赤ちゃん おでこ たんこぶ。 赤ちゃんが転んだ・ぶつけた!打ち身、打撲の応急処置と受診の目安

大人のたんこぶの応急処置や対処方法

赤ちゃん おでこ たんこぶ

「たんこぶ」って何? そもそも「たんこぶ」とは一体なんでしょうか。 たんこぶの正式名称は「頭出腫」「頭皮下血腫」といい、頭に出来た凸部分のことを指します。 たんこぶの中身は主に血液で、頭をぶつけた衝撃で血管が切れ、その部分からの出血が傷口から外に出ず内側に溜まっている状態なのです。 強くぶつければ切れる血管も増えますから、たんこぶが大きくなります。 内側に溜まった血液は、再び血管を通して吸収されて、たんこぶが治ります。 たんこぶが出来れば大丈夫? 「たんこぶが出来たから大丈夫」とおばあちゃん世代の方は良く言いますが、一概にそうは言えません。 たんこぶが出来るということは頭部の衝撃が強いという意味になりますし、たんこぶが大きければ血管がたくさん切れるほど頭を強くぶつけたという意味になります。 たんこぶが出来たら、放置せずに赤ちゃんの容態に注意する必要があることを覚えておきましょう。 症状が気になる場合は自己判断せずに病院に行くようにしてください。 赤ちゃんのたんこぶがぶよぶよする 通常たんこぶは硬いものですが、中には柔らかいたんこぶもあります。 切れた血管からの血液が頭蓋骨を覆う膜と頭蓋骨の間に溜まると、この部分にはスペースがあるため血液が固まらずぶよぶよします。 このたんこぶは膜下で血液が広がってぶよぶよが広範囲に広がり、中には頭の形が変わるほど広がることもあります。 必ず病院で検査を行いましょう。 異常がない場合は、時間がかかっても全て吸収されるため経過観察のみに留めることがほとんどです。 赤ちゃんが「たんこぶ」を作りやすい原因、理由 大人になればたんこぶを作ることはほとんどありませんが、元気な乳幼児はたんこぶができることもあるでしょう。 お母さんにしてみれば「もうたんこぶは作らないで」と願ってしまいますが、実は赤ちゃんにはたんこぶを作りやすい理由があります。 赤ちゃんの重心 赤ちゃんは頭が大きいので、生まれてからしばらくは4頭身です。 そうすると頭と体のバランスをとるために重心も高くなり、赤ちゃんの重心は胸の辺りにあると言われています。 大人の重心はヘソよりやや下なのと比較すると、かなり上方にあるのが分かります。 そのため、ぶつかったりよろけたりしてほんの少しでもバランスが崩れると、すぐ転んでしまいたんこぶが出来るようになるのです。 赤ちゃんの心と体の特徴 生まれたばかりの赤ちゃんは自分の考えで手足を動かすことも出来ませんでしたが、脳と体の成長に伴って手足を自由に動かすことを習うようになります。 しかし、指を使う細かい動きはもちろんまだ難しいですし、手足を大きく使う動きもスムーズに行かないことも多いので、うまくいかず転んでしまうのです。 また、赤ちゃんは興味のあるものに突進しますから、一つに集中するあまり注意力散漫となることも、ぶつかって転びたんこぶが出来る原因となります。 赤ちゃんの血管 赤ちゃんは出生後急激に骨や内臓が成長しますが、それでもまだ弱く十分に成長するまでには数年かかります。 骨や内臓と同じく血管も弱いですから、成長途中に転んで頭をぶつけるとすぐに血管が切れて出血し、たんこぶが出来るようになります。 こればかりは赤ちゃんの成長に任せるしかありませんので、お母さんは赤ちゃんの血管が切れて出血するような状況にならないように対策する必要があります。 「たんこぶ」に注意するのはいつから? 赤ちゃんのたんこぶに注意するのは赤ちゃんが歩けるようになってから、と思っているお母さんはいませんか。 実はもっと早く、赤ちゃんが生まれてからすぐに注意し始めるべきことなのです。 赤ちゃんの月齢が低いほど、たんこぶが出来れば問題が発生しやすいですから、なるべく避けたいですね。 お母さんが注意すべきポイントを赤ちゃんの成長ごとにまとめてみました。 出生後~お座りの頃 まだ首が据わらない赤ちゃんだと油断してしまいがちですが、手足をバタバタさせているうちに移動して落ちてしまうことも多いです。 また、寝返りが出来るようになれば何回も寝返って落ちてしまったり、お座りが出来れば頭の重さを支えきれず前や後ろにいきなり倒れこむこともあります。 布団の真ん中に寝かせたり、高さのあるところに寝かせる時は柵やガードを必ず付けるように気をつけましょう。 また、お座りをさせる時はどの方向に転んでもいいように赤ちゃんの周りにクッションなどを置くのも良いでしょう。 ハイハイ~歩く頃 お母さんが目を離せなくなる時期になると、たんこぶが出来る危険も増大します。 今までは落ちてぶつけたんこぶが出来るケースが多かったのですが、自分で動くようになれば、落ちるだけでなく家具にぶつかったり段差のあるところで転んだりと、たんこぶが出来てしまうシチュエーションが増えます。 転んでもぶつかっても痛くないように対策を採る以外にも、赤ちゃんに一言声をかけたり、一緒にたくさん遊んで赤ちゃんが自分の体のバランスを取れるよう手伝うのも良い方法でしょう。 「たんこぶ」が出来た時の対処法 たんこぶが出来ると、落ちた衝撃と痛みで赤ちゃんは大泣きしますし、お母さんは「赤ちゃんが落ちた」ということ自体がショックで慌ててしまうでしょう。 しかし、ここで慌てると適切な処置が取れない可能性があります。 赤ちゃんにたんこぶが出来た時に、お母さんはどのように対処すべきかステップごとにご紹介しましょう。 まずは抱っこして安心させて まず最も大事なことは、赤ちゃんを落ち着かせることです。 そのためにはまず、お母さんが落ち着きましょう。 どうしよう!とパニックになってしまえば、赤ちゃんにもそれが伝わってさらに泣き声がひどくなってしまいますし、赤ちゃんによっては泣きすぎでひきつけを起こす可能性すら出てきます。 まずはしっかり抱っこして、お母さんがそばにいることを教えて赤ちゃんを安心させましょう。 ただ、落ち着くまでの間に状態が悪化することもないわけではありませんから、抱っこしながらも赤ちゃんの様子をしっかり観察してください。 お母さんがパニックしたしまったり、対処方法など不安がる場合には、病院に相談するか、下記に記してある小児緊急電話相談に連絡してください。 ぶつけた場所をチェック 冷やす 赤ちゃんが落ち着いたら、頭に軽く触れてたんこぶの有無や状態をチェックしましょう。 赤ちゃんが元気なようならば、たんこぶを冷やしてこれ以上内部で出血しないようにします。 この時に冷たすぎると赤ちゃんは嫌がってしまうので、うまく調節してたんこぶを冷やすように気をつけましょう。 その他にもどこか異常はないか、全身もチェックすると良いでしょう。 症状が気になる場合は自己判断せずに病院に行くようにしてください。 1日~2日は様子を観察 頭をぶつけて6時間程度経っても赤ちゃんが元気であれば、リスクは下がります。 頭を打った後、母乳やミルクを飲んで何回も続けて吐いたり意識がはっきりしない、ということでなければ安心と考えてよいでしょう。 しかし心配な場合や様子がおかしい場合などは病院を受診することが大切です。 ただ、時間が経過して赤ちゃんが元気だったとしても、血行が促進されるような入浴などは避けて1日~2日は様子を観察した方が良いでしょう。 たんこぶ以外のこんな症状があったらすぐ病院へ 赤ちゃんが頭を打つと、お母さんは赤ちゃんのたんこぶばかりに目が行ってしまいますが、それ以外にも赤ちゃんの様子をしっかり観察すべきです。 赤ちゃんが嘔吐を繰り返したり、いつもと違うような状態になった時は、家で様子を見るのではなくすぐ病院を受診しましょう。 ぐったりしている場合 大人や幼児が頭をぶつけると自分の言葉で容態を説明できますが、赤ちゃんは話せないため泣くことでお母さんに異常を伝えます。 しかし、泣くことも出来ず、 ぐったりしている、呼んでも反応しない、けいれんしている場合は親が考えているよりも深刻な状態ですから、判断に迷わず 救急車を呼ぶようにしましょう。 また、頭をぶつけた直後は泣いていても、時間経過とともに体調が悪くなりぐったりする場合もありますから、頭をぶつけてから24時間は様子を良くチェックしてください。 吐く場合 赤ちゃんが頭を打った後に、お母さんがチェックすべきポイントはいくつかありますが、その中でも嘔吐した場合、病院に行くべきか否か野判断が難しいことがあります。 国民生活センターによれば、意識が無くなったり痙攣を伴うようでなければ、1,2回吐いたとしても心配は無いとのことですが、頭を打った後に吐くほどではないけど気持ちが悪いという時は病院に連れて行ってください。 また、しばらく普通に遊んでから急に吐いたり、頭を打った後に少し寝てしまい起きた後に吐くなど、赤ちゃんの状態も様々ですから、心配な時はやはり病院で検査をしてもらうのが安心です。 出血する場合 たんこぶは頭の血管からの出血が内部にたまっている状態ですが、たんこぶが切れると出血につながります。 赤ちゃんは体内の血液量が少ないですから、たんこぶや他の傷口から大量に出血すると危険な状態になってしまいます。 出血が多い時はすぐ病院に連れて行きましょう。 また、前に転べば鼻血も出やすくなりますが、後頭部を打ったのに鼻血が出るような場合も病院で検査を受けると安心です。 鼻から大量の鼻水が出る場合 激しく頭をぶつけると、たんこぶが出来るだけでなく時として鼻から血の混ざった鼻水のようなものが出てくることがありますが、その場合はすぐ小児外科や救急外来を受診してください。 この液体は鼻水ではなく脳や脊髄周りにある髄液で、骨折した頭蓋底から鼻を通って出てくる髄液性鼻漏の可能性があります。 髄液性鼻漏になると脳に菌が進入し感染を引き起こすことがありますので、早期の治療を行う必要があります。 側頭部のたんこぶには要注意 赤ちゃんは後ろや前に転ぶことが多いので、それに備えて赤ちゃんの頭蓋骨も、前部分と後頭部部分が他の頭蓋骨よりも比較的硬くなっています。 しかし問題なのは側頭部で、側頭部は前部・後頭部に比べると骨がとても薄く、他の場所への衝撃なら問題なくても、側頭部ならば骨にひびが入ったり骨折してしまうこともあります。 側頭部にたんこぶが出来た場合は、赤ちゃんが元気でも病院を受診したほうが良いでしょう。 軽いたんこぶが治る?「おばあちゃんの知恵」 昔から赤ちゃんにたんこぶが出来ると、「砂糖水」をつければ治ると言われています。 赤ちゃんの頭にたんこぶが出来た時に、おばあちゃんに勧められたお母さんもいるのではないでしょうか。 この方法は主に傷口の水分を吸収して雑菌の繁殖を抑える砂糖の消毒作用と、体温を下げてたんこぶの熱を抑える糖分の放熱作用の二つが、たんこぶに働きかけるのです。 動く赤ちゃんには難しいかもしれませんが、おばあちゃんの知恵ですので一つの情報として覚えておきましょう。 赤ちゃんがたんこぶを作らない環境づくり 赤ちゃんは成長してもまだ等身が低く重心が上にありますから、動きが増える2・3歳ごろになっても転んでたんこぶを作ることが多いです。 たんこぶを作る回数を減らすためにも、家の中で赤ちゃんが滑りやすい・転びやすい箇所をチェックして、その部分を改善していくようにしましょう。 まず、たんこぶを作りやすいお風呂場やフローリングは厚手のマットを引いて滑らないようにしましょう。 伝い歩きの赤ちゃんにはコーナーガードやクッションを設置して、ぶつかっても痛くないようにしておくのが大事です。 夜間・休日にできたたんこぶは小児緊急電話相談に 「ただのたんこぶだし冷やしておけば大丈夫」と考えてしまうお母さんも多いですが、頭への衝撃でできるものですから、甘く考えてはいけません。 しかし、休日や夜間だと病院を受診すべきなのかどうか迷います。 そんな時は#8000の小児緊急電話相談に連絡してみましょう。 医師や看護婦が待機する窓口へと転送されて、赤ちゃんの症状からどうすべきかのアドバイスが受けられます。 ぜひ目につきやすいところへ番号を控えておきましょう。 厚生労働省: ここまでのまとめ 赤ちゃんは良く転んでたんこぶが出来ますが、危険な状態につながる可能性もありますから、「またたんこぶ」と放置せずに一つ一つ確認していきましょう。 また、赤ちゃんの頭への衝撃が怖いからと過保護にすれば、赤ちゃんの成長の妨げになってしまいます。 赤ちゃんが転んでたんこぶを打っても問題ないように、前もって対策を立てるようにしましょう。 もし転んでたんこぶが出来、病院に連れて行くべきかどうか迷ったら、ぜひ小児緊急電話相談を活用してください。

次の

大人がおでこにできたたんこぶを処置するケース

赤ちゃん おでこ たんこぶ

とっても身近な「たんこぶ」ですが、正しい対処法についてはあまり知られていない気がします。 そこで今回は、そんなたんこぶと正しい対処法についてご紹介していきます。 どうしてたんこぶができるの?たんこぶの仕組み たんこぶって一体どうしてできるのでしょうか。 みなさんはたんこぶを作りやすい、たんこぶのゴールデンエイジというものが存在するのをご存じですか。 ここではそんなたんこぶの不思議について説明します。 たんこぶにも種類がある! たんこぶとは頭部を強く打った時にできるみなさんご存じのあのこぶですが、たんこぶには種類が二種類あることをみなさんはご存じでしょうか。 一つは硬いこぶ、皮下血腫と呼びます。 もう一つはぶよぶよしているたんこぶ。 これは少し覚えるのが難しいのですが帽状腱膜下血腫と呼びます。 この二つのたんこぶがどう違うのか説明していきますね。 *皮下血腫 これはいわゆる普通のたんこぶです。 たまに皮膚の下にある皮下組織の毛細血管がやぶれて出血し、ぽつぽつと赤や紫色の斑点ができることがありますがあまり心配はいりません。 皮下組織に血液が溜まっている為、硬いこぶができる。 これが皮下血腫という種類のたんこぶです。 *帽状腱膜下血腫 これは頭蓋骨を覆っている膜と頭蓋骨の間に出血し、血がとどまっている状態を指します。 小さい血管がたくさんあるので血が固まることなくどんどん溜まっていき、巨大なぶよぶよのたんこぶが出来上がることも珍しくありません。 ぶよぶよのたんこぶができれば、それは帽状腱膜下血腫という種類のたんこぶです。 ゴールデンエイジと呼ばれるたんこぶを作りやすい年齢がある! 独立行政法人国民生活センターが1997年に発表した0歳から19歳までの頭部外傷に関する統計を見ると、5歳ごとの年齢別の調査ではなんと0歳~4歳が全体の半数以上の58. 4%を占め一番頭部外傷が多い年齢層だとわかりました。 さらに、その中で17. 1%がなんとまだ幼い1歳児という結果がでているのです。 また、事故がおきる場所としては、たんこぶゴールデンエイジの1歳を含む生後6か月~4歳までのこどもを見てみると階段が一番事故が多い場所だそうです。 1歳くらいのこどもといえば、早い子でちょうど一人歩きを始める時期ですよね。 一人歩きを始める時期のこどもは本当にびっくりするくらいよく転びます。 まだ歩きだしていない赤ちゃんであっても油断はできません。 1歳となれば目を離した隙にハイハイで階段やベランダなどにのぼっていてママをびっくりさせることも珍しくありません。 まだ小さい0歳から4歳のこどもを抱えるママ、特に1歳児のこどもがいるというママはかわいい我が子に頭部外傷が起きないように注意する必要があると言えそうです。 たんこぶを作りやすいのはやっぱり男の子? たんこぶなどの頭部外傷を受けやすいのはやはりなんといっても男の子です。 ただ、この差がはっきりと出てくるのは生後5カ月後。 そこから15歳になるまでにこの男女差はどんどん広がっていき5歳から9歳の間にかけては男の子の頭部外傷率は女の子のなんと2倍に。 10歳から14歳まではさらに2. 3倍にまで広がっていきますから男の子がどれだけわんぱくかがよくわかりますよね。 男の子をもつママ!たんこぶには特に要注意です。 出来てしまったたんこぶには〇〇が効く説は本当? よく、「ハチに刺されたらおしっこをかけたら直る!」といったような迷信がありますが、「たんこぶの説」なんていうのも聞いたことはないでしょうか? たんこぶの説を見てみましょう。 たんこぶには砂糖水が効くって本当? たんこぶが砂糖水に効くというにわかに信じがたいこの話。 まさか!と笑っている方もいらっしゃるかと思います。 おそらく出血をしたということは頭に血が溜まっていないということで血が出たほうが安心だと言われているのでしょうが、表面のみならず頭部の深いところで同時に出血が起きていたらどうでしょう?とても危険ですよね。 お医者さんによってもこのたんこぶについての見解は様々です。 中には打撲の度合いと病状はあまり関係なく、固いものに頭をぶつけた場合でも大丈夫なことが多く、逆に柔らかい場所で転んだだけで脳内出血を起こす場合もあるので注意深く見るようにというお医者さんもいます。 しかし、ほとんどのお医者さんが打撲の程度と病状は関係しているという見解をされています。 つまり、強く衝撃を受ければ受けるほど、脳内になにかしらの病変を抱えやすいという見方です。 頭部を打撲した後、こどもがどのような症状を見せた場合に脳内出血を起こしていたかについて論文からの統計を比較した調査によると、• 脳内出血の危険率は吐いた場合:1. 03倍• 意識がなくなる・ボーっとしてすぐに泣かなかった場合:2. 帽状腱膜下血腫ができた・慌てるほどの出血があった場合:4. 6倍 このような確率だったという結果がでています。 このことからもわかるように、「たんこぶや出血があった場合は安心。 」という説は完全な間違いであるどころかとても危険な説だということがよくわかりますよね。 頭を打った後に出血があったり、ぶよぶよたんこぶができた時こそすぐにこどもを脳外科に連れていくべきです。 きちんと知ろう!正しいたんこぶの処置と病院に行くべき目安 では、どうすれば正しいたんこぶの処置と言えるのか、そしてこどもがたんこぶを作った時に病院に行くべき目安はなんなのでしょうか。 まずは、たんこぶの正しい処置法としては• 傷についた砂や泥を流水できれいに洗い流す。 出血がある場合はすぐに脳外科を受診してください。 傷もなく、たんこぶだけであれば30分ほど冷やすようにしましょう。 冷やしているにも関わらず徐々に腫れがひどくなったり、ぶよぶよとしたたんこぶが出来てきた場合には脳外科を受診しましょう• 手足のまひ、泣かないでうとうとするなどの意識障害、吐き気や嘔吐、頭痛、けいれんなどが見られない場合は念のためにお風呂は避け、24時間様子を見ましょう。 吐き気や嘔吐、頭痛、手足のまひ、意識障害などが見られれば、すぐに脳外科を受診してください。 けいれんが見られた場合はすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。 と推奨されています。 頭を打った後にぶよぶよのたんこぶが出来たり、出血が見られたりした場合、そして嘔吐や頭痛、意識障害など上記の中でなにかしらの症状が見られた場合はすみやかに脳外科を受診させましょう。 くれぐれも「ただのたんこぶだから・・・」と軽く考えることは危険ですのでやめるようにしましょう。 たんこぶをつくらせない為にできること 一番頭にけがをしやすい0歳~4歳児。 赤ちゃんを床よりも高い位置に寝かせる場合は、必ず柵やガードをするなどして転倒を防ぐということが大切になります。 6カ月~1歳頃まで この時期の赤ちゃんはハイハイしたり、つかまり立ちをはじめたりと行動範囲が広がります。 家の中の段差にはとにかく気を付けましょう。 つまずいて転んだり、這い上がって落ちたりとどこでどう転倒するか予測がつかず、ママがちょっと目を離した隙に・・・ということも考えられます。 階段などの段差の前には柵をして入れないようにする• 家具にガードをつけて角をなくす• 床にあまり物を置かない• ベビーカーに乗せる場合は必ずベルトをする これらの工夫が必要です。 1歳~4歳まで この時期のこどもはとにかく活動範囲とできることがぐっと広がりますよね。 階段の上り下りなどはなるべく手をつないだり、下から見守るようにしましょう。 また、この時期のこどもは高いところから飛び降りたりしたがる時期でもあります。

次の

おでこをぶつけた!たんこぶの具体的な処置方法を分かりやすく解説!

赤ちゃん おでこ たんこぶ

子供の頭部打撲についてはいくつかの誤解があります。 まず、その有名な誤解を解くことから始めましょう。 【誤解1】たんこぶができたから安心。 できなかったからアブナイ。 たんこぶは「 皮下血腫」と言い、打撲で頭皮下の血管が切れてそこに血液がたまってできるものです。 ですから、一般的には打撲の衝撃が強ければできやすいですし、弱ければできにくいのです。 非常に大きなたんこぶができた場合は、頭蓋骨骨折なども考えなければなりませんので、詳しい検査が必要になります。 たんこぶもないような打撲は、通常は心配ないことが多いのです。 【誤解2】血が出たから安心。 出なかったからアブナイ。 出血の有無とケガの重症度とはあまり関係はありません。 出血があるということは、皮膚になんらかの傷を負っているということですから、もしかすると縫合する必要があるかもしれません。 また、細菌感染を起こして化膿しないように抗生物質の内服が必要かもしれません。 血は出ない方がいいに決まっているのです。 頭部の出血は小さな傷でも出血量が多く、家族も本人も不安を感じやすいので、そのような場合は受診して頂く方がいいでしょう。 「血が出なかったから血液が頭の中に溜まっているのでは?」。 と心配する方もおられますがこれも全く根拠のないことです。 万が一重症の打撲で頭蓋骨よりも内側に血液がたまったとしても、それが皮膚の傷から出てくることなどありえません。 脳内出血と皮膚からの出血は無関係です。 【誤解3】泣いたから安心。 吐いたらアブナイ。 幼児の頭部打撲では、激しく泣いて泣き疲れて寝てしまうのが普通です。 泣きながら嘔吐することもよくあります。 目覚めたあと、元気になりおなかがすいているからといってあまりたくさん与えすぎると、再び吐いてしまうことになります。 打撲後で気分がすぐれない時には、消化の良いものを少量食べさせてあげるようにしましょう。 子供の嘔吐中枢は敏感ですので、打撲後に吐くこと自体は特にアブナイことではないのです。 泣いたから安心、泣かないと心配。 この迷信はどうでしょうか。 これは全身の状態から判断することが大切です。 通常は泣かない程度の打撲は心配ないと考えていいでしょう。 もし、泣く事も出来ないほどの重症ならば、意識状態もかなり悪いはずですのでもちろん一刻を争う事態です。 では、頭部打撲後、どういう状況が要注意なのでしょうか。 意識状態の悪化 打撲した日の夜は、意識状態の変化に注意しておいてください。 もうろうとしてきたり、呼びかけても目を覚まさない、急にぐったりとしてきて顔色が悪くなった、などの変化があった時は要注意です。 打撲翌日、機嫌が良くなり元気に遊んでいるようならもう心配いりません。 ひきつけ 打撲がきっかけになって、 全身痙攣などを起こしたときは、要注意。 すぐに検査を受けさせてください。 詳しくはこちらもご覧ください。

次の