くせ毛を治す方法 中学生男子。 男性のくせ毛を直す方法ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

くせ毛を直す方法でとても簡単にできる3つの方法とは?

くせ毛を治す方法 中学生男子

まずは全体を濡らす• タオルで優しくドライ• ドライヤーでくせ毛を伸ばす 基本的には、この3ステップで大丈夫です。 髪の毛をタオルドライで乾かして、ドライヤーを当てていきますよね。 当てる際は、部分部分にしっかりと乾かしていきましょう。 ポイントなのですが、指と指の間に髪を挟み、伸ばすように乾かしていきましょう。 そうする事で、縮んでいる髪を伸ばす事ができます。 そうして乾かした髪は、ドライヤーによって伸ばす事ができていますので、いつもの激しいクセが大分マシになるでしょう。 温風で髪を伸ばした後に冷風でしっかりと固めていきましょう。 温風で熱くなった髪を非常に柔らかい状態にあります。 なので、冷風をその部分に当てて、しっかりとホールドしていく事が大事ですね。 流れとしては、.

次の

メンズのくせ毛を治す4つの方法!これで前髪をセットするのに苦労しなくて済む│髪の毛の悩みはヘアアイロンで解決!ヘアナビ

くせ毛を治す方法 中学生男子

髪のセットなどをする時に くせ毛で悩む方も多いのではないでしょうか。 特に湿気が多い日や雨の日などは髪の毛がうねってしまい、言うことを聞かない自分の髪の毛に嫌気がさしてしまう方も多いことでしょう。 くせ毛は 遺伝によって起こる可能性が非常に高いものなので、親がくせ毛の場合はかなり高い確率で子供もくせ毛になります。 くせ毛は生まれつきだから仕様がない。。。 と諦めなければならないのか、とは言い切れません。 日々の生活習慣が影響して、後天的にくせ毛が生えてきてしまうことがあるため、このケースですと、 生活習慣を見直すことでくせ毛が改善することもあります。 くせ毛は日本人だけでなく、世界中の人が持っている髪の質となりますが、それぞれの地域によってくせ毛のタイプが異るのも、くせ毛の特筆すべきポイントではないでしょうか。 くせ毛の 原因や 対策など、くせ毛全般についてご紹介するので、是非参考にして下さい。 くせ毛の仕組み くせ毛というのは、具体的に髪の毛がどのような状態になっているかというと、 髪の毛の中のタンパク質の結合が崩れて、タンパク質繊維が均等ではなくなっているという状態です。 髪の毛は、中心にメデュラという髄質があり、その周りをコルテックスという皮質が取り囲んでいます。 この層が髪の毛の内部のほとんどを占め、髪の質を左右します。 コルテックスの中には、柔らかい繊維状のタンパク質と硬い繊維状のタンパク質が詰まっていて、縦につながっているのですが、これらの繊維状の タンパク質が均等に繋がっている場合は直毛、 偏って繋がっている場合はくせ毛になります。 髪の毛の断面をマイクロカメラなどで見ると分かりやすいのですが、真っ直ぐに生えてきた髪の毛が正円に近いのに対し、くせ毛の断面は楕円形に近い形をしています。 そして、そのような くせ毛が生えてしまう原因は、毛穴の形にあります。 毛穴の形がゆがんでいると、曲がって髪の毛が生えてきてしまうので、髪の内部でタンパク質が不均等になり、くせ毛になるのです。 くせ毛の特徴 くせ毛は直毛に比べて髪の毛が傷みやすいといわれています。 その理由としては、髪の毛が歪んで生えてきていますので、その分髪の毛の キューティクルが剥がれやすいのです。 また、 直毛よりも髪の毛同士の空間が広いので水分量が少なく乾燥もしやすくなります。 髪の毛の水分量が少ないので、水分を吸収しようとするのですが、くせ毛は水分を含むとよりくせが強く出てしまうのです。 くせ毛の種類 くせ毛と言っても様々な種類があり、一般的には「 波状毛」「 捻転毛」「 連球毛」「 縮毛」の4つに分類されます。 雨などの湿気でさらにうねったり、広がったりします。 人によって先天的にうねりが強い方もいます。 ねじれたり擦れたり、ブラッシングなどで絡んで、切れやすいので パサつきなど原因となります。 表面がザラザラしており髪の太さも均一ではなく、細い髪や太い髪があります。 日本人でこの髪質はあまりおらず、アフリカ系の外国人に多い髪質です。 毛根部分からねじれていることが多いです。 くせ毛の原因 先天的要因 くせ毛の原因の多くは先天的な遺伝によるものもありますが、後天的なことが原因になるケースもあります。 先天的な くせ毛の原因はいくつか考えられます。 まず最も多いのが 遺伝です。 遺伝的な原因は、人種や体質のよるもので、両親のどちらかがくせ毛である場合、子供もくせ毛になる確率は50%以上といわれています。 更に、両親が二人ともくせ毛の場合は、90%ほどの確率で子供に遺伝するようです。 くせ毛の遺伝に関しては、優性遺伝であるためにこれだけ高い確率で両親からくせ毛という特徴が遺伝されると考えられています。 特に男性の場合は、母親からの特徴を強く遺伝する傾向にあり、女性の場合はその逆で父親からの特徴を強く遺伝する傾向にあるようです。 ですので、くせ毛は両親から受け継ぐ可能性がとても高く、 先天的なものは、縮毛矯正やストレートパーマなどを代表とする、美容的な施術を髪の毛に加えることでしか改善することは難しいといえるでしょう。 くせ毛の原因 後天的要因 後天的要因として挙げられる 原因として考えられるのが、 ホルモンバランスの乱れ、 毛穴や老廃物の詰まりなどです。 毛穴が詰まる原因はというと、 加齢によるホルモンバランスの乱れで皮脂が増える、偏った食事や睡眠不足、ストレスなどによって健康な頭皮が保たれていないというようなことがあげられます。 それぞれ細かくくせ毛の原因についてみていきましょう。 この乱れによって髪の毛内部のメラニン色素が増えていき、その影響を受けて髪の毛にくせが出る状態になってしまいます。 この皮脂が増えることによって、毛穴が詰まり気味になってしまい、くせ毛が発生してしまいます。 また、毛穴に詰まるのは皮脂だけではなく、シャンプーやトリートメントの洗い残しもその原因となります。 一般的にも認知されている通り、シリコン入りのシャンプーはシリコンが毛穴の中に入り込んでしまうため、これも毛穴詰まりの原因になってしまいます。 この現象が頭皮で起こっているということは、毛穴が歪んでしまう原因になります。 顔の場合は毎日鏡を見ているので、その変化にすぐに気づくことができますが、頭皮を毎日チェックしている人はほとんどいないのではないでしょうか。 ところが、顔と頭皮は繋がっているので、顔に吹き出物や肌荒れを起こしてしまっているということは、頭皮もそのような状態になってしまっている可能性が高いといえます。 このように頭皮にも異常が出てしまっているということはくせ毛になってしまう可能性も高くなってしまうため、顔の肌の調子が悪くなってきたな。。。 と感じたら、頭皮の状態にも気を配る必要があるでしょう。 その他のくせ毛の原因になる後天的要因は以下のようなことが挙げられます。 シャンプーのすすぎ残しや皮脂の洗い残し• ドライヤーで髪を乾かさない• ダイエットなどによる栄養不足• 喫煙 これらの習慣を改善すればくせ毛が軽減する可能性があります。 特に喫煙は毛細血管を細くし、充分に髪の毛に栄養が行きわたり辛くさせるため、くせ毛の原因にももちろんなりますが、細毛や薄毛の原因にもなる可能性がありますので、特に習慣としてはすぐにでも改善した方がいいでしょう。 くせ毛が起こるメカニズムには 毛根に問題があるとされています。 真っ直ぐな髪の毛の人は、毛根の形も真っ直ぐであることがほとんどです。 しかし、 くせ毛の人の毛根の形が歪んでいます。 毛根が歪んでいるので、毛が伸びても歪んだ状態のまま伸びていきます。 すぐに毛根をまっすぐにすることが出来ないので、歪んだ髪の毛を真っ直ぐな状態にキープするコツをご紹介します。 くせ毛をすぐにどうにかしたい場合はパーマが有効 髪の毛に くせがつく根本的な原因は、毛穴のゆがみなので、毛穴のゆがみを修正することはできませんが、くせのついた髪を伸ばしてまっすぐにすることはできます。 髪の毛をまっすぐにするには2つの方法があります。 ストレートパーマは、ウエーブをつけるパーマと同じ種類の薬剤を使い、くせのついた髪をまっすぐに伸ばす方法です。 もともとストレートパーマは、 一時的にまっすぐな髪になりますが、2,3か月程度で元に戻ってしまいます。 縮毛矯正は、矯正用の薬剤を塗布した後、専用のアイロンを使って熱の力で髪の毛をまっすぐにするという方法です。 この方法は、 髪への負担は大きいのですが、長持ちし、指通りの良いサラサラの髪の毛になります。 強いくせ毛の人の為に即効性のあるケア方法としては縮毛矯正が有効ですが、何度も縮毛矯正を繰り返していると髪が痛んで、スタイリングが余計に難しくなってしまう可能性もあります。 髪質への相性もありますので、美容師さんに相談しながら、どちらの方法でストレートにするか決めると良いでしょう。 くせ毛を目立たなくする方法 髪を濡らした時に真っすぐになる人は、シャンプーやブローによって、ある程度くせ毛を改善することが出来ます。 くせ毛はシャンプーをした後のケアが大切ですので、くせ毛を目立たなくするブローの方法をご紹介します。 用意するのは、ドライヤーとクシが付いたくるくるドライヤー、ヘアアイロンです。 まずはドライヤーで髪の根元を振りながら乾かしていきます。 半分くらい乾いたら、くるくるドライヤーに持ち替えましょう。 髪を持ち上げ裏返しにして、根元から毛先に向かってクシを通しながら乾かしていきます。 ロングヘアの人は頭を下げると乾かしやすいです。 髪を裏側から乾かすと、キューティクルが閉じるため、くせ毛が真っすぐになりツヤも出ます。 さらに真っ直ぐにしたい人は、ヘアアイロンで仕上げて下さい。 また、思い切ってくせ毛を生かしたヘアスタイルに変えることもおススメです。 ショートヘアにすれば自然なうねりを利用できて、毎日のヘアケアも楽になりますよ。 くせ毛におすすめのヘアアレンジ 色々ケアしてるのに、中々まだくせ毛が改善しない、という方にぴったりのヘアアレンジをご紹介します。 ブラッシングは艶やかで美しい髪にする効果や、頭皮の汚れを取り除き清潔にする効果、血行を促して柔らかく健康な頭皮を維持する効果など、良い効果がたくさんあります。 ただし、これらの効果は自分の髪にあったブラシを使い、正しい方法でブラッシングした場合に得られる効果です。 よくないブラッシングをした場合、かえって髪を傷めてしまいます。 よくないブラッシングの仕方には、「濡れた髪にブラッシングする」「下から上に向かってブラッシングする」の2点が考えられます。 それぞれの方法でブラッシングした際に起こる髪への影響について説明していきます。 濡れた髪にブラッシングする 髪の表面にはキューテイクルというウロコ状の層があり、髪の内部に外部からの悪影響が及ばないようにする働きをして、髪の健康を守っています。 このウロコ状の層は、髪が乾いている時には閉じていますが、濡れている時には開いて無防備な状態になっています。 その為、 濡れた髪にブラッシングをすることで、キューテイクルを傷めてしまい、髪の健康を損なってしまうのです。 タオルドライをする際に、こすらないように注意するのも同じ理由です。 下から上に向かってブラッシングする キューテイクルにあるウロコのような層は、下向きについているので、上からの刺激には強いのですが、下からの刺激には弱い性質を持っています。 その為、 下から上に向かってブラッシングをすることで、キューテイクルを傷めてしまい、髪の健康を損なってしまうのです。 くせ毛を抑えるブラッシング方法 いきなり頭頂部からとかし始めると、途中の絡まりをほぐすことができません。 キレ毛の原因にもなってしまうので、必ず 毛先から順にとかすようにしましょう。 ドライヤーをかけながらブラッシングする 頭頂部から下に向かって真っすぐにドライヤーの風が当たるように調整しながら、ブラッシングしましょう。 癖毛がどうしても気になる人は、徹底的にブラッシングをした後、シャンプーを使わずに(湯シャン)髪を洗う習慣をつけることで、癖毛を改善することもできます。 ただしこの方法をする場合には、正しい方法でブラッシングすること、継続することが必要です。 ドライヤーと併用する場合には太めのカールブラシ、髪の量が多く、ボリュームを抑えながらクセを取りたい場合にはデンマンブラシやパドルブラシがおすすめです。 また、癖毛の最大の敵は静電気なので、ナイロンのブラシではなく、獣毛で、柄の部分は木のブラシがおすすめです。 くせ毛でお悩みの方は是非試してみて下さい!.

次の

プール後の前髪のくせ毛の対処法・対策

くせ毛を治す方法 中学生男子

男性は前髪がきれいじゃないとおしゃれに見えない重要な場所 もともと男性がよく前髪を触ってしまうのは、髪型として1番重要な部分だから。 女性からしたらその問題をよくわかっていない人が多く、変な目で見て来るんですよね…。 とくにくせ毛なら外出すると、前髪から崩れてしまうでしょう。 それを目にしたら髪型そのものが、きれいにセットできていない…と、気になって仕方がなかった経験がありますよね? これはすべて前髪が原因だと思っていいですよ。 だからこそくせ毛は前髪がきれいにセットするのが重要なんです。 しかしなぜここまで前髪が重要なのか知っていますか? ツーブロックなどが流行っているからこそ前髪で個性を出すべき 男性が髪型で悩む場合、1番慎重に考えるのが前髪。 それはとくに重要な場所だからと、自然と思い込んでいるからでしょう。 理由なんて知る必要はありませんが、この原因を知っておくと髪型が決まっていないな…と思ったら、前髪さえ治せば案外他が乱れていても気になりません。 なぜ前髪が重要なのか?それは前髪以外のところが、極端に短い髪型が流行っているからなんです! くせ毛の人が前髪で悩むのは、ツーブロックのような刈り上げをしていませんか? この髪型だと1番長くなっている部分が前髪です。 もちろんツーブロックでなくても、男性の髪型は短いものが多く、強いていえば前髪が長くなっているでしょう。 長い髪から順番にくせ毛がひどくなるでしょうから、前髪ばかりが気になってしまうのがわかりますよね? つまり「髪型がなんか決まらないな…」と思ったら前髪をセットしなおすか、最初からくせ毛が治るような対策ができていれば、くせ毛が気にならなくなりますよ。 前髪のくせ毛はすぐには元には戻せないからこそ治す方法を活用 ちなみにくせ毛になってしまう原因を知って、元からくせ毛を治そうとしている人もいるかもしれませんが、それもナンセンス!やらないよりは対策を続けていたほうが、効果があるのはたしかですが、もともとくせ毛になってしまうのは以下のものが原因です。 親族の遺伝からくせ毛に…• 生活習慣からくせ毛に…• 頭皮が詰まっていてくせ毛に… 大まかに言ってしまえば、これらが原因でくせ毛になってしまうのですが、パッと見た感じすぐに改善しなさそうですよね? 今から紹介する方法を実践しつつ、根本的にくせ毛を解消する方法をセットでしていると、今よりはくせ毛がよくなるかもしれません。 しかし即効性が期待できないので、同時進行で以下のくせ毛を治す方法をしてみましょう。 男性の前髪のくせ毛を治す4つの方法 男性は前髪のくせ毛が原因で、なぜか全体の髪型が決まらない…となってしまいます。 だからこそ前髪のくせ毛さえ治す方法を知っていれば、それなりにおしゃれな髪型になれて、すぐにイメージチェンジができるでしょう。 もちろん正しい方法を把握していないと、前髪はすぐにくせ毛で戻ってしまいますよ。 面倒ならドライヤーでセットしてもOK! 前髪のくせ毛を治す1番気軽な方法は、お風呂から出た後に、きれいにドライヤーで乾かすこと!しかしただ乾かすだけだと、外出した瞬間に元に戻ってしまうんですよね…。 これの原因はなんだか知っていますか?じつは外にある湿気を髪が吸ってしまうこと。 湿気を吸収させないためには、ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメントなどで、前髪をしっかり保湿してあげましょう。 ちなみにヘアケア剤のパワーによっても、きれいに前髪をセットできない場合があります。 洗い流さないトリートメントの保湿力と、自分の目指す前髪のバランスをチェックしておきましょう。 基本的にこのヘアケア剤は、痛みが出やすい女性に向けたもの。 男性の場合は短い髪型が多いため、保湿力がありすぎて前髪がペッタンコになり、きれいにセットできません。 つまりなるべくサラサラになるタイプを選んで、それをドライヤーの前に付けてから、乾かすのがおすすめですよ! キッチリくせ毛を治したいのならヘアアイロンを活用 ドライヤーで前髪のくせ毛をきれいにする場合、自然な感じに仕上げるのに向いています。 しかしくせ毛の度合いによったら、収まらないケースもありますよね?そこでヘアアイロンを使うと、確実にまっすぐになるでしょう。 ちなみにヘアアイロンの最高の温度をチェックするのがポイント!市販のヘアアイロンは温度がそこまで高くないものが多いので、くせ毛がひどい人だと、満足のいく前髪にならない可能性大!140度前後が一般的ですが、逆にそれ以上の温度にする場合も注意しましょう。 男性の場合は前髪でも比較的短いため、アイロンでセットをして失敗すると、修正できなくなってしまいます。 慎重にする意味でも140度前後がちょうどいいですよ。 さらに毎回ヘアアイロンで前髪をセットしていると、いくら髪が短い男性でも必ず痛みが出てきます。 痛みが出てくると、ヘアアイロンでもきれいにセットできなくなってしまうため、ヘアケア剤で保護しながらアイロンを使うのがベスト! セットを持続させる効果もあり、洗い流さないトリートメントを準備しておきましょう。 くせ毛独特のカールを消したいのなら美容室で部分ストレート 男性なら前髪がきれいにならないと、髪型そのものがパッとしないため、前髪のくせ毛さえまっすぐになれば問題が解決されますよね?それでも毎回ヘアアイロンを使うのも面倒で、続かない…と思った人もいるでしょう。 それなら美容室へ行って、前髪だけストレートパーマをするのもおすすめ!これにもポイントがあるので注意して美容師さんと相談してくださいね。 ストレートパーマには、大まかに分けて、2種類に分けられます。 縮毛矯正• ストレートパーマ それぞれメリットやデメリットがありますが、男性のくせ毛をきれいにするなら、ストレートパーマがピッタリ!縮毛矯正は薬剤のパワーが強いので、髪の毛1本ずつがピンとなって、不自然な髪型になってしまいますよ。 あえてくせ毛を活かした髪型に変えるのもおすすめ 前髪をまっすぐにするのもひとつの方法ですが、それ以上に個人的におすすめなのが、くせ毛を活かす髪型にする方法。 前髪がカールして目立っているのは、髪型全体が均一になっていないから変だと思ってしまうんです。 しかしパーマで全体を均一なカールにしてしまえば、おしゃれなくせ毛に早変わり!前髪だって気にしなくても、クセが活きておしゃれになれますよ。 まとめ 今回は男性のくせ毛を治す方法を紹介しました。 手っ取り早い方法は、ヘアアイロンで前髪をまっすぐする方法ですが、失敗すると修正できないデメリットがあります。 一発でセットできない自信がないなら、ドライヤーを使うのがおすすめ!髪が短い男性なら、この方法がちょうどいいかもしれません。 しかし毎回セットするのが面倒な人もいるでしょうから、美容室で前髪だけストレートパーマをするのもいいでしょう。 くせ毛の度合いによったら、全体にあえてパーマをかける方法でも、均一なカールができておしゃれなりますよ!好みや気分によって、対策の方法を変えてみてくださいね。

次の