が ん もどき の 煮物。 厚揚げの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

野菜の含め煮/炊き合わせのレシピ/作り方:白ごはん.com

が ん もどき の 煮物

戻りの早いものは3分くらい、ものによっては20分くらい必要なものも。 そこは適宜ものによって調整してください。 今回は戻し不要のものでしたが、10分間戻しました。 その後は ため水の中で押し洗いをします。 下の写真は、1枚の高野豆腐を押し洗いした後のにごり加減。 このにごりを除くことがおいしさにつながると思います。 1枚ずつ押し洗いしたあとに 最後にしっかり水気を出し切ることも大切。 すべて大きめのひと口大に切ります。 このレシピは熱々でも冷めても、どちらでも美味しいレシピです。 ですのでお弁当などにもぴったり! お弁当に入れるときは汁気を軽くしぼってからびちゃびちゃにならないよう注意して入れてくださいね。 それから、忘れてはいけないのは 「高野豆腐の煮物は冷凍保存できる」ということ!その場合は、タッパーに煮物(高野豆腐のみ)とたっぷりの煮汁を入れて冷凍してください。 冷蔵庫では3日ほど日持ちし、冷凍では1か月ほどが目安です。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 塩ゆでした絹さややスナップえんどう、ゆでて下味をつけたふき、別で炊いたにんじんやれんこんの煮物などを合わせても美味しいです。 器情報:呉瑛姫さんの器.

次の

厚揚げの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

が ん もどき の 煮物

それから水気を切ったひじきを入れて 1分〜1分半ほど炒め合わせます。 調味料が溶けるように箸で混ぜ合わせます。 煮汁が沸いてきたら火を少し弱め、 鍋肌がぐつぐつ沸く火加減を保って7〜8分を目安に煮ます。 時おり箸で混ぜながら、鍋底に煮汁が少し残るくらいまで煮ればできあがりです(火を止めるタイミングは煮汁の量も目安となりますが、 味見をして好みの濃さかどうかを確認してからがおすすめです)。 だし汁も好みのものでOKです。 だけでなく、やも参考に。 ひじきの煮物は 冷蔵庫で3〜4日ほど保存可能です。 また、 冷凍保存もできてその場合は1か月が目安。 保存もきくので、上の分量の2倍で作るのもおすすめです(その場合は煮る時間を少しのばすとよいです)!• 食べるときにゆでた絹さややいんげんなどを添えても彩りがよくなります。 乾燥ひじきには 「芽ひじき」と 「長ひじき」がありますがどちらで作っても同じ作り方でOKです。 どちらかというと芽ひじきのほうが一般的ですが、長ひじきは太い分、煮含みもよくて食べ応えが出てくれます。 食卓に出すときは好みで再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 器情報:角田淳さんの器.

次の

がんもどき(ひろうす)を煮る方法と調味料の割合

が ん もどき の 煮物

戻りの早いものは3分くらい、ものによっては20分くらい必要なものも。 そこは適宜ものによって調整してください。 今回は戻し不要のものでしたが、10分間戻しました。 その後は ため水の中で押し洗いをします。 下の写真は、1枚の高野豆腐を押し洗いした後のにごり加減。 このにごりを除くことがおいしさにつながると思います。 1枚ずつ押し洗いしたあとに 最後にしっかり水気を出し切ることも大切。 すべて大きめのひと口大に切ります。 このレシピは熱々でも冷めても、どちらでも美味しいレシピです。 ですのでお弁当などにもぴったり! お弁当に入れるときは汁気を軽くしぼってからびちゃびちゃにならないよう注意して入れてくださいね。 それから、忘れてはいけないのは 「高野豆腐の煮物は冷凍保存できる」ということ!その場合は、タッパーに煮物(高野豆腐のみ)とたっぷりの煮汁を入れて冷凍してください。 冷蔵庫では3日ほど日持ちし、冷凍では1か月ほどが目安です。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 塩ゆでした絹さややスナップえんどう、ゆでて下味をつけたふき、別で炊いたにんじんやれんこんの煮物などを合わせても美味しいです。 器情報:呉瑛姫さんの器.

次の