男 に は 自分 の 世界 が ある。 「本当にいい男」の特徴や見分け方は?絶対にしない10のこと [ひかりの恋愛コラム] All About

なぜかモテモテな男、モテる男にすべからく共通している特徴

男 に は 自分 の 世界 が ある

男性にとっても、女性にとっても異性とは気になる存在である。 女性はアクセサリーや服装にお金を掛けて美しくオシャレをして男性の気を惹こうとするし、男性も女性にいいところを見せようと格好をつけてデートで奮発したり、贈り物をしたりする。 好きな人ができれば眠れぬ夜を過ごさなければならないし、失恋すれば、何日も落ち込まなければならない。 それもこれも、男と女という存在があるからなのだ。 男と女は謎に満ちている。 それは、「男心や女心がわからない」とか「恋は異なものなど」という意味ではない。 そもそも、どうして、この世の中に男と女はいるのだろうか。 動物にも鳥にも虫にもオスとメスとがある。 植物にだって雄しべと雌しべがある。 しかし考えてみれば、オスとメスとがあるのは、けっして当たり前のことではない。 どうして、生物にはオスとメスという性があるのだろう。 バラエティに富んだ子孫を産むために 38億年前に思いを馳せてみよう。 それは地球に生命が誕生した頃である。 その頃、誕生した単細胞生物には、雌雄の区別はなかった。 単純に細胞分裂をして増えていたのである。 オスとメスとがいるのは、子孫を残すためだと思うかも知れないが、別にオスとメスとがなくても、子孫を残すことはできるのだ。 細胞分裂をして増殖していくということは、元の個体と同じ性質を持つコピーを作り続けていくことになる。 つまり、すべての個体が同じ性質であるということは、どんなに増えても弱点は同じということになってしまう。 そのため、もし環境が変化してしまうと、個体が全滅してしまうということが起こりうるのだ。 一方、色々な性質の個体があれば、環境が変化しても、どれかは生き残ることができる。 そのため、生物が同じ性質の個体が増えていくよりも、性質の異なる個体を増やしていったほうが、生物種として生き残っていくには有利なのである。 それでは、どのようにすれば自分とは異なる性質を持つ子孫を増やすことができるのだろうか。 自分の遺伝子だけで子孫を作ろうとすれば、自分と同じか、自分と似たような性質を持つ子孫しか作ることができない。 自分と異なる子孫を作ろうと思えば、他者から遺伝子をもらうしかない。 つまり、遺伝子を交換すれば良いのである。 しかし、せっかく手間を掛けて交換するのであれば、自分と同じような相手と遺伝子を交換するのは残念である。 たとえば、せっかく異業種交流会に参加しても、自分と同じ業界の人としかしかいなければ名刺交換しなかったとすれば、意義は小さい。 それならば、業界ごとにグループを作り、見た目でグループが違うようにしたらどうだろう。 そうすれば、効率よく異業種の人を選んで名刺交換ができることだろう。 オスとメスという二つのグループも、同じしくみである。 異業種交流が新しい世界を生むように、オスとメスとが遺伝子を交換することによってバラエティに富んだ子孫が産まれるのだ。 それならば、オスとメスだけでなく、いくつもグループを作った方が良いような気もするが、グループが多すぎると組み合わせが多すぎて、結局、うまく子孫を残せないグループができてしまう。 結果的には、二つのグループで交流する方がもっとも効率良く、確実に子孫を残すことができるのである。 つまり、オスとメスである。

次の

オスはメスのために作られた!? この世界に男と女がいる簡単な理由(稲垣 栄洋)

男 に は 自分 の 世界 が ある

エリート男だとしてもモテないケースがあることに常々驚かされてきた。 その最たる例が2018年、元新潟県知事がネット経由で知り合った女子大生にお金を払って関係したことが暴露され辞任へと追い込まれた騒動だ。 その某元新潟県知事は東大卒のうえに医師免許、弁護士免許を保持。 ハーバード大学も卒業したエリート中のエリートである。 しかし、 まともに恋愛ができず女子大生と1回3万円で関係を持っていたと判明。 某知事は確かに学歴や肩書、スペックは凄いが女性ウケの良いモテそうな雰囲気はない。 おそらく 若い頃、勉強や仕事に打ち込みすぎて女修行をしてこなかったのではないだろうか。 歳をとってから金でモテようとするとATM扱いされたり痛い目にあうので誰もが若いうちに女修行をすべきであると筆者は考える。 「 女から見て、脱コントロール感、脱支配感、脱コンプレックス感、脱自動機械感が、漂っているように感じられるから「イケメン」に見える」 しかし宮台氏のこの表現は学者っぽくて若干難解。 彼が言うイケメン像をもっと簡単に表現すれば 「 恋愛に積極的だが女性に依存しない自分の人生を充実して生きている男」である。 恋愛に積極的でありつつも女性に依存しない。 相反する要素をバランスよく備えているのがモテるにつながるのだろう。 現代のモテる男を分析すると学歴や肩書、スペックによってモテているわけではないことがわかる。 女性の社会進出が進みもはや経済的に男に依存する必要もなくなってきているので男はそこそこお金をもってれそれで良いという女性が多い。 現代のモテる男はいくつかのパターンがあるだろう。 大体3パターンに分類される。 ・肉体的な魅力がある男。 美しいルックスやマッチョな男。 生殖の観点から見て女性の子宮が反応する。 ・知的な男。 異なる視点から新たな世界観を自分に見せてくれ女性は知的わくわく感を得られる。 ・面白い男。 お笑い芸人タイプである。 自分を笑わせてくれて単純に一緒にいて楽しい。 モテる男は顔がいい。 自分の目標に向かって努力してる男はフツメンでも魅力的。 モテる男に共通している行動がある。 それが「 常に自分をアップデート、成長し続けている」ことだ。 いくらその人が聞き上手だったり優しかったりしてもその人自身が面白い生き方をしていなければ「いい人だけど…」といい人どまり認定されてしまう。 なんだかんだで起業家やミュージシャンやアーティストがモテるのは 「常に自分をアップデート、成長し続けている」 からなのだ。 現状維持に走っている男に女性は魅力を感じづらい。 人間の性質は変化している事を好ましく思うようビルトインされているからだ。 とはいっても何をすればよいのか分からないという人に最も おススメのなのは住んでいる部屋をガラッと模様替えすることだ。 たとえば、西海岸風のおしゃれな部屋作りをしてみる。 信じて欲しい。 部屋作りだけで人の雰囲気は変わってくる。 自分の好きな空間に住むのが人の心理に大きな影響を与えるからだ。 若い世代って虫歯ないからって歯医者行かない人多いよね。 特に男の方。 虫歯なくても歯の黄ばみや着色除去して綺麗にした方がいいと思うんだよね。 歯の汚い男とキスしたくないもん。 鏡見て出直せってこのことだよ。 ・爪は短いか ・フケがついていないか ・歯が汚くないか ・服はシワシワではないか ・口臭がキツくないか ・汗臭くないか 女性に会う前にはできる限りシャワーを浴びる、香水を振ったり、歯磨きも念入りにする。 歯の黄ばみは歯磨きだけでは消えないのでホワイトニングがおススメ。 あのサッカー選手のロナウドですら過去は歯が黄ばんでいた時は不潔感が凄い。 ホワイトニングと歯の矯正をして爽やかさを手に入れたのだ。 モテる男って自然体で一緒にいて気楽な人が多いと思う。 モテる男は極めて自然体だ。 モテる男は変に自分を凄そうに見せたり、取り繕うとしたりというところがない。 例えばだが 屁をこいたとしても正直に白状する。 そういうところがある。 言っておくがもちろんデート中にこかないうほうが良い笑。 例えばの話だ。 モテてると噂のブラマヨの小杉を観察してても笑える自虐ネタが多く、それがむしろ彼の好感度を高めてる。 自分の欠点や駄目さを認めながらも、それでもなお成長しようとする姿勢が女性からすると好感度が高い。 経営者の間でよく読まれている「」という本では欠点をありのまま認めることの大切さが書いあるが至極納得できる。 自分の欠点を隠すのはやめてむしろネタにするくらいが良いのだ。 躊躇せずさっと声をかけてくる男ってたいがいモテてる。 モテる男は素直に好意を相手に示す。 爽やかで軽やかに「あなたのこと人間として好き」と伝える感じだ。 この世の中に爽やかな好意を示されて嫌な人はまずいない。 プライドの高い男ほど自分の好意を相手に示せずに「お前なんか好きじゃなーよ」的なオーラを発してしまう。 これがモテない原因である。 出会った女性に自分から3秒以内に声をかけるルールを自分に課すと良いだろう。 たとえばどこかのバーで女性が隣に座ったら3秒以内に話しかけるようにする。 なぜ 3秒以内かと言うと「重くならない」からです。 声かけようかな~かけんとこうかなとウジウジしてると重い雰囲気が出てしまう。 3秒以内に声をかけると爽やかで軽やかな雰囲気を保てる。 堂々となるためにはどうすればよいのか。 しこしことそれ用のビデオを観るのを辞めなさい。 これは冗談ではなく本気で言っている。 しこしこばかりしていると自分はしこしこ男というセルフイメージがついてしまいモテない。 そして不思議なのだが女性に対しても自然な感じで向き合えなくなるのだ。 私もしこしこしてた時は完全な非モテだったのだがしこしこをやめて1週間ほどすると女性が寄ってくるようになった。 しこしこを辞めてビデオを観るのを辞めると1週間ほどで行動力が100倍増しにくなる。 ナンパがいい悪いは別として路上で女性に声をかけれるのも躊躇しなくなるし店の女性の店員さんと話すのも自然にできるようになるし連絡先を聞くのにも躊躇なくなる。 チキンから超積極的なサイヤ人へと変身を遂げる。 出会いがない人はマッチングアプリの「」を使いまくると良い。 18歳以上対象のサイトでさくらがおらずガチでたくさんの異性と知り会える。 そこで女性と仲良くなる実績を重ねると確かな自信がつくだろう。 頭でっかちに考えるよりもたくさん女友達を作る感覚で動いてみると良いだろう。 モテる男って見返りを求めてる感じがない。 プレゼント送るにしても純粋に相手に喜んでもらいたい一心でプレゼントしてる感じ。 居心地よいんだよね。 下心があって優しくしてくる男を女性は敏感に察知するセンサーを備えている。 プレゼント送ることで自分のことを好きになってもらいたいと下心のある男よりも純粋に自分に喜んで欲しいがためにプレゼントしてくれる男に女性は惹かれる。 ただし、一朝一夕でこの下心のありようは変化しない。 日常的に 「話を聞き共感する」「良い所を見つけて褒める」ことを常日頃から意識して実行してると次第にその良い雰囲気が出てくる。 共感に関しては名著がおすすめ。 共感がいかに大事なのか理解できるはずだ。 ちょっと強引な男にキュンとする。 「ちょっと強引」な男が好きというのは「押しが強い男が頼りになって好き」という意味も含まれているが、もっと深く解釈すれば以下のように言い換えることができる。 まさに王子様を待ってるシンデレラなのだ。 女性に「何食べたい」「どこ行きたい」ど聞いて女性のニーズに合わせてるだけだとつまらない男に認定されてしまう。 女性の世界に合わせすぎるのではなくて 自分の世界に引き込むべき。 自分の世界を持つためには「 常に自分をアップデート、成長し続けている」ことが大切だ。 たとえば、サルサダンスが趣味だと女性をサルサクラブに連れて行ってあげてラテン音楽を楽しんでみたりする。 モテる男10.会話・LINEが楽しい モテる男は 楽しい会話を通して女性に「この人と一緒にいると楽しい」と思わせる。 いくらイケメンでも話がつまらない男は「なんかこの人といても盛り上がらない。。。 」とモテない。 モテる男は一緒にいて楽しいからこそ女性に選ばれるわけだ。 そして一緒に楽しいと女性に思わせるのに会話の楽しさは欠かせない。 会話はモテる上で外見以上に重要な要素と言える。 楽しい会話をする上で意識すべきはたった3つだけ。 あなたは自分を取り繕おうとして表面的な会話しかしない人と付き合いたいだろうか?そんな人よりも開けっ広げに腹を割って話してくれる人を信頼するはずだ。 もちろん失礼なことは言わないように気を付けたい。 あなたは知り合ったばかりの人と会話をしていて出身や趣味が同じだったり何らかの共通点があると知った時、その人に対して親近感を覚えたことはないだろうか?これを 類似性の法則によるラポール形成( 安心感、好感、信頼の醸成 )という。 親近感を覚えると後はどんどん相手のことを知りたくなるもので話も弾むものだ。 たとえば趣味について話しているとする。 男「趣味は何ですか? 」 女 「社交ダンスが好きなんです。 」 男 「社交ダンスですか?いい趣味ですね。 僕もサルサダンス習ってるんです。 パートナーとぴったりタイミングを合わせてダンスを作り上げる感覚たまらないですよね。 社交ダンスを習うキッカケは何でしたか?」 共通点があることが判明すると親近感が生まれさらに話が弾む。 覚えておきたい話のトピック 女性との共通点を探すには最低限5つのトピックを覚えておくと良い。 食事・趣味・仕事・ファッション・出身 会話例 食事 男 「好きな食べ物は何ですか?」 女 「カレーライスです。 」 男 「カレー美味しいですよね。 僕もカレーが好きで週に2、3回は食べてる(笑)」 女 「カレー大好きなんですね。 私は週に1回食べてる。 」 男 「今度行ってみませんか?」 食事をトピックにするとデートへの運びもスムーズ。 振り返ってみてほしいのだが人から褒められ時、自分を認めてもらえたようですごく嬉しくなかっただろうか?そしてその人に好意を抱いただろう?褒めは警戒心を解く役割を果たす。 ただし 心から思ったことを虚飾なく言うことが超重要。 その人の内面的な性格、知性、才能、センスを褒めてあげるのが良い。。 「その服可愛いね」などちょっと気が付いたことを褒めるくらいのバランス感覚が良い。

次の

男は女が必要。女は男が不要。

男 に は 自分 の 世界 が ある

男性にとっても、女性にとっても異性とは気になる存在である。 女性はアクセサリーや服装にお金を掛けて美しくオシャレをして男性の気を惹こうとするし、男性も女性にいいところを見せようと格好をつけてデートで奮発したり、贈り物をしたりする。 好きな人ができれば眠れぬ夜を過ごさなければならないし、失恋すれば、何日も落ち込まなければならない。 それもこれも、男と女という存在があるからなのだ。 男と女は謎に満ちている。 それは、「男心や女心がわからない」とか「恋は異なものなど」という意味ではない。 そもそも、どうして、この世の中に男と女はいるのだろうか。 動物にも鳥にも虫にもオスとメスとがある。 植物にだって雄しべと雌しべがある。 しかし考えてみれば、オスとメスとがあるのは、けっして当たり前のことではない。 どうして、生物にはオスとメスという性があるのだろう。 バラエティに富んだ子孫を産むために 38億年前に思いを馳せてみよう。 それは地球に生命が誕生した頃である。 その頃、誕生した単細胞生物には、雌雄の区別はなかった。 単純に細胞分裂をして増えていたのである。 オスとメスとがいるのは、子孫を残すためだと思うかも知れないが、別にオスとメスとがなくても、子孫を残すことはできるのだ。 細胞分裂をして増殖していくということは、元の個体と同じ性質を持つコピーを作り続けていくことになる。 つまり、すべての個体が同じ性質であるということは、どんなに増えても弱点は同じということになってしまう。 そのため、もし環境が変化してしまうと、個体が全滅してしまうということが起こりうるのだ。 一方、色々な性質の個体があれば、環境が変化しても、どれかは生き残ることができる。 そのため、生物が同じ性質の個体が増えていくよりも、性質の異なる個体を増やしていったほうが、生物種として生き残っていくには有利なのである。 それでは、どのようにすれば自分とは異なる性質を持つ子孫を増やすことができるのだろうか。 自分の遺伝子だけで子孫を作ろうとすれば、自分と同じか、自分と似たような性質を持つ子孫しか作ることができない。 自分と異なる子孫を作ろうと思えば、他者から遺伝子をもらうしかない。 つまり、遺伝子を交換すれば良いのである。 しかし、せっかく手間を掛けて交換するのであれば、自分と同じような相手と遺伝子を交換するのは残念である。 たとえば、せっかく異業種交流会に参加しても、自分と同じ業界の人としかしかいなければ名刺交換しなかったとすれば、意義は小さい。 それならば、業界ごとにグループを作り、見た目でグループが違うようにしたらどうだろう。 そうすれば、効率よく異業種の人を選んで名刺交換ができることだろう。 オスとメスという二つのグループも、同じしくみである。 異業種交流が新しい世界を生むように、オスとメスとが遺伝子を交換することによってバラエティに富んだ子孫が産まれるのだ。 それならば、オスとメスだけでなく、いくつもグループを作った方が良いような気もするが、グループが多すぎると組み合わせが多すぎて、結局、うまく子孫を残せないグループができてしまう。 結果的には、二つのグループで交流する方がもっとも効率良く、確実に子孫を残すことができるのである。 つまり、オスとメスである。

次の