明治 学院 大学 社会 学部。 留学・国際交流

明治学院大学/社会学部【スタディサプリ 進路】

明治 学院 大学 社会 学部

こんにちは! 今回は明治学院大学「社会学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。 明治学院大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は明治学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。 ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。 を使えば、明治学院大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも明治学院大学「社会学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。 それでは、さっそく明治学院大学「社会学部」の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は明治学院大学「社会学部」社会学科の卒業生です。 この記事の目次• 5 社会福祉学科…偏差値50 明治学院大学社会学部の難易度は法政大学社会学部の少し下、日本大学文学部社会学科の少し上くらいです。 実際に同じ学部の友人のほとんどが日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学といった日東駒専といわれるラインに合格して、蹴ってこの大学にきていました。 また青山学院大学、法政大学、立教大学なども併願して、そちらに不合格だった生徒も非常に多かったです。 同じレベル感の大学として成城大学や成蹊大学を併願した友人も多くいました。 明治学院大学「社会学部」の志望理由 私が明治学院大学社会学部を志望した理由は高校時代からメディア、コミュニケーションなどを題材とした社会学に興味があったが、人気のあったMARCHレベルには少し偏差値や学力レベルが届かなかったため、その下のランクで、社会学の学べる大学はどこだろう……といった感覚で選びました。 またキャンパスが横浜 戸塚 ・白金と2つあり、どちらへも通学できること・そのどちらもの校内の雰囲気が非常に良かったことも志望校選びの決め手となった大きな理由です。 一人暮らしをすることは考えていなかったので、キャンパスが実家から通学可能な地域にあったことも大きいです。 実際に通ってみて、学校の雰囲気は派手過ぎず地味過ぎず、しっかりと勉強もすることができたので志望して正解だったと感じています。 明治学院大学「社会学部」に入学してから感じたギャップ 私が明治学院大学社会学部に入学してから感じたギャップはイメージよりもかなり緩い授業が多かったことです。 出席の確認がなかったり、テストを受けなくても単位がもらえるような授業もありました。 また、お金持ちが多いよ、と言われたこともありましたが、周りの友人を見て特に際立ってお金遣いが荒かったり、非常にお金持ちだなと感じることはあまりありませんでした。 メディア系の授業への興味が強かったですが、思ったより多くないなという感覚もありました。 明治学院大学「社会学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 特に40代以上の世代の方(自分たちの親世代)からは「お嬢様・お坊ちゃまが多い学校よね」と言われることが多かったです。 なので、必然的にきちんとしたお家なんですね、といったイメージを持たれることが多かったのかなと感じます。 また、地元では近隣に附属高校があり、そこが内部進学以外にも学校の授業に力を入れていると言われていたため、その印象があり、お勉強のできる子が多い、おとなしい子が多いといった評判が多かったです。 内部生からみた評判 社会学部は、卒業論文を書かなくても卒業できること、卒業に必要な単位が他学部よりも少なく、教職を取る生徒も少ないことから「ゆとり学部」「社学はゆとり」と言われる(揶揄される)ことが多かったように感じます。 社会学部は様々なジャンルの授業が幅広く展開されていることもあり、「絶対に社会学部がいい!」という希望で入学した学生は少なかった傾向があったと思います。 また、サークル活動、部活動に意欲的な学生や芸能活動をしている学生も多く、授業以外に活動・活躍の場を持っている学生も多かったです。 ジャニーズやジャニーズジュニア、AKB48などの活動をしている生徒もいました。 明治学院大学「社会学部」のそれぞれの学科で勉強すること 明治学院大学社会学部には、社会学科と社会福祉学科の2つがあります。 社会学科はかなり幅広い授業を受けることができるためか、他学部と併願して受験している学生も多く、かなり様々な人がいました。 メディア系の授業が多かったのも芸能人が多かった理由の一つだと思います。 社会福祉学科は福祉制度(年金・社会保険・医療)に関する授業が多く、自治体のケースワーカーなどを招いて講義を開講していたりもしました。 「福祉」というと老人介護や障がい者といったイメージが強かったですが、授業はどちらかというとそういった実務よりも政治をからめた制度・保障などについて扱っていることが多かったです。 明治学院大学社会学部内では、偏差値が社会学科のほうが高かったため人気がありました。 明治学院大学「社会学部」のリアルな就職先について 明治学院大学社会学部の卒業生は、優秀な人たちは保険、金融関連の会社(三井住友銀行・東京三菱UFJ銀行・みずほ銀行などの三大メガバンクへの就職をした人もいました、勝ち組と言われていました)へ就職する人、最大手ではないものの人気のメディア・マスコミ系(中小出版社やトーハン・日本出版販売などの取次卸企業など)に就職する人もいました。 普通の層は一般企業(業種・業界はかなり様々でしたが、クラブツーリズムやJTBなどの観光関連企業・東急ホテルグループなどのホテル系も多かったです。 )や公務員試験への勉強をして合格し、地方公務員になるといった進路が多かったです。 「ゆとり学部」と言われているものの残念な層の人たちは4年間で卒業できなかったり、ワタミグループなどのブラック企業と言われるような会社に就職する人もいました。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、明治学院大学「社会学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 明治学院大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで明治学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。

次の

【2021年版】明治学院大学の偏差値!河合塾・駿台・ベネッセ・東進

明治 学院 大学 社会 学部

こんにちは! 今回は明治学院大学「社会学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。 明治学院大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は明治学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。 ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。 を使えば、明治学院大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも明治学院大学「社会学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。 それでは、さっそく明治学院大学「社会学部」の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は明治学院大学「社会学部」社会学科の卒業生です。 この記事の目次• 5 社会福祉学科…偏差値50 明治学院大学社会学部の難易度は法政大学社会学部の少し下、日本大学文学部社会学科の少し上くらいです。 実際に同じ学部の友人のほとんどが日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学といった日東駒専といわれるラインに合格して、蹴ってこの大学にきていました。 また青山学院大学、法政大学、立教大学なども併願して、そちらに不合格だった生徒も非常に多かったです。 同じレベル感の大学として成城大学や成蹊大学を併願した友人も多くいました。 明治学院大学「社会学部」の志望理由 私が明治学院大学社会学部を志望した理由は高校時代からメディア、コミュニケーションなどを題材とした社会学に興味があったが、人気のあったMARCHレベルには少し偏差値や学力レベルが届かなかったため、その下のランクで、社会学の学べる大学はどこだろう……といった感覚で選びました。 またキャンパスが横浜 戸塚 ・白金と2つあり、どちらへも通学できること・そのどちらもの校内の雰囲気が非常に良かったことも志望校選びの決め手となった大きな理由です。 一人暮らしをすることは考えていなかったので、キャンパスが実家から通学可能な地域にあったことも大きいです。 実際に通ってみて、学校の雰囲気は派手過ぎず地味過ぎず、しっかりと勉強もすることができたので志望して正解だったと感じています。 明治学院大学「社会学部」に入学してから感じたギャップ 私が明治学院大学社会学部に入学してから感じたギャップはイメージよりもかなり緩い授業が多かったことです。 出席の確認がなかったり、テストを受けなくても単位がもらえるような授業もありました。 また、お金持ちが多いよ、と言われたこともありましたが、周りの友人を見て特に際立ってお金遣いが荒かったり、非常にお金持ちだなと感じることはあまりありませんでした。 メディア系の授業への興味が強かったですが、思ったより多くないなという感覚もありました。 明治学院大学「社会学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 特に40代以上の世代の方(自分たちの親世代)からは「お嬢様・お坊ちゃまが多い学校よね」と言われることが多かったです。 なので、必然的にきちんとしたお家なんですね、といったイメージを持たれることが多かったのかなと感じます。 また、地元では近隣に附属高校があり、そこが内部進学以外にも学校の授業に力を入れていると言われていたため、その印象があり、お勉強のできる子が多い、おとなしい子が多いといった評判が多かったです。 内部生からみた評判 社会学部は、卒業論文を書かなくても卒業できること、卒業に必要な単位が他学部よりも少なく、教職を取る生徒も少ないことから「ゆとり学部」「社学はゆとり」と言われる(揶揄される)ことが多かったように感じます。 社会学部は様々なジャンルの授業が幅広く展開されていることもあり、「絶対に社会学部がいい!」という希望で入学した学生は少なかった傾向があったと思います。 また、サークル活動、部活動に意欲的な学生や芸能活動をしている学生も多く、授業以外に活動・活躍の場を持っている学生も多かったです。 ジャニーズやジャニーズジュニア、AKB48などの活動をしている生徒もいました。 明治学院大学「社会学部」のそれぞれの学科で勉強すること 明治学院大学社会学部には、社会学科と社会福祉学科の2つがあります。 社会学科はかなり幅広い授業を受けることができるためか、他学部と併願して受験している学生も多く、かなり様々な人がいました。 メディア系の授業が多かったのも芸能人が多かった理由の一つだと思います。 社会福祉学科は福祉制度(年金・社会保険・医療)に関する授業が多く、自治体のケースワーカーなどを招いて講義を開講していたりもしました。 「福祉」というと老人介護や障がい者といったイメージが強かったですが、授業はどちらかというとそういった実務よりも政治をからめた制度・保障などについて扱っていることが多かったです。 明治学院大学社会学部内では、偏差値が社会学科のほうが高かったため人気がありました。 明治学院大学「社会学部」のリアルな就職先について 明治学院大学社会学部の卒業生は、優秀な人たちは保険、金融関連の会社(三井住友銀行・東京三菱UFJ銀行・みずほ銀行などの三大メガバンクへの就職をした人もいました、勝ち組と言われていました)へ就職する人、最大手ではないものの人気のメディア・マスコミ系(中小出版社やトーハン・日本出版販売などの取次卸企業など)に就職する人もいました。 普通の層は一般企業(業種・業界はかなり様々でしたが、クラブツーリズムやJTBなどの観光関連企業・東急ホテルグループなどのホテル系も多かったです。 )や公務員試験への勉強をして合格し、地方公務員になるといった進路が多かったです。 「ゆとり学部」と言われているものの残念な層の人たちは4年間で卒業できなかったり、ワタミグループなどのブラック企業と言われるような会社に就職する人もいました。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、明治学院大学「社会学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 明治学院大学「社会学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで明治学院大学のパンフレットを請求してみて下さい。

次の

【明治学院大学】社会学部の評判とリアルな就職先

明治 学院 大学 社会 学部

明治学院大学と武蔵大学だったらどっちが良いと思いますか? 社会学、社会心理学、社会福祉学、児童福祉学などを学びたいと思っており、現在合格を頂いている大学が 明治学院大学社会学部 社会福祉学科 武蔵大学社会学部社会学科 将来は公務員になりソーシャルワーカーの道へ進もうかと思っています。 公務員を考えるなら、明治学院では国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士を取得できるそうです。 また明治学院はボランティア活動が非常に活発です。 トータルで考えれば私にとって明学のほうが向いているのかな?とも思うのですが、 しかし、通学時間が気になっており 明学ですと自宅から20分、武蔵ですと自宅から20分 横浜キャンバスだと50分 4年同じキャンパスで自宅から通いやすい武蔵のほうが通学アクセスは非常に魅力的です。 また、私は社会福祉学に限定せず社会学全般を学びたいと思っています。 明学ですと社会福祉学科ですので、社会福祉学に分野が限定されそうな気がして、社会学科である武蔵大学のほうがもしかしたら良いではと、とても迷っております。 またそれ以外にも、私の受験した明学社会福祉は河合で偏差値60、武蔵社会は偏差値62. 5で若干武蔵のほうが偏差値が高いのも少し気になります。 偏差値で大学を決めるのは良くないですが、せっかく進学するのならできるだけ偏差値は高い大学が良いので... 早慶MARCHに落ちてしまい、明学か武蔵かどちらかの選択になりました。 どちらも入学手続きを済ませているので時間はまだあるのですが、そろそろ決めなくてはならないので少しの参考になればと質問させていただきました。 最終的に決めるのは私ですが、みなさんならどっちに進学するか教えてください。 交通の便が良い方がよいですね。 近いと講義が終わった後、有意義に時間が使えますからね、アルバイトもし放題、1度しかない4年間の大学生活、大いにエンジョイできると思いますね。 偏差値は、予備校の都合で作られた感がありますので、気にしなくてもよいと思われます。 1度家に帰って昼食を食べてから、また、大学に行くこともできますからね、困ったことも家族に相談できるし、親孝行もできますよ。 下記のサイトをご覧ください。 honne. 明学のキャンパスは社福の国家試験で行きましたが綺麗ですね。 社会福祉士を目指す学生には人気があり、また伝統もありますので、私なら明学です。 社会福祉学科でも社会学系は相当履修できます。 入学当初、社会学の教員から「大学は学問の切り売りと言われるけど、繋がりはあり、気がつき探求する楽しさを経験してほしい」と言われました。 現に社会学概論や宗教社会学、犯罪社会学など色々履修してその時々に、何かの気づきを得たように覚えています。 他学部の授業も一部選択できると思うので、一本福祉の軸を心に据えて見渡すのも良いと思います。 もともと福祉は他の学問から理論を援用して成り立った学際科学ですので、広い知見は無駄になりません。 今は都道府県の福祉職をしていますが、福祉や公務員試験の勉強は3年次半ばくらいから始めました。 時間はあるので、自由に関心事を研究してみてください。 武蔵大学はどうか知りませんが、公務員を目指すなら明治学院は卒業すると社会福祉主事という任用資格が自動で与えられます この資格が卒業するだけで取れるのは、明治学院以外にはあまり多くないと聞いているので調べてみてはいかがでしょうか?(任用資格とは、公務員として実務にあたる際にのみ効力が発生する資格らしいです。 ) また福祉に限定せず学びたいという事ですが、社会福祉学科でも、社会学部の授業も勿論受けられますし、一方で児童福祉等、福祉の専門科目も学びたいのであればやはり社会福祉学科ではないでしょうか。 ちなみに戸塚キャンパスは、駅からもかなりの距離なので、行ったことがなければ一度よくよく調べてみてください。 戸塚駅からキャンパスまでバスに乗っても、校門近くのバス停から校舎まで行くにも、グラウンドなどを通過するので10分くらいかかりますよ。 まぁでも長い人生のたった2年ですから、私なんて小田急の新百合ヶ丘駅あたりから1時間半以上かけて通ってましたし、もっと遠くから来てる学生もいましたし、その辺は余裕でしょう。 私は武蔵大学というのを、全然知らないですから比較は出来ませんが、 もし明治学院に進まれて、社会保障を専攻する事になりたしたら岡教授に宜しくお伝えください。 私は2002年入学の三木と言います。 ソーシャルワーカーになりたいなら社会福祉学科が近道です。 しかし18 歳ぐらいの将来像など学校の先生や親から考えろと言われ口から出た程度のものです。 今後の出会いや経験でいくらでも変わります。 なので私なら武蔵大学社会学科ですね。 それと通学時間が最大50分なんて甘々なレベルで迷うような人が社会福祉士など私には想像がつきません。 朝早く夜遅い仕事ですよ、福祉ってちゃんと向き合ってやろうと思えば担当業務によっては休日返上もザラと聞いています。 しっかり見つめ直してソーシャルワーカーへの思いが強ければ社会福祉学科かなと思いますよ。 ちなみに公務員はあなたが今お住まいの市町村に勤務できなければ役所のそばに住まない限りは朝8時出勤で公共の交通機関で1時間以上の通勤は当たり前になります。 わりと厳しいです。

次の