ショート ケーキ 作り方。 クリスマスケーキ いちごショートの作り方

【ケーキ】簡単デコレーションのやり方!アイデア15選|JGS

ショート ケーキ 作り方

【はじめに】 直径12cmの小さな型で2個分作るレシピにしてありますが、18cm1台で作ることもできます。 小さい型だと作り方も簡単で、初めての方であれば練習にもなります。 小さく作れば食べすぎも防げます。 一つは自分のため。 もう一つはプレゼント用にどうぞ。 【スポンジケーキを焼く】 スポンジケーキは、当日焼いてもいいのですが、出来たてはパサパサしています。 前日焼いて翌日デコレーションすると、しっとりして一層おいしいです。 【スポンジケーキを半分に切る】 ケーキナイフをスポンジの半分の高さに当てて、ぐるりと浅く切り込みを入れます。 【シロップを作る】 グラニュー糖と水を小鍋に入れて火にかける。 (グラニュー糖と水の割合は1:2)• グラニュー糖が溶けたら火を止め、人肌に冷めたらキルシュを加える。 刷毛でシロップを生地の断面に塗る。 ハケを寝かせるようにして行うとよい。 生地を重ねて側面と一番上にもシロップを塗り、上から手で軽く抑えてなじませる。 【中にはさむホイップクリームを泡立てる】 ボウルにホイップクリームの材料を入れ、底に氷水をあてながら、ハンドミキサーで8分立てに泡立てる。 8分立てというのは、ハンドミキサーを持ち上げたときに、ついたクリームの角が少し立つくらいです。 落ちるか落ちないかの、やわらいかい角です。 【デコレーション】 イチゴはきれいに水洗いして水気を拭き取り、ヘタを切り落とす。 中にはさむいちごは縦に4等分する。 12cmのスポンジ1台につき2個。 上に飾るイチゴは縦に2等分する。 1台につき2個。 下のスポンジを回転台(回転台がなければ平たい皿でも。 )にのせ、断面に適量のクリームをパレットナイフで塗る。 縦に4等分したいちご2個分を、外側にはみ出さないようにのせる。 いちごが端にあると見えてしまうからです。 (ヘタ側をスポンジの外側に向けて並べる。 真中は10円玉が入るくらいスペースを開けます。 切り分けるときに切りにくいからです。 さらにイチゴが隠れるくらいのクリームで覆い、パレットでならす。 上の生地をのせる。 【上面にクリームを塗る】 上面にたっぷりのクリームをのせ、パレットナイフを当てて、回転台を回しながら全体に塗り広げる。 絞り出し袋に口金をつけて、クリームを入れる。 絞り袋を折り返してからクリームを入れると入れやすいです。 10時から時計回りに絞っていくといいでしょう。 片方の指は絞り金にのせて誘導してやると、安定します。 中心に飾り用のいちごを乗せ、ミントの葉を飾る。 出来たケーキは、2〜3時間冷蔵庫で冷やすと、クリームが適度に固まって切りやすくなります。 【ケーキの作り方のよくある質問】 生クリームはなぜ氷水にあてて泡立てるの? 生クリームは氷水に当てないでそのまま泡だてると、だれるというか、分離してぼそぼそになります。 生クリームのパックは、早くから冷蔵庫から取り出さないで、泡立てる直前まで冷蔵庫で冷やしておきましょう。 脂肪分が高い生クリームの注意点は? 脂肪分が高い生クリームを、ハンドミキサーで泡立てるとすぐに泡立ち、ぼそぼそして分離しやすいです。 ホイッパーで横振りした方が加減しやすいです。 クリームが分離したら? 生クリームを少し足して優しく混ぜます。 使った口金は? 丸口金1. 5cmのものです。 生クリームを買うと、おまけでプラスチックの口金が付いていることがあります。 そのギザギザを切って使ってもいいです。 いちごケーキによく合うリキュールは? キルシュ(さくらんぼのお酒)はいちごのケーキによくあいます。 バニラ系のケーキには、グランマルニエ(オレンジキュラソーの一種でまたの名をコアントロー)や、ポワールウイリアム(洋梨)もよく使われます。 なければラム酒やブランデーでも十分。 お好みでどうぞ。 キルシュを入れる量は? 入れ過ぎると苦いので、香りがするくらい。 スポンジ生地をきれいに切る方法は? ナイフを少し温めると切れ味がよくなります。 道具の注意点は? 金属製のボウルと泡だて器がこすれると、金属粉(金のツブツブ)が発生することがあります。 できればガラス製のボウルを使いましょう。 金属製のボウルを使ってハンドミキサーで泡立てる場合は、なるべくカチャカチャ音をたてないようにしましょう。 いちごの水気をよくふき取るの? いちごを洗ったら水気をよくふきとっておきましょう。 クリームがだれてきます。 いちごをきれいに切る方法は? イチゴは包丁で押し切りにしない。 引き切りにすると断面がきれい。 トッピングは? 製菓用の塩味のついていないピスタチオを、ゆでて刻み、絞ったクリームにのせる。 アーモンドスライスや、削ったチョコレートもアクセントになります。 もっとカロリーダウンするには? シロップを塗るのを控えます。 シロップを塗るとしっとりしますが、塗らなければふわふわの生地になります。 スポンジ生地の冷まし方を変えます。 紙をはがさないで、絞った濡れ布巾をかけてしっとりするように冷まします。

次の

クリスマスケーキ いちごショートの作り方

ショート ケーキ 作り方

作り方• 卵白と卵黄を分けておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 薄力粉をふるいにかけておきます。 ボウルに卵白を入れて泡だて器で泡立て、少し泡が出来てきたらグラニュー糖を少しづつ加えながらしっかりツノが立つまで泡立てます。 1に卵黄を加えて泡を潰さないようにゴムベラでサッと混ぜ合わせます。 薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくり切るように混ぜ合わせます。 竹串を刺して、生地が付いて来なければ焼き上がりです。 熱いうちに型から取り出して裏返して冷まします。 鍋にシロップの材料を全て入れひと煮立ちさせてアルコールを飛ばします。 5の表面を薄く切除したあと、さらに横から半分に切り、表面に6を塗ります。 桃の皮を剥き、種を取りくし切りにします。 ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて泡立て器で8分立てになるまで泡立てます。 7に10を塗り、9とミントを盛り付けたら完成です。

次の

パティシエに習った失敗なしのスポンジケーキの作り方

ショート ケーキ 作り方

卵の準備 卵ですることは五段階。 まぜる• 砂糖を入れる• 湯煎をする• まぜる• バターを入れる まずは卵をボールに割り入れて、ホイッパーを使って手で軽く混ぜ合わせる。 をここで切ってしまう。 が切れたらグュー糖を加える。 グュー糖は、ぜんぶいっぺんに入れて OK。 ただし放っておくとだまになっちゃうので、直ちに混ぜる。 白いグュー糖が見えなくなったら、バターを湯煎から外して代わりに卵の入ったボウルを湯煎にかける。 砂糖を溶かすように混ぜる。 あったまってくると、卵が水みたいに軽くなる。 湯煎のお湯はかけたままで OK。 卵の温度が上がり過ぎるとオムレツになっちゃいそうで怖かったけど、砂糖が入っているから多少高温でも大丈夫とのこと。 だいたい 45 度くらいまであげていい。 足湯くらい、熱いお湯が最適。 適温になったら湯煎からおろす。 そのときにふたたびバターを湯煎に戻しておきましょう。 生地は泡立て器を使ってひたすら泡立てる。 まずは最強でまわす。 すると、そのうちもっさりとマヨネーズぽくなる。 こんなかんじから こんなかんじへ。 最後は気泡を取り除くため、最弱でまわしてなめらかにしておく。 生地の一部少しを別に取っておいて、バターと混ぜ合わせておく。

次の