ちんじゃお娘 無料。 【ちんパブ!~あの娘をイカせるのが俺のおシゴト~】最新刊23巻含め全巻無料で読めるか試してみた!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|チンジャオ娘:4話|チンジャオ娘応援サイト

ちんじゃお娘 無料

2.「無料立ち読み」をタップ 3.「無料試し読み」をタップ これで簡単に読めちゃいますよ。 陽葵は四つ這いで中村に挿入するように頼み、中村は陽葵の中にゆっくりうずめた。 あぁ・・ッ!やっぱりお父さんの大きい・・ッきついけど大丈夫、動いて。 中村は陽葵の息遣いや声が大人っぽくなっていて、少女から女性になったと感じていた。 私のこと女性としてみてくれるならキスして? 私お父さんのことが好きなの・・。 だからこれからも一緒にいてほしいんだ。 中村は陽葵の口にキスをしながら動き、陽葵の中に果てた。 「お父さん、セックスって気持ちがいいね。 今度はAVで見たやつでやってみたいのがあるの。 」 陽葵はそういうと、中村の上に跨がり騎乗位でセックスしたいと言った。 自分で入れてみるね。 僕ならそれだけで勃起してイッちゃいそう。 しかも陽葵はAVで勉強してそれを試すっていう貪欲さもあってすごいイイですよね。 AVだから極端なこととかありそうだけど、色々考えて気持ちよくしてあげたいって思ってくれるのって嬉しいですよね。 中村は幸せ者ですね。

次の

行き遅れbba第6話|チンジャオ娘×スペシャルジー|予想|チンジャオ娘の作品まとめ【無料試し読みできる?】

ちんじゃお娘 無料

でしたが、一晩明けて陽葵ちゃんの考えが変わっていれば、その際は出頭しようと決めていました。 そして、遂には 『じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ』 と口の中に入れ、刺激する陽葵ちゃん。 気持ち良かったことを確認すると、お父さんに家へいてもらうため、 「ずっとやってあげる」 と言うのでした。 お父さんは もちろん快諾。 すると、 「やったあ!」 と陽葵ちゃんは喜び、シャツを上げて下着を露出させます。 そして未だ成長中の胸を露出させ、お父さんにその重さを確認させます。 陽葵ちゃんは、今度今のサイズに合う下着を一緒に買いに行くことを、お父さんに約束させると、自身が見た『えっちビデオ』と同じ様に 『むにゅっ』 と挟みます。 まだ触れているだけでも、十分気持ち良い陽葵ちゃんの大きな胸。 さらに陽葵ちゃんは 『たぱんったぱっ』 とその胸で擦り始めたのでした。 するとそのあまりの気持ち良さにすぐに 『ドビュゥッ』 と出してしまうお父さん。 えっちビデオと同じように出せたことに「やったやった!」と無邪気に陽葵ちゃんは喜ぶのでした。 『びゅるるるるるっ』 ~つづく~ 「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第4話の感想 今回のお話からは全く凌辱色がなくなりましたね。 むしろ今回からは戸惑うお父さんに対し、積極的に、そして無邪気にえっちなことをする陽葵ちゃんといった感じでした。 イマイチまだ言語化されていないジャンルの様ですが、無邪気ものとでもいうのでしょうか? そして、次回は陽葵ちゃんの方もお父さんとのエッチに女の悦びを覚える様になるみたいで…? こうなってくると、お父さん、若い性欲についていけるのでしょうか…? むしろお父さんの方が心配になりますね… 笑 そんな次回が楽しみです!.

次の

ちんじゃお娘×エンガワ卓最新作【サキュバス喚んだら】1話ネタバレ|チンジャオ娘漫画レポート日記

ちんじゃお娘 無料

この記事ではチンジャオ娘と小桜クマネコの最新同人エロ漫画 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので の4話のネタバレ感想記事になります。 しかし陽葵ちゃんはお父さんがしたことはなかったことにするから お母さんにも言わないから と言ってお父さんを止めます。 実際クズの行いと思われて仕方ないだろうが、今後の人生が全く変わってしまう危機がなくなる、という可能性をちらつかされてそれでも出頭するのなら相当な正義感の持ち主だろう。 俺は次の日も何事もなく出勤し、陽葵も何事もなく登校していた。 一晩考えなおしたところで陽葵はやはり俺に出頭を望んでいるのかもしれない。 …その際は出頭しよう。 そう決めていた。 まだ妻は旅行の最中。 夜もどんな顔で陽葵に会えばいいのだろうと考えて帰宅し、そろそろ晩御飯でも用意しようとする時だった。 「お父さん…お父さんの気持ちいいことしてあげる……」 なんだ陽葵…っ …お父さんの気持ちいいことしてあげるの 気持いいこと…? その…私ずっとお父さんと一緒にいたいから… そう言って陽葵はお父さんのち〇こを握りだした。 昨日はお父さん戻ってくれたけど… やっぱり警察に行ったりしたら… 私やなの…… …行かないよ もう… うそお父さん… お父さん私が本当に許してるのか 怖いんでしょ… お父さん正義感強いし… 何かあったらすぐ 警察に行きそうだから… 私の思ってないことで 警察なんかに 行かれたら… 私やだよ… …陽葵…… お父さんのおち〇ちんにキスをする陽葵 私にはお父さんが 必要だから… お父さんにも私が必要って 思って欲しいの 授業中…スマホでいっぱい えっちな動画観てたんだけど… おちんちんに キスもしてたよ… そう言って陽葵は握っていたお父さんのおち〇ちんにキスをしだした。 すごい… おち〇ちんドクンドクン してる…… あ…っ!! が…っ!! ねえ… 気持いい? 私のやってるの ちゃんと気持ちいい? 気持いいよ…っ 気持いい…っ よ…良かった…! お父さんのおち〇ちんを口に咥える陽葵 口もくわえてたり したけど…… そう言って陽葵はお父さんのち〇こを口に咥えだした。 はじめてち〇こを咥えたからか陽葵はちょっと苦しそう。 出も頑張ってじゅぷっじゅぷっとお父さんのち〇こを口に含んで擦る。 お父さんは意外にも陽葵のフェラが上手くてあっという間に射精した。 口の中に出されたけど何だかそれも陽葵は嬉しそう。 その後もお父さんのち〇こをペロペロと舐めている。 さすが陽葵はえっちビデオで研究しているだけのことはあった。 お父さんに本当に気持ちよかったかを不安そうに聞く陽葵。 お父さんが本当に気持ちよかったことを伝えると陽葵はよろこんでいる。 おとうさんがおうちにいてくれるなら… 私ずっとやってあげるからね…… 妻が旅行から帰ってきた後も妻の目を盗んでフェラをしてくる陽葵 その後、妻が旅行から帰ってきたあとも 陽葵は妻の目を盗んではこっそり俺のチンコをフェラしていた。 俺も内心、 客観的に見れば不自然なこと、 あってはならないことと思いつつも、 日に日に上達するフェラを楽しみにしていたところはあった…。 友達にパイズリを聞いてしてみたいと言ってくる陽葵 「ねえ、お父さん 私おっぱい大きいよね…」 「え……? あ…ああ… ……大きい方だろう」 「……クラスの友達にさ、 おっぱいでもおち〇ちんを 擦れるんだって聞いたんだ」 …やってみたいんだけど おっぱいでち〇ちん擦るの…… ……ああ ……やっていい …かな? もっとお父さんが気持ちよくなるよう 頑張るから…… ……やりたいと言うなら… …いや、やってくれ…! 陽葵の頑張りを 見せてほしい…! やった…! 陽葵はおっぱいでち〇ちんを擦らせてほしいという話しをしている段階でドキドキして 顔が赤くなっていたが… 自分で服を捲ってブラに包まれたおっぱいをお父さんに見せるとさらに興奮してきたのか 顔ももっと赤くなって興奮からか身体も赤くなった感じがする。 そもそも陽葵のおっぱいは想像以上に大きくシャツを捲って出てきたおっぱいのでかたは どゅるん と効果音が出そうなくらいのでかただった。 そのおっぱいを見たお父さんの股間はまだブラで隠れたおっぱいというのにビクッと反応した。 あまりの大きさと何とも美味しそうなおっぱいに生唾を飲むお父さん。 お母さんはそうでもないのに何でだろう? ブラのサイズがどんどん合わなくる ちょっとお父さん持ってみて と言ってブラをはずしてお父さんにおっぱいを持たせる陽葵。 かなりでかいおっぱいなのであたりまえかもしれないが陽葵のおっぱいはかなり重かった。 お母さん下着の話しになるとやたらサイズ聞いてきてやだから… 今度お父さん買ってよね今のに会うやつ…… お父さんと下着を買いに行くという話しをして嬉しかったのか陽葵はふふっと嬉しそうに笑う。 今度お父さんと下着を買いに行く約束もして このおっぱいならえっちビデオでも観たけど おち〇ちん擦れるよね…… と言って陽葵はお父さんのち〇こをおっぱいで挟んだ。 でかくて張りのある陽葵のおっぱいに挟まれてち〇こがビクビクている 気持よすぎて声が出るお父さん。 気持いいか聞いてくる陽葵。 気持いいと素直に答えるお父さん。 陽葵いわくただ当ててるだけらしいが 陽葵は巨乳なのでめちゃくちゃ密着感があって気持ちいい。 擦ったらもっと気持ち良いかな? と言って陽葵はお父さんのち〇こをおっぱいで擦ってくる。 触れてるだけで気持ちいい陽葵のおっぱいで擦られて もう出てしまいそうになるお父さん。 そしてそのまますぐに射精したお父さん。 陽葵はおっぱいでお父さんを射精させられてよろこんでいる。 自分がえっちビデオの女優さんみたいにできたことをよろこんでいる陽葵。 気持よかったでしょ?とお父さんに聞くと はじめからこんなに気持ちよく出来るなんてさすが陽葵だ と絶賛するお父さん。 お父さんが家にいてくれるなら毎日やってあげるから! 私もっと上手くなってお父さん気持ちよくさせてあげるから! という陽葵。 そう言いながら陽葵はまだお父さんのち〇こを擦っている。 陽葵を安心させようとお父さんは 俺はどこにも行ったりしないよ と言いながら陽葵の手こきでまたイキそうになるお父さん。 もしかしたら陽葵ちゃん、お父さんにレイプされたというよりも お父さんが出頭しそうになっていたことについて お父さんに捨てられる… という風に強く感じてしまったのかもしれませんね… そっちの方がトラウマだったみたいな… 自分から出頭すると言うことは 自分と離れても全然お父さん的には問題無いんだ… と思ってお父さんにとって必要な存在にならないといけない! そう思ったのかもしれません。 したことのないフェラをエッチビデオを見て研究してお父さんにしてあげる。

次の