ビルゲイツ 予言。 ビル・ゲイツはIT預言者?1999年に予言された15の予想とは

パンデミックを予言したビル・ゲイツに「いま何をすべきで、今後どうするべきか」を聞いてみたムービーが登場

ビルゲイツ 予言

TEDとは? TEDは、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。 カナダのバンクーバーで、 毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体である。 より引用 これだけ見ると「さすがビル・ゲイツ、先見の明があるな」で終わるかも知れません。 しかし彼の「予言」めいた言動はこれだけではありません。 より引用 すなわち、今回の新型コロナウィルスによるパンデミック(2020年)が起きる半年前に、 ほぼ同じ状況のシミュレーションを公式に行っていた(しかも想定したウィルスがコロナウィルス) ということです。 これを聞くと、「シミュレーションでコロナウイルスまでピッタリ予言してるなんて、ちょっと当たり過ぎじゃない?」と疑念を持つ人が出てしまうのも無理はありません。 イベント201について とは、 2019年10月に開催されたもので、 コロナウイルスのパンデミックをシミュレーションし、どのように感染が広がり、どれくらいの被害が出るかを予測したものです。 「対策を今から準備しておこう」というものですね。 シミュレーションではコロナウイルスの発祥地点はブラジルの養豚となっています。 その後18ヶ月で6500万人の死者を出したところで、シミュレーションは終了しています。 【陰謀論】ビル・ゲイツはワクチンの利権を欲している さらに、ビル・ゲイツ氏は ワクチンの普及に熱心であることが疑念に拍車をかけます。 ワクチン開発やワクチン関連事業に莫大な資金を提供しているのです。 また WHOや大手製薬会社とのつながりも指摘されます。 となるとこう考える人がいてもおかしくありません。 「新型コロナウイルスとそれに対するワクチンが同時に『開発』されていたとしたら 莫大な利益を得ることができる」 もちろんこれは、陰謀論好きの妄想に過ぎません。 だってお金ならもう、ビル・ゲイツ氏は捨てるほど持っているでしょう。 ただ、ビル・ゲイツ氏には「お金」以外の噂もありますので問題が複雑なんです。 【陰謀論】ビル・ゲイツがワクチン普及に執着する理由 「ビル・ゲイツ氏はワクチンの普及に熱心」なのは彼の言動から間違いありませんが、これが実に 「度を超えて熱心」なんです。 その点を ロバート・F・ケネディJr. という弁護士が指摘しています。 被害の一例• ゲイツ氏指導のもと、インドでポリオワクチンを幼児に投与させた結果、 49万人の幼児が非ポリオ急性弛緩性麻痺を起こし、2017年にはインド政府から撤退を依頼された。 その後、非ポリオ急性弛緩性麻痺は激減した。 2002年の「MenAfriVacキャンペーン」で アフリカの500人の子供にワクチンを投与し、50人に麻痺が起きた。 ネルソン・マンデラの元上級エコノミストであるパトリック・ボンド教授に 「冷酷で人道に外れた行為」と批判された。 2010年に臨床試験中のマラリアワクチンに資金を提供したが、その ワクチンを投与されたアフリカの幼児151人が死亡、1000人余りに重篤な副作用が出た。 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、 インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。 そのうち 7人が死亡した。 これに関わった研究者は起訴された。 ロバート・F・ケネディJr. 氏によると、これら以外にも、ビル・ゲイツ氏が大きな影響力を持つと言われるWHOが行ったワクチン投与で、多くの被害が出ているとのこと。 もし、この話が真実なら、 ほとんど「人体実験」とも思えるようなことになってしまいます。 そうなると、 なぜそんな強引なことまでしてビル・ゲイツ氏はワクチン開発に熱心なのかという疑問がわきます。 これに対して、ロバート・F・ケネディJr. 氏は 「世界の医療政策への独裁権力を得るため」と説明します。 【陰謀論】ビル・ゲイツは世界人口を減らしたい でも、 ビル・ゲイツ氏は医療政策への独裁権力を得て何をしたいのでしょう? 「お金ならもう、100回生まれ変わっても使い切れないほど持ってるでしょ。 やっぱり利益のためでなく、純粋に、病気をなくそうと思ってるんじゃないの?」 というのが、妥当な解釈ではないでしょうか。 しかし、それに対してはこんな話が持ち出されます。 またしてもビル・ゲイツ氏のTEDでの講演。 今度は2010年ですが、そこで彼はこんなことを言っています。 「現在世界の人口は68億人です。 90億人程度まで増加します。 しかも「新ワクチン」によって。 ビル・ゲイツはワクチンの危険性を知っていた? 上記ロバート・F・ケネディJr. 氏によると、WHOが行った「破傷風ワクチンキャンペーン」で 「ケニヤの女性が不妊処理された」と2014年にケニヤのカトリック教医師会が糾弾しています。 また、上項でお伝えした以下の件ですが• 2014年にゲイツ財団が出資した製薬会社が、 インドの若い女性に実験段階のワクチンを投与した結果、23000人中1200人に深刻な副作用が出た。 そのうち7人が死亡した。 これに関わった研究者は起訴された。 この事件では副作用として「受胎障害」に苦しめられる女性が多数出ています。 これはまさに、 人口削減につながる「副作用」です。 その一方で、1990年代にシアトルでビル・ゲイツのプライベートドクターを務めた医師が 「ビル・ゲイツ氏は、 自分の子供に一切のワクチンを投与することを拒否した」 と語ったと言われています。 これが真実なら、 彼はワクチンを危険だとみなしているということです。 ビル・ゲイツの陰謀とは一体何なのか。 すべては人類削減計画の名のもとに では、ビル・ゲイツ氏の陰謀とは一体何なのでしょうか。 以下は一つの仮説です。 決してお金のためではなく、 それ(人類を削減すること)を使命として考えているならば、ビル・ゲイツ氏の行動も一定の理解はできます。 このような視点で見ていくと、ビル・ゲイツ氏が 新型コロナのパンデミックを前もって知っていたとしてもそれは当然というわけです。 全部計画だった可能性もあるということです。 2020年現在、我々が最も欲しているのは「新型コロナウィルスに対するワクチン」であることは間違いありません。 おそらく、そのワクチンを開発した最初の企業・機関が、 今後の世界の医療政策への独裁権力を握ることになります。 このワクチンを一番最初に成功させるのはどこの企業・機関なのか、 我々は注視しながら見守る必要があります。 さいごに 今回お伝えした内容は、今の段階では一つの陰謀論に過ぎません。 たとえば予言ひとつにしても、「そもそも陰謀を企んでるのなら、目立つ予言なんかせずこっそり進めるはずでしょ」と言う見方もできますよね。 また、ビル・ゲイツ氏の言う「ワクチンによる人口抑制」についても、「ワクチンによって死亡率が下がれば、沢山子供を作る必要がなくなるから人口増加率も下がる」と解釈することもできます。 今の時点では、全てにおいてさまざまな解釈が可能であるということです。 真実は時とともに明らかになることでしょう。 サーズ、マーズ、コロナ、全て発生元が中東と中国っておかしいですよね。 スペイン風邪も戦時中に発生したし…。 例えば、自国でウイルス作り自国でばら蒔く人なんかいません、他国にばら蒔くのが妥当です、それも陸続きではない遠い国々が安全ですよね。 露人はいないと思います。 ビルゲイツは計画した人間と何らかの付き合いがあり以前から計画を知ってたのではないか?と.. 思います。 計画を尻これはいけないと預言者を装い世界中に発信したのではいか?なと思います。 人口が減ればその分アマゾンの売り上げも激減します。 またこのウイルスは白人に効果蟻アジア人には効果あまり無いようですしね、ウイルステストする検体が白人しかいなかったからでは?東洋人の検体でテストできなかったのでは?こう言うのを正に自業自得と言うんで生姜 笑 こんな地球を出て月か他の星に行って暮らしたいと思うのも同感ですよね、そんな金持ちじゃあないのでリーむうですけど。

次の

ビル・ゲイツ氏が予測する「日本の未来」

ビルゲイツ 予言

天才は「予言」ではなく「警告」 イギリスの大衆紙の「ザ・サン」で、このような記事が掲載されて、話題となっているようです。 ビルは「世界は戦争に備えると同程に深刻だ」と言っており、その例を中国に例えて3300万人が死亡してしまうという可能性を述べていたそうです。 つまり予言ではなく警告だったのですね。 で、ビル・ゲイツってだれ? 因みにビル・ゲイツとは、Windowsを販売された言わずとも知られたIT長者のお方。 一方でビル・ゲイツ財団という団体活動を行っており、世界中で非衛生的な国での人糞が病気をもたらしている問題に率先的に活動を行っており、その問題を解決すべく水を必要としないバイオトイレなどの開発などに取り組みを行っている天才の中の天才。 幼少期から本を読むのが大好きで情報を集める事には桁違いにハングリーな人。 そんな現在でも読書専用の庭とお家があるそうで、お休みの日はハンバーガーを食べながらコカ・コーラを飲んだりしながら読書をするのが好きだそうです。 感染に備える為の知識も 日本でもコロナウイルス感染症は日々追うごとに増加し世界では3番目に感染者が多い国となってしまってます。 ビル曰く「物流の速さが早くなっている現代ではウイルスも今まで以上に感染は加速している、これはもう誰も止められない」と述べているそうで、日本での感染者は今後も広がる可能性が十分にあるという事ですね。 因みに情報誌では「 確認された症例のほぼ75%が40歳以上で、その4割が健康状態」にあるそうで、専門家は「スペイン風邪と同じくらい致命的だ」と述べている様子。 ここで改めて研究や活動をされている方々からの意見を真剣に耳を傾ける時期なのだと実感します。 もうすぐ2月、中国では春節が近づいている事から北海道への旅行者も確実に増える時期ですので、それぞれ予防対策としてマスクだけでは無く、用事がない限りは外出を控えるなど、感染を避けるための最低限の知識を備えておく事が必須となりそうです。 些細な知識として皆さんも知っているかもしれませんが、売れに売れているサージカルマスクは「 感染しないためではなく人に感染させないためのもの」らしいです。 着用するだけで幾分かの予防の効果はありますが、新型肺炎はかなりやっかいなウイルスが予想されますのでマスクだけに頼らずにうがいや手洗いなど、出来る範囲の衛生管理を徹底しましょう。

次の

ビル・ゲイツ氏が予測する「日本の未来」

ビルゲイツ 予言

日本は復活できるのか ビル・ゲイツ氏が2016年5月17日に自身のブログで投稿した 「日本は復活できるのか」というタイトルの記事から抜粋しています。 概要は以下になります。 『私は日本が大好きだが、日本経済は低迷してしまっている』 私は日本が大好きで、数え切れないくらい日本に足を運んでいる。 伝統とモダンのユニークな融合に魅了されているからだ。 日本は、米国以外にオフィスを作った初めての国である。 日本は世界経済の動向を追う者にとって非常に興味深い国である。 1980年代の日本は、圧倒的な力強さを誇っていた。 しかし現在日本企業の多くは中韓の企業の影に隠れてしまっている。 またデフレにより日本経済は低迷してしまったわけだが、多くの経済学者は、日本だけの問題だと考えていた。 だが、今ではグローバルな問題となっている。 『私は日本は復活を遂げると考えている。 』 私は、日本は復活を遂げると考えている。 今でも日本は裕福な国なのだ。 日本はこれまでにも、今よりもっと悪い状況から立ち直ってきた。 第二次世界大戦後の日本の復活劇はみなが知っている。 日本の生活の質は高く、教育システムも堅固なものである。 80年代のような飛び抜けたリーダーとして姿を見せる可能性は低いが、それでも、日本の未来はかなり明るいと信じている。 もしあなたが私のように日本に興味を持っている人間であるなら、「競争力」は、日本という魅力的な国の未来を見つめる上で、大きな示唆を与えてくれる内容であることが分かるだろう。 出典:、 ビル・ゲイツ氏のブログから読み取れること ビル・ゲイツ氏が親日でありこれが表向きのリップサービスということを差し引いたとしても嬉しい内容です。 この中で特に示唆されているのが『競争力』です。 ビル・ゲイツ氏は日本企業不振の要因の一つに競争力の低下を強調しています。 この競争力というのは『国内競争力』だけではなく、『国際競争力』という意味合いが強いでしょう。 事実日本製品はガラパゴス化と揶揄され、世界市場を取り込めていないのが現状です。 成熟産業は人口が多く賃金が安い国にどんどん流れていってしまっています。 国内市場だけでなく海外市場が求めているモノを見据えて考えていかなければ、この時代の変わり目に乗り切れないでしょう。 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)が発表した2016年5月30日における世界競争力ランキングによると、 日本の国際競争力は61カ国中26位となっています。 ざっくりと定義を分けると経済成長、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラという4つの分野で評価されています。 そもそも「競争力」という概念があいまいであり、短期的な景気変動の影響を受けるため一概には言えないですが、外国の猛烈な発展スピードが日本を上回った結果がこの順位に寄与していると考えられます。 分かりやすい例を挙げるとすると、日本企業が世界を席捲した電気機械の分野では、韓国や中国の企業の台頭を許し、日本企業が敗退するといった現象が多く見られています。 ビル・ゲイツ氏はこのままだと日本がズルズル国際競争から引き離されてしまう、ということを示唆してくれているのだと考えられます。 小さな島国が戦後数十年で復興し、世界経済のトップクラスに躍り出たハングリー精神にビル・ゲイツ氏は再度期待しているようです。 国内外から新しい企業が生まれ、古い企業と置き換わっていくのを目の当たりにしていると日本に残された時間はそれほど長くはないように感じます。

次の