乙女 ゲーム の モブ。 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 1 (GCノベルズ)

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 01 (ドラゴンコミックスエイジ)

乙女 ゲーム の モブ

「ここで会えるとはな。 嬉しいぞ、シトラ」 「おまえに名前を呼ばれる筋合いはない」 シトラから溢れるのは殺意だった。 私は状況が呑み込めずにいると、リーゼロット王子が私の方にやってきた。 「イロハ様、申し訳ございません。 やはり闇の神が父上でしたか……」 「知っていたんですか!?」 「はい、薄々おかしいと思っていたのです。 ただ、確証が掴めなくて……」 「そうだったんですね」 つまり私を餌に使ったわけか……それにしても、シトラと闇の神はどういう関係なんだろう。 「シトラは数年前に滅んだとされる国の第二王子なのですよ」 リーゼロット王子の発言に私は驚いた。 そんな話、一度も聞いたことがない……私が知らないシトラのことだ。 シトラが第二王子……? でも、滅んだ国ってどういうこと? 私は疑問と驚きで頭がいっぱいだった。 もう一度、シトラを見ると剣を構え、攻撃のタイミングをうかがっている。 そして、シトラは「ずっとおまえを殺すことだけを考えてきた」と、闇の神に言い放った。 また神は「私を殺すか……おまえにできるのか」と試すように言っている。 とにかく、ここで戦うのはまずいよね。 「シトラ!! やめて!」 私が大声で言うと、シトラは肩をピクッとさせてこちらを見た。 シトラから溢れる殺意は消えていない。 けれど、ここは闇の神を祀るクローリアだ。 下手をすれば、こちらが不利になる。 「シトラの敵だとしても、今戦ってはダメ!!」 「!! イロハ…」 シトラはゆっくりと剣を下した。 闇の神は「なんだ…殺さないのか?」つまらなそうに言っている。 「シトラにあなたのような悪人を殺す必要はないわ」 「ヴィルシードの娘よ、私はいつでもおまえを歓迎する」 「私があなたのところに行くことは絶対にないわ!!」 私はシトラの腕をつかみ、クローリアをあとにした。 リーゼロット王子もレイティア様も申し訳なさそうな顔をしていたけど、今はシトラのことが先決だった。 私たちはハイデンに戻り、シトラに事情を聞くことにした。 「シトラ!! あなたが王子って本当なの!?」 「クローリアの王子から聞いたのか…まぁ、嘘ではない」 シトラは俯きながら、どこかを見つめていた。 まるで、ここに心あらずと言った感じで、心配になる。 彼がどこか遠くに行ってしまう気がしたから。 「じゃあ、闇の神とはどういう関係なの?」 「家族の仇だ」 「え……それってどういうこと? 確かに、リーゼロット王子が数年前に滅んだ国とは言っていたけど、それと関係があるの?」 シトラは頷き、アドリードという国について語り始めた。

次の

乙女ゲームのモブに転生したようですが

乙女 ゲーム の モブ

ぶっちゃけますと、web版との違いは文章や話の順番が一部違っている程度で 本筋の話は全く変わっていません。 新キャラ追加なども無し また普通ならばweb版との違いを出すために、書下ろしの一つくらいは入れるものですが QRコードを読み込んでアンケートを答えなければ見れないという無駄な手間が必要。 それも本の帯の裏にQRコードがあるものだから、事前に知らないと気が付かない。 非常に分かり難いです。 実際のところ挿絵が付いて読みやすくなっただけ、これで一冊1080円です。 web版をすでに三回以上も読み直してる身としては、正直言って不満です。 またその肝心の挿絵も、ヒロインのアンジェやリヴィアより、敵側のマリエの方が可愛らしく描かれています。 何より重要なシーンで挿絵が入っておらず、リヴィア、アンジェが落ち込んでいるシーンという、割とどうでもいい部分で挿絵が使われているのが残念でなりません。 純粋に挿絵を担当しているイラストレーターが未熟なのも減点です。 これならコミカライズの潮里潤先生の方がよっぽど上手いです。 女尊男卑と聞いて女が戦場にでたり家を継いで男は所有物扱いな世界かと思ったら 戦うのも家を継ぐのも男で女は子供を産むだけでそれすら義務では無く男を跪ずかせるための交渉材料でその後は贅沢三昧という醜悪な世界。 そんな世界で父親の本妻に売り飛ばされかけた主人公は前世のゲーム知識を元にチートな船を手に入れるのだが本妻とそのオトモダチへの復讐はしない。 主人公は良くも悪くも大人で気にいらない相手でも大義名分が無ければ我慢してしまう、ぶっちゃけアレな女子にひどい目にあわされることも多々ありますその分大義名分を手に入れて全力攻撃に出た時の爽快感は大きいですが。 原作乙女ゲーの主人公と悪役令嬢は二人とも可愛く魅力的、主人公の立場を奪った謎の少女も悪役としてはなかなかの物。 女尊男卑の乙女ゲー世界のモブとして転生した主人公。 妹に何度も攻略させられた乙女ゲーだったので 知識をフルに活かし、金策のためにババアに身売りさせられそうな我が身を救うため、一攫千金を成し 遂げる。 やがて貴族の通う学園に入学し、清楚で優しくておっぱいの大きい可愛い嫁を夢見るが、現実は厳しく、 惨めで暗い毎日を送る羽目になるのであった。 序盤の一攫千金まではさして面白いと思いませんでしたが、学園入学後からぐんぐん面白くなり、一気に 読み進められました。 大半の貴族の女の子が愛人として奴隷を侍らせ、夜遊びをし、金のある男性を捕まえたあとは子作りは好 きな男とし、結婚相手はたんなる扶養者という想定斜め上の酷さ。 主人公はボコボコにされながらも耐え 忍んでいたのですが…。 我慢の末に、終盤でチートを爆発させ無双をするシーンは一歩間違えると大味で雑な凡作になるところで すが、キレた主人公の歯に衣を着せぬ物言いと容赦のなさ、vsイケメンという設定も相まって実に気分ス ッキリ爽快であった。 また、身分の差が上だったり下だったりで手を出せないダブルヒロインも、性根の 歪んだ女子が溢れる中で対照的に可愛らしく魅力的に映る。 今後の巻にも大いに期待できる良作でした。

次の

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 無料漫画詳細

乙女 ゲーム の モブ

ぶっちゃけますと、web版との違いは文章や話の順番が一部違っている程度で 本筋の話は全く変わっていません。 新キャラ追加なども無し また普通ならばweb版との違いを出すために、書下ろしの一つくらいは入れるものですが QRコードを読み込んでアンケートを答えなければ見れないという無駄な手間が必要。 それも本の帯の裏にQRコードがあるものだから、事前に知らないと気が付かない。 非常に分かり難いです。 実際のところ挿絵が付いて読みやすくなっただけ、これで一冊1080円です。 web版をすでに三回以上も読み直してる身としては、正直言って不満です。 またその肝心の挿絵も、ヒロインのアンジェやリヴィアより、敵側のマリエの方が可愛らしく描かれています。 何より重要なシーンで挿絵が入っておらず、リヴィア、アンジェが落ち込んでいるシーンという、割とどうでもいい部分で挿絵が使われているのが残念でなりません。 純粋に挿絵を担当しているイラストレーターが未熟なのも減点です。 これならコミカライズの潮里潤先生の方がよっぽど上手いです。 女尊男卑と聞いて女が戦場にでたり家を継いで男は所有物扱いな世界かと思ったら 戦うのも家を継ぐのも男で女は子供を産むだけでそれすら義務では無く男を跪ずかせるための交渉材料でその後は贅沢三昧という醜悪な世界。 そんな世界で父親の本妻に売り飛ばされかけた主人公は前世のゲーム知識を元にチートな船を手に入れるのだが本妻とそのオトモダチへの復讐はしない。 主人公は良くも悪くも大人で気にいらない相手でも大義名分が無ければ我慢してしまう、ぶっちゃけアレな女子にひどい目にあわされることも多々ありますその分大義名分を手に入れて全力攻撃に出た時の爽快感は大きいですが。 原作乙女ゲーの主人公と悪役令嬢は二人とも可愛く魅力的、主人公の立場を奪った謎の少女も悪役としてはなかなかの物。 女尊男卑の乙女ゲー世界のモブとして転生した主人公。 妹に何度も攻略させられた乙女ゲーだったので 知識をフルに活かし、金策のためにババアに身売りさせられそうな我が身を救うため、一攫千金を成し 遂げる。 やがて貴族の通う学園に入学し、清楚で優しくておっぱいの大きい可愛い嫁を夢見るが、現実は厳しく、 惨めで暗い毎日を送る羽目になるのであった。 序盤の一攫千金まではさして面白いと思いませんでしたが、学園入学後からぐんぐん面白くなり、一気に 読み進められました。 大半の貴族の女の子が愛人として奴隷を侍らせ、夜遊びをし、金のある男性を捕まえたあとは子作りは好 きな男とし、結婚相手はたんなる扶養者という想定斜め上の酷さ。 主人公はボコボコにされながらも耐え 忍んでいたのですが…。 我慢の末に、終盤でチートを爆発させ無双をするシーンは一歩間違えると大味で雑な凡作になるところで すが、キレた主人公の歯に衣を着せぬ物言いと容赦のなさ、vsイケメンという設定も相まって実に気分ス ッキリ爽快であった。 また、身分の差が上だったり下だったりで手を出せないダブルヒロインも、性根の 歪んだ女子が溢れる中で対照的に可愛らしく魅力的に映る。 今後の巻にも大いに期待できる良作でした。

次の