過 酸化 水素 分解。 【過酸化水素系洗浄剤】分解処理剤|スカラストNC

【過酸化水素系洗浄剤】分解処理剤|スカラストNC

過 酸化 水素 分解

過酸化水素による髪の脱色、紙の漂白、および繊維の脱色の3つの反応の反応機構をネットで調べた。 1 髪の脱色は 髪の黒色色素メラニンが酸化分解するためです。 1-1 メラニンの構造は わかっていません。 5,6-ジヒドロキシインドールを主としたポリフェノール様の高分子であることはわかっています。 いろいろなモデル化合物が考えられています[1](例えば図1)。 図1 黒色色素メラニンを単純化したモデル化合物 1-2 反応機構 脱色の反応も反応機構もよくわかっていませんが、ポリフェノールのベンゼン環の開裂は関係する分解反応のひとつと考えられます。 そこで、ここではいちばん簡単なポリフェノールであるカテコールの酸化分解反応の反応機構を髪の脱色の反応機構と考えます。 過酸化水素によるカテコールの分解の反応機構もはっきりとはわかっていません。 少なくとも3種の機構が提案されています[2]。 ここではその一つを紹介します(図2)。 2 紙の脱色とは ふつう、パルプ中のリグニンを分解除去することを意味します。 2-1 リグニンの構造は フェノール性の巨大な高分子です。 詳しい構造はわかっていません。 モデル化合物の一つを図3に示します。 図3 リグニンのモデル化合物の一つ 2-2 反応機構は わかっていません。 いろいろな部位での開裂が考えられますが[6]、ここではカルボニル基の部位での開裂の反応機構を、紙の脱色の反応機構とします。 過酸化水素によるカルボニル化合物の分解の反応機構も、いろいろな機構が提案されています[7,8]。 図4にその一つを示します。 図4 過酸化水素によるカルボニル化合物の分解の推定反応機構 図4の説明 やはりデーキン反応やバイヤー・ビリガー酸化と同様の反応機構です。 3 繊維の脱色 3-1 染料 繊維の脱色と漂白には、いろいろな意味がありますが、ここでは染料の分解とします。 3-2 反応機構 フェントン試薬など過酸化水素が染料を分解できることは知られていますが、反応機構ははっきりとはわかっていません。 図5に、文献[9]の酵素によるアゾ染料の分解の反応機構を参考に、過酸化水素による分解の反応機構を推測しました(図5)。 電子供与性のメトキシ基と電子求引性のスルホン酸基が電子移動を促進している。 4 文献 [1] [2] Journal of the American Chemical Society, 1983年, 105巻, p. 5035-5040 [3] [4] 小山田太一郎、日本化学雑誌、1934年、55卷、p. 1256 [5] 「ウォーレン有機化学」 下、p. 1021-1023, (東京化学同人、2003年)やネットに多数。 614 (丸善、1976年)やネットに多数。 [8] [9].

次の

第108章 過酸化水素の分解速度

過 酸化 水素 分解

過酢酸 過酢酸(許容慣用名) エタンペルオキソ酸(系統名) C 2H 4O 3 CH 3COO 2H 76. 05 79-21-0 形状 無色液体 0. PAA と略される。 鼻を突く臭があるで、に易溶。 主に医療器具の、、に 0. ほとんど全ての、、、に対しと同等かそれ以上の効果を示すが、グルタルアルデヒドと違い、人体に対する感作性やアレルギー性、変異原性が低い。 分解生成物は、で、過酸化水素は最終的にとに分解される。 過酢酸は、に代表されるにも有効であり、、、、とともに WHO が炭疽菌の消毒薬として推奨するもののひとつとなっている。 有機合成分野での応用 [ ] 有機合成の分野では、酸化剤として汎用される。 多くの場合は過酸化水素とから系中で発生させて用いるが、純度の高いものは潜在的に爆発性があるとされ、危険である。 通常の目的には危険性の低い mCPBA を用いるべきである。 法規制 [ ] 日本のにおいて、第5類 自己反応性物質 である有機過酸化物に属する。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

過酸化水素

過 酸化 水素 分解

ヒトのカタラーゼ遺伝子は、Wilms tumor という若年性腎臓ガンのマーカーとしてクローニングされた 4。 11 番染色体上にあり、サザンブロットでバンドが 1 本であることから single copy gene と考えられている。 カタラーゼには、以下のような重要な性質がある。 ペルオキシソームで を酸化すると過酸化水素が発生する。 カタラーゼはこれを除去する役目がある 5。 詳細は のページへ。 カタラーゼの H 2O 2 への親和性は、グルタチオンペルオキシダーゼや peroxiredoxins よりも低い 7。 これは、カタラーゼが高濃度 H 2O 2 の処理に向いており、シグナル分子としての H 2O 2 量の制御は他の が行なっている可能性を示している。 カタラーゼの発現は、 によって制御されている。 広告 カタラーゼと寿命 マウス では、カタラーゼを過剰発現させると寿命が長くなるという報告がある一方、効果なしとする報告もある。 文献 1 は寿命延長を報告しているが、過剰発現しているのはミトコンドリアであり、本来のカタラーゼの局在とは異なる。 おそらく、カタラーゼ過剰発現の効果は、オルガネラや臓器に非常に specific なものであると考えられる。 ペルオキシソームで過剰発現しても、わずかに寿命が長くなる 1。 Catalase は、活性と寿命にむしろ負の相関があった。 Mn SOD の過剰発現 2 コピー は寿命に影響しなかった。 線虫 C. elegans C. elegansでは、カタラーゼ活性は一生の間に山形の変化を示し、3 週間目に低下する 2。 寿命の長い age-1 mutant では、老齢期の活性低下がみられない傾向にあった 2。 過酸化水素が孵化に必要であると解釈している。 SOD-1 を過剰発現すると、この孵化異常は解消された。 過酸化水素が供給されるようになったのか? だとすると、SOD とカタラーゼのバランスは非常に重要である。 カタラーゼの過剰発現は、単独でも SOD と一緒の場合でも寿命に影響しなかった。 過酸化水素やパラコートで処理している。 Mn SOD mRNA も増える。 Mn SOD は酸化ストレスでプロモーター活性も増大するので、転写量が増えていると考えられる。 Catalase は酸化ストレスでプロモーター活性が低下、mRNA の安定性が上がっていると思われる。 高脂肪食、絶食などの条件下で、心筋を でプロテオミクス。 をイントロで dis っている。 16 種類の抗酸化酵素を測定しているが、カタラーゼのみが有意に増えている。 ペルオキシソーム、ミトコンドリアでの過酸化水素生成が高脂肪食で up。 カタラーゼがミトコンドリアにも局在。 これらは酸化ストレス応答および脂質酸化で働く代表的な転写因子。 カタラーゼがどう制御されているか不明。 カタラーゼその他 探偵学園 Q という漫画にカタラーゼが出てきます。 サイト内検索からどうぞ! 広告 References• Schriner et al. 2005a. Extension of murine life span by overexpression of catalase targeted to mitochondria. Science 308, 1909-1911. Vanfleteren 1993a. Oxidative stress and ageing in Caenorhabditis elegans. Biochem J 292, 606-608. Rohrdanz 2001a. The influence of oxidative stress on catalase and MnSOD gene transcription in astrocytes. Brain Res 900, 128-136. Korneluk et al. 1984a. Isolation of human fibroblast catalase cDNA clones. Sequence of clones derived from spliced and unspliced mRNA. J Biol Chem 259, 13819-13823. Mockett et al. 2010a. Expression of multiple copies of mitochondrially targeted catalase or genomic Mn superoxide dismutase transgenes does not extend the life span of Drosophila melanogaster. Free Radic Biol Med 49, 2028-2031. Doonan et al. 2008a. Against the oxidative damage theory of aging: superoxide dismutases protect against oxidative stress but have little or no effect on life span in Caenorhabditis elegans. Genes Dev 22, 3236-3241. Rindler et al. 2008a. High dietary fat selectively increases catalase expression within cardiac mitochondria. J Biol Chem 288, 1979-1990. コメント欄 各ページのコメント欄を復活させました。 スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。 レイアウトなどは引き続き改善していきます。 「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

次の