股関節 外側 痛い。 足の付け根・股関節の痛み 変形性股関節の原因と症状とは?

足をあげるだけで痛みが!股関節の外側の痛みの原因とその対処法

股関節 外側 痛い

太ももの外側が痛い原因 大腿外側皮神経痛(だいたいがいそくひしんけいつう) 大腿外側皮神経は、太ももの中央から外側にかけての皮膚の知覚を支配している神経です。 外からの圧迫などが原因となることがほとんどです。 肥満・妊娠などによる、ベルトや下着・コルセットなどの締めすぎが原因となります。 心当たりのある方は締めつけをやめて様子を見ましょう。 大腿神経痛(だいたいしんけいつう) 大腿神経痛は太ももの前面から外側にかけて痛みやしびれが現れます。 腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰の病気が原因となることがほとんどです。 原因となっている病気の治療と同時に、痛みを和らげる対症療法が必要となります。 まずは消炎鎮痛剤・筋緊張弛緩剤などで痛みを和らげます。 痛みが強い場合は神経ブロック注射をすることもあります。 坐骨神経痛 腰から下肢にかけて通っている坐骨神経による痛みを坐骨神経痛といいます。 痛みが出る場所は様々ですが、 太ももの裏から外側にかけて痛みやしびれが現れることもあります。 腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性腰痛症・変形性股関節症など様々な原因が考えられます。 原因を突き止めることが大切ですが、まずは対症療法として消炎鎮痛剤・筋緊張弛緩剤などで痛みを和らげます。 痛みが強い場合は神経ブロック注射をすることもあります。 運動や温熱療法などの理学療法、コルセットなどを用いる装具療法などもあります。 坐骨神経痛はすぐに治るものではありません。 医師と相談しながら今気強く治療を進めていきましょう。 太ももの内側が痛い原因 股関節内転筋群炎症(こかんせつないてんきんぐんえんしょう) 股関節部分には、足を閉じるための内転筋群と呼ばれる筋肉が集まっています。 この内転筋群が炎症を起こすと、太ももの内側に痛みを感じます。 内転筋群の炎症は、O脚・X脚などの体の歪みや関節リウマチなどの病気が原因となります。 筋肉の炎症が痛みの原因ですので、まずは負荷をかけないように安静にしましょう。 そして、炎症を抑えるために冷やすことが大切です。 原因をつきとめて治療し、再発しないようにしたいですね。 閉鎖神経痛 股関節内転筋を支配する神経を閉鎖神経といいます。 この閉鎖神経が何らかの原因で圧迫されるなどの刺激を受けると、太ももの内側に痛みやしびれを感じます。 特に、内股に力を入れた時に強い痛みやしびれを感じるのが特徴です。 加齢などによる筋力の衰えや姿勢の悪さからくる体の歪みが原因となっています。 まずは痛みが和らぐまでは安静に過ごしましょう。 一時的に症状が改善しても、それまでと同じ生活をしていると再発しやすくなります。 適度な運動で筋力をつけ、普段から姿勢に気をつけるようにしましょう。 その他の場合の原因 筋肉痛 普段あまり運動をしていない人が運動をすると筋肉が疲労して筋肉痛となります。 2~3日で痛みは改善しますが、それでも痛みが改善しない場合や増す場合は整形外科を受診しましょう。 筋肉痛の解消法についてはぜひこちらをご覧ください。 参考: 肉離れ 急な運動などで筋肉が収縮して筋組織の一部が損傷した状態をいいます。 安静にして患部を冷やしましょう。 3~4日で痛みが引いてきたら患部を温めましょう。 肉離れに関してはぜひこちらも参考にしてください! 参考: 妊娠 妊娠中は、体が出産に向けてあらゆる変化をします。 骨盤が緩むのも大きな変化の1つです。 骨盤が緩む時、骨盤で歪みが生じる場合があります。 骨盤が歪むと周囲の神経を圧迫しますので、太ももなどの下半身に痛みが出ることがあります。 妊娠中は腰に負担のかからないように適度な運動をして過ごしましょう。 出産後、骨盤は半年ほどかけて徐々に元の状態に戻ろうとします。 この時期にしっかり歪みを治すストレッチや体操を取り入れることで太ももの痛みも改善されるでしょう。 まとめ 一言で太ももの痛みと言っても、痛む場所や痛み方によって原因は様々です。 まずは痛みが出る前の状況や痛む場所・痛み方などをよく把握しましょう。 痛みがあるのに無理に動かすと悪化することがありますので、まずは安静にして様子を見ましょう。 そして、痛みが続く場合や増す場合は早めに整形外科で相談しましょう。

次の

足の付け根・股関節の痛み 変形性股関節の原因と症状とは?

股関節 外側 痛い

Contents• 女性に多い股関節の痛みや違和感ですが、改善しにくものではありません。 股関節の痛みには様々な原因がありますが、事故やケガでの肉体的損傷、股関節の脱臼や骨折を除けば、股関節の痛みや違和感はスジの緊張によるものです。 ここでいうスジとは筋肉や腱、経絡を指しますが股関節付近は太いスジが数本走行しており、冷えやコリによる緊張を起こしやすい場所です。 スジは一回緊張してしまうと自然には回復しにくく慢性的なコリを作ります。 そのような場合にはツボを圧して即効的にスジの緊張をとることができますし、ストレッチなどでもコリを緩めることができます。 今回は、恵比寿整体院でもご相談をいただくことの多い股関節の痛みの原因と治し方を解説していきたいと思います。 実は私、股関節の痛みの解消は得意分野なのです。 自分でできるツボ押しやストレッチ、柔軟など股関節のセルフケアも自分の体で効果があることを実感していますし、恵比寿整体院でも数多くの股関節の痛みを診て解消してきましたのは、そのような自分の経験が役立っています。 自分の体や多くの患者さんの体を診てきて、股関節や足首や膝関節の問題って一つの関節だけの問題だけではなく、その前後の関節が問題であることがよくあります。 例えば、足首が固いから股関節に負担がきて痛めてしまったり、逆に股関節が固いから足首を痛めてしまったり、あと右の股関節が固いから反対に左の股関節が痛くなるなど、特に股関節、膝関節と足首は上下左右の関節のバランスが大事なのです。 特に股関節に柔軟性がなく固いのは、スポーツマンにとって命取り、膝や足首を痛める原因にもなります。 ですので、整体などでの股関節の治療もその前後の関節や反対側の股関節や足首のケアまで必要なのですが、なかなか全体的な治療ができるところは少ないようですね、大体の整体や治療院、病院では痛みのある場所ばかり攻めてしまい、施術や治療が逆効果であることも多くありますので、股関節の痛みの原因と治し方を知ることが大事です。 あんなところにスポッとはまっている。 股関節は、自分を支える大きな関節で、比較的自由に円を描くように動ける関節です。 ももの骨、大腿骨(だいたいこつ)一本と骨盤の単純な関節ですが、片足で全体重を支えるために股関節も大きく太ももの筋肉も太いのです。 股関節の痛みの原因 股関節の痛みの原因には整形外科での処置が必要なものから、自分でケアできるもの、整体や治療院での施術が適任なものまであります。 整形外科での処置が必要な場合 事故やケガによる肉体的損傷や骨折、脱臼がある場合にはまず整形外科での処置が必要です。 肉体の損傷をケアするのが現代医学の大きな役割ですので、後述する老化によって関節部がすり減ってしまったり骨折や明らかな骨の変位がある場合、重度な異常がみられる場合には人工関節という選択肢もあります。 股関節の痛みの原因・老化 先ほどの股関節の構造ですが、丸いところがすっぽりとはまっていましたね。 関節の使い過ぎや老化で、骨がすり減ってしまってしまうこともよくあります。 関節部分の骨がすり減ってしまって脱臼の恐れのある場合もありますので、このようなタイプは治療にも注意が必要です。 このような場合にも、まず整形外科での診断とケアが必要になります。 女性に多い股関節の痛み 女性は妊娠時、出産に備え骨盤が広がっていきます。 また出産時には骨盤が開くという男には想像もできないほどの体の変化があります。 出産後には自然に回復してきますが、出産前と同じプロポーションではいられません。 そのため、妊娠時や出産後に股関節の痛みを訴える女性が多いのですね。 恵比寿整体院でも股関節の痛みでいらっしゃる9割は女性です。 股関節の痛みの原因・冷えとコリ 妊娠、出産による骨盤や股関節の変化はどうしようもないものですが、足の冷えや内臓の冷えがあると更に股関節の歪みが固定され、股関節や骨盤を支えている太いスジの緊張が取れず慢性的なコリとなって痛みを引き起こします。 痛みとまではいかなくても、股関節の違和感として気になっている女性も多くいらっしゃいます。 股関節の痛みに限らず、冷えや血行不良は「万病のもと」ですから、これらを改善できる東洋医学は股関節や骨盤、女性のお悩み解消が得意分野なのです。 冷えやコリが原因なら、股関節のスジやツボを施術することで改善することができます。 股関節の痛みの治し方 ここでご紹介する方法は、整形外科の処置が必要な場合を除きます。 歩いたり階段を上ったり下ったりすると股関節が痛かったり、股関節付近の違和感が慢性的にある場合、股関節付近のスジが緊張して固定化されてしまっていることが多く、触っただけでもくすぐったいくらいに緊張していることもあります。 そのような場合は、自分でツボやストレッチで緊張をとることができます。 関節の痛みや違和感はセルフケアしやすい症状で、股関節のツボは自分でも圧しやすいですし、股関節を柔らかくする効果的なストレッチもあります。 股関節の痛みをとるツボ・臀部横 股関節の痛みをとる効果的なツボは2点あります。 自分でも圧しやすいところにありますので、写真を参考にしてツボを探してみてください。 写真のように拇指を当て、拇指で床に向かって圧していきます。 からだの横から圧す感じですね。 拇指で深く圧していくとグリッとしたスジがありますので、スジを拇指でとらえて圧してください。 ここのツボは深いところにありますので、お尻にお肉が多めの方は、お肉をかき分け頑張ってみてください。 股関節の痛みをとるツボ・v字ライン 足の付け根、Vラインの際にとても効果的なツボがあります。 ほかのツボはその辺にいっぱいツボがありますから、探ってみてくださいと書いてきましたが、ここのツボはとても狭い範囲にあり、とれるツボとしては一点です。 スジとスジのつなぎ目ですので分かりやすいと思います。 写真のように仰向けに寝て、膝を曲げたときのVラインの際です。 膝を曲げてから探して圧すと分かりやすいツボです。 これも横から圧すようにしますが、浅いツボなので少し圧すだけで、気持ちよかったり響きがあると思います。 下腿の方に響くことが多くあります。 股関節が痛いときはとても効くツボですので、ぜひ見つけて圧してみてください。 ツボが見つかったら5,6秒持続圧をします、5,6回繰り返して圧してみてください。 股関節を柔らかくするストレッチ 股関節や腰を柔らかくするのにとても効果的なストレッチがあります。 ストレッチのやり方から腹式呼吸の仕方まで解説していますので、をご参考ください。 動画解説もあります。 また、足首が固かったり体全体が固いと股関節に負担をかけて痛めてしまう原因にもなりますので、体のあちこちが固いような方は、やもご参考ください。 半身浴 妊娠出産後には、骨盤内に古い血が溜まり瘀血(おけつ)という血液が汚れた状態になります。 女性はこの瘀血(おけつ)という状態になりやすく、血液の流れが滞りやすいので積極的に冷えや瘀血(おけつ)を改善していくことが大事です。 下腹部や骨盤内がうっ血している状態は骨盤の歪みを引き起こして股関節の痛みや違和感の原因ともなりますので、半身浴で血液の流れを回復させることが股関節の症状を改善するのにも役立ちます。 半身浴は、ストレッチのような股関節を柔らかくする直接的な方法ではありませんが、全身の血行を良くして気の滞りをとる効果があります。 という循環不良の状態を改善するには欠かせません。 習慣づけていただければ、股関節だけではなく体全体が芯から柔らかくなりますよ。 半身浴の後にご紹介したストレッチを行っていただければ完璧です。 このストレッチ・ツボガイドでご紹介しているストレッチも半身浴の後に行えば、さらに効果的に安全に行うことができます。 半身浴のやり方• お湯はみぞおちくらいまで、心臓は温めません。 下半身だけ温めたいので、腕は必ず出して入ります。 お腹の中が温まるまで20分は入ります。 長い分にはいくら長く入っても良いです。 工夫して半身浴を楽しみましょう。 さらに詳しくはをご参照ください。 整体や治療院などの施術を受けてみる 上記のセルケアでも十分に股関節の痛みや症状を改善できますが、気の滞りが深くなってくるとコリがなかなか取れなくなってきます。 気の滞りが深い方は、整体や鍼灸、指圧などツボや経絡の専門家の施術を受けてみることも大事です。 気の滞りが深い時には的確なツボへの施術が大事で、力任せの施術などは逆効果になることもありますので、治療院を選ぶ際にはご注意ください。 お近くでしたら、三島市の恵比寿整体院にご相談ください。 検索で、お住まいの地域 + ツボ、経絡 + 整体、鍼灸、指圧 などでも東洋医学の専門家が探せます。 まとめ.

次の

股関節が左だけ痛い原因と自分でできる対処法を理学療法士が解説

股関節 外側 痛い

メディカルイラスト図鑑参照 股関節とは右の図にあるように「骨盤」に「太ももの骨」がハマり込むようにして連結する関節です。 逆の言い方をすれば「足の骨」の上に「骨盤」が乗っかっている関節とも言えますね。 ここから読み取れる大きな特徴は二つ。 一つは「上半身の重み」を左右の股関節で受け止め支えているという事です。 もう一つは球関節と呼ばれているその構造。 「球」が「凹み」にハマるような形なので可動域が全方向にあり、前後左右斜めに大きく動くという事です。 ふつう重いものを台に載せる場合は「土台がしっかり固定」されている方が安定するのに対し、「土台が大きく動く」場合はグラグラ不安定なイメージですよね? つまり股関節は「しっかり支える・大きく動く」という矛盾を抱えた関節であり、これが「股関節の痛みの原因」に深く関わってくるのです。 もちろんそのおかげで私達が日常生活やスポーツ上で自由な動きを体現できるのですが、そのぶん掛かる負担も大きく、特別な疾患がなくても痛みが出やすい関節の一つなんですね。 股関節の痛み4つの原因 2-1. 姿勢・フォームの悪さ 日常生活を送っているだけなのに股関節の痛みが出る人。 そんな人の多くには原因として「姿勢不良」が見られます。 正しい姿勢でいる時には股関節にも正しく荷重し、本来働くべき筋肉が働いていますが、姿勢が崩れると一部に大きく負担が掛かり、筋肉のバランスも崩れてしまいます。 これはトレーニングやスポーツ時のフォームにも同じ事が言えますね。 関節には「無理なく効率良く力を発揮できるポジション」があります。 もちろん単純に力を出せれば良いのか・動きの中でロスなく力を伝えたいのか等、競技によって違いはありますが、その中でも必ず自然に力を発揮できるポジションがあります。 股関節は「動きの中心」を担う関節であり、一番大きくパワーを生み出す関節なので、少しのフォームの崩れもケガに直結してきます。 つまりあなた自身のフォームによって股関節痛の原因を作り出していたかもしれないという事ですね。 2-2. 骨格の歪み メディカルイラスト図鑑参照 骨格というのは「効率的に身体を支える」なおかつ「効率的に身体を動かす」ために長い進化の過程で出来上がったきました。 ところが各々の「クセ」や姿勢不良があると骨格が正しい位置からズレていきます。 これでは「効率的に身体を支える・動かす」ができませんよね。 そしてこのズレは「歪み」として身体に定着し、股関節の痛みの原因となるのです。 足を組んで座る・横座りが好き• 立っている時に片足に重心を乗せる• 同一方向への動作を繰り返すスポーツ経験• いつも見るテレビの位置が少し斜めにある• 運転中は肘を着く など挙げればキリが無いくらいに「骨格が歪む原因」があり、それを人は「癖」だと思っています。 昔の人は筋力もあり生活リズムも整っていたので体に回復力がありましたが、現代の生活では朝から晩遅くまで不良姿勢でいる事が多いので、癖が染み付きやすく骨格も歪んでいく一方です。 2-3. 筋肉の不健康 先ほどの「姿勢不良」や「骨格の歪み」があると筋肉が本来の位置で働けないので、ほとんど使われずに「退化していく筋肉」と、その分まで「常に負担を背負った筋肉」とが出てきます。 例えば股関節の後ろ側にある「お尻の筋肉」は大きな筋肉で、立つ・しゃがむ・歩く等の動作のほとんどでメインで働くような筋肉です。 もちろんスポーツ時にもなので、昔から「良い選手はお尻がデカい」と言いますよね。 ところが姿勢不良や歪みがあるとお尻が上手く働けなくなり、その分を他の小さな筋肉が頑張る事になります。 これではその小さな筋肉への負担が大きくなり過ぎて炎症を起こしたり、ガチガチに硬くなって血流が阻害される訳です。 さらにはそばを通る「神経」も栄養が届かないので過敏になり、結果痛みを感じやすくなります。 この筋肉の不健康状態も股関節痛の原因の一つです。 2-4. 間違った重心 股関節の痛みを抱える人の多くにこの「重心の位置感覚がズレている」ことも見受けられます。 ただし「これが正しい」と身体にインプットされているので、自分でこの重心のズレを感じたり見抜くのは簡単ではありません。 例えば「仕事中や運転中にいつも片肘を付く人」は常に傾いているので、その傾きが体に染み付きます。 また「カバンを掛ける肩・持つ手がいつも同じ側」の人もカバンが落ちないように体を傾けているので重心は真ん中にないですよね。 これも探せば日常の中で沢山ありますが、股関節に痛みが出るほどの人はだいたいこの「癖」が強い人が多いはず。 この「間違ってインプットされた重心」は歪みや姿勢不良と絡み合い、股関節の一部に負担を掛ける原因になります。 股関節の痛み「原因改善」 先ほどの説明にて「筋肉・骨格・姿勢・重心」などが影響し合って「カラダが歪む」ことが股関節に大きな負担を掛け、それが痛みの原因になる事が分かったはずです。 もちろん股関節には疾患も沢山あり、それによる痛みの場合もあります。 しかし多くの股関節の痛みはそうではなく、この「カラダの歪みからくる負担過多」である事が多いはずです。 当然一度病院に掛かって検査を受ける事が大前提ではありますが、それでもこの負担を取り除いてあげる事で改善していく疾患もあるので、他の記事にて紹介していく方法を試していく事で良くなっていく場合も多いでしょう。 歩く・しゃがむ・立つ・スポーツ等ほとんどの動きの要になる股関節の痛みは辛いものです。 しっかりと原因を改善し、痛みのない日常や思い切りスポーツに打ち込める身体を取り戻して下さいね。

次の