立ち仕事筋トレ。 立ち仕事中のダイエット方法で太ももやお腹に圧倒的な効果がある運動は?カロリー消費が意外に凄い運動3選!

立ち仕事中でもできる! 下半身まとめて鍛えるシェイプアップ法

立ち仕事筋トレ

立ち仕事中にこっそりダイエットをしたい!仕事でパンパンになった脚を解消したい!そう思っている女性は多いのではないでしょうか?今回は立ったままでもできる筋トレと、脚のむくみを解消するストレッチやマッサージ方法をご紹介します。 立っているのに太る!? 立ち仕事で太る理由は2つあります。 1つ目は脚から心臓へ血液を送る機能の弱体による「むくみ」、2つ目は間違った立ち姿勢が原因で起こる「筋肉バランスの崩れ」です。 むくみの原因 立ちっぱなしが続くと、血流を脚から心臓へ送るためのポンプである「ふくらはぎ」の柔軟性が失われます。 そうすると老廃物が蓄積されて、むくみが発生するようです。 解消法としては、ストレッチやリンパマッサージなどがあります。 筋肉バランスの崩れ 重心を傾けた立ち方をしていると、骨盤が歪んでしまうかもしれません。 歪んでしまうと身体の筋肉バランスが崩れて、脚が太くなったりぽっこりお腹になるといわれています。 特にヒールを履いているときに膝を曲げて歩く人は、骨盤が後傾して前ももが太くなるかもしれません。 予防法としては姿勢を正す事と、トレーニングで筋肉バランスを整える方法があります。 正しい姿勢で痩せる!? 正しい立ち姿勢とヒールを履いたときの歩き方のポイントをご紹介します。 正しい姿勢は全身の筋肉バランスを整える事もできるので、ぜひ覚えてくださいね! 出典:• 背筋を伸ばし脚を閉じて立ちます。 右脚を左脚の前に移動します。 右脚を伸ばしたまま左方向へ蹴り上げます。 左も同じようにやってみてください。 このとき外側に蹴り上げれば外ももが鍛えられます。 普段あまりつかわれない内ももと外ももを鍛えられます。 「太ももの隙間」をつくったり「お尻の形を整える」効果が期待できるでしょう。 お腹を鍛える• お腹を膨らませながら息を吸います。 お腹が伸びるようにたくさん吸ってください。 お腹をへこませながら息を全部吐き出します。 止めて15~30秒キープします。 お腹の奥を鍛えることができます。 「ぽっこりお腹も改善」されるかもしれません。 家でのケアも大切 むくみを完全に予防することは難しいので、毎日ケアをするようにしてください。 ストレッチとリンパマッサージをご紹介します。 下半身のストレッチ• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

立ち仕事中にダイエット!立ったまま鍛える方法

立ち仕事筋トレ

痙攣とは(随意運動と不随運動) 基本的に人間は脳から指示を受けて筋肉を動かしています。 例えば、筋トレをしていて自分の意思でダンベルをもって、ダンベルカールなどを行う場合もあれば、逆にそのダンベルカールがつらいから、やらない場合もあります。 これは自分の意思で、筋肉を動かして辞めています。 これを 随意運動といいます。 そして痙攣とは、自分の意思とは関係なしに顔や足、腕、胸などの全身の筋肉が収縮したり、顔の筋肉などがピクピクして動く症状( 不随意収縮)のことを言います。 痙攣の中にも、そこまで痛みを伴わない痙攣もあれば、痛みを伴う痙攣もあります。 顔などがピクピクする痙攣の場合は、あまり痛みがないと思います。 逆に痛みが伴う痙攣は、日中に立ち仕事をしていたりしている人に、起きやすい「 こむら返り」と呼ばれるふくらはぎがつる症状です。 一度経験したことがある人ならわかると思いますが、本当に足がつるのって痛いですよね。 この症状も痙攣の一つです。 筋肉が痙攣してピクピクする原因 筋肉が痙攣してピクピクする原因としては• 筋肉の使いすぎ• ストレス• ミネラル不足• アルコールの飲み過ぎ などがあげられます。 もし今どこかの筋肉がピクピクしていたり、痙攣しているのであれば、この5つのことが原因で起こっている可能性があります。 筋肉の使いすぎ 筋肉が痙攣する一番の原因はなんといっても 筋肉の使いすぎです。 主に筋トレのやり過ぎや、普段から運動をよくしている人に起きやすいです。 前日に激しい運動をしていたり、筋トレをしていて、 筋肉がピクピクする場合は、大体2〜3日くらい立てば、筋肉のピクピクもおさることがほとんどですが、長い人で1週間くらいかかることもあります。 ストレス 常日頃から体のどこかに、ストレスが溜まっている人も、顔などが痙攣を起こしやすいです。 いつも仕事で、パソコンばかりしている人なら、目にかなりのストレスが溜まっているはずです。 立ち仕事をしてるなら、ふくらはぎにストレスが溜まっています。 このようにどこかにストレスが溜まっている状態であれば、痙攣が起きてしまう可能性はあります。 特に運動をしている人は、体内から水分やミネラルが多く出てしまうので、それが原因で痙攣を起こしやすくなります。 また先程もいいましたが、筋肉は脳からの指示で動きます。 この時に、脳と体をつないでいる神経を電気信号が伝わって筋肉が動いているのですが、この電気信号を伝えるのに必要な栄養素がミネラルなのです。 特に現代人は カルシウムの摂取が非常に少ないと言われているので、普段から痙攣をおこなしやすい人などは、カルシウムなどのミネラル不足が原因になっている場合もあります。 アルコールの飲み過ぎ アルコールも適度であれば問題はないのですが、飲み過ぎると体から水分が無くなって、 脱水症状になってしまいます。 またアルコールを分解するには、肝臓に物凄く負担がかかります。 肝臓はタンパク質を形成したり、アルコールなどの毒素を排出してくれる働きがあるのですが、アルコールを過剰摂取することにより、この肝臓の機能が上手く働きません。 そうなると脱水症状を起こしたり、 ビタミンが不足しがちになってしまうので、痙攣を起こしやくなってしまいます。 特にイッキ飲みなどでおこる 急性アルコール中毒には十分に気をつけてください。 筋肉が痙攣してピクピクするときの対策法 基本的に筋肉が痙攣してピクピクするくらいであれば、そこまで大きな痙攣ではないので、そんなに心配することはないと思いますが、筋肉が痙攣してピクピクしてしまうときの対策として• 運動や筋トレを少し控える• ミネラルを十分に摂取する• ストレスを溜めない• ストレッチをする• しっかりと睡眠を確保する などを心掛けてください。 例えば、• 運動や筋トレの変わりにストレッチを行なったみる• 運動や筋トレ後はミネラルを多く含む食事をしたり飲み物を摂取する• 普段からなるべくストレスを溜めないようにする• 最低でも6〜7時間は睡眠時間を確保する これをおこなえば、少しのピクピクする痙攣くらいであれば、問題なくおさまると思います。 筋肉がピクピクするのではなく• 痙攣が1週間以上収まらない• 全身が痙攣している• ピクピクではなくビクビクしている などの時は一度医者にいって診断してもらったほうがいいかもしれません。 そうなると てんかんや 熱性痙攣の恐れがあります。 明らかに筋肉が、ピクピクレベルじゃなくなったら、すぐに診断してもらうようにしてください。 他の運動をしてみる 筋トレで痙攣したら、休むのも大切ですが、少し違う運動を取り入れるのもいいかもしれません。 筋トレはカラダを鍛えるには、ガチでおすすめの運動です。 しかし、カラダへの負担は他の運動よりもかなりかかります。 一番は休むのがいいですけど、カラダを動かしたい人は、何かしらやりたいですよね。 そんな時は、ヨガとかピラティスとか、あまり負荷がかからない運動をするといいです。 まとめ 僕もたまにパソコンを使った仕事で、目を使った仕事していたりすると、目の下や上腕二頭筋の筋トレをしたときは、上腕二頭筋がピクピクしたり、脚のトレーニングをおこなった日やその翌日などは脚がつることもあります。 しかし、これらの筋肉のピクピクが1週間も続いたことはないでの、ピクピクくらいであれば、そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。 少し気持ち悪い感じはありますが、それは体が自然と動かしているだけなので、無理に止めようとしないほうがいいです。 基本的に人は筋肉などを自分の意思で動かしているので、自分の意思で動かしていないのに、筋肉が動いているとなんとなく気持ち悪い感じがすると思います。 これがガクガクやビクビクレベルならちょっとまずいですが、ピクピクくらいであれば大丈夫です。 どうしても気になる人は一度自分の生活を見つめなおしてみて、先ほどの対策法を行なってみてください。 そうすれば大体の2〜3日で収まると思います。 疲れが原因でピクピクする場合がほとんどなので、症状がひどくなる前にしっかりと対策をしてください.

次の

臼蓋形成不全と診断されたら立ち仕事は辞めるべきなのか?

立ち仕事筋トレ

ここでは筋力トレーニングのメリットを紹介します。 また肉体面だけでなく、精神面にも触れます。 忍耐力がつく 忍耐力とは耐え忍ぶと書きますが、まさに筋トレはまさに体への負荷に耐え忍ぶ行動です。 体への負荷を少しずつ増やしながら自分の体と対話し、できることを増やします。 負荷が強くなるに従ってきつく辛いのですが、弱気になりそうな自分に打ち勝ちながらトレーニングに取り組むことで忍耐力がつきます。 目的に向けて計画する力がつく 自分の体を鏡で見て、肩と腕を鍛える必要があると感じたら、それらを鍛えるメニューと日程を決めます。 自分で決めたメニューをこなし、週に一度鏡の前に立ちどのくらいたくましくなったかチェックします。 そのメニューが楽にできるようになれば、種目、回数、セット数を増やします。 また成果が出てきたり、思ったより違う成果が出てくればメニューを組み直したりして工夫をします。 このような行動を繰り返すうちに計画する力が自然とついてきます。 継続力がつき三日坊主癖がなおる 何をやっても続かず、三日坊主と言われる人がいます。 しかし筋トレで一定の成果を出すためには、1日1時間のトレーニングを1回きりしたところで劇的な成果は出ません。 継続して一定量をこなさなくては筋トレにおける成果は出ないのです。 結果を出したいのであれば嫌でも継続しなければならないため、三日坊主を卒業するしかないため、三日坊主癖がなおるのです。 自分1人の時間も楽しめるようになる 筋トレは、パーソナルトレーナーやレッスンに通えば1人斬りで取り組むことはありませんが、基本的には自分と自分の筋肉との対話です。 1人で黙々と取り組む時間があなたの筋肉や体力を作るので、1人で過ごす筋トレタイムが楽しめるようになります。 よく眠れるようになる 睡眠や筋肉を休ませる時間をしっかり設けてこそ、しっかりと筋肉が肥大していきます。 睡眠時間を確保してください。 また、体力を消耗するので、いい疲れで夜もぐっすり眠れるようになります。 ご飯が美味しくなる 筋力トレーニングをしたあとのご飯は、格別に上手いです。 トレーニングしていないときと比べると、雲泥の差です。 頑張った自分へのご褒美のようです。 食事の摂取カロリーを気にしなくても良くなる トレーニングは、イコールカロリー消費行動なので、筋トレをしていない時であれば「このメニューのカロリーはちょっと」とためらっていたような食事・食材でも、「筋トレで燃やせばいいか!」と良い開き直りができるようになり、摂取カロリーを気にしすぎることなく食事を楽しめるようになります。 食事のバランスが良くなる 食事の摂取カロリーを気にしなくなり、少々高カロリーのものでも「食べてみようか」と口にできるようになりますが、なんだかんだ「野菜をもう少し食べよう」「栄養バランスを考えよう」「筋肉のために」と、筋トレに気を配る食事=バランスのいい献立で食事をしたくなります。 口にするものに気を配るようになる 筋力トレーニングを始めると、食べ物にも気を使うようになります。 折角腹筋をしても、トレーニング後に毎日ビールを飲むようじゃいつまで経っても腹筋は割れてきません。 また脂肪分の少ないささみ肉や、トレーニングの疲れを取るために果物も一緒に摂るといいので、そういったことに自然と目が向くようになり、気を配るようになります。 食生活が良くなり、必然的に健康になる 始める前は、朝食抜きでも大丈夫だったかもしれませんが、トレーニングを始めたらしっかりと朝食を摂らないと体が持ちません。 食事抜きでトレーニングをしたら、せっかくついた筋肉をエネルギー源として使ってしまうのでいつまで経っても筋肉がつかないためです。 またコンビニ飯や冷凍食品では力が出ないので、栄養のある食事をとるようになり、結果、筋トレと食事への意づかいで、健康になります。 姿勢が良くなる 上半身の筋力トレーニングを行うと、特に姿勢に気を配るようになります。 なぜなら悪い姿勢でトレーニングを行うと、思うように効果が出なかったり怪我をするからです。 またトレーニングを続けると、自分に自身がつくために、自然と姿勢も良くなるものです。 肩こりに悩まなくなる 特にデスクワークや立ち仕事などをしていると、肩こりがひどくなります。 肩こりは、長時間同じ姿勢でいると血行が悪くなり老廃物が溜まるために起こります。 しかし筋トレをすると様々な動きをして、仕事と家の往復だけでは使わない筋肉も使うようになるので、「長時間同じ姿勢でいる」という時間が徐々に減ります。 肩こりで悩んでいるなら、まずは軽い準備運動やストレッチを行ったあと軽いウェイトから始めることをおすすめします。 肩がガチガチの状態で、いきなり高負荷のトレーニングを行うと、怪我の原因となるので気をつけましょう。 くびれができる シットアップやサイドベンドなどお腹を鍛えるトレーニングを続けると、ウェストが細くなってきます。 それに付け加えて、肩のトレーニングを行うと、肩幅が広くなってきます。 相乗効果でくびれができ、肩に筋肉をつければ理想的な逆三角形の体型を手に入れることができまさにメリットだらけです。 ズボンの上にお腹の贅肉が乗らなくなる 30代を超えてくると、腹筋は腹回りの筋肉に気を配らないでいると、ズボンの上にお腹の贅肉が乗ってきます。 お腹に筋肉をつければそういったことがなくなります。 少し動いただけで息切れがしたり、靴下を履こうとしてもお腹がじゃまになってしまいます。 またしゃがんだ時に、お腹の贅肉が邪魔で転びそうになる、靴ひもが結べないなど、妊婦さんのような大変さに悩まされるようになります。 ズボン・スカートのサイズがダウンする お腹が出てくると、それまで履いていたズボンやスカートが履けなくなってしまいます。 自分のお気に入りだった服もやがてタンスの肥やしとなってしまいます。 しかし筋力トレーニングと続けているとお腹の贅肉が減ってきて、昔履いていたお洋服がまた着れるようになります。 同窓会などで学生時代の友人と再会し、「昔と変わらず、綺麗だね、かっこいいね」や「その服前から着てるよね、体型が変わってないってこと?」なんて言われると、トレーニングが止められなくなります。 なんだか若い頃の自分に戻った気になり、なんでもポジティブになったり前向きになれます。 歩くのが楽しくなる 筋力トレーニングをし始めた頃は、体力がなく少し動いただけでゼイゼイ言ってしまいます。 しかし何ヶ月か続けると、身体が軽くなった気がして足取りも軽くなります。 そこまで体力がついてくれば、通勤、通学時に一駅前で降りて歩いていったり、エレベーターを使わず階段を使うようになります。 会社の同僚や友人に、「最近痩せたんじゃない」などと言われると、足取りだけでなく心まで軽くなった気がするでしょう。 長時間立っていられるようになる 長時間立ちっぱなしだと、足が疲れますね。 特に太ももよりふくらはぎが疲れます。 このふくらはぎを鍛えれば、長時間立ちっぱなしでも以前に比べて疲れにくくなり、例えば満員電車での通勤通学の疲労度も、減るのではないでしょうか。 血流が良くなる 筋トレをして動く、活動量を増やすと呼吸量も増え、血流が良くなります。 血流が悪いと、動脈硬化になります。 しかし実はあまり高負荷な筋力トレーニングをすると動脈が硬化してしまうんです。 脳卒中の原因となり非常に危険です。 それを防ぐためにも、ハードな筋トレが好きな方はたまには有酸素運動や軽い負荷で行うスロートレーニングを行えば、動脈が硬化することを防いでくれます。 眠るのが楽しくなる 今まで不眠症で悩まされていた人も、筋力トレーニングを続けるとその満足感や疲労でぐっすり眠れるようになります。 寝ている間に筋肉は超回復を行います。 傷ついた筋繊維が太くなり筋肉量が増えてきます。 それを考えただけで、眠るのが楽しい、良い時間に思えませんか。 起きるのも楽しくなる 経営者は朝起きるのが早い、というような話を聞いたことがありますか。 もちろん人によるでしょうが、朝早くから起きて仕事前にトレーニングをして、仕事に向かうという会社経営者は少なくないようです。 「朝からしっかり筋トレするぞ!筋肉を作るぞ!」と筋トレが楽しくなれば、朝起きるのも楽しくなるでしょう。 睡眠の質が良くなるためうつ症状が軽くなる うつ症状の原因は様々ですが、睡眠とうつ症状には切っても切れない関係があるようです。 うつになってしまい眠れないのか、眠れなさすぎる不眠症が続いてうつになってしまうのか、どちらもあるでしょうが、うつ症状の改善には睡眠の質と量を確保することが不可欠であると言えます。 筋トレで身体を追い込んで疲れさせれば、「疲れて横になりたい」と横になり、そのまま眠りに落ちることができるようになるでしょう。 代謝が上がる 加齢とともに新陳代謝が下がります。 新陳代謝とは、体内の細胞などの、成長・分裂・生殖などの活動です。 例えば汗をかきづらいとか、手足までしっかり血液が回らないために末端が冷たいとか、そういった症状の改善にも筋トレが一役買います。 筋トレで体を動かせば汗をかきますから、代謝が上がります。 筋トレで呼吸量が増えれば血流も良くなり、体のめぐりもよくなります。 日々の消費カロリーが増える 毎日自宅と学校、自宅と職場の往復だけの生活では、自分の行動の範囲も運動量も、ある一定を保ち続けるだけです。 しかしその生活に筋トレを盛り込めば、筋トレで消費カロリー消費が発生します。 毎日筋トレができなくても、例えば週に3日、1回1,000kcalのカロリー消費をするトレーニングを行えば、1週間に3,000kcalのカロリー消費、1ヶ月(4週間)で12,000kcalのカロリーを消費できます。 毎日学校や職場の往復だけで過ごしながら、家族や友人と飲んだり食べたりして過ごしていても、カロリーを摂取するばかりです。 筋トレをして、消費カロリーも増やしましょう。 むくみが取れ、肥満予防につながる 長時間立ち仕事や座り仕事をしていると、膝から下がむくんでしまいます。 これは血流が悪くなったことが原因で起こります。 しかしふくらはぎを鍛えると、このふくらはぎがポンプの役割を果たし下に溜まった血をもう一度送り返してくれます。 その結果、むくみがなくなり足がきれいに見えるようになります。 ストレス解消になる 筋力トレーニングを始めたら、嫌なことを考えている暇などなくなります。 人間はじっとしていると、嫌なことを考えてしまうものです。 無心になって汗を掛けば、ストレスを発散することが出来ます。 リフレッシュでき、頭の回転も良くなる 幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンは、脳で作られます。 のコラムでも、セロトニンはリズム運動などで分泌されると解説しています。 セロトニンの分泌が増えるとゆううつな気分が減ります。 ゆううつな気分が続くと頭の回転も鈍くどんよりとした表情になります。 そこで、筋トレでリスレッシュセロトニンの分泌を増やしましょう。 憂鬱な気分を払拭することができますよ。 のホームページも参考にしています。 アンチエイジングにつながる 成長ホルモンは睡眠中に分泌されます(より)。 筋トレを行い適度な肥料感を保てば、睡眠時間をきちんととることが大切だとわかるようになり、よく眠るようになります。 睡眠の質も上がり、成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が上がります。 成長ホルモンの量が十分あれば、代謝が促され、肌のターンオーバーを加速させたり、汗をかいて体内の水分が入れ替えたりと、体をみずみずしく保つことができます。 成長ホルモンは、年齢を問わず私たち人間には必要なホルモンです。 脳から分泌されますが、その分泌が少ないと注射して治療することもできます。 その治療効果を高めるためには 適度な運動も推奨されています。 筋トレをして適度な運動量を保てば、例えば成長ホルモンの治療を行った時の効果も高まりそうですね。 冷え性が改善される 体から発する熱の60%が筋肉から発生しているため、筋肉トレーニングで筋肉を増やすと、体の発する熱を増やすことができるでしょう。 筋肉量が増えると冷え性が改善されると言えるでしょう。 逆に有酸素運動のしすぎは冷え性を促進します。 筋肉は裏切らない かなり主観的な意見ですが、自分の筋肉は自分で育てるものです。 効果を出すためにしっかりと筋トレを行えば、比例していい筋肉ができます。 子供の成長よりも、素直かもしれません。 トレーニング、栄養、休養、トレーニング、と繰り返せば、筋肉や体型はわかりやすく変化します。 手をかけた分だけ成長する筋肉は、あなたを裏切りません。 すくすくと育ってくれる姿を見ていると、やりがいも出てくるでしょう。 楽しい お気に入りの音楽を掛けながら、何も考えず一心不乱に筋力トレーニングに励み、いい汗をかくのは本当に楽しいですよ。 また一緒にトレーニングをする仲間がいれば、一緒に競い合ったり、フォームをお互いにチェックすることが出来ます。 またトレーニングのあとに、みんなで飲みに行くのも楽しみの一つとなります。 最後に 今回は、筋力トレーニングをして得られる30のメリットをお伝えしました。 長くトレーニングを楽しみ続けるために、メリットを知っておきましょう。 楽しんで、仲間を見つけて切磋琢磨して長続きさせると、多くのメリットに気付けるかもしれません。 初心者の方も、筋トレ大好きな方も、より多くのメリットを経験して、筋トレに励んでくださいね。 Zehitomo のパーソナルトレーナーに依頼を出す あなたの希望に合わせたトレーニングメニューを、正しく的確に作ってもらいましょう。 普段の悩み、体の悩み、なりたい姿を伝えて、それに合わせたトレーニングをしてもらいませんか。 自己流で、なんとなくジムのマシンを使って時間を費やすトレーニングよりも、適正な期間でグンと効果が出るかもしれません。 マンツーマンや少人数だと、質問しやすく教えてもらいやすい時間を過ごすことができます。 Zehitomoでパーソナルトレーニングを受けたい、という依頼を出すと、5人以内のパーソナルトレーナーから依頼が来ます。 「こんな悩みがある」「この筋トレを続けて効果があるのかわからない」「こんなボディになりたい」というリクエストを、ぜひとも出してみてくださいね。

次の