シリコングリス。 少しで十分! 100均のシリコンスプレー&グリーススプレー

バイク修理に便利!シリコングリスの特徴や使い方を分かりやすく解説

シリコングリス

今回、購入した青ラベルのシリコンスプレー 左 とグリーンラベルのグリーススプレー 右。 シリコーンスプレー 左の青 が大きく見えるのは、こちらの方が内容量47mL量が多いからです。 グリススプレーの方が高価ということになりますね。 シリコーンスプレー缶の表面には「滑り剤・離型・ツヤ出し」、「プラスチックや木にも使える!!! 」と書かれています。 使用例として「敷居・サッシ・鍵・鍵穴・ファスナー」が挙げられます。 グリーススプレー缶の表面には「高粘度潤滑剤」、「耐熱性・耐水性抜群で幅広く使用できる!!! 」と書かれています。 使用例として「自動車・バイク・シャッター・ギヤ・チェーン」が挙げられます。 シリコーンスプレー缶の表面に書かれている用途表。 内容量:134mL、油量:74mL、ガス量:60mL。 グリーススプレー缶の表面に書かれている用途表。 内容量:87mL、油量:33mL、ガス量:54mL。 浸透性に優れ、金属細部の潤滑や錆び付いたネジを緩めるのに適している。 自動車や機械類に最適。 耐熱・耐寒・耐水性に優れ、パワフルな潤滑力を長期間持続。 広範な温度域で安定して使用可能。 デスクワゴン上段の引き出しは、プラスチックのローラーが回転して移動しています。 なので、ここはシリコーンスプレーを選択しました。 デスクワゴン下段の引き出しは、ボールが鉄枠の中にある小さいボール ベアリング 回転して移動しています。 なので、ここはグリススプレーを選択しました。 これで、引き出しがとてもスムーズに出せるようになって満足です。 よかった、よかった。 なんで??? 取り扱いやめたのかなぁ。 ちょっと急ぎだったので、結局アマゾンで購入しました。 で、日本で2番目?に広い売り場面積と思われる「ギガ船橋店」でさえもシリコンスプレーが売ってないので、店員さんに聞いてみました。 すると、在庫が無く入荷未定といわれました。 原価が上がって100円では作れなくなっちゃったのかなぁ…。 少しだけ使いたいって時に、あの量は本当に便利なんですよね。 で、暇つぶしで船橋駅を散歩していたら、なんとまだ在庫が残っているダイソーを見つけました。 それは、イトーヨーカドー船橋店です。 グリススプレーは豊富に、シリコンスプレーは在庫残り僅かでした。 お近くでシリコンスプレーを欲しい方はお早めにどうぞ!.

次の

シリコングリスとは何か : Hand Tool Addiction Returns

シリコングリス

By: パソコンにはCPUを冷却するためのパーツである、CPUクーラーが搭載されています。 そのCPUクーラーとCPUが接触する部分に塗るのがCPUグリスです。 CPUグリスは潤滑剤の一種で、素材や性能が異なるさまざまな製品が販売されています。 CPUグリスを塗ることでCPUとCPUクーラーのわずかな隙間を埋められ、より効率よく冷却可能。 CPUグリスの性能は、熱伝導率や熱抵抗値で表されます。 熱伝導率が高く熱抵抗値が低いほど、より高い冷却性能を発揮します。 また、CPUグリスは塗り替えを行わないと冷却性能が落ちてしまう可能性があるので、注意が必要です。 長年使用していてまだ一度も塗り替えたことがない方や、最近CPUの温度が高いと感じている方は、塗り替えを試してみてください。 CPUグリスの選び方 種類をチェック By: CPUグリスを購入するにあたり、塗りやすさも重要なポイントです。 製品によって粘度が異なり、冷却性能が高いモノほど粘度が高く塗りにくい傾向にあります。 また、しっかりと均一に塗れていないと冷却性能が低下してしまう可能性があるので、注意が必要です。 塗り慣れていない方やCPUグリスを初めて使用する方は、粘度の低いソフトタイプの塗りやすい製品をおすすめします。 シリコングリスは、柔らかく塗りやすい製品が多い傾向にあります。 シルバーグリスに関しても、塗りやすい粘度の製品がラインナップされているので安心です。 粘度の高いグリスの方が乾燥しにくく長持ちするという特徴がありますが、しっかり塗れていないと意味がないので、よく検討してから購入しましょう。 CPUグリスのおすすめモデル アイネックス Ainex シリコングリス GS-02 価格が安くコスパに優れたシリコングリスです。 気軽に購入できるので、自作パソコンだけでなく、メーカー製のパソコンやノートパソコンにも適しています。 CPUグリスを初めて使用する方にもおすすめです。 内容量は1gで、手を汚すことなく塗れる注射器型の容器を採用しています。 熱伝導率は1. 標準的なスペックのパソコンであれば、十分な冷却効果を得られます。 今までCPUグリスを塗り替えたことがなく、最近ファンの回転音が気になるという方は、リーズナブルな本製品を試してみてください。 さらに、本製品は電子機器などの特定有害物質の使用制限に関するEUの法律「RoHS指令」に準拠。 環境に配慮されている点も魅力です。 サーマルライトのなかでも高性能な「TFシリーズ」のCPUグリスです。 また、絶縁タイプなので、ショートの心配がないのもポイントです。 はみ出しや液漏れを気にせず塗れるので、CPUグリスを使い慣れていない方でも安心して使用できます。 容器の形状は注射器タイプで、便利な塗布用のヘラも付属。 本製品には内容量の異なる3タイプがラインナップされています。 そこまでの量が必要のない方は、内容量の少ない2gタイプ、頻繁に塗り替える方やオーバークロッカーの方には内容量が約3倍の5. 8gタイプがおすすめです。 さらに、検証などを行い、より頻繁な塗り替えが必要な方に適した12. 8gの大容量タイプも用意されています。 オーバークロック用に特別設計されたCPUグリスです。 微粒子化されたアルミニウムと酸化亜鉛が、CPUとヒートシンクのわずかな隙間にもしっかりと密着し、熱伝導率12. 高性能な冷却システムの能力を最大限まで引き出せます。 長期間硬化せず安定した性能を発揮し続けるので、塗り替えの回数を減らせて経済的です。 また、ショートの心配がない絶縁タイプなので、安心して使用できるのもメリット。 内容量は、1gから大容量な37gまでの全4種類がラインナップされています。 グリスを最適な量で塗布できる専用のアプリケーターが同梱するのも嬉しいポイントです。 さらに、梱包袋にはジッパーが付いているので、余ったグリスを乾燥から守り、長期間保存しておけます。 自作PC用のパーツなどを数多く取り扱うコルセアのCPUグリスです。 粘度の低い「酸化亜鉛」を採用しているのが特徴。 注射器タイプの容器を採用しているので、塗りやすいのが魅力です。 塗布面の微細な溝なども、きれいに埋められます。 また、乾燥やひび割れにも強いため、頻繁に塗り替える必要がなく長い期間安定した放熱効果を発揮。 長期間の保存にも適しています。 熱伝導率は3. さらに、非導電性かつ非毒性の素材を使用しているなど、安全性に配慮されているのもメリットです。 内容量は3gで、価格は比較的リーズナブル。 頻繁に塗り替えるのが面倒だと感じる方や、安心して使えるCPUグリスを探している方におすすめのアイテムです。 日本のオーバークロックの第一人者であり、プロのオーバークロッカーである清水貴裕氏と親和産業が共同開発した本製品。 常用環境でのオーバークロックに特化しており、優れた冷却性能を有しながらも、粘度が低く塗りやすいように設計されているのが特徴です。 伸びやすい素材が使用されているので、塗布直後の馴染みもよく、しっかりと薄く塗り広げられます。 低粘度ながらも13. 容器は注射器型で、内容量は2g。 絶縁タイプなので、はみ出しや液漏れを気にすることなく使用できます。 また、「RoHS指令」に準拠しているため、環境にやさしいのもポイント。 初心者から上級者まで幅広く使用できるおすすめの製品です。 金属酸化物を含む金属ペーストタイプのCPUグリスです。 一般的なシリコングリスよりもザラザラしており粘度も高めですが、優れた熱伝導性を有しているのが特徴。 内容量は1. 5gで、1. 本製品1本で、約4~6回の塗布が可能。 再密封が可能な注射器型を採用しているため、長期間保存しておけます。 完全な絶縁タイプではありませんが、導電性は低いので、塗り慣れていない方でも使用可能。 価比較的価格が安くコスパに優れた製品なので、予算を抑えたい方にもおすすめ。 パソコンをオーバークロックさせて使用している方や高性能なCPUを使用している方、古くなったCPUグリスとの交換を考えてる方に適した製品です。 CPUグリスのなかでは人気の高い、定番のシルバーグリスです。 価格も標準的なので、CPUグリス選びに迷った際の選択肢としてもおすすめ。 一般的なシリコングリスよりも熱伝導性に優れたシルバーグリスタイプのため、ハイスペックなCPUを搭載したパソコンでの使用にも適しています。 熱伝導率は9. 絶縁タイプなのでショートの心配がないうえ、分離しにくく滲みにくいのもメリットです。 また、特殊オイルを使用することにより、長期間硬化しにくくなっているので、余った分は安心して保存しておけます。 容器は注射器型で、ピンスト棒を最後まで押し込むと使い切ったことが分かるように設計されているので便利です。 スズ・ガリウム・インディウムをベースに、特別な配合で作られた液体金属タイプのCPUグリス。 長期間冷却効果を持続でき、安定性も良好。 Core i7以上の高性能なCPUを搭載したパソコンに使用したい方や、オーバークロックさせて使用している方に適しています。 容器は注射器型で、先端が細い針金でできた専用のアプリケーター「マイクロティップ」が付属。 液体金属を適切な分だけ滴下できるので便利です。 包装袋には、再封可能なジッパーが取り付けられているため、余った分は劣化を抑えつつ長期間保存できます。 ただし、本製品は高性能な分、取り扱いの難易度が高いのが難点。 CPUグリスを使い慣れた上級者向けのアイテムです。 また、導電性でもあるため、塗布の際は、はみ出しや液漏れがないように注意を払う必要があります。 より優れた冷却性能を求める方や自作経験が豊富な方は、チェックしてみてください。

次の

シリコングリスって??

シリコングリス

離型材と接着剤というまったく逆の性質をもたせることが可能なことです ラベル、シールなどの裏紙(剥離紙)は、のりがくっつかないようにシリコンの離型性を利用していますが、シリコンコーキングなどは熱帯魚の水槽や窓枠の水漏れ防止と接着用途という同じ材料で、相反する材料を作り出すことが可能です Q 車や自宅で 潤滑目的で上記の3つを買ってきました。 ベアリングや元々グリスアップされているところはグリスだとして、一般的使い分けがわかりません。 (更に言えば 半固形グリスも所持しています) そこで 1 一般的 使い分けの考え方はどのようでしょうか? ex 潤滑目的ではグリス>オイル>シリコン の順で選ぶ?とか、、。 2 以下の場合何を使うのが良いのでしょうか? 1 車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし) 2 自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分) 3 自転車のブレーキハンドル部(ブレーキを握って回転する部分) 4 自転車のチェーン 5 車のボンネットなどのキャッチ部(動いてロックする方) 以上 よろしくお願いします A ベストアンサー 潤滑油、シリコンにはとても種類が多く、とてもじゃないが グリス>オイル>シリコン と「ひとくくり」にはできないです。 シリコンのグリスもあるし・・ 2 以下の場合何を使うのが良いのでしょうか? 1 車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし) 荷重がかかり、しかも屋外 寒暖差が大きく、雨水がかかる可能性がある ・・・・よって、グリスが良い。 2 自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分) いわゆる摺動部で、荷重も大きいため、二硫化モリブデンの配合されたグリス 3 自転車のブレーキハンドル部(ブレーキを握って回転する部分) もうすこし粘度の低いグリス 1 と同じ 4 自転車のチェーン 飛び散って失われるため、分子量の大きいオイル。 いわゆるチェンオイル 2サイクルエンジンオイルと逆の性質が必要・・とにかく納豆のように糸を引くオイル 5 車のボンネットなどのキャッチ部(動いてロックする方) 摺動部になるので、 2 と同じ このように、目的によって潤滑剤は異なります。 だからとても種類が多い。 シリコンですが、これは揮発性があるため長時間作用が継続して欲しい場所や風雨にさらされる場所には向きません。 特に荷重が大きい場所には無理です。 負荷が小さく、すべりを期待する場所・・・サッシの擦れ合う部分とか、引き出しの擦れ合う部分とかには効果的です。 木と金属が擦れ合う部分の金属側なども。 ただし、木製品には基本的に使いません。 シリコンが木の組織内に浸透し、強度を低下させます。 セルロースとセルロースの摩擦が失われる。 汚れを溶かして材にしみこむとかで汚れます。 たんすや建具などの木製品やジッパーのように、相手を痛めたくない、汚したくない場合は、乾性粉末潤滑剤を使います。 これは、フッ素樹脂、グラファイト、二硫化モリブデンなどを原料とするものですが、汚れて欲しくないものには、フッ素樹脂系を使います。 10000sale. cgi? これはシリコンが揮発してしまうため、取り込んだ埃や汚れが残って時間がたつとかえって不具合になるタイプがあるということ。 特に特価で販売されているものはシリコンの量が多いため、使った直後は効果を実感できますが、すぐ動かなくなる。 特に、鍵穴とか錠前の機構部分など、埃が入るとまずい精密な部分には、決して使用してはなりません。 錠前メーカーは、製品のマニュアルに特に重視するメンテナンス方法として注意するようにしているのですが・・・・。 このトラブルは、本当に多いのです。 ・・・錠や鍵穴に油をさしたらだめ!!! 使用するなら粉末潤滑剤を使ってください。 なければ濃い鉛筆の芯で擦るだけでも良い。 家庭で用意しておくと良い潤滑剤 ・重荷重用に二硫化モリブデンやグラファイト配合のグリスかオイル。 スプレータイプが良い 蝶番 ヒンジ 、戸車 金属 、車のヒンジなど ・低粘度のオイル 軽加重のもの、プラスチックに使えるものを用意する。 プラスチックに普通の潤滑剤 シリコン含む を塗ると割れることがあります。 いわゆるミシン油・・さび止めにも使える。 ・乾性粉末潤滑剤 精密機械等・・たんすの引き出し、ジッパー、 障子やふすまにも使える白色のものが良い ・シリコンスプレー サッシの擦れ合う部分、はさみ・・さび止め効果ではなくすりあわせを軽くする 長期間持たないので、都度ふけるようなものだけ 荷重がかかる摺動部には使えない。 決して使わないで欲しいもの・・・潤滑油をシリコンオイルで薄めたタイプ。 潤滑油、シリコンにはとても種類が多く、とてもじゃないが グリス>オイル>シリコン と「ひとくくり」にはできないです。 シリコンのグリスもあるし・・ 2 以下の場合何を使うのが良いのでしょうか? 1 車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし) 荷重がかかり、しかも屋外 寒暖差が大きく、雨水がかかる可能性がある ・・・・よって、グリスが良い。 2 自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分) いわゆる摺動部で、荷重も大... wako-chemical. html クレ 5-56という同様の商品がありますが、 ワコーズはもてはやされクレは否定されることが多いように思います。 kure. html(上から4段目) フッ素が入っているおかげか今まで特に問題なくスムーズに使えているのですが、 実際にそれ程違うものなのでしょうか? クレとワコーズなどの違いについて教えて下さい^^ A ベストアンサー スーパー556は 知りません もう 数十年 556は相手にしていないので 普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが 2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物 錆を拭き取るとかには良いでしょう 錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ には 全くかないません スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では? KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファーストルーブルになります。 KUREは、安価に作るのか主の様で 潤滑油やグリスとしての性能は 低いです。 他のメーカーの方が しっかりした 目的別の 潤滑油が 有ります。 556より WD40の方が まだマシ ワコーズなら ラスペネではなく メンテルーブルが 比較対象品だと思います。 自転車には 浸透潤滑剤を使用するところは ほぼ有りません。 基本 グリス チェーンや フリーハブのみ エンジンオイルの様な ドロドロした 高粘度の 飛散し難い固いオイルを使用し ワイヤーアウター内などは テフロンコーティング皮膜を作る様な 高価な潤滑剤をケーブルインジェクターなどで 充填するか 初期組立時に グリスを塗布しておきます。 ベアリングの 入る 回転部に 556を吹きかけると グリスを 見事に溶かし落としてしまい 部品を 金属摩耗させてしまいます。 556は 洗い油(洗浄用程度) 誤って潤滑油として使わない様に 我が家からは 排除 友達関係にも 同様に伝え 家から なくすように 言い聞かせています。 チャリなら フィニッシュラインなども良いのでは? 潤滑剤性能を 試すには 未塗装の 鉄板を用意して 両面に吹きかけ 外に吊るして 錆びのテスト 556とラスペネや 他の潤滑スプレーも 購入し 同時に 試してみて下さい。 目に見て 錆びの進行が 早いのか556と解ると 思いますよ。 潤滑油成分より石油成分がほとんど スーパー556は 知りません もう 数十年 556は相手にしていないので 普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが 2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物 錆を拭き取るとかには良いでしょう 錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ には 全くかないません スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では? KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファースト... A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... A ベストアンサー こんにちは。 一般には直径2mm程度です。 チューブの先端にプラスチックノズルがついているものが多いですが、そのノズル先端径を2mm程度になるように切り取って使います。 使用後はその穴に、長めのネジを差し込んでおくと、中のガスケットが乾きません(乾いたガスケットはもう使えません、勿体無い)。 使用後は冷蔵庫で保管します。 貼り合わせ面が平面でない部分、局面の部分など隙間のでる部分には2重に塗ります。 液体ガスケットを塗る前は部品どおしをよく脱脂すること。 塗ったものを指で触ったりせず(油分つく)、そのまま貼り合せること。 塗った後は、2分以内(遅くとも5分)を目処に貼りあわせること(表面硬化が始り、接着力低下)。 エンジンなどの場合、貼りあわせ後、1時間以上時間を置いてからエンジンを始動すること(まだ乾いてません。 ほんとは1日程度おきます)。 必要以上に多く塗ると、場所によっては(特にヘッド周り、チェーンケースカバー)はみ出したガスケットによって油路が閉塞されたり、チェーンなどの駆動部品に付着したりして不具合がでます(サービスマニュアルに塗布量の記載あり)。 また内部にはみ出したガスケットは、脱落するとオイルストレーナ詰まりの原因にも。 あくまで、適量を使用します。 多めに塗っとけばいいなんてことはありません。 こんにちは。 一般には直径2mm程度です。 チューブの先端にプラスチックノズルがついているものが多いですが、そのノズル先端径を2mm程度になるように切り取って使います。 使用後はその穴に、長めのネジを差し込んでおくと、中のガスケットが乾きません(乾いたガスケットはもう使えません、勿体無い)。 使用後は冷蔵庫で保管します。 貼り合わせ面が平面でない部分、局面の部分など隙間のでる部分には2重に塗ります。 液体ガスケットを塗る前は部品どおしをよく脱脂すること。 塗ったもの... A ベストアンサー 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。 どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・ 又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも) もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい) なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。 焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。 又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。 どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...

次の