アイアイ モンキー。 スーパーモンキーボール

スーパーモンキーボール

アイアイ モンキー

スーパーモンキーボール ジャンル アクション 対応機種 [GC] /[IP] [3DS] 開発元 発売元 セガ(後の) 人数 [GC]1~4人 [IP]1人 [3DS]1~4人 メディア [GC]光ディスク [IP]配信アプリ [3DS]3DSカード 発売日 [GC] [IP] [3DS] その他 ニンテンドーゲームキューブ用サードパーティー製初のソフト 『 スーパーモンキーボール』は、用のゲームソフト。 の一つ であり、またその中で唯一の製ソフトである。 なお、本作の元となっているのは版ので、続編や移植作としては『』、用の『スーパーモンキーボール デラックス』、用の『スーパーモンキーボールDS』、用の『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』、『スーパーモンキーボール アスレチック』が発売されている。 また、等の携帯電話用アプリ・/用アプリケーションも配信されている。 には、用の『スーパーモンキーボール3D』が発売された。 概要 [ ] メインゲームはのスティックを倒しフィールドを傾けることでボールを動かし、ゴールを目指していくもの。 初級、中級、上級と実力ごとにステージが用意されている。 また、EXTRAステージ、MASTERステージが隠されており、特定の条件を満たすことでプレイすることができる。 パーティーゲームではモンキーレース、モンキーファイト、モンキーターゲットの3つのゲームがあり最大4人までプレイできる。 ミニゲームではや、などがプレイでき、ゲームポイントを溜めるとさらに新しいゲームが追加される。 モンキーボールシリーズ [ ] 家庭用ではタイトルに スーパーが付き、公式では『 スーパーモンキーボールシリーズ』と紹介される。 『』(、)• 『 スーパーモンキーボール』(、)• 『』((お買い得版:)、ニンテンドーゲームキューブ)• 『』(、・)• 『』((お買い得版:)、)• 『』(、)• 『』(、Wii)• 『』(、)• 『』(、)• 『』(、・・・) 登場キャラクター [ ] アイアイ、 ミーミー、 ベイビー、 ゴンゴン、の4キャラから選択が可能だが、性能はどれを選んでも変わらない。 ただし身体の大きさは異なり、ベイビーだと足元が見やすく、ゴンゴンだと逆に見にくくなる。 『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』からデザインが現在のイメージに変わった。 キャラクターの詳しい特徴はの項を参照。 後に『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』から ヤンヤン、 ドクター、『スーパーモンキーボール アスレチック』から ジャム、『スーパーモンキーボール3D』から ジェットが登場。 他にも敵キャラクターとして『スーパーモンキーボール2』に登場した マッドヒヒ博士などがいる。 関連作品 [ ] 『』(、PS Vitaオンライン専用) アイアイとミーミーが登場。 『』(、・ ) アイアイとミーミーがレースに参戦する。 『』のを始め、多くのセガのゲームキャラクターと共演する。 『』 関連ソフトの『龍が如く0 基本無料アプリ for PlayStation Vita』にてダウンロードコンテンツを購入すると「スーパーモンキーボール スペシャル」がプレイ可能になる。 脚注 [ ]• 2015年5月1日閲覧。 ただし期間限定であり、既に終了している。 海外では・PlayStation Vita用ソフトも発売されたが、日本ではPS3とWii U用ソフトのみ。 外部リンク [ ]• - (2019年3月23日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。

次の

AIAIモンキーは、協働学習や遠隔学習、アクティブラーニングで活用できるサービス

アイアイ モンキー

アイアイ ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 3 ジャンプ 2 バウンド 3 おおきさ 3 おもさ 4 ライフ 3 評価 バランス重視の性能。 初心者はまずアイアイから使うことをおすすめ。 ミーミー ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 3 ジャンプ 4 バウンド 3 おおきさ 3 おもさ 3 ライフ 3 評価 バランス型。 アイアイよりもジャンプ力が高め。 ベイビー ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 4 ジャンプ 3 バウンド 4 おおきさ 1 おもさ 1 ライフ 3 評価 軽量型。 スピードが速いメリットはあるが、軽いため、大きく跳ねるなど、コントロールがしにくいなどのデメリットもある。 ゴンゴン ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 1 ジャンプ 1 バウンド 3 おおきさ 5 おもさ 5 ライフ 3 評価 重量型。 安定性はある。 しかし、スピード、ジャンプ力が低め。 ヤンヤン ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 2 ジャンプ 5 バウンド 5 おおきさ 2 おもさ 2 ライフ 3 評価 ジャンプ型。 ジャンプ力とバウンドが最大値で、高く飛んだりするようなステージで力を発揮 ドクター ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 5 ジャンプ 1 バウンド 2 おおきさ 3 おもさ 4 ライフ 3 評価 スピード型。 スピードが最大値。 長い道があるステージなどで活躍できる ソニック ステータス 能力 能力値 最大5 スピード 5 ジャンプ 4 バウンド 4 おおきさ 3 おもさ 4 ライフ 3 評価 スピード、ジャンプ、バウンドが高いキャラ。 また、BGMやバナナがリングに代わるなど、特別対応な感じになっている.

次の

ダイアナモンキー

アイアイ モンキー

スーパーモンキーボール ジャンル アクション 対応機種 [GC] /[IP] [3DS] 開発元 発売元 セガ(後の) 人数 [GC]1~4人 [IP]1人 [3DS]1~4人 メディア [GC]光ディスク [IP]配信アプリ [3DS]3DSカード 発売日 [GC] [IP] [3DS] その他 ニンテンドーゲームキューブ用サードパーティー製初のソフト 『 スーパーモンキーボール』は、用のゲームソフト。 の一つ であり、またその中で唯一の製ソフトである。 なお、本作の元となっているのは版ので、続編や移植作としては『』、用の『スーパーモンキーボール デラックス』、用の『スーパーモンキーボールDS』、用の『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』、『スーパーモンキーボール アスレチック』が発売されている。 また、等の携帯電話用アプリ・/用アプリケーションも配信されている。 には、用の『スーパーモンキーボール3D』が発売された。 概要 [ ] メインゲームはのスティックを倒しフィールドを傾けることでボールを動かし、ゴールを目指していくもの。 初級、中級、上級と実力ごとにステージが用意されている。 また、EXTRAステージ、MASTERステージが隠されており、特定の条件を満たすことでプレイすることができる。 パーティーゲームではモンキーレース、モンキーファイト、モンキーターゲットの3つのゲームがあり最大4人までプレイできる。 ミニゲームではや、などがプレイでき、ゲームポイントを溜めるとさらに新しいゲームが追加される。 モンキーボールシリーズ [ ] 家庭用ではタイトルに スーパーが付き、公式では『 スーパーモンキーボールシリーズ』と紹介される。 『』(、)• 『 スーパーモンキーボール』(、)• 『』((お買い得版:)、ニンテンドーゲームキューブ)• 『』(、・)• 『』((お買い得版:)、)• 『』(、)• 『』(、Wii)• 『』(、)• 『』(、)• 『』(、・・・) 登場キャラクター [ ] アイアイ、 ミーミー、 ベイビー、 ゴンゴン、の4キャラから選択が可能だが、性能はどれを選んでも変わらない。 ただし身体の大きさは異なり、ベイビーだと足元が見やすく、ゴンゴンだと逆に見にくくなる。 『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』からデザインが現在のイメージに変わった。 キャラクターの詳しい特徴はの項を参照。 後に『スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合』から ヤンヤン、 ドクター、『スーパーモンキーボール アスレチック』から ジャム、『スーパーモンキーボール3D』から ジェットが登場。 他にも敵キャラクターとして『スーパーモンキーボール2』に登場した マッドヒヒ博士などがいる。 関連作品 [ ] 『』(、PS Vitaオンライン専用) アイアイとミーミーが登場。 『』(、・ ) アイアイとミーミーがレースに参戦する。 『』のを始め、多くのセガのゲームキャラクターと共演する。 『』 関連ソフトの『龍が如く0 基本無料アプリ for PlayStation Vita』にてダウンロードコンテンツを購入すると「スーパーモンキーボール スペシャル」がプレイ可能になる。 脚注 [ ]• 2015年5月1日閲覧。 ただし期間限定であり、既に終了している。 海外では・PlayStation Vita用ソフトも発売されたが、日本ではPS3とWii U用ソフトのみ。 外部リンク [ ]• - (2019年3月23日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。

次の