津軽弁 翻訳。 日本一難解な方言!?津軽弁まとめ(逆引き索引)

青森の方言(青森弁・津軽弁・南部弁)一覧!かわいい・面白い方言紹介

津軽弁 翻訳

津軽弁とは? 青森県津軽地方で話される方言のことです。 青森県内の方言は、主に津軽地方の津軽方言と南部地方の南部方言に分かれるとされています。 なぜ方言が分かれているのかというと、江戸時代の津軽藩と南部藩に原因があります。 南部氏の一族の中から、津軽地方を仕切っていた大浦氏が南部氏を裏切る形で独立したことがきっかけで、津軽と南部に分かれてしまいました。 参考記事: それが現在まで残っているとされています。 ですから、津軽弁は青森県全域で使われている訳ではないということです。 青森県の真ん中縦に線を引くと、大きく2つに分かれます。 (正確に言えば、下北弁を入れて3分類のケースもあります。 ) 日本海側半分が津軽弁、太平洋側半分が南部弁と大きく2つに分かれます。 ちなみに南部弁は、少し範囲が広く青森県だけでなく岩手県の北部などでも使用されることがあります。 また日本語の中でも津軽弁は難しいとされています。 特に津軽地方以外の人にはまったくわからないとされています。 津軽弁は字幕や翻訳が必要とされて、津軽弁の意味を当てさせるようなクイズ番組もあったりします。 また、全国放送では津軽弁に対して字幕が付けられることもあります。 あまりの難解さに弘前大では、津軽弁を人工知能(AI)に音声認識させ、文字化する研究が行われています。 東北電が提供した通話記録250件を元に津軽弁で通話記録を読んでもらい、音声データを取得しています。 ちなみに津軽弁の方言詩人高木恭造の命日である10月23日を津軽弁の日と定めています。 津軽弁の特徴とは 引用元: 濁音が多く、言葉が短いのが特徴です。 「どさ?」「ゆさ!」という4文字で会話出来るとされることがあります。 どさ?=「どこへ行くの?」ゆさ!=「お風呂に行くんだよ!」の意味です。 寒い地方なので、外ですれ違った際に少しでも短く話すようにされているとも言われていますwww 真偽は不明です。 とにかく津軽弁は短いのが特徴的です。 また、発音が難しいともされています。 イントネーションの上昇が末尾にあります。 (イントネーションの上昇が末尾に来ることは基本的にないため、難しく感じる。 ) 初めて聞く人にはフランス語に聞こえることもあります。 トヨタ自動車「パッソ」のCMでも津軽弁とフランス語のネタが使われています。 よく使われる津軽弁の代表例 津軽弁の代表例についていくつかご紹介致します。 発音が濁る それがら(それから)・まだぐ(跨ぐ) など 単語が短くなる い (分かります・そうですか?) わ (私) な あなた など 1文字で表現することができます。 標準語でつかない語尾がつく、 「んだおん」 そうだよ 「んだべ」 そうでしょう.

次の

吉幾三の「TSUGARU」を通じて津軽弁を翻訳&解説!|けんばんプレイヤーズ

津軽弁 翻訳

津軽弁と共通語を配した付箋セットなどの土産物も多い 開発中の翻訳システムは2017年にと組み、研究を開始。 東北電のコールセンターにかかってきた通話記録を特になまりが強いとされる青森県鰺ケ沢町の出身者に読んでもらい、音声データを取得したり、医療関連の津軽弁会話を集めたりして、AIに学習させて音声を共通語に文字化する作業を続けてきた。 ただ、集めた文例は約3000通りにとどまっている。 実用化するには20万通り以上の文例をAIに学習させる必要があるとされているため、19年10月からインターネットで津軽弁の文例の募集を始めた。 ネットの専用ページ「津軽語変換例文登録システム」で、津軽弁の文例とそれに対応する共通語の言い方を入力してもらう。 例えば、津軽弁の「へごまな人だ」に対応する共通語は「まめな人だ」といった具合だ。 入力者の出身地(津軽地方のどこか)や性別、年齢も入力してもらうことで、地域ごとの方言の違いなどを記録として残す狙いもある。 19年12月末をめどに集まった文例を加え、19年度中に津軽弁AI翻訳システムの原型版を作るとともに、実用化に十分な水準まで文例を引き続き集める。 プロジェクトの中心になっている弘前大大学院理工学研究科の今井雅教授は「精度を上げるために多くの文例が欲しい。 これまでは年配の方の登録が多かったが、若い人も含めて幅広い年齢層に引き続き登録をしてほしい」と話す。 実用化の段階まで精度が上がれば、スマートフォンで簡単に使えるアプリにする方針。 スマホに津軽弁を話すと、画面に共通語が表示される仕組みだ。 当初目的の医療・介護の現場をはじめ、観光地での活用など多様な場面で役立つことを期待している。 (青森支局長 山田伸哉).

次の

津軽弁について調べてみた。

津軽弁 翻訳

: 津軽弁にする 吾輩は猫である。 名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。 何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。 吾輩はここで始めて人間というものを見た。 しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。 この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。 しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。 ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。 掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。 この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。 第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。 その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。 のみならず顔の真中があまりに突起している。 そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く。 どうも咽せぽくて実に弱った。 これが人間の飲む煙草というものである事はようやくこの頃知った。

次の