妊婦 体重増加 止める。 【妊婦中の体重増加を止める!】体重管理は難しい?安産のために知っておきたい3つのコツ

【妊婦中の体重増加を止める!】体重管理は難しい?安産のために知っておきたい3つのコツ

妊婦 体重増加 止める

お好きな場所から読めます• 体重管理をした方が良い理由を知る 妊婦さんが太り過ぎると様々なトラブルが心配になってきます。 例えば、• になりやすくなる• 子宮や産道に脂肪がつくことで、微弱陣痛や難産の原因となる• 腰痛などの痛みが出やすくなる• 出産時の出血量が増えるケースがある• 万が一帝王切開となった際に、血栓症になる可能性が増える• 出産後も体型が戻りにくく、生活習慣病のもとになりやすい ざっと挙げるだけで、このようなトラブルが考えられます。 そのため妊婦さんは、定期検診の際などに医師や助産師から体重の増え具合について指導されることがあるのです。 妊娠後期はなぜ体重増加しやすくなるのか? そもそも、妊娠後期はなぜ体重が増えやすくなるのでしょうか? それは主に3つの理由が考えられます。 (1)出産に向けての生理的な体重増加 妊娠後期の女性の身体には出産にむけて体が脂肪を蓄えていく現象が起きます。 出産には多くのエネルギーが必要になるため生理的に水分や脂肪を蓄えようとするのです。 (2)ホルモンバランスの乱れ 妊娠中はプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増えます。 赤ちゃんを育てるために必要なホルモンなのですが、時にイライラの原因にもなります。 イライラによるストレスから暴飲暴食に走ることで体重増加につながります。 (3)物理的な消費カロリーの低下 妊娠後期になるとお腹もだいぶ大きくなり、身動きがとりづらくなります。 その結果、運動量が落ちて物理的な消費カロリーが低下します。 そのため体重が増えることが考えられます。 以上が妊娠後期に体重が増加しやすくなる原因です。 お腹にもう一人いるので妊娠中に体重が増加するのはある程度は仕方のないことです。 しっかりと体重管理をすることで、これらのトラブルを未然に防ぐことができるのです。 次の項目では、一般的に 理想とされている体重の増え方の目安についてご紹介いたします。 理想的な体重増加の目安を知る 妊娠中の理想的な体重増加は +7~10kgとされています。 ただし、この数字は標準体型の方の目安で、元々が痩せ型の方はもっと増えてもOKとされていて、 +10~12kgが目安となります。 注意したいのが、妊娠前から肥満傾向のある方です。 妊娠中に増やしていく脂肪量はすでに蓄えられていますので、体重の増加は標準体型の方よりも抑えなければなりません。 肥満傾向がある方は +0~5kgが目安となります。 6)=19. 5 となります。 そして、このBMIの数値が18. 5未満の場合は「痩せ型」、18. 5以上~25. 0未満の場合は「標準」、25. 0以上が「肥満」となります。 それぞれのタイプに合わせて、増えても良い体重が異なってきますので、しっかりと把握しておきましょうね! 3. 妊娠後期の体重増加は必ず1週間毎にチェックする つわりが終わり、妊娠中期が始まる頃から少しずつ太り始めることが多いようです。 特に妊娠後期に入りますと、一気に体重が増加する傾向がありますので、しっかりと体重チェックをしておきましょう! 妊娠後期においては1週間に500g以上増えないように、食事量や運動量に注意したいところです。 ワーキングママは産休取得後の体重の増加に注意する 産休を取得する時期は有給休暇と合わせて取ったりすることもありますので、人によって違います。 ただ、一般的には妊娠34週にはワーキングママは産休に入ることになります。 今まで大きなお腹でお仕事に頑張った方は、産休に入ってホッと一息ですよね! しかし、この産休も体重増加の原因となりやすいのでご注意を! お仕事をしていると否応なく身体を動かしますので、ある程度の運動量が担保されています。 一方産休に入ると、そのお仕事に関する運動量がなくなってしまいますので、一気に太ってしまうことが多いのです! 今まで頑張った分、お家でゴロゴロと過ごしたい気持ちも分かりますが、1日中ゴロゴロしていては運動不足による体重増加が心配です。 体調に合わせて散歩や軽い運動を取り入れましょうね! 5. 臨月に食欲が止まらない理由を知り食べ過ぎを防止する 臨月と言えば、いつ赤ちゃんが生まれても良い時期ですよね。 を少しずつ感じる時期ですが、そんな妊娠生活の最後に食欲が止まらない現象が多く見受けられます。 その原因としては、お腹の中の赤ちゃんの位置が関係してきます。 臨月期に入ると赤ちゃん自身が出産に備え初め、赤ちゃんの頭が骨盤内に入ってきます。 そのため、 赤ちゃんがいる位置が下がりママの胃のつかえが少なくなるのです。 その結果ラストスパートのように食欲が止まらなくなる方もいらっしゃいます。 それまで赤ちゃんがお腹にいることで胃もたれや胸やけが引き起こされ、美味しく食事を取れなかった場合は尚更です。 より食事が美味しく感じられますしモリモリ食べてしまい大幅な体重増になる恐れがあります。 しかし、安産のために、太り過ぎは臨月であってもNG!適度な運動を取り入れながら、食事内容にも気を配りましょう! 6. 体重増加をストップ!効果的な対策方法について 太り過ぎないためには、日常生活の中で工夫をしていく必要があります。 1 規則正しい生活を送る 生活のリズムが崩れると、食生活に関してもルーズになりがち。 特に妊娠後期に入ると寝苦しさもあり、夜更かし朝寝坊をしてしまうことも増えてくるでしょう。 そうなると朝食を抜かしてしまったり・・・そんなことはありませんか? しかし、1日3食規則正しく取ることは適切な体重増加をするためにとても重要です。 3食キチンと取ることで間食も抑えられやすいですし、しっかりと睡眠時間を確保することで身体のバランスを整えることもできます。 簡単なようで意外と難しい規則正しい生活ですが、出来る範囲で心がけましょう! 2 マタニティースポーツをする 妊娠中期から後期にかけて、医師から許可が出た方は、是非マタニティースポーツに挑戦してみてはいかがでしょうか? マタニティビクスやヨガ、スイミングがマタニティースポーツとして人気があります。 これは筆者の感想になってしまいますが、私の周りでマタニティヨガを頑張っていた方は比較的安産を迎えていた印象があります。 妊娠中の適度な運動は肥満を防ぎ、それにより出産を軽くすると言われていますので、体調を見ながらトライしてみてはいかがでしょうか? 3 毎週体重を測り体重の推移をメモする さらなる体重増加を防止するためにも、定期的に体重をしっかりとチェックすることが重要です。 数値情報として体重の増減が分かると食べ過ぎにブレーキをかけてくれます。 できれば毎日体重計に乗り体重の増え具合を表などにつけて見える化すると、より意識的に体重のコントロールが可能になります。 まとめ いかがでしたか?以上が、妊娠後期に気をつけたい体重増加についての6つのポイントでした。 筆者は妊娠7~9ヶ月にで入院しており運動は制限されていましたが、カロリー計算された入院食メインでしたので、その時はそこまで体重増加は医師にも心配されていませんでした。 ところが、退院した臨月に一気に太り、標準体型なのに+約13kgとなりました。 運動をしていなかったので基礎代謝が落ちている上に、上記にあるように胃のもたれがなくなった開放感でモリモリ食べてしまっていました。 結果は難産で帝王切開となってしまいました。。 運動不足+太り過ぎは難産になる、というのを身をもって経験してしまいました。 是非参考にしてみて、安産につながるよう体重には気を配ってみてくださいね!.

次の

妊婦さんは体重管理が大事!増加の目安やおすすめのレシピ&アプリも|mamagirl [ママガール]

妊婦 体重増加 止める

「妊娠してからそんなに食べていなくても太る」• 「赤ちゃんの分も!と思って食べていたら体重が増えすぎた」• 「妊婦健診のたびに医師から体重を注意される…」 ひと昔前は、妊娠すると 「ふたり分食べなさい!」 なんて言われたものです。 今では妊娠中の体重管理が見直され、 妊婦健診にいくと 「体重増加注意!」と 厳しく指導されることもしばしば。 それにはちゃんとした理由があります。 妊娠中の過度な体重増加は、 妊婦さん自身や赤ちゃんを危険にさらします。 妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群、巨大児のリスクが高まり 自然分娩が難しくなることもあります。 また、増加が少なすぎても 低出生体重児分娩や切迫流産、切迫早産のリスクが高まります。 増えすぎてもダメ、少なすぎてもダメ。 なかなか難しいですよね。 ズバリ、 目次• 体重管理で安産に!気を付けたい3つのポイント その1.BMIを確認し体重の目標値を知る まず初めに確認するべきなのが、自分の BMI。 厚生労働省が推奨している体重増加量の目安は、 低体重(BMI18. 5未満):9kg~12kg 普通体型(BMI18. 5~25. 0未満):7kg~12kg 肥満(BMI25. 0以上):医師による個別判断 となっています。 肥満の場合は医師の個別判断ですが 「 出産まで1キロも増やさないこと」 なんて言われる人もいるんです。 出産時の赤ちゃんの体重が3kg(3,000g)前後とします。 そのほかに胎盤や羊水、皮下脂肪も増えるので 「1キロも増やさない」というのは つまり、痩せろということですよね 笑 厳しいようですが、これも安産のための指導です。 その2.食生活を改善しよう 妊娠中に推奨されている摂取カロリーは、 妊娠前と比べて• 妊娠初期で+50kcal• 妊娠中期で+250kcal• 妊娠後期で+450kcal になります。 ただし、このカロリー分は意識しなくて大丈夫。 ショートケーキのカロリーが約350kcalですから、 おやつ一回で十分超えてしまうくらいの量です。 気にするべきなのは、 カロリーではなく栄養面。 妊娠中は、バランスよく食べることを意識しましょう。 特に赤ちゃんの成長を助ける ビタミン・ミネラルは大切です。 妊娠中のママは貧血になりやすいので、 鉄分を多く採れる食材も取り入れましょう。 また、やりがちな失敗は主食を抜いて 体重をコントロールしようとすることです。 炭水化物は、妊婦さんにとって必要なエネルギー源。 ママと赤ちゃんの健康のためにも 妊娠中の無理なダイエットはやめましょう。 栄養面たっぷりな食事を規則正しくとると 自然と過度な体重増加を防ぐことができますよ。 その3.「食べる」以外でストレス解消しよう 妊娠中はつわりで体調が優れなかったり、 生ものやお酒を控えなければいけなかったり、 制限されることばかりで我慢の連続。 そんなストレスを解消するために ついつい甘~いお菓子に手が伸びてしまいますよね。 お菓子やジュースは糖分が多い割に 栄養はほとんどないので、なるべく控えたいもの。 食べること以外のストレス解消法を見つけましょう! 手軽にできて体にいいのは、 適度な運動です。

次の

【妊婦のおやつ】体重管理や小腹がすいたときに役立つ、おいしくて低カロリーの間食を紹介

妊婦 体重増加 止める

妊娠初期に多い、 つわり。 実に妊婦全体の8割の方が経験すると言われるこのつわりのうち、最も広く知られ、しかも厄介なのが「 吐き気」ではないでしょうか? 私もそうでしたが、ありとあらゆる匂いや行動がきっかけとなり、四六時中吐き気が襲ってきます。 無事に赤ちゃんを迎えるための最初の試練とはいえ、「 こんなに苦しいの?!」と愕然としたことを今でも忘れられません。 しかしながら、 つわりはずっとピーク時の辛さが続くわけではありません。 必ず症状がなくなる、もしくは減少する時がやってきます。 それまで、あの手この手で乗り切っていくしかないですが、自分に合った対処法を探して、見つけることができればだいぶ 楽になります! ここで取り上げるつわりの「 吐き気」の 対処法を知り、是非、皆さんの 症状改善に役に立ててください! もくじ• つわりの吐き気の症状と原因について つわりによる吐き気とは一体どんなものなのか?まずはそこから見ていきましょう。 つわりの吐き気の症状とは? つわりからくる 吐き気の症状とは、 ・胃もたれ、食あたりのようなムカムカ感 ・食欲の低下、食欲不振 ・匂いに過敏になり、ちょっとしたことで吐き気を覚える ・何度も嘔吐を繰り返す といったものが代表的で、全く何もできなくなり、寝込んでしまう方もすくなくありません。 また、ただの吐き気と放っておくと、点滴や入院治療が必要になる「 妊娠悪阻」と呼ばれる状態に陥ることもありますので注意が必要です。 つわりの吐き気の原因とは? つわりの原因については、いろいろな要因が関係していると言われてはいますが、まだはっきりとは解明されていません。 しかしながら、妊娠するとママの体内で、赤ちゃんを成長させるのに必要な 妊娠期特有のホルモンの分泌が急激に盛んになるため、ホルモンバランス崩れやすくなり、その結果、つわりの諸症状となってあらわれるのではないか?という考え方が、現在では主流のようです。 ただ、ホルモンの分泌量などは 個人差が大きいため、つわりの症状もその人自身の体質によって異なったものとなり、症状の程度も様々になります。 吐き気を伴うつわり!タイプ別の対処法は? 吐き気を伴うつわりは、「 吐きづわり」と「 食べづわり」の、大きく 2つのタイプに分けることができます。 その違いと対処法について、ご紹介していきましょう。 「吐きづわり」タイプ 「 吐きづわり」は、匂いに非常に敏感になり、妊娠前に大好きだった食べ物や香りなどにさえ吐き気をもよおし、吐いてしまうことが多いです。 ムカムカ感や吐き気が強いので、 食欲不振になり、 食べられるものが限定されるなど、偏よった食事内容になることもあります。 常に吐き気がある方もいれば、特定の時間帯や匂いに過敏に反応する方もいるなど、その症状には個人差が関係してきますが、度重なる嘔吐や偏食で起こる 脱水症状や 栄養不足状態などが特に心配されます。 「吐きづわり」の対処法とは? いろんな原因で吐いてしまう「吐きづわり」。 大変辛いものです。 では、その対処法とは? 食べられる時に、食べられる物を無理せず食べる 1日3食などのルールはこの際、無視!できるだけ 栄養をとれるように、 食べられそうな時に食べられる物を無理しない程度に摂ってください。 食欲が低下していることが多いため、一度にたくさんではなく、小量ずつ食べてもOK! 水分を心掛けて摂る 嘔吐が多いと注意したいのが、 脱水症状。 ひどいときは点滴なども必要になるため、できるだけ水分は心掛けて摂るようにしたいものです。 病気の時などにも重宝する スポーツドリンク、 炭酸飲料や レモンなどの爽やかな香りの飲み物などは、気分がスッとすると妊婦さんに人気です。 ただし、糖分が多いので、虫歯などには気をつけましょう。 吐き気を誘うものには近づかない 匂いに敏感になる方が多いので、吐き気を誘うもののそばにはできるだけ近づかないようにするのが賢明です。 スーパーなどで買い物が必要な時も、 家族の方にお願いするか、 マスクをするなどの防御策をとって臨みましょう。 冷たくして食べる 一般に、つわりの吐き気が強い時は、熱々の食材の匂いが立ち昇った食べ物より、 冷まして匂いが少なくなったものの方が食べやすく感じられます。 また、 凍らせたフルーツ、アイスクリームなどはつわり中でも食べられたという妊婦さんも多いもの。 ただし、あまりに冷たい物ばかり食べると身体が冷え、つわりを悪化させる原因にもなりかねないので、注意しながら食べるようにしたいですね。 「吐きづわり」タイプ 「 吐きづわり」とは、 いつも何かを食べていないと気分が悪くなってしまうという症状で、食べると吐き気が落ち着く方もいれば、食べても吐いてしまうという吐きづわりと組み合わさった症状の方もいます。 食べていないと気分が悪いので、たくさん食べてしまいがちですが、そうなると食べ過ぎで吐き気に拍車をかけることがあるので、気をつけてください。 「食べづわり」の対処法とは? 空腹時に気持ち悪くなる「食べづわり」。 その対症法は、こちらです。 食事回数を増やし、1回の食事量は減らす 気分は悪いものの食事が摂れるようなら、ドカ食いや気分が悪い時間を減らすためにも 食事回数を増やし、その分1回で食べる量を減らしてみましょう。 起き抜けや寝る前に、一口で食べられるお菓子やおにぎりなどをつまむのもいい方法です。 ただし、 食べ過ぎには 注意!1週間に500g以上の体重増加は、産道に脂肪がついて難産や妊娠高血圧症のリスクが高くなると言われています。 飴やガムを活用する 食べていないと気持ちが悪いため、つい食べ続けてしまいがちですが、急な体重の増加は避けなければいけません。 その場合に便利なのが、 飴や ガム。 何かを口に入れていることで 吐き気が緩和されることが多いのだとか。 レモン味や ソーダ味といったスッとする味が人気のようですね。 ただし、こちらも糖分が多いので注意が必要!多用する方は、ノンシュガータイプを選ぶなどの工夫も必要かもしれません。 また、「吐きづわり」「食べづわり」どちらのタイプにも 共通する対処法として ・ 楽な姿勢・服装で過ごす ・ つわりに効くと言われる生姜やビタミンB6を含むものを摂る ・ 気分が楽になるアロマの香りをかぐ などもあります。 他にも、 ツボ押しなどもおすすめです! つわりに効く食べ物やツボについては、「つわり対策!軽減させる方法としてツボや食べ物がおすすめ!」記事で詳しく説明していますので、興味のある方はそちらもどうぞ!.

次の