ご配慮の方が「お気遣い」より広い意味合いを含んでいるため、使えるシーンも幅が広いと言えます。 先程少し申し上げた通り、こちらから「お気遣い願います」と相手の心を強要することはできませんが、「ご配慮願います」であれば、心からでなくても「気にして」貰いたい事を求められるのです。 「気を遣う」を正しく相手に伝えましょう.

次の

プチギフトで嬉しい出産祝い!予算1000円のおすすめプレゼント5選

お気 を 遣 わせ て しまい

日常的に誰かに対して「気を遣う」という言葉は、使う事がある言葉でしょう。 書き言葉でも話し言葉でも、相手に気を遣うという事は大切な言葉です。 この「気を遣う」という言葉の正しい使い方ができているのか気になってきます。 誰かに対して「気を遣う」というのですから、この言葉自体も丁寧かつ正しい敬語表現で相手に伝えていきたいものです。 話し言葉から書き言葉に至るところまで「気を遣う」をどのように敬語表現することができるのか考えていきましょう。 単語として敬語を考える 敬語表現を考えていくところで、言葉自体の意味もわからなければ、敬語表現に直す事すら難しくなってしまいます。 「気」という単語は名詞でもあるので、難しく感じることはない事でしょう。 しかし「遣う」はどうでしょうか。 一般的に使われる「つかう」は「使う」ではないでしょうか。 実際に「気を使う」と表記されていることもあります。 しかし厳密には、それぞれ違った意味で相手に捉われることがある言葉になります。 「使う」の場合は一般用語で、主に動詞形として使われます。 「上目を使う」や「仮名を使う」と表すことができます。 対して「遣う」は限定用語で、主に名詞形として使われます。 先程の動詞を名詞系として「上目遣い(をする)」や「仮名遣い(をする)」となります。 「気を遣う」の敬語での使い方 正しい敬語で相手に伝えるためには、敬語がどのようなものであるかをしっかりと認識する必要があります。 敬語には3種類あり、「丁寧語・尊敬語・謙譲語」とそれぞれの定義によって分かれています。 丁寧語は単語頭に「お・ご」を付け、言葉を優しく包ませて語尾に「ですます調」で締める丁寧で、相手を尊重した言葉遣いの事を指します。 尊敬語と謙譲語は、主語が誰に当たるかによって使い方を分ける必要があり、敬語の難しい所はこの2つにあると言っても過言ではありません。 相手が主語に当たる場合は、相手を持ち上げた言い方で尊敬を表す「尊敬語」で、こちら側が主語に当たる場合は、こちら側を下げるへりくだった言い方をすることによって、相手が立場的に上の位置になることで相手を尊重した言い方をする言葉遣いの事を指します。 メールで相手に「気を遣う」という言葉を用いるのに気を遣わなければならない所は、主語が誰に当たるかを考えて「お気遣いいただき」と表現を適切に変えなければいけないという事です。 いくらこちら側が相手に対して「気を遣う」事をしていたとしても、相手に対してわざわざ「気を遣っております」とは言わないでしょう。 謙譲語として相手に表現するケースは珍しい事かと思われます。 相手の事を本当に気遣っているならば、やはり敬語の中でも丁寧語か尊敬語を使う事が配慮になるでしょう。 目上の人への使い方 目上の方に対して「気を遣う」という言葉を使うケースは、尊敬語一択であると言えるでしょう。 こちらがいくら気を遣っていたとしても、それは社会として当然であり、こちらが主語で「気を遣う」を言う際のケースとしては「お気を遣わせ奉りますよう」というように、少し古風ではありますが「どうかお気を遣わせてください」というような表現をしますが、そのようなケースは少ないかと思われます。 尊敬語を正しく用い、「お気遣い頂き誠にありがとうございます。 」というように誠実さを相手に示すようにしましょう。 「気を遣う」を敬語表現するときの例文 言葉の使い方についてご理解いただけた事でしょう。 では実際に、日常的にどのように「気を遣う」を遣っていけるのかを例文と共に考えて身に着けていきましょう。 ちなみに、「気を使う」にはまた別に意味があるので、書き言葉にする際は漢字の変換ミスの無いように、相手にしっかりと思っていることを伝えられるように心がけることが大切です。 たかが漢字一文字と侮らないように誤字には充分に気をつけるようにしましょう。 その一文字で相手には不本意な言葉として伝わってしまいます。 メールなどの文面のみのコミュニケーションには、字だけが相手に伝える事のできる表現方法になります。 そのあたりもしっかりと気を遣うようにしましょう。 褒め言葉の際の「気を遣う」 「気を遣う」という言葉は、相手を褒める時にも使われる言葉でもあります。 「そこまでお気を遣わないでも」というような言葉であったり、「あなたは良く人に気を遣うお人ですね」というような褒め言葉の表現としても用いることができます。 「気を遣う」を指摘 上からの意見として、相手にもっと気を遣う方が良いと子供や部下に言わなければいけない時もある事でしょう。 友達同士であれば冗談交じりに「気を遣う事をもう少し意識して」と言えるかも知れませんが、指摘として他人にいう事は相手には不快に思う事も多いでしょう。 アドバイスとして「あなたはもう少し気を遣う事ができると良いですよ」と言っても、上からの意見として伝わってしまいます。 「もう少し気を遣う事が可能でしたらお願いします」と言うと、上司からの意見として最善な敬語であると言えます。 感謝を相手に示す「気を遣う」 一般的に一番「気を遣う」という言葉を使うフレーズは、感謝の言葉をこちらから言う時ではないでしょうか。 何かしてもらった時に「お気遣いありがとうございます」というように、「気を遣う」事をされた身として感謝の言葉として相手に伝える表現になります。 相手は「気を遣いました」と言ったわけではありません。 「気を遣う」という言葉自体、意図的ではない無償の優しさからくる物なので、その優しさにこちらが気づいたときに「気を遣う」という言葉が出てきます。 「気を遣う」の別の敬語表現例 お心遣い 「気を遣う」という言葉を用いずに「お心遣い」という言葉を使う場合もあります。 同じように使う方も多くいらっしゃいますが、厳密に言うと意味が異なり、聞く人によって発信した人の意とは違った解釈を持たれかねない言葉でもあります。 「お心遣い」という言葉には心や精神、思いを形で表現するものという意味があります。 相手の気持ちや助けになる事を考えた結果として、積極的に行う行為を「お心遣い」といいます。 対してお気遣いでは、どのような意味を持っているのかも改めて考えていく必要が出てきます。 お気遣い 心や精神での思いやりについて表現したものを「お心遣い」というのに対して「お気遣い」はどのような時にどういう意味合いとして使う事ができるのか、心と気の違いも大きいものである事がわかります。 「お気遣い」は基本的に必要な行いや言葉を相手に発信する行為の事を指します。 したがって、わかりやすく例えるのであれば、怪我をして入院する際に「近いうちお見舞いに行きます。 お大事になさってください。 」という言葉に対して「お気遣いありがとうございます」というように言う事でしょう。 そうではなく、わざわざお見舞いに来てくれた際は、精神的にも助けられ、心に感謝する側として「お心遣いありがとうございます。 」と使うことができます。 ご配慮 「気を遣う」を「お気遣い」とした場合でも類語があり、「ご配慮」というものもあります。 「ご配慮」は、あいさつ文や報告書などの少し堅いビジネスシーンであっても問題なく使用できる言葉であり、意味も「お気遣い」と似ているため、目上の方や取引先など敬意を払うべき相手にも共通して使える言葉です。 意味としては、ご配慮の方が「お気遣い」より広い意味合いを含んでいるため、使えるシーンも幅が広いと言えます。 先程少し申し上げた通り、こちらから「お気遣い願います」と相手の心を強要することはできませんが、「ご配慮願います」であれば、心からでなくても「気にして」貰いたい事を求められるのです。 「気を遣う」を正しく相手に伝えましょう.

次の

英語で「逆に気を遣わせてごめんね」と言うには?

お気 を 遣 わせ て しまい

「真崎さんに、質問です。 」 はい。 「電車に乗ると、優先席と普通席が1席ずつ空いています。 真崎さんは、どうしますか? これは、真崎さんが「気遣いができるかどうか」ということを試すための質問です。 」 えー じゃあ「普通席に座る」で。 優先席を空けておくのはマナーって思っているのと、普通席が空いているのにわざわざ優先席を埋めるようなこともしないので、筋トレ的に立っておく以外の場合は大体やっぱり普通席に座りますね。 「…真崎さんは、気遣いのできない人ですね~。 」 は。 「"正解"は、気遣いのできる人は「優先席に座る」です。 」 正解。 「優先席に座っておいたら、いざその席を必要としている人が乗車した時に自分が立ち上がって確実に席を譲ることができます。 ここで普通席に座る人はただの「傍観者」ですね。 我関せずという人です。 」 こういうときのために 「きょとん」という擬音語があるのだと学んだ。 ************* 上記は、ある組織の中で私が受けた研修でのやり取り。 そこには私含め40名弱の人がいて、おそらく最年少が私、一番上で50代の人もいたのではないかと思う。 心理関係の仕事に従事する者がそこには集っていて、上記の話をした講師を務めるのはわりと若めの重役2名という感じ。 その時の主題は【「気遣う」と「気を使う」の違い】 その2名の方は、その2つにおける明確な違いにかなりのこだわりがある様子で、「気を使う」とはなんぞや、「気遣う」とはなんぞやという話を聴衆にも投げかけながら説明をしてくれていた。 電車の話は「気遣う」とはなんぞや話の一説。 私の「普通席に座る」という回答は、どうやら正解でもなければ面白味にもかけるわでなんかとってもナンセンスですわ~みたいな雰囲気流れている。 講師の顔的に。 (神経過敏) そして、その「優先席に座る」という"正解"を聞いた聴衆の皆さんは「ほ~」「なるほど~」「たしかに~」という感じですごく関心していたりメモを取っていたりしていて、誤解を恐れず言うなら、前に立つ講師が「カラスは実は白です」って言ったら「たしかに~」「言われてみれば~」となりそうな方達だと思った。 『気遣う』 単刀直入に言えば、「相手のため」の行動。 相手がどうされたら嬉しいかということを考えて、それをしっかり実行すること。 その先に「相手も自分も気持ちいい」がある。 『気を使う』 単刀直入に言えば、「自分のため」の行動。 その行動によって自分が相手からどう見えるのかを考え、自分の評価や自己防衛自己保身のための行動をすること。 その先に「違和感」がある。 (私の言葉にすると) カウンセリングルーム。 目の前には女性クライアント。 深刻な悩みを話すうちに泣き始めた。 部屋にはすすり泣きの声と音だけが響く。 その状況で、黙って、待つ。 これが「気遣い」。 その状況で、焦って、喋る。 これが「気を使う」。 その例は分かりやすかった。 実際よくあるシチュエーションで、初期段階でその状況に出会った時に「やばいなんか声かけなきゃ気まずい」みたいにあたふたして声かけしてしまった経験が自分にもあったから。 私は、とても「気遣い」ができなくて「気を使う」をしまくっている人として評価をされていた。 電車の回答からも「やっぱりね」的を感じたわけで。 「今真崎さんは「なにか喋らなきゃ」と思って私に話しかけましたね。 それが「気を使う」です。 」 「この真崎さんのメールは「みんなが送ってるから私も送らなきゃ」と思って送りましたね。 それが「気を使う」です。 」 「真崎さんが私をお昼ご飯に誘ったのは「新人は自分から積極的に上司に関わりにいくべき」という話に慌てて自分もそうしなきゃ評価が悪くなるからですよね。 それが「気を使う」です。 」 とてもめんどくさい。 (しかし間違いではない) その環境下でわたしは行動の一部始終を「気遣い」か「気を使う」なのかジャッジされている感覚を受けており、あれもこれも真崎さんは気を使うですねですねですねと言われている内に凄まじい閉塞感を覚えるようになっていった。 私がした行動でごく稀に「真崎さん今のが「気遣い」ですね(はいよくできました覚えておきなさい(空耳))」と言われることがあったけど 内心、すげー反抗期。 「気遣いさん」を育てたいのかもしれないけど、そのために光らせている目と執拗なジャッジメントが私含め多くのスタッフを「気を使うさん」にしてるんですけど! それって超皮肉なんですけど! というか実際「気を使うさん」を多く生産できた方がコントロール面でなにかとそちらにご都合良い感じになるからそうしているのかと思える雰囲気満載なんですけど! みたいな感じ。 なんだろう。 「こうして人は「人の顔色を伺う」「周りからの評価を気にする」「自己防衛自己保身のための行動を 半ば無意識にでも 選択する」ということを学習していくのではないか」という模範例を見た気分になった。 そして私は未だに電車の例は納得してない。 (反抗期) ************ ここからは余談。 上とはほぼ別の話になるし、ここからは「気を"使"う」の漢字表記は出てこない。 hatenadiary. hatenadiary. この時に自分が書いていたこと。 坂爪さんに話しかけたいけどくすぶってる自分の心情。 『私がチキっていたもう1つの理由。 坂爪さんが以前のブログに「気を遣うのも遣われるのも大嫌い」みたいなおとを書いていて、そのずっと前のブログには「一緒にいて「時間を奪われた」と感じる人も正直いる」という記載。 困った。 「初対面で気を遣わずに話すってどないしたらいいですのん、、、、」と勝手にひとり打ちひしがれ、嫌われる勇気をなかなか持てない私はどんどん後退していった。 』 そこからずっと「気を遣う」について考えていた。 で、相談した。 シェアハウスの同居人に。 初対面でわりと誰とでも仲良くできちゃう系男子。 相手にとって心地よいコミュニケーションをなんとなく感覚で自然とやっているんだろうなって感じる系男子。 彼とは基本的に感性が似ており、お互い思ったことはわりと9分9厘打ち明け合ってると私は勝手に思っている。 「なあ、「気を遣わん」ってどういう状態なん?」 「え。 」 「前にこうこうこういうイベントがあって、その人に話しかけにいこうと思ったんやけど、その人は「気を遣う」のも「気を遣われる」のもめっちゃ嫌いみたいな人やってん。 」 「うん。 」 「初対面で「気を遣う」をせず話すってどうやったらいいか分からんかってんけど、そもそも「気を遣わん」ってどういう状態なんやろって思って。 」 「あーなるほどな。 」 彼と話している時は、たぶん一切の緊張なく思ったことを話していると思う。 じゃあそんな彼と一緒にいる時に「一切気を遣ってないか」と言われたら、そんなことはないよねってところでお互い同意した。 じゃあ、「気を遣わない」ってなんなのか。 これ頭で考えれば考えるほど深みに嵌まる系の問いだと、分かっちゃいるけど引き返せそうもない。 悶々女子のめんどくささ。 (でもそんな自分が嫌いじゃない) 「気を遣うのって、そんなにあかんの?」 ほ? 想定外の返答。 カウンターパンチ。 「別に、気遣って相手が喜んでくれたり居心地良いって感じてくれたら良くない?」 あ、それは間違いない。 なんか言葉に捉われまくってたっぽい。 個人的解釈だけど、坂爪さんが書かれていた「気を遣われる」っていうのは、最初の例でいう「気を使う」的な 愛想笑いとか 無駄にテンション高いとか 矢継ぎ早に話題出す(沈黙しない)とか 異様に褒めてくるとか その後ろに「気まずい空気にならないように」「相手に嫌われないように」的な空気感が漂っている気配がする場合で そういう時は、なんとなく「違和感」が生じる。 あるいはその妙なエネルギーのパワーに気圧されて居心地の悪さを感じたりする。 たぶん、「気を遣わないように」なんて意識もその一種で、そんな言葉に捉われて自分の一挙一動を選択することで逆に「気を使う」に嵌まりこんでいくことは、上記の場所でしっかり学ばせてもらった。 「気を遣うとか遣わんとか別にどっちでもええやん。 なんにせよ、とりあえず相手が喜んでくれたり居心地良いって思ってくれたらそれでOKやろ。 」 全然OK。 もうこれ考えんのやめよ。 (ちょっと飽きた) ai-en-house.

次の