エル タックス 電子 証明 書。 名古屋市:市税の電子申告Q&A(暮らしの情報)

なぜ地方税の納付書は紙のままなのか?進まないeLTAXの電子納税

エル タックス 電子 証明 書

電子申告の完了• 納付情報発行依頼• 納付情報の確認• 各自治体に納付情報の発行依頼をします。 利用者名を入力します。 ただし、文字の入力の仕方に少々クセがあり、小さい「ッ」や「ャ」などは大きい「ツ」や「ヤ」にします。 これらはわかりやすいのですが、この他に音引きの「ー」も入力できません。 なので、これを全角のハイフンにする必要があります。 ここは、ハマりやすいところで注意が必要で、私もハマってしまいました。 少し時間をおいてから、電子納税メニューから納付情報発行依頼の確認をします。 納付情報確認の画面の、収納機関番号、納付番号、確認番号、納付区分をメモします。 インターネットバンキングからPay-easyを開いて、収納機関番号を入力します。 続いて納付番号、確認番号、納付区分を入力します。 相手先、払込内容、金額を確認してインターネットバンキングで納付すれば完了です。 インターネットバンキングを使っていない場合は、金融機関のATMでインターネットバンキングと同様に、収納機関番号、納付番号、確認番号、納付区分を入力して納付することもできます。 まとめ 国税のe-Taxと同じように、地方税の電子納税も、電子申告情報から納付情報を取得してインターネットバンキングで納付というながれになっています。 わざわざ金融機関に出向かず納税ができるのはやはり便利です。 税理士事務所に勤務していたときは、お客様に紙の納付書を渡して納税してもらっていましたが、郵送の場合は届くまで時間がかかりますので、ギリギリの申告だとハラハラするときがありました。 電子納税ならば、納付情報をメールで送っておけば、それをもとにインターネットバンキングや金融機関のATMで即日納付してもらえますので、税理士の立場からしてもありがたいです。 もう少し説明書きがあったら親切なのにと感じますね。

次の

eLTAX(エルタックス)の利用について (手続き・申請)

エル タックス 電子 証明 書

注1 税理士等が納税者の申告等データを作成し、送信する場合は、税理士等の電子署名の付与及び電子証明書の添付のみで送信することができます 納税証明書の交付請求手続をe-Taxを利用して行う場合は除きます。 詳しくは、「」をご覧ください。 注2 所得税徴収高計算書(10種類)、納付情報登録依頼及び納税証明書の交付請求(署名省略分)のみを利用する場合には、電子証明書は不要です。 注3 電子証明書のパスワードはe-Taxで電子署名及び電子証明書の添付を行う場合に必要になりますのでお忘れになったり、盗難等の事故がないように適切に管理して下さい。 e-Taxで利用できる電子証明書 e-Taxで使用できる電子証明書は、電子署名法の特定認証業務の認定を経た上で、政府認証基盤(GPKI)のブリッジ認証局と相互認証を行っている認証局が作成した電子証明書等のうち、e-Taxで使用可能であることが確認されたものです。 具体的には下表のとおりです。 取得方法及び費用につきましては、各電子証明書の発行機関へお尋ねください。 発行機関名 下記の発行機関名をクリックすると、 発行機関のサイトへ移動します。 電子委任状 取扱事業者 説明 ー 地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律に基づいて、地方公共団体情報システム機構が発行し、市区町村が交付するもの。 「公的個人認証サービス」に係る電子証明書を取得するためには、住民票のある市区町村にマイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請を行い、マイナンバーカード 電子証明書が標準的に組み込まれます。 の交付を受けます。 なお、マイナンバーカードの交付申請については、をご覧ください。 詳しくは、住民票のある市区町村へお問い合わせください。 おって、対応のICカードリーダライタについては、をご覧ください。 ICカードリーダライタは、家電量販店等で3,000円程度で購入することができます。 また、公的個人認証サービスの電子証明書の有効期限等の詳細については、「」をご覧ください。 ー 法務省が運営する「商業登記認証局」が発行するもの。 USBトークンのご利用にあたっては、「」をご確認ください。 ー 政府共用認証局(官職認証局)が作成する電子証明書• 令和2年1月より、電子委任状取扱事業者から発行される委任事項を搭載した電子証明書についても、これまでの電子証明書と同様に電子署名(電子証明書の添付)・送信が可能となりました。 詳細は、「」をご確認ください。 (参考) 1. 電子証明書の有効期間 電子証明書の有効期間(証明期間)は、それぞれ発行する認証機関で定められることとなっており、各認証機関に確認する必要があります。 公的個人認証サービスにおいては、ICカードにより有効期間が異なりますので、をご覧ください。 また、商業登記認証局の場合、3か月から27か月まで3か月単位で利用者が指定できることとなっています(平成31年4月末現在)。 電子証明書等の取得費用 電子証明書の取得費用は、それぞれ電子証明書を発行する認証局によって定められるものであり、発行する認証局によって異なります。 「公的個人認証サービス」に係る電子証明書を取得するためには、マイナンバーカードの交付申請を行い、マイナンバーカード 電子証明書が標準的に組み込まれます。 を取得します。 マイナンバーカードの交付申請に係る手数料は、当面は無料です。 再発行の際は、原則として手数料が必要です。 また、「商業登記認証局」の場合は、証明期間が12か月の場合、7,900円となっています(平成31年4月末現在)。 ICカードリーダライタ等 マイナンバーカードなど、ICカードに組み込まれた電子証明書をご利用の方は、電子証明書のほかにICカードリーダライタが必要になります。 また、マイナンバーカード以外の電子証明書をご利用の場合は、電子証明書を使用するための専用ソフトが必要になる場合がありますので、それぞれのインストールマニュアル等に従い、インストール及び設定を行ってください。 詳しくは、ご利用の電子証明書の発行元に確認してください。

次の

市税の電子申告|鹿児島市

エル タックス 電子 証明 書

更新日:2019年12月2日 市税の電子申告 市税の電子申告の受付について 鹿児島市では、2010(平成22)年12月20日から地方税ポータルシステム(eLTAX)(「以下「エルタックス」という。 )による市税の電子申告の受け付けを開始しています。 簡単で便利なエルタックスをぜひご利用ください。 エルタックスとは エルタックスとは、地方税ポータルシステムの呼称で、electronic(電子)、Local(地方)、Tax(税)からなる造語です。 地方税における申告等の手続を、自宅やオフィスのパソコンからインターネットを利用して電子的に行うシステムのことで、エルタックスは地方公共団体が共同で運営する「地方税共同機構」が開発・運営しています。 エルタックスのメリット• 地方税の申告や納税が郵送や窓口に出向くことなく、インターネットで自宅や事務所から簡単にできます。 国と地方にそれぞれ提出義務のある源泉徴収票と給与支払報告書を一括してエルタックスでデータ送信できます。 鹿児島市だけでなく複数の地方公共団体(エルタックスの運営に参加している地方公共団体に限ります。 )への申告がまとめて一回のデータ送信で行えます。 (利用可能な地方公共団体・税目については、でご確認ください。 エルタックスに対応した市販の税務・会計ソフトで作成したデータが使えます。 エルタックス用ソフト「PCdesk(ピーシーデスク)」で申告書の作成が簡単にできます。 市役所の閉庁後も利用できます。 ご利用時間は、8時30分から24時まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始12月29日~1月3日を除く。 ) ご利用いただける手続 エルタックスでご利用いただける手続き 税目 申告関係 申請・届出関係 共通納税 法人市民税• 予定申告• 中間申告• 確定申告• 修正申告• 清算確定申告など• 法人設立/設置届• 異動届• 電子申告に係る納付• 見込納付及びみなし納付• 延滞金の納付 個人市民税・県民税• 給与支払報告書• 給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届• 普通徴収から特別徴収への切替申請• 退職所得に関わる納入申告及び特別徴収票又は特別徴収税額納入内訳届出• 公的年金等支払報告書など• 特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書• 特別徴収に係る本税の納付• 特別徴収に係る延滞金の納付 固定資産税 (償却資産)• 全資産申告• 増加資産/減少資産申告• 修正申告など 事業所税• 資産割、従業者割の申告• 免税点以下の申告• 事業用家屋貸付等申告など• 事業所等新設/廃止申告書• 電子申告に係る納付• 見込納付及びみなし納付• 延滞金、加算金の納付 注 個人が行う市民税・県民税の申告にはご利用いただけません。 エルタックスのイメージ ご利用の流れ 事前にご準備いただくもの• インターネット、電子メールを利用できるパソコン• 電子証明書、電子証明書を使用するためのICカードリーダライタ等 注 エルタックスでは、なりすまし(第三者が利用者のふりをして申請すること)やデータの改ざん(第三者が内容を書き換えること)を防ぐため、利用届出や申告データ等を送信する際に、特定の発行機関や認証局が発行する電子証明書を使用して電子署名を行います。 ただし、税理士に申告書等の作成・送信を依頼している納税者の場合、電子証明書は不要です。 電子証明書を取得する 次のいずれかの機関が発行した電子証明書が必要です。 公的個人認証局(住所地の市役所市民課)• 商業登記認証局(法務局)• 日本税理士会連合会電子認証局• 特定の民間認証局 (注)税理士関与の電子申告は納税者の電子証明書は不要です。 (注)電子証明書の取得(カードリーダーが必要な場合もあります。 )には、手数料等の費用がかかります。 利用可能な電子証明書について詳しくはをご覧ください。 利用届出を行う 利用届出(新規)を1度だけ行い、利用者IDを取得します。 1つの利用者IDで複数の地方公共団体への申告等の手続を行えます。 受付手続きの関係上、利用者IDが有効になるまでに土曜・日曜・祝日、年末年始を除き数日程度の時間がかかります。 利用届出について詳しくはをご覧ください。 利用通知書を受け取る 利用届出(新規)の受付手続きが完了したこと知らせる「手続き完了通知」メールはe-mailアドレスへ届きます。 専用ソフト(PCdesk)を取得する 申告書等の作成・送信は、PCdeskなどのエルタックス対応ソフトから行います。 エルタックスホームページから専用ソフト(PCdesk)をダウンロードして、インストールします。 利用届出の後の作業について詳しくはをご覧ください。 詳しい内容や手続については、でご確認ください。 エルタックスについてのお問い合わせ先 地方税共同機構 電話:0570-081459(全国一律市内通話料金) [上記の電話でつながらない場合:03-5521-0019 通常通話料金 ] 受付時間:9時から17時まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始12月29日から1月3日を除く。 ) ホームページアドレス: 鹿児島市へのお問い合わせ 法人市民税・事業所税に関するお問い合わせ先 市民税課諸税係電話:099-216-1172 個人市民税・県民税(給与支払報告書)に関するお問い合わせ先 市民税課賦課管理係電話:099-216-1173 固定資産税(償却資産)に関するお問い合わせ先 資産税課償却資産係電話:099-216-1187.

次の