大辞林。 大辞林と広辞苑

大辞林

大辞林

「大辞林」は、App Store での販売が30万本を超えるiPhone 用国語辞典のベストセラーです。 洗練されたインターフェースが評価され、「グッドデザイン賞」と「電子出版アワード大賞」を受賞しています。 ベースとなる三省堂「スーパー大辞林3. 0」は書籍版の「大辞林 第三版」 8,190円 に約3万項目を追加した、約26万5千項目を収録しています。 もちろん2,700点にのぼる図表もすべて含まれており、書籍の新しい版が出版されるまで不定期にアップデートされます。 「大辞林」では辞書を読む楽しみを iPhone 上で再現するために、様々な工夫が凝らされています。 インデックス表示では iPhone のマルチタッチを活かした革新的なインターフェースが「言葉に出会う」楽しみをもたらしてくれます。 また、解説の中に含まれる、知らない言葉、興味を引く言葉も指でなぞって選択するだけでジャンプすることができます。 解説文は物書堂オリジナルのレイアウトエンジンによって美しい縦組で表示されます。 ピンチ操作で拡大表示すれば、難しい漢字も確実に確認することができます。 すべてのデータがインストールされるため、使用時にネットワーク接続が不要で通信費用もかかりません。 「大辞林」には私たちが誇りに思う、すばらしい日本語がぎっしり詰まっています。 「大辞林」を通して日本語のすばらしさを再発見していただけると思います。 主な機能は以下の通りです。 徹底した「現代語義優先方式」により意味・用法をより現代的なものから配列。 類書に見られない懇切丁寧で詳しい解説や大型国語辞典に唯一のアクセント表示を搭載した充実の内容。 まだ慣れていないだけかもしれませんが、要望が五つ。 多くて申し訳ない… 1、ブックマークをフォルダ分けorタグ付けで整理したい。 2、『見出しをブックマークに追加』の確認をせず、しおりマークをタップした瞬間にブックマークに追加したい。 3、全文検索モードが欲しい。 4、マーカー ハイライト 機能が欲しい。 5、ブックマークのバックアップ機能。 今はiCloudでバックアップされているが、同期のバグなどが起きた際に全ての端末でブックマークが消えるリスクがあるように思う。 そのためDropboxなどにファイル形式で定期的にバックアップする機能があると完璧。

次の

大辞林と広辞苑

大辞林

光源氏年齢 巻名 主要事項 一~一二 1~12歳 1 桐壺 きりつぼ 光源氏誕生。 母桐壺更衣死去。 光源氏臣籍降下。 藤壺入内。 源氏元服。 葵上と結婚。 一三~一六 13~16歳 [この間、四年間が経過] 一七 17歳 2 帚木 ははきぎ <雨夜の品定め>源氏、空 に会う。 3 空 うつせみ 空 、源氏を拒む。 4 夕顔 ゆうがお 夕顔との恋。 秋、夕顔死去。 一八 18歳 5 若紫 わかむらさき 源氏、紫上を発見。 自邸に引き取る。 源氏、藤壺と契る。 藤壺、懐妊。 6 末摘花 すえつむはな 7 紅葉賀 もみじのが 源氏、末摘花に通う。 雪の朝、その醜貌に驚く。 源氏、試楽で青海波を舞う。 冷泉帝誕生。 一九 19歳 二〇 20歳 8 花宴 はなのえん 源氏、朧月夜に会う。 二一 21歳 [この間に桐壺帝譲位。 朱雀帝即位] 二二 22歳 9 葵 あおい 御禊の日、葵上と六条御息所の従者、車の立所をめぐり争う。 六条御息所の生霊出現。 葵上、夕霧を出産後、死去。 源氏、紫上と新枕を交わす。 二三 23歳 10 賢木 さかき 秋、御息所、伊勢に下向。 冬、桐壺帝崩御。 二四 24歳 源氏、藤壺に迫る。 藤壺、出家。 二五 25歳 朧月夜との密会発覚。 11 花散里 はなちるさと 源氏、花散里を訪う。 二六 26歳 12 須磨 すま 源氏、須磨に下向。 須磨でのわび住まい。 二七 27歳 13 明石 あかし 源氏、明石に移る。 秋、明石君と契りを交わす。 二八 28歳 源氏、帰京。 政界復帰。 15 蓬生 よもぎう 末摘花、窮乏生活に耐えつつ源氏を待つ。 二九 29歳 14 澪標 みおつくし 朱雀帝譲位。 冷泉帝即位。 明石姫君誕生。 源氏、末摘花と再会。 六条御息所帰京、娘を源氏に託して他界。 16 関谷 せきや 源氏、逢坂の関で空 一行と出会う。 三〇 30歳 三一 31歳 17 絵合 えあわせ 六条御息所の娘、冷泉帝に入内。 帝の御前で絵合が催される。 18 松風 まつかぜ 明石君、姫君と上京。 三二 32歳 19 薄雲 うすぐも 藤壺、崩御。 冷泉帝、出生の秘密を知る。 20 朝顔 あさがお 源氏、朝顔姫君に求婚。 朝顔、拒否する。 三三 33歳 21 少女 おとめ <教育論>夕霧と雲居雁の恋。 三四 34歳 夕霧、進士に及第。 三五 35歳 22 玉鬘 たまかずら 玉鬘、筑紫から上京。 源氏に引き取られる。 秋、六条院完成。 <春秋争い> <歌論> 三六 36歳 23 初音 はつね 六条院の新春。 24 胡蝶 こちょう 玉鬘と求婚者たちの恋愛模様。 源氏、玉鬘に惹かれる。 25 蛍 ほたる 兵部卿宮、蛍の光で玉鬘を見る。 <物語論> 26 常夏 とこなつ 近江君、世間の噂になる。 27 篝火 かがりび 源氏、玉鬘への思いに悩む。 28 野分 のわき 野分の朝、夕霧、紫上を垣間見て、その美しさに驚く。 三七 37歳 29 行幸 みゆき 玉鬘、裳着。 その日、実の父内大臣と対面。 30 藤袴 ふじばかま 髭黒大将、玉鬘に熱心に言い寄る。 31 真木柱 まきばしら 髭黒大将、玉鬘を得る。 大将の北の方、嫉妬。 玉鬘、尚侍として参内の後、髭黒大将の自邸に引き取られる。 三八 38歳 三九 39歳 32 梅枝 うめがえ <薫物合わせ> 明石姫君、裳着。 33 藤裏葉 ふじのうらば 夕霧、雲居雁と結婚。 明石姫君、東宮に入内。 源氏、准太上天皇となる。 光源氏年齢 巻名 主要事項 三九 39歳 34 若菜 わかな 上 朱雀院、女三宮の処遇を苦慮。 四〇 40歳 女三宮、源氏に降嫁。 紫上、苦悩する。 源氏の四十賀、次々に催される。 四一 41歳 春、蹴鞠遊びの日、柏木、女三宮を垣間見る。 35 若菜 わかな 下 柏木、女三宮への恋慕の思いを募らせる。 四二~四五 42~45歳 〔この間、四年間記事なし〕 四六 46歳 冷泉帝、譲位。 今上帝即位。 源氏、住吉に詣でる。 明石女御・紫上など同行。 四七 47歳 六条院での女楽。 紫上発病。 柏木、女三宮と契る。 六条御息所の死霊出現。 源氏、柏木と女三宮の密事を知る。 四八 48歳 36 柏木 かしわぎ 女三宮、薫を出産、出家。 柏木、夕霧に後事を託して死去。 四九 49歳 37 横笛 よこぶえ 夕霧、柏木未亡人の落葉宮を訪う。 五〇 50歳 38 鈴虫 すずむし 源氏、女三宮のもとで鈴虫の宴。 39 夕霧 ゆうぎり 夕霧と落葉宮の関係を源氏憂慮。 紫上、女の生き難さを思う。 夕霧、落葉宮を得る。 五一 51歳 40 御法 みのり 紫上死去。 五二 52歳 41 幻 まぼろし 源氏、紫上を追悼。 悲しみの一年を過ごす。 薫年齢 巻名 主要事項 一四 14歳 一五~一九 15~19歳 42 匂宮 におうみや 薫、元服。 薫、自分の出生に疑念を抱く。 44 竹河 たけかわ 髭黒他界後の玉鬘一家の様子と姫君たちの縁談。 二〇 20歳 45 橋姫 はしひめ 薫、宇治の八宮のもとに通い始める。 二一 21歳 二二 22歳 薫、宇治の大君・中君を垣間見る。 薫、出生の秘事を知る。 二三 23歳 46 椎本 しいがもと 八宮、姫君たちに訓戒を残して他界。 二四 24歳 43 紅梅 こうばい 49 宿木 やどりぎ 今上帝、薫に女ニ宮との縁組をほのめかす。 匂宮、夕霧家の六君と結婚。 薫、中君に思いを寄せる。 匂宮、二人の仲を疑う。 薫、女ニ宮と結婚。 47 総角 あげまき 大君、薫の求愛を拒む。 匂宮、中君と契る。 大君、発病。 二五 25歳 48 早蕨 さわらび 中君、上京。 匂宮の二条院に移る。 二六 26歳 50 東屋 あずまや 浮舟、登場。 二七 27歳 51 浮舟 うきふね 浮舟、薫と匂宮の愛に苦しむ。 入水を決意。 52 蜻蛉 かげろう 人々、浮舟の失踪を悲しむ。 53 手習 てならい 浮舟、横川の僧都に助けられる。 素姓を隠したまま出家。 二八 28歳 54 夢浮橋 ゆめのうきはし 薫、浮舟の生存を知り、浮舟に消息を送る。 平安中期の長編物語。 五四 54巻。 作者は紫式部。 成立年は未詳だが、紫式部が夫の藤原宣孝に死別した長保 三 3年 一〇〇一 1001 以降、 中宮彰子に出仕したとされる寛弘 二 2年( 一〇〇五 1005)までの間に起筆され、 宮仕え後も書き続けられたのではないかと推測されている。 五四 54巻の執筆順序についても、さまざまな説が出されており、作者についても、 とくに宇治十帖に先立つ「匂宮」「紅梅」「竹河」 三 3巻に関しては、人物の官名や年立に矛盾が見えるところから、 別人作とする説もあるが、いずれも確かなことはわかっていない。 物語は、四代の帝、七十数年にわたって展開する。 主だった登場人物だけでも 四〇 40人を超え、作中歌も 七九五 795首を数えるという壮大な作品だが、 主題と構造の面から、物語全体を三部に区切って理解する三部構成説が有力である。 第一部は「桐壺」から「藤裏葉」に至る 三三 33巻で、光源氏の誕生から、数々の恋の遍歴や須磨流謫などを経て、 源氏が准太上天皇という栄光の地位に就くまでの物語。 第二部は「若菜上」から「幻」までの 八 8巻、正妻女三宮の密通や紫上の病など、深い内面の苦悩が描かれる。 第三部は「匂宮」から最終「夢浮橋」までの 一三 13巻で、源氏没後、主人公となる青年薫を中心に、救済を求めて、 愛と道心の間で迷い葛藤する人々の姿が追及されている。 第一部( 1桐壺~ 33藤裏葉) 桐壺更衣は、帝の寵愛を受けて輝くばかりに愛らしい男御子(第二皇子)をもうけたが、 低い身分のために周囲の嫉妬や迫害はきびしく、御子が 三 3歳になった年、心労が積もって他界した。 この皇子の比類ない資質が、将来世の乱れを招きかねないと案じた帝は、 彼に源氏姓を与え、臣籍に降下させた 1。 これが物語の主人公「光源氏」である。 第一部は、亡き母によく似るとされる桐壺帝の后藤壺への禁じられた恋と、 藤壺のゆかりとして登場する可憐な少女紫上への愛を軸として、葵上、空 、夕顔、六条御息所、 末摘花、朧月夜、花散里、明石君、朝顔、玉鬘といった女性たちとの恋の遍歴が語られてゆく。 藤壺との密通 5と不義の皇子(後の冷泉帝)の誕生 7、 六条御息所の物の怪と正妻葵上の死 9、 政敵右大臣の娘朧月夜との密会 8 10 とそれを契機とした須磨への退去 12、 明石君との邂逅 13と姫君の誕生など、さまざまな事件の後、 政界に復帰した源氏は、即位した冷泉帝の後見役として、絶対的な権勢への道を歩んでゆく 14。 四町を占めて造営された広大な六条院は、それぞれに四季の風情を配し、春の町に紫上、夏の町に花散里、 秋の町に秋好中宮(六条御息所の娘。 冷泉帝中宮)、冬の町に明石君を住まわせ、現世の極楽を思わせる華麗なものであった 21。 その六条院を舞台に繰り広げられる玉鬘(夕顔の遺児)の恋愛模様 22~ 31 を語った後、物語は、夕霧の結婚、明石姫君の東宮入内、史実上にも前例のない准太上天皇への源氏の昇進、 冷泉帝と朱雀院の六条院行幸という、極まりない栄華を描いて一段落する 33。 第二部( 34若菜上~ 41幻) 「若菜上」巻は、源氏が、朱雀院の懇請により、院の最愛の姫であり、 藤壺の姪にもあたる女三宮を正妻として迎えるに至るいきさつから語り出される。 六条院に降嫁した女三宮は、藤壺ゆかりの人への源氏の秘かな期待に反して幼稚な姫君であった。 この結婚によって源氏はあらためて紫上のすばらしさを確認し愛を強めるが、 六条院の女主人としての立場を失うことになった紫上の苦悩は深く、源氏への不信感と孤独感から切実に出家を願うようになる。 一方、かねてから女三宮との結婚を望んでいた柏木は、六条院での蹴鞠の折、偶然宮の姿を垣間見て以来、 いよいよ恋慕の思いを募らせていた 34。 朱雀院五十の賀の年、賀宴に先立って、源氏は女君たちによる試楽を催したが、 その夜、心労の重なった紫上は発病、源氏は懸命の看護を尽くした。 そうした中で、柏木と女三宮の密通事件が起こる。 真相を知って苦悩する源氏、源氏に対して恐れおののく柏木と女三宮、病の床に臥す紫上 35。 そこには第一部に描かれた栄光の世界はない。 女三宮は罪の子薫を出産すると、朱雀院に懇願して出家。 柏木も後事を親友の夕霧に託して他界する 36。 女の生きがたさを痛感し、出家を望みながら、源氏のために最後まで実現できなかった紫上も、 人々に惜しまれつつ遂にこの世を去る 40。 最愛の人に先立たれた源氏は、深い悲しみと孤独のうちに出家を思う 41。 古来、「幻」と「匂宮」の巻の間に「雲隠」という巻名が伝わっているが、本文は伝存しない。 第三部( 42匂宮~ 54夢浮橋) 「匂宮」巻は「光隠れたまひし後」と書き出され、物語は源氏の次代に移っている。 薫はすでに 一四 14歳、匂宮(明石姫君腹。 源氏の孫にあたる)とともに世に並び称される貴公子だが、 自分の出生への疑念に苦しんでいた 42。 若くして出離の志を持ち、宇治に隠棲する俗聖八の宮を慕って宇治に通ううちに、 宮の娘大君と中君を知り、なかでも大君に強く惹かれてゆく 45。 八の宮の没後、大君にその思いを訴えるが、父の遺戒を守る大君は薫の愛を固く拒み、 自分の代わりに薫と妹を結婚させようとする。 大君の考えを知った薫は、匂宮を中君に通わせるが、今上帝の三の宮である匂宮は、 夕霧大臣家に六の君の婿として迎えられることになった。 裏切られた思いの大君は、不信と屈辱感のうちに死去する 46 47。 大君を忘れられない薫は、中君を匂宮に譲ったことを後悔するが 48、 中君から大君に似た異母妹浮舟の存在を聞き知り 49、 亡き大君のゆかりとして宇治に住まわせた 50。 しかし、匂宮も浮舟に関心を持つと、薫の目を盗んで宇治を訪れ、強引で情熱的な仕方で、 浮舟を自分のものにしようとする。 ふたりの貴公子の板ばさみとなった浮舟は、ひそかに宇治川への入水を決意する。 失踪後、倒れているところを横川の僧都に助けられた浮舟は、再び現世の愛欲の世界に戻ることを恐れて、 僧都に懇願して出家を果たし、仏道修行の日々を送る 53。 浮舟生存を知った薫は、浮舟の弟を使者に遣わすが、浮舟は会おうとさえしなかった 54。 物語はその先に多くの問題を抱えたまま、浮舟の態度を不審に思う薫を描いて終わっている。 いづれの 御 おほむ 時にか、 女御 にょうご 、 更衣 かうい あまたさぶらひたまひけるなかに、 いとやむごとなき 際 きは にはあらぬが、 すぐれて時めきたまふありけり。 はじめより我はと思ひあがりたまへる御方々、 めざましきものにおとしめそねみたまふ。 同じ程、それより 下臈 げらふ の更衣たちは、 ましてやすからず。 朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、 恨みを負ふつもりにやありけむ、いとあつしくなりゆき、 もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、 人のそしりをもえ憚らせたまはず、世の 例 ためし にもなりぬべき御もてなしなり。

次の

大辞林 特別ページ 古典の世界2 源氏物語

大辞林

概要 [ ] 『広辞苑』が歴史的記述優先方式を採るのに対して、現代語義を優先して順に解説する現代語義優先方式に特徴がある。 初版 [ ] 、初版発行。 『広辞苑』に対抗して新しい辞典を出版する企画が持ち上がったのはであった。 第二版 [ ] 、第二版発行。 収録語数は約23万3千語。 これに新語を増補し、収録語数を約25万語として、「スーパー大辞林」 の名称で、やにも収録された。 また、やなどのを介して上で公開されるなど、さまざまなメディアで利用可能になっている。 他にも、三省堂WebDictionary では「e辞林」の名称で提供されている。 第三版 [ ] 、第三版発行。 収録語数は約23万8千語、総ページ数2,976ページ。 新たな試みとして、Webと紙媒体の融合した「デュアル大辞林」 を掲げて登場。 Web版では新語など、紙の辞書ではすぐに反映できないものも盛り込む。 にも提供されている。 この第三版を大幅に増補した「スーパー大辞林3. 0」も電子版として発行された。 7月、Web版「デュアル大辞林」が更新され、約26万5千語を収録。 増補分の新語には、いつ使われだした語なのか分かるように、を表示。 類語には、意味分類をしたツリー表示が施されている。 第四版 [ ] 、第四版発行。 収録語数は25万1千語、総ページ数は3,100ページだが、厚さは第三版より薄くなっている。 購入者特典として「ことまな大辞林」が無償ダウンロードできる。 改版履歴 [ ]• 1988年(昭和63年) - 初版発行• 1995年(平成7年)11月3日 - 第二版発行• 2006年(平成18年)10月27日 - 第三版発行• 2019年(令和元年)9月5日 - 第四版発行 ラインナップ [ ] 紙媒体 第二版では、並版[新装版]・机上版・三分冊 机上版があり、漢字引き・逆引き大辞林もに出版されている。 第三版では、いまのところ [ ]並版のみ。 個人名や会社名を入れられるサービスがある。 第三版では、紙媒体の辞書購入特典として、デュアル・ディクショナリー が発表された。 電子媒体 いくつかのやで利用できる。 三省堂WebDictionaryは、会員登録によって、スーパー大辞林を含め、外国語辞典なども利用可能となる。 やなどの電子辞書にも収録されている。 用のソフトAirDictionaryもリリースされた。 第二版は音声付きCD-ROM スーパー大辞林・コンサイスカタカナ語辞典 があり、第三版は株式会社電子辞典 から、に発売された。 のには最新辞書として『』とともに『大辞林』が標準装備されていた。 のにより、にも対応した。 また、より用の電子辞書として、『大辞林』が発売されている。 脚注・出典 [ ] [] 脚注• 三省堂. 2017年12月3日閲覧。 三省堂. 2019年7月20日閲覧。 「大国語辞典、意外な喜び」『』2003年10月11日付朝刊、23面。 三省堂. 2017年12月3日閲覧。 三省堂。。 紀伊國屋書店. 2019年7月2日閲覧。 株式会社電子辞典. 2010年2月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年2月22日閲覧。 関連項目 [ ]• (岩波書店の中型国語辞典)• (の中型国語辞典)• (辞典。 題名は『大辞林』のパロディである) 外部リンク [ ]•

次の