フレンチブルドッグ 臭い。 フレンチブルドッグの臭い対策|ケアのポイントと臭い予防方法について

フレンチブルドッグの臭い対策|ケアのポイントと臭い予防方法について

フレンチブルドッグ 臭い

ニオイも個性の1つ?!フレンチブルドッグの体臭 体臭ってどこから来るの? 体臭は、汗と皮脂が混ざり合い酸化してできた脂肪酸に殺菌が繁殖して発生するニオイといわれています。 「でもワンちゃんが汗をかいているのを見たことないよ?」と思う人も多いかもしれません。 動物の体には『エクリン汗腺』と呼ばれる全身の体表面に分泌している汗腺があります。 このエクリン汗腺が水状の汗を産生・分泌します。 特にヒトや馬などは、この汗腺が発達していることから全身に汗をかくことができるのです。 一方、ワンちゃんの場合はこのエクリン汗腺は肢の裏側や鼻の頭付近などにしか存在しないため、汗をかいている姿を見ることはありません。 その代わり『アポクリン汗腺』と呼ばれるフェロモンを出すための汗腺が全身に発達しています。 このアポクリン汗腺は皮脂やタンパク質、アンモニアなどが含まれているので水分が少ないためベタベタします。 また酸化したり、常在菌が分解したりすることでニオイも発生します。 これは体臭の基ではありますが、ワンちゃんたちにとっては性的アピールなどのコミュニケーションの一環としての役割を果たしているのです。 皮脂は酸素に触れると酸化してニオイを放ちます。 そのため、小まめにお手入れをしないと皮脂が溜まり全身からニオイを放ってしまうのです。 この顔のシワが体臭の原因だといわれています。 脂質肌であるフレンチブルドッグは、顔のシワの間に皮脂や殺菌、汚れなどが溜まりやすいため常にきれいに拭いてあげないとニオイがきつくなってしまいます。 また、フレンチブルドッグは涙やけによるニオイもあります。 涙を放置してしまうと、雑菌が繁殖する原因にも繋がりますので注意が必要です。 そのため、小まめにシャンプーをしても直ぐにニオイが気になり始めます。 口まわりだけではなく、胸元付近までよだれが垂れてしまうので、悪臭の原因に繋がってしまいます。 そのため歯垢や歯石が溜まりやすく、口臭の原因にも繋がります。 そのため、定期的に耳のケアをしてあげないと外耳炎などを発症し、ニオイの原因にも繋がってしまいます。 この肛門腺は排泄物と一緒にニオイを排出します。 うまく排出されないと、おしりから強い異臭が発するようになり破裂する恐れがあります。

次の

フレンチブルドッグの匂い・体臭・シャンプーの頻度について飼い主のリアルな実情

フレンチブルドッグ 臭い

フレンチブルドッグの体臭対策 フレンチブルドッグの臭いの原因は、皮膚にあります。 ですから体臭が気になる場合は、被毛ではなく、皮膚を拭いていくイメージが必要です。 特にフレンチブルドッグの場合は、しわが多いですよね。 この皮膚のシワが曲者です。 悪臭の原因はこのしわの部分にあると考えてください。 顔 フレンチブルドッグの場合は、顔もしわくちゃです。 そこがチャーミングポイントでもありますが、悪臭を発生させる元でもあります。 シワには、皮脂やホコリ、毛がたまり、菌が繁殖しやすい環境です。 そのため、綿棒やタオルで毎日こまめにシワの間を掃除してあげましょう。 体 とにかくしわの多いフレンチブルドッグ。 手入れをこまめにしていかないとすぐに臭いを発したり、皮膚病になってしまうことも。 犬の場合は体臭の原因は汗ではありません。 皮脂腺から分泌される皮脂が徐々に酸化して脂肪酸に変化します。 このベトベトした成分が毛穴をふさぎ、脂肪に集まる細菌の繁殖を招くのです。 この細菌の影響で体臭が発生ます。 対策としては、顔でも体でもしわのある部分をのばしながら濡れタオルで拭いていきます。 このとき除菌や消臭効果のある液剤があるとより臭いを抑えることができます。 シャンプーは一ヶ月に一度ペースで問題ありません。 シャンプーのし過ぎは逆効果になります。 ポイントは乾かし方です。 自然乾燥は細菌の発生をを招く結果になりますので、ドライヤーを使用してしっかりと根元から乾かします。 根元の状態は冷風を使って確認をしていってください。 毛の流れとは逆にドライヤーをあてていくのがコツです。 ブラッシングするときは毛並みの方向に行います。 尻尾 フレンチブルドッグの場合は、尻尾が少しめり込み気味です。 そのためにくぼみができたします。 垢がそこに溜まり、細菌も繁殖しやすくなっています。 これが悪臭の原因になるので、尻尾までしっかり拭いてあげましょう。 定期的に拭いてあげるのが大切ですが、除菌消毒用のシャンプーで洗い、よく乾かします。 膿がひどい場合は軟膏などを塗ってあげる必要が出てきますので、動物病院の担当医と相談してみてください。 上記で書いているように、フレンチブルドックは短毛ではありますが菌が繁殖しやすい犬種でもあります。 そのため消臭効果のある犬用のケア用品で臭い対策をするのではなく、除菌効果のある商品を使い、臭いを発症する元の菌の繁殖を防ぐことが大切です。 当サイトがおすすめしているのは、消臭・除菌効果のあるペット用のスプレー「カンファペット」です。 臭を元から分解するだけでなく、除菌効果もあるので臭い対策におすすめです。 また、試験で目の粘膜や皮膚に対する刺激性などが無いことが確認されているため、皮膚の弱いフレンチブルドッグでも安心して使うことができます。 初回購入の方のみ46. これが黒っぽくなったり、赤褐色っぽくなると異常の表れになります。 耳垢の量も増えてきますし、ベトベト感が強まり、酸っぱい臭いになってくるはずです。 耳の病気にかかっている可能性があります。 そうならないためにも耳の掃除が必要です。 頻度は週に1度くらいで充分です。 耳の中にイヤークリーナーを垂らし、マッサージしてあげます。 すると液体と共に汚れが取れるので、コットンなどで優しく拭き取ります。 それでも改善されない場合は病気を疑ってみて下さい。 犬の耳掃除について詳しくは「」を参照してください。 外耳炎 痒みがあるのでフレンチブルドッグが後ろ足で耳を掻いたり、頭を振ったりする動作が目立つようになります。 耳垢はベトベトしています。 まずは動物病院へ、点耳薬などを処方してくれます。 耳ダニ 耳ダニは他の犬から感染します。 かなり強い痒みや痛みを感じ掻きむしる動作が目立つようになります。 黒い耳垢です。 動物病院へ行く必要があります。 放置しておくとさらに炎症を引き起こす結果になりますので、早期の治療が大切です。 ひとつは、口の中からの臭い。 もうひとつは腸内環境の悪化からくる臭いです。 フレンチブルドッグの口臭に悩んでいる飼い主さんは「」を参考にしてみてください。 口の中の場合 食事をとったあとの残りかす、歯石、これが口臭の原因になっています。 毎日の歯磨きの習慣が大切です。 フレンチブルドッグが子犬のころから歯磨きに慣らしていきましょう。 腸内環境の場合 餌を切り替えたり、プレーンヨーグルトなどを与えたりして改善をしていきましょう。 ストレスから体調を崩したり、腸内環境を悪化させる可能性もあります。 毎日のスキンシップや散歩なども欠かさずに行いましょう。 飼い主の手入れ、愛情のかけ方で愛犬の臭いの状態は変わっていきます。 ぜひ丁寧なお手入れをフレンチブルドッグを飼うときは意識をしてみてください。

次の

フレンチブルドックの臭いについてです。5ヶ月(オス)のフレブ...

フレンチブルドッグ 臭い

糖尿病は肥満やストレス、適切でない食事などが主な原因で膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンが不足することにより発症します。 インスリン不足により、細胞が糖をうまく取り込めず、血液中にあふれ出て尿に排出されます。 多くは6歳以上にみられ、高齢犬の場合、メスはオスよりも発生率が高くなっています。 症状としては喉が渇くので水をたくさん飲む、尿の量が増える、たんぱく質も排出される為、食欲増加のわりに痩せてくるなどです。 糖尿病で注意すべきことは様々な合併症があることです。 代表的なものには白内障があり、ひどくなると失明することもあります。 また、ケトアシドーシスを引き起こすと昏睡し、死に至ることもあります。 症状が重くなると毎日インスリン注射をして食餌療法で合併症の予防と病状の悪化を防ぎます。 犬回虫・犬鉤虫・コクシジウムなど消化器官内寄生虫の感染は犬が虫卵を水や食物と一緒に摂取する事や、寄生虫を体内に持った中間宿主を摂取することが原因です。 体力の無い子犬に大量に寄生すると下痢を起こし、元気が無くなり、痩せてきます。 パベシア症・フィラリア症などの血液内の寄生虫は吸血性のダニや蚊などの昆虫によって媒介します。 大量に寄生されると貧血を起こし、死に至ることもある怖い病気です。 寄生虫症の感染は飼い主が高い意識を持つことで予防が可能です。 子犬は母犬からの感染も考えられるので1カ月おきに2~3回検便することが大切です。 その後も蚊の発生する時期のフィラリア予防はもちろん、血液検査は毎年行うと良いでしょう。

次の