リゼロ 22 巻。 Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(リゼロ)2020年7月8日 23:30 (TOKYO MX)に放送予定!!

【リゼロ】徹底考察!原作で気になる5つの伏線を読み解いてみた!【ネタバレ注意】【Re:ゼロから始める異世界生活】

リゼロ 22 巻

これは主人公 スバルが異世界に召喚されてから、白鯨を撃破するまでの内容です。 そしてアニメ版1期は全25話で放送されていました。 ちなみに個別で見ていくと、 1章の内容は1巻に含まれています。 2章は第2~3巻、 3章は4~9巻の途中までという話なんです。 3章は原作だと9巻の途中ということで、切りの良いところが巻末ではなかったんですね。 1章ではスバルが異世界に召喚された街で追い剥ぎに襲われていたところ、 エミリア と出会い 命の危機を救われます。 彼女がフェルトに奪われた徽章を探していると知ったスバルは、その徽章を取り返すためにエミリアに協力しますが。 なんとかフェルトの元に辿り着いたスバルは、自分が元いた世界の珍しい道具を見せることにより徽章を返してもらう交渉に成功。 これから起こる展開を知っているスバルは、何とか策を張り巡らしエルザからエミリアやフェルトを守ろうとします。 そして最後は剣聖ラインハルトの介入もあり、エルザを撃退することに成功するのでした。 そこで屋敷の主 ロズワールや、メイドの レム・ラムに出会います。 しかし今度はその屋敷の中でスバルは、奇妙な呪術にかかり呪い殺されてしまうという展開に。 そして呪いの現況であった魔獣との戦いで、メイドのレム・ラムとの心の距離が縮まり魔獣の撃破に成功します。 第3章王選編スタートしました。 3章では 騎士ユリウスや クルシュとの出会い、彼らと協力しながら 3大魔獣の1つ 「白鯨」や 魔女教 ペテルギウス との戦いが描かれます。 なおアニメ1期はここまでしか描かれておらず、ここから先は原作の小説を読む事でしか内容を知ることは出来ません。 魔女教の レグルスと バテンカイトスという新キャラが現れて、 クルシュの記憶を奪われレムは眠り人にされてしまうのです。 — スイ㌨㌥ とある人の指示で語尾がゾだゾまぁ蓮季と同じだから嫌じゃないゾ!! 3ヶ月という1クールで考えると、原作の4章くらいのボリュームになりそうです。 しかし、実は リゼロの第2期は2クール(6ヶ月)の放送になりそうなんです! ということは 2期では4章~5章までが放送されるのに十分と話題になっています。 2期は聖域編で全てかなぁって思ったけど、1期が9巻までの内容までやったことを考えると、少しボリュームが足りない気もするし、もしかすると5章まで行く可能性もあるよね。 てもそうなると少し詰め込まなきゃいけないよね、多分。 まぁ聖域編を濃厚にする説が有力な気もするけど。 生放送楽しかったわー アニメの2期の情報もわかって楽しみが増した 2クール放送ってことはもしや5章やっちゃう?w流石にないよねw もし5章までやるなら最高すぎる — 100式さん ガチャ運皆無人間 HYAKU0729 もはや5章まで放送して欲しいという願望が多数のようですね 笑 ちなみに 原作の小説でもちょうど5章が終了したそうです。 そして プレアデス監視塔 という場所を目指し、レムを始めとする仲間達を救うべく「さぁ、これから塔を目指し出発するぞ!」というところで物語が終わるそう。 気になる展開で終了し、早く続きが知りたくなりますね! アニメ2期は順当にいけばここまで描いてくれるのかなと予想します。 しかし塔の存在が判明せずに、 途中で仲間たちが次々に退場していって2期終了となると・・・。 原作小説を買いたい方が続出しそうですね! リゼロ1期アニメはどこまでかと2期の終わり予想まとめ 3、reゼロ 推しはすごく悩むんですけどエミリアで! ちょっと抜けてるところがあるけどすごく真面目な子ですね 原作4章読むと好感度ぶちあがると思うんで すよね ちなみにcvは高橋李依さんですね リゼロのラジオは毎回面白いのでぜひ1度聞いてみてください — こたぱんち yeahtiger19 この記事ではアニメ版『リゼロ』が、原作の小説だと何章まで描かれたのか? そして2期の内容がどこまでなのか? といった事をについて取り上げました。 この記事の要点は以下の通りです。 アニメ版リゼロ1期は1〜3章で、原作の1巻~9巻までの内容• 第2期は4〜5章がアニメ化されると予想•

次の

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(リゼロ)2020年7月8日 23:30 (TOKYO MX)に放送予定!!

リゼロ 22 巻

どうもお疲れ様です。 最近はエミリア推しなカカオ です。 今回は… 『』を読了したので感想をば。 『Re:ゼロから始める異世界生活22』感想 あらすじ 多くの問題を抱えるスバルたちは、賢者シャウラの元へ行くことに。 ラインハルトすら引き返したアウグリア砂丘を乗り越え、シャウラに会うことはできた。 が! シャウラはスバルを「お師匠様」と呼びベタベタと濃厚接触しまくってきた。 想定外のシャウラのキャラに戸惑うスバルたちだったが、塔の中にある大図書館プレイアデスへ行くための試験が始まるのだった…。 ってな感じです。 感想(ネタバレ無し) 以下は読了した直後の僕のツイートです。 ここ最近のユリウスはずっと大変だったけど、トドメ刺してきた感ありますな。 ペテや白鯨とやり合ってた頃のスバル思い出す程に。 シャウラのキャラのおかげか、全体的には緩い雰囲気ではあったかな。 面白かった! Re:ゼロから始める異世界生活 22 MF文庫J — カカオ kudoshin06s やはりこの章はユリウスにスポットを当ててますね。 なんなら主人公のスバルよりも主軸に置いてる感すらあります。 ただでさえスバル以外の人からユリウスの記憶は消えている中で、22巻では精神肉体の両方に多大なダメージを負っています。 まるで以前、ユリウス自身がスバルをボコボコにしていたのが彼自身に跳ね返っているかのうよう…。 ただユリウス以外は割と緩めな感じでした。 シャウラのキャラがマジで予想外でしたねぇ。 明るいというか開けっ広げというか。 とはいえシャウラの戦闘能力が尋常でないことも確かで、いつスバルに牙をむくのか分かりません。 物語的には進んだとは思うんですけど、まだまだ遠そうだなと僕は感じましたね。 塔の中でのスバルたちの関係模様• 魔女たちの半生が描かれる謎• 初代剣聖レイド・アストレアが敵として登場• ユリウスの内面が浮き彫りに• スバル…記憶失った? 1つずつ解説していきます。 塔の中でのスバルたちの関係模様 22巻の主な構成メンバーは以下の通り。 スバル• エミリア• ベア子• (レム)• メィリィ• アナスタシア(襟ドナ)• ユリウス• シャウラ こんな感じ。 レムは眠ってるので括弧付けで…。 なかなかカオスな面々だったところへ、スバルにベタベタな シャウラが加わりギャグ要素が強くなってて笑えました。 シャウラにベッタリされるスバルに、エミリアとベア子が怒っていたり。 歴史好きのユリウスが400年生きてるシャウラに本当の史実を伝えられ現実を見なかったりなどなど。 読んでてクスッと笑える場面が多かったですね22巻。 これはスバルが書庫に行ったということを示唆してると思うんだけど果たして…。 初代剣聖レイド・アストレアが敵として登場 箸で戦うスタイルの男、それが 初代剣聖レイド・アストレアw その箸さばきで何もかもを斬ってきますね…。 どういったシステムで存在しているのかまだ謎ですけど、レイドは試験として登場してます。 ラインハルト相手に撃破しろって言われてるのと同じっすね…。 ただレイドの登場で、ラインハルトの父親の性格がねじ曲がっているのが納得できました。 レイドの性格のねじれ具合を見ると、むしろアストレア家にラインハルトのようなキャラが生まれたのが不思議なぐらいですw ユリウスの内面が浮き彫りに レイド・アストレア相手に真っ先に挑んだのがユリウスなんですけど、まるでメッキを剥がされるかのように負けてましたなぁ。 完璧なように見えたユリウスに、出るわ出るわ弱い部分が、足りない部分が。 これでもかってぐらいにボコボコにされる様は、 過去にユリウス自身がスバルに対して木刀でやったことと同じ…。 それを察したスバルがユリウスのフォローに回るのが読んでいてグッときた。 とはいえユリウスのピンチに変わりなし。 アナスタシアの中身が襟ドナだと知ることになって、スバルが知っていたのに自分は知らなかったっていうのがユリウスをさらに底へ落としてますな…。 スバル…記憶失った? 終盤、凄い唐突に スバルの記憶が失われたっぽい描写が…。 地の文でエミリアとベア子、パトラッシュの名前も出ず……。 パトラッシュに至っては「トカゲ」ですからね。 なんでそれが面白いのか。 それはリゼロの書記でスバルから出たセリフ 「異世界召喚ってやつうううぅぅぅ!!」 ってのが久々に見れたからw 短いシーンでそのまま22巻が終わったので、まだスバルの記憶が失われたことが確定したワケじゃありません。 シャウラに会えたが彼女は賢者ではない• シャウラの師匠で既に故人のフリューゲルが賢者だった。 塔は七層あって三層からが書庫へ行ける試験会場となっている• スバルたちは1つ目の試験は突破し三層の書庫へ• 三層の書庫は故人の名前がタイトルになっている本ばかり(関係のあった人が開くと故人の半生を味わえる)• 第二の試験でレイド登場し立往生(ユリウス死なない程度に敗北)• アナスタシアが襟ドナであることがユリウスにバレる• スバル、レイド攻略を思いつきある場所へ行ったものの、その後記憶喪失? こんな感じでした。 故人の記憶が味わえる本に何か鍵がありそうなんですよねぇ。 意味もなく登場するとは思えないし。 例えばレイドは既に故人なワケなので彼の名前がついた本があってもおかしくはありません。 レイドとは既にラムとレム以外は全員関わったので半生を辿れるはず。 そうすればレイドに勝つための方法が見つかる……かもしれません。 まぁスバルの記憶が無くなっていそうなので、レイド攻略どころじゃなさそうですが。。。

次の

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(リゼロ)2020年7月8日 23:30 (TOKYO MX)に放送予定!!

リゼロ 22 巻

シャウラってどんな人物?プレアデス監視塔について• 3層タイゲタの試練に挑戦• 試練の決まり事は全部で4つ• 2層エレクトラの試練が激むず!レイド・アストレアが強すぎ• ユリウスの心が折れ、さらに追い打ちが、、、 シャウラってどんな人物?プレアデス監視塔について シャウラと賢者は同一人物ではなかった。 プレアデス監視塔にいたのはシャウラでしたが、賢者というのお師匠様のこと。 つまり、賢者はスバルだとシャウラに告げられました。 シャウラは400年待ち焦がれたスバルの帰還にべったり。 それを見たエミリアは嫉妬してスバルを叩きます。 知識を得るためには塔の試練をクリアしていかないといけない。 塔の全体像はこちら(1層が一番上ね) ネタバレ スバルは異世界知識を利用して、シャウラに滅ぼされた英雄というのがオリオンだと確信します。 石版を上空から眺め、オリオン座の一番明るい星のリゲルの位置にある石版を特定し試験を突破する。 英雄オリオンは、調子づいたことでサソリの針でさされ星になったという言い伝え。 スバルしか絶対にクリアできないとう激むず仕様です。 試練の決まりごとは全部で5つ 3層の試練をクリアしたスバルたちは、図書館に到達。 本には人の名前が書かれていて、触るとその人の過去を体験できるようになっています。 ただし、条件があって知っている人しか過去を体験できない。 スバルは、傲慢の魔女ティフォンの本を見つけ過去をみます。 追体験しているときは意識を失ってしまいます。 ここで、シャウラは塔に関わる重大なルールを説明。 試練の決まりごとは5つ 1.試験を終えずに去ることを禁ず 2.試験の決まりに反することを禁ず 3.書庫への不敬を禁ず 4.塔そのもののへの破壊行為を禁ず 5.シャウラはごまかして言わない ちなみにネタバレになりますが、もしも試験を破ってしまうとシャウラはスバルたちの敵になります。 2層エレクトラの試練が激むず!レイド・アストレアが強すぎ 3層の試練を突破し、図書館の散策を一旦中断して2層を目指すことに。 3層をいくら探しても、2層へ続く道がみつかりません。 ここでエミリアが塔を作ったフュリューゲルの性格の悪い試験から、 2層へ続く道が別の場所にあるんじゃないかと推測します。 結果、 2層へ続く階段が4層の緑部屋に新たに出現していることを発見し無事2層へ到達します。 2層の試験の内容は、 「天剣に至りし愚者、彼の者の許しを得よ」 というもの。 2層に現れたのは初代剣聖であるレイド・アストレア。 レイドをみたシャウラは過去の恐怖から失神。 ユリウスは果敢にレイドに挑むも傷一つ与えることができずボコボコに。 見てられず助けに入ったアナスタシアも魔法を連発するが、効果なく返り討ちに。 唯一、エミリアはレイドに一発を食らわせて、レイドに試験の合格を言い渡される。 負傷したユリウスとアナスタシアを4層の緑部屋のベットで休ませる。 ユリウスの心が折れ、さらに追い打ちが、、、 ユリウスはレイドに剣を折られただけでなく、剣士としてのプライドも折られてしまいました。 ちなみにレイドの武器はただのお箸。 それでも勝てなかった。 なおも、傷がいえていない状態でベットから抜け出し、レイドに挑みさらに負けを重ねるユリウス。 いなくなったユリウスを探していたスバルが、ぼろぼろになったユリウスを見つけ4層にある緑部屋へ連れ帰ります。 計画を破綻させかねない、勝手な行動をしたユリウスにラムは、かなりのお怒りでしたが謝罪しなんとか許してもらえました。 珍しく冷静さをかいているユリウスが新鮮です KENTARO スバルとアナスタシアの密談 アナスタシアの意識が今も眠り続けていて、体を返せずに1ヶ月も経っていて状況がよくない。 スバルとアナスタシアが話しているところをユリウスに聞かれます。 ユリウスは、アナスタシアが本物のアナスタシアではないことを知り気持ちが抑えられず剣を向けます。 さらに追い打ちをかけるようにユリウスに伝えなかったのではなく、スバルがアナスタシアの正体を見抜いたのだと伝えられる。 アナスタシアの騎士であるユリウスに見抜けず、関係の浅いスバルがアナスタシアの正体を見抜いたことに情けなさを感じるユリウスでした。 22巻の回収されていない伏線 今回は、2つの気になる伏線がありました。

次の