シャドバ 機械 ネメシス。 【シャドバ】機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ!機械人形ネメシス【STRローテーション/デッキコード付き】

【シャドウバース】機械エイラビショップのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ 機械 ネメシス

触っていて思ったのが 「不足している人形分を「プロダクトマシーン」で補えば破壊カウントが足りるんじゃない?」という事です。 興味本位で組んでみると 意外と戦えたので、楽しくなってしまい本気で調整しました! この記事では、機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ 「機械人形ネメシス」のデッキリストや使い方について纏めてみたので、ご紹介させて頂きます。 目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。 スポンサーリンク 目次• 「機械人形ネメシス」のデッキリスト デッキレシピ 生成エーテル 60,650 画像引用: 以上の様なリストに成っています。 メインプランは、盤面を処理しつつ 「操り人形」や「プロダクトマシーン」で「粛清の一刀」の破壊カウントを蓄積し、10ターン目にフィニッシュするというものです。 メイシアプランを採る場合、10ターン目まで進化権を残しておく必要がありますが、このデッキでは、 5ターン目以降に突進持ちやエンハンスが強力なカードが多く採用されているので進化権の温存が容易にできます。 「冒涜の球体」と 「オリジン・コア」そして 「マーキュリーイージス・シオン」が、ぞれぞれピン採用となっています。 「冒涜の球体」は、 1ターン目に置ければ強いのと 相手の動きが弱く何もする事が無い5ターン目以降にエンハンスで置ければ強いという理由です。 「オリジン・コア」は、 進化すると2PP回復するので「メイシア」でのリーサルターンを早める事に役立ちます。 「マーキュリーイージス・シオン」は、 疑似守護や 並べたフォロワーが処理されなかった時のバフなど稀に強い時があるのと、 冒涜ガチャの当たり枠としての採用です。 「機械人形ネメシス」の立ち回り それでは、実際に 「機械人形ネメシス」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、 「マリガン」、 「序盤」、 「中盤」そして、 「終盤」の 4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。 マリガン マリガンは、序盤の動きを重視したいので 2コストのフォロワーを中心に3ターン目までの動きが見えるような手札を目指します。 初手から手札に必要そな「冒涜の球体」や「リーシェナ」ですが、 両方ともサブプラン的な認識なのでオープニングハンドに見えていれば残す程度で大丈夫です。 ですが、 ウィッチなど「メイシア」の完成を待ってくれないクラス相手には「リーシェナ」プランを採る必要があるので状況に応じては「リーシェナ」を全力で探す必要があります。 また、 後攻を引いた際には、2ターン目に共鳴が来るので「ゼンマイの巻き直し」もキープ候補です。 序盤 序盤は、 フォロワーを展開したり操り人形を手札に補充したりしながら相手の展開を抑えてきます。 「メイシア」プランを狙っている時は、序盤から「操り人形」も使って相手の盤面を処理していっても問題ありませんが、「リーシェナ」プランを狙う時は、ある程度のリーダーダメージを許容して「白き破壊のアーティファクト」が手札に加わってから盤面処理を始めましょう。 中盤 中盤は、 突進持ちや強力なエンハンス効果を用いて相手の盤面を丁寧に処理して行く立ち回りが大切です。 顔を詰める事が出来れば理想ですが、詰める事が出来なくても 「メイシア」で20点を削りきる事は、余裕なので焦らず盤面処理に専念する事が重要になります。 「リーシェナ」プランを狙う場合は、 進化権が解禁になったターンで進化権を「リーシェナ」に使い「白き破壊のアーティファクト」を手札に加えておく事が大切です。 終盤 終盤は、 「メイシア」からの「粛清の一刀」プランで相手リーダーの体力を削りきります。 もし、中盤から終盤にかけての間で 「オリジン・コア」を置く隙があれば10ターン目を待たなくても、8ターン目から9ターン目の間に「メイシア」プランを完成させる事が可能です。 「リーシェナ」プランを狙う場合は 「白き破壊のアーティファクト」のコストダウンを意識しすぎて出すターンが遅れると、その後の「黒き破壊のアーティファクト」のコストダウンが思うようにいかない場合があるので、2枚のコストダウンをバランスよく意識する必要があります。 まとめ 今回は、 機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ「機械人形ネメシス」のデッキリストやその立ち回りについて、まとめさせて頂きました。 遂にネメシスクラスにもローテーションフォーマットで使えないカードが発生し、その影響で今期は、苦しいイメージがありますが、全然戦えるデッキに仕上がったと思います。 「ロココ」などは「永遠の花嫁・セレス」への回答としても効果的な印象があり、 Tier1デッキに対しても戦えるのでランクマッチでも十分使用可能です。 ウィッチクラスの中盤から終盤にかけての「横並べ」&「疾走」の押し付けが辛いのでウィッチクラスが増えて来ると使いにくくなるので、その点だけ注意してください。 それでは、この辺りで終わらせていただきます。 最後まで、読んでくださりありがとうございました。 これからも、よろしくお願いします。 com 管理人:かっつん.

次の

【シャドバ】機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ!機械人形ネメシス【STRローテーション/デッキコード付き】

シャドバ 機械 ネメシス

触っていて思ったのが 「不足している人形分を「プロダクトマシーン」で補えば破壊カウントが足りるんじゃない?」という事です。 興味本位で組んでみると 意外と戦えたので、楽しくなってしまい本気で調整しました! この記事では、機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ 「機械人形ネメシス」のデッキリストや使い方について纏めてみたので、ご紹介させて頂きます。 目次の気になる項目だけでも結構なので、是非チェックしていってください。 スポンサーリンク 目次• 「機械人形ネメシス」のデッキリスト デッキレシピ 生成エーテル 60,650 画像引用: 以上の様なリストに成っています。 メインプランは、盤面を処理しつつ 「操り人形」や「プロダクトマシーン」で「粛清の一刀」の破壊カウントを蓄積し、10ターン目にフィニッシュするというものです。 メイシアプランを採る場合、10ターン目まで進化権を残しておく必要がありますが、このデッキでは、 5ターン目以降に突進持ちやエンハンスが強力なカードが多く採用されているので進化権の温存が容易にできます。 「冒涜の球体」と 「オリジン・コア」そして 「マーキュリーイージス・シオン」が、ぞれぞれピン採用となっています。 「冒涜の球体」は、 1ターン目に置ければ強いのと 相手の動きが弱く何もする事が無い5ターン目以降にエンハンスで置ければ強いという理由です。 「オリジン・コア」は、 進化すると2PP回復するので「メイシア」でのリーサルターンを早める事に役立ちます。 「マーキュリーイージス・シオン」は、 疑似守護や 並べたフォロワーが処理されなかった時のバフなど稀に強い時があるのと、 冒涜ガチャの当たり枠としての採用です。 「機械人形ネメシス」の立ち回り それでは、実際に 「機械人形ネメシス」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、 「マリガン」、 「序盤」、 「中盤」そして、 「終盤」の 4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。 マリガン マリガンは、序盤の動きを重視したいので 2コストのフォロワーを中心に3ターン目までの動きが見えるような手札を目指します。 初手から手札に必要そな「冒涜の球体」や「リーシェナ」ですが、 両方ともサブプラン的な認識なのでオープニングハンドに見えていれば残す程度で大丈夫です。 ですが、 ウィッチなど「メイシア」の完成を待ってくれないクラス相手には「リーシェナ」プランを採る必要があるので状況に応じては「リーシェナ」を全力で探す必要があります。 また、 後攻を引いた際には、2ターン目に共鳴が来るので「ゼンマイの巻き直し」もキープ候補です。 序盤 序盤は、 フォロワーを展開したり操り人形を手札に補充したりしながら相手の展開を抑えてきます。 「メイシア」プランを狙っている時は、序盤から「操り人形」も使って相手の盤面を処理していっても問題ありませんが、「リーシェナ」プランを狙う時は、ある程度のリーダーダメージを許容して「白き破壊のアーティファクト」が手札に加わってから盤面処理を始めましょう。 中盤 中盤は、 突進持ちや強力なエンハンス効果を用いて相手の盤面を丁寧に処理して行く立ち回りが大切です。 顔を詰める事が出来れば理想ですが、詰める事が出来なくても 「メイシア」で20点を削りきる事は、余裕なので焦らず盤面処理に専念する事が重要になります。 「リーシェナ」プランを狙う場合は、 進化権が解禁になったターンで進化権を「リーシェナ」に使い「白き破壊のアーティファクト」を手札に加えておく事が大切です。 終盤 終盤は、 「メイシア」からの「粛清の一刀」プランで相手リーダーの体力を削りきります。 もし、中盤から終盤にかけての間で 「オリジン・コア」を置く隙があれば10ターン目を待たなくても、8ターン目から9ターン目の間に「メイシア」プランを完成させる事が可能です。 「リーシェナ」プランを狙う場合は 「白き破壊のアーティファクト」のコストダウンを意識しすぎて出すターンが遅れると、その後の「黒き破壊のアーティファクト」のコストダウンが思うようにいかない場合があるので、2枚のコストダウンをバランスよく意識する必要があります。 まとめ 今回は、 機械と人形で破壊カウントを進めて勝つ「機械人形ネメシス」のデッキリストやその立ち回りについて、まとめさせて頂きました。 遂にネメシスクラスにもローテーションフォーマットで使えないカードが発生し、その影響で今期は、苦しいイメージがありますが、全然戦えるデッキに仕上がったと思います。 「ロココ」などは「永遠の花嫁・セレス」への回答としても効果的な印象があり、 Tier1デッキに対しても戦えるのでランクマッチでも十分使用可能です。 ウィッチクラスの中盤から終盤にかけての「横並べ」&「疾走」の押し付けが辛いのでウィッチクラスが増えて来ると使いにくくなるので、その点だけ注意してください。 それでは、この辺りで終わらせていただきます。 最後まで、読んでくださりありがとうございました。 これからも、よろしくお願いします。 com 管理人:かっつん.

次の

【シャドバ】ローテーションのデッキ相性早見表【5/27更新!】【シャドウバース】

シャドバ 機械 ネメシス

ダメージ無効突進で除去しながら相手にダメージ。 かなり強い。 悪くはないが、狙って蘇生させるほどでもないか。 処理順の関係上機械神に突進は付かない。 効果的にも機械神とかみ合っている。 ファンファーレは発動しないが、ターン終了時効果はしっかり発動する。 どちらかというとの効果で機械神が出てくることの方が多いかもしれない。 AOE3点で盤面を一掃できる。 機械フォロワーには効かないので注意が必要。 こちらもで出てくることの方が多いと思われる。 モノが強いだけで機械神スレイの動きが強いわけではない• メッチャ固い守護を立てることができる。 突進と自傷時効果で盤面を広げられる。 コストの関係上即座にグライアスの威光に繋げられないのは惜しい。 から生み出される三柱の女神。 ベルフォメットを出す前に機械神を手札に抱えておかないといけないが、どれも復活させればかなりの盤面を生み出せる。 メガイラのみフレンチバニラになってしまうが、盤面の圧としては十分だろう。

次の