ドコモ光 違約金負担。 いくらかかる?ドコモ光からNURO光への乗り換え手順や注意点を解説!

ドコモ光の正しい解約手順|違約金ゼロで、スムーズに解約するコツをご紹介!

ドコモ光 違約金負担

ドコモ光の違約金負担サポートは終了 結論から先にお話すると、とても好評だった ドコモ光の違約金負担キャンペーンは2017年5月で終了してしまいました。 キャンペーン内容は、他社からドコモ光に乗り換えで、他社インターネットの解約金や撤去費用を最大30,000円分還元されるというものでした。 現在、ドコモ光では違約金負担キャンペーンは行なっていませんが、フレッツ光からの転用であれば違約金も工事費もかかりません。 フレッツ光以外の回線からの乗り換えを検討していた場合、ドコモ光を申し込む窓口によってはキャッシュバックなどを受け取ることができるため、特典が豊富な代理店やプロバイダの窓口を狙うのがおすすめです。 違約金負担同等のキャッシュバック 光回線を利用する場合、月々の利用料金が安くなる「定期契約あり」のプランを選んでいる方が多いです。 しかし、「定期契約あり」の場合、更新月や契約満了月と言われるタイミングで解約するのであれば解約金は0円ですが、それ以外での解約となると解約金が発生します。 光回線の解約金や違約金は、10,000〜15,000円がほとんどです。 GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むことで、 最大15,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。 最大15,000円のキャッシュバック• 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル• インターネット安心セキリュティ1年間無料• 訪問サポート無料• dカードGOLDの申し込みで現金交換可能なGMOポイント5,000円分プレゼント もとても簡単で、 これらの特典を受け取ることができれば、違約金負担同等のキャンペーン内容となっています。 GMOがおすすめな理由 ドコモ光では、どこのプロバイダを選ぶかによって、タイプが分かれ、月額料金が変わります。 大きく分けると、「タイプA」と「タイプB」の2タイプがあり、 月々200円安いタイプAの方がおすすめです。 GMOはお得な「タイプA」になります。 戸建 マンション 月額料金 タイプA 5,200円 4,000円 タイプB 5,400円 4,200円 しかし、「タイプA」から選べるプロバイダは18社もあり、プロバイダによって独自のキャンペーンを実施していたり、速度が遅いという評判のプロバイダも中にはあったりします。 ここではプロバイダ選びで失敗しないように、GMOを含むおすすめのプロバイダたちを比較してみましょう。 <プロバイダ選びのポイント>• 通信速度は速いか• V6プラスに対応しているか• Wi-Fiルーターは無料でレンタルできるか GMOは速度も速い ドコモ光の「タイプA」全18社のうち、 V6プラスに対応していて、 Wi-Fiルーターも無料でレンタルすることができるプロバイダは、 GMO・ぷらら・BIGLOBE・DTIの4社だけです。 しかし、この4社の中でもWi-Fiルーターの性能には差があり、速度が違ってきます。 プロバイダ 最大速度 GMO 1,300Mbps ぷらら 867Mbps BIGLOBE 867Mbps DTI 867Mbps ドコモ光(光回線)の1番の特徴でもある、最大1,000Mbpsの速度を引き出すことができるのは、 1,000Mbps対応のWi-FiルーターをレンタルすることができるGMOだけなのです。 ドコモ光が最大1,000Mbpsだとしても、それに対応したWi-Fiルーターでなければ、その速度を利用することができないのです。 つまり、ぷららやBIGLOBE、DTIではどう頑張っても867Mbps以上は実現しないということです。 ドコモ光では工事費が無料 ドコモ光では、違約金を負担してくれるというキャンペーン自体は実施されていませんが、それ同等のキャンペーンが行なわれているということをご紹介してきました。 さらに、ドコモ光では他では珍しい工事費が無料になるキャンペーンを実施しています。 もし、新規で工事が必要となる場合は必見です。 光回線 キャンペーン内容 ドコモ光 初期工事費無料 auひかり 工事費実質0円 ソフトバンク光 工事費実質0円 NURO光 工事費実質0円 一見、どの光回線も工事費が無料のように思えますが、工事費実質0円というのには裏があります。 ドコモ光以外の工事費実質0円とは、各光回線の工事費を毎月分割した場合の計算が行われ、そこから同じ金額分だけ割引されるという内容になっています。 これから長い期間、auひかりやソフトバンク光、NURO光を利用する場合であれば特に問題はありませんが、最低でも30ヶ月、長ければ48ヶ月や60ヶ月利用しないといけないことになります。 光回線の契約期間は基本的に2年間(24ヶ月)ごとの更新となっているため、30ヶ月や36ヶ月の工事費が実質無料になったから解約しようと思っても、そのタイミングでは光回線の解約金が発生してしまいます。 工事費を実質0円にするために30ヶ月や36ヶ月利用したとしても、解約金も工事費も0円にするためには、 48ヶ月の4年目までは待たないといけないことに注意しましょう。 各光回線によって、何ヶ月で分割するかは異なり、その期間以内で解約してしまうと工事費の残額を一括で支払う必要があります。 まとめ ドコモ光の違約金負担キャンペーン自体は終了していますが、ドコモ光をGMOとくとくBBのホームページから申し込むことで、キャッシュバックを受け取ることができたり、高性能無線Wi-Fiルーターが無料レンタルできたりと違約金負担以上のキャンペーンを受けることができます。 申し込みを、GMOとくとくBBからにするだけで以下のキャンペーンが受けられるのでおすすめです。 最大15,000円のキャッシュバック• dポイント最大(新規)10,000pt (転用・事業者変更)5,000pt• 18,000円相当の新規工事費が無料• 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル• インターネット安心セキリュティ1年間無料• 訪問サポート無料• dカードGOLDの申し込みで現金交換可能なGMOポイント5,000円分プレゼント 関連記事 人気記事.

次の

ドコモ光の正しい解約手順|違約金ゼロで、スムーズに解約するコツをご紹介!

ドコモ光 違約金負担

撤去工事が必要なプロバイダもある また、撤去工事が必要なプロバイダと不要なプロバイダがあり、撤去工事が必要な場合はさらに工事費がかかるということになります。 光コラボ事業者を含むフレッツ光回線の場合は、撤去工事が不要なケースも多いのですが、独自の光ファイバーを利用しているauひかりなどは撤去工事が必ず必要となります。 契約期間によってはキャンペーン違約金がかかることも 早期に解約をした場合、違約金と工事費の残債のほかにキャンペーン違約金がかかることもあります。 引用:【公式】ソフトバンク光 申請手順ですが、他社で支払いをした証明書 請求書 をアップロードまたは郵送をすればいいだけなのでシンプルでわかりやすいです。 おはようございます。 今日は作業所の日ですが、調子が悪く、 午後から行こうと思います。 後、嬉しい話だったのですが ソフトバンク光の乗り換えキャッシュバックを 受けられることになりました😀 結構うれしい金額が入ってきたので、 何か買おうかなと考えています。 それでは今日も良い一日を。 そして最後に、戸建ての場合は36ヶ月以上の利用も適用条件に含まれていますので、 万が一途中解約をした場合は違約金が10,000円発生してしまうこともおさえておきましょう。 マンションの場合は24ヶ月以内の解約に対しては7,000円の違約金となります。 いろいろと条件がありましたが、3つの条件を満たしたうえで 他社の違約金明細のコピーを契約月を含めた7ヶ月以内にauショップなどで受け取れるをKDDI宛に送れば完了です。 auひかりのキャンペーン auひかりのキャンペーン• 月額料金の大幅割引• セキュリティソフトや安心サポート、くらしのお守りの3オプションは12ヶ月無料• 【公式】工事費は実質無料 auひかりは、プロバイダから直接申し込みをすることで、プロバイダ独自のサービスに加え、公式キャンペーンも受けることができます。 また、オプション加入も不要なので料金もシンプルでわかりやすいです。 特に、So-netのauひかりは月額割引が大きく、 手続き不要で必ず割引を受けれるほか、オプションを12ヶ月無料で利用できるなどサービスも充実しています。 auひかりの詳しい特徴やデメリットは、こちらの記事を参考にしてみてください。 関西限定のeo光なら違約金を50,000円まで負担 違約金負担の条件• オプションを一つ加入• 開通後3ヶ月以内にアンケートに回答 また、追加でオプション加入することで追加で15,000円のキャッシュバックを受けることができますので、合計で55,000円の乗り換えキャンペーンということになっています。 コミュファ光の対応エリアは限られますが、auスマートバリューに対応しているなどサービスも充実しています。 コミュファ光は代理店から申し込むと、公式キャンペーンと代理店キャンペーンの両方を受けることができるので、代理店申し込みを検討してみましょう。 コミュファ光をもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 以上、代表的な4つの光回線をご紹介しました。 この4つの光回線は違約金負担が充実していますので、もしものときは検討してみるといいでしょう。 ソフトバンク光の負担額はすごかったね! 移転工事をして契約中の光回線を継続する場合 移転工事をする場合、 基本的にまた新しく工事費を支払う必要があります。 ですが、フレッツ光やフレッツ光回線を借りている光コラボ事業者であれば、 移転工事費は半額程度になることもあります。 例えば、光コラボ事業者のドコモ光は、戸建ての基本工事費が18,000円 現在は工事費 無料 ですが、移転工事費は以下のとおり安くなります。

次の

光回線インターネットサービスの解約違約金|負担額を減らす方法

ドコモ光 違約金負担

違約金・解約金を負担してくれるプロバイダ一覧 次は、他社から乗り換えする際、違約金・解約金を負担してくれるプロバイダ一覧です。 プロバイダによって• 違約金• 撤去費用• 工事費の残債 などの負担範囲が変わってきます。 ソフトバンク光 ソフトバンク光では、他社への違約金・撤去工事費を満額還元する「」を実施しています。 BB with フレッツ、Yモバイルなど) 特徴 ソフトバンク光とは、戸建て「月額4,700円」、マンション「月額3,800円」から利用できる最大1Gbpsの超高速インターネット接続サービスです。 大きな特徴としては、スマホとのセット割(おうち割 光セット)があげられます。 これは、ソフトバンク光に加入していると、ソフトバンク契約のスマートフォン・携帯の月額料金が1台あたり 最大1,000円割引されるサービスです。 例えば、• 1人なら、月額1,000円、年間12,000円• 2人なら、月額2,000円、年間24,000円• 3人なら、月額3,000円、年間36,000円 もお得になります。 現在、ソフトバンクのスマートフォンを使っているなら、特におすすめの光回線です。 キャッシュバック ソフトバンク光は、代理店から申し込むことによって、他社を圧倒する高額キャッシュバックを受け取ることができます。 代理店の1つである「株式会社NEXT」では、ソフトバンク光公式特典に加えて、「33,000円」または「28,000円+高速無線ルーター」または「Nintendo Switch」のキャッシュバックを実施。 合計して、 最大154,000円のキャッシュバックを受けられます。 キャッシュバックは、最短2ヶ月後に現金振込されます。 auひかり auひかりでは、他社への違約金を還元する「auひかり新スタートサポート」を実施しています。 大きな特徴としては、スマホとのセット割(auスマートバリュー)があげられます。 auひかりに加入すれば、au契約のスマートフォン・携帯の月額料金が1台あたり 最大2,000円割引されます。 例えば、• 1人なら、月額2,000円、年間24,000円• 2人なら、月額4,000円、年間48,000円• 3人なら、月額6,000円、年間72,000円 もお得になります。 現在、auのスマートフォンを使っているなら、特におすすめの光回線です。 キャッシュバック auひかりは、代理店から申し込むことによって、他社を圧倒する高額キャッシュバックを受け取ることができます。 代理店の1つである「株式会社NNコミュニケーションズ」では、auひかり公式特典に加えて、「最大50,000円」のキャッシュバックを実施。 合計して、 最大142,500円のキャッシュバックを受けられます。 キャッシュバックは、最短1ヶ月後に現金振込されます。 eo光 eo光では、他社解約の違約金・撤去費用をキャッシュバックする「」を実施しています。 対応エリアは、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の2府4県。 最大1Gbpsの超高速インターネットは、戸建て「月額4,953円(1年間2,953円)」、マンション「月額3,524円(1年間2,524円)」から利用可能。 auひかりと同様、au契約のスマートフォン・携帯とのセット割(auスマートバリュー)を適用できます。 現在、関西に住んでいるなら、かなりおすすめの光回線です。 キャッシュバック eo光のキャッシュバックは次のとおり。 通常、2万円程度かかかる工事費が無料になるのは大きいです。 対象外 2年以内に解約した場合は返金 特徴 コミュファ光は、中部テレコミュニケーション(ctc)が提供するKDDI系のインターネット接続サービスです。 対応エリアは、愛知県、岐阜県、三重県(伊賀市、名張市除く)、静岡県の中部地方4県。 最大1Gbpsの超高速インターネットは、戸建て「月額5,550円」、マンション「月額5,550円」から利用可能。 割引サービスを適用すれば、もっとお得になります。 auひかりと同様、au契約のスマートフォン・携帯とのセット割(auスマートバリュー)を適用できます。 現在、中部地方在住でauのスマートフォンを使っているなら、特におすすめの光回線です。 キャッシュバック コミュファ光は、代理店から申し込むことによって、よりお得に契約することができます。 代理店の1つである「株式会社NEXT」では、コミュファ光公式特典に加えて、「30,000円」のキャッシュバックを実施。 合計して、 最大102,000円のキャッシュバックを受けられます。 特徴 大きな特徴は、国際標準規格の光ファイバー伝送技術「GPON(ジーポン)」を導入している点です。 ネット上の口コミ・評判でも、 「NURO光にしてから速くなった」 「速度が安定している」 「早く切り替えれば良かった」 など、通信速度面に関して、絶賛のコメントが多数投稿されています。 また、スマホとのセット割(おうち割 光セット)も適用可能です。 これは、NURO光に加入していると、ソフトバンク契約のスマートフォン・携帯の月額料金が1台あたり最大1,000円割引されるサービスです。 例えば、• 1人なら、月額1,000円、年間12,000円• 2人なら、月額2,000円、年間24,000円• 3人なら、月額3,000円、年間36,000円 もお得になります。 現在、ソフトバンクのスマートフォンを使っているなら、特におすすめの光回線です。 キャッシュバック NURO光は、公式サイトからの申込みが一番オトクです。 ネットのみの契約でも35,000円の高額キャッシュバックを受けられます。 公式だから契約する際も安心感があります。 合計して、 最大75,000円のキャッシュバックを受けられます。 キャッシュバックは、最短2ヶ月後に現金振込されます。 主なインターネット光回線の違約金・解約金の目安 主なインターネット光回線の違約金・解約金は、次のとおりです。 主なインターネット光回線の違約金・解約金 インターネット光回線 違約金・解約金 戸建て:1万3,000円 マンション:8,000円 1万5,000円 9,500円 1万1,000円 9,500円 2万円 eo光 最大2万8,704円 J:COM 戸建て:2万円 マンション:1万円 上記に加えて、インターネット光回線とプロバイダを別々に契約している場合は、プロバイダの違約金・解約金が発生する可能性があります。 主なプロバイダの違約金・解約金 プロバイダ 違約金・解約金 OCN 5,000円 Yahoo! BB 5,250円 So-net 3,000円 BIGLOBE 5,000円 ぷらら なし 上記は、契約者数の多いインターネット光回線ですが、全てのサービスで違約金が発生することが分かります。 最低利用期間が設定されている 現在、ほとんどのインターネット光回線は、2~3年程度の最低利用期間が設けられています。 例えば、ドコモ光では、2年間の最低利用期間が設定される「2年定期契約」に加入することにより、• 戸建てタイプでは、1ヶ月間で1,500円、1年間で18,000円、2年間で36,000円もお得になりますが、2年未満で解約してしまうと違約金として1万3,000円を支払わなければなりません。 そして、この2年定期契約で注意しなければならない点は、 自動更新です。 もし、違約金を払いたくなければ、24ヶ月目と25ヶ月目の「契約更新月」に解約手続きをする必要があります。 また、インターネット光回線だけでなく、プロバイダーの違約金も別途発生する可能性があるので注意しましょう。 フレッツ光では違約金が免除されるケースがある 現在、フレッツ光を利用中で引っ越しに伴いインターネット光回線を乗り換える場合は、違約金が免除される可能性があります。 違約金が免除になるケースは、• 「NTT東日本からNTT西日本の地域」または「NTT西日本からNTT東日本の地域」に引っ越し• フレッツ光が提供できない住所に引っ越し• 既にフレッツ光を利用している住所に引っ越し(実家など)• 海外に引っ越し です。 なお、NTT東日本とNTT西日本の境界線は、東が新潟県、長野県、山梨県、神奈川県まで、西が西が富山県・愛知県・岐阜県・静岡県までとなります。 ソフトバンク光の月別の工事費の残債 利用期間 戸建て 1ヶ月目 (開通月) 24,000円 6ヶ月目 19,000円 12ヶ月目 13,000円 18ヶ月目 7,000円 24ヶ月目 (契約満了月) 1,000円 25ヶ月目 0円 ~ ~ また、工事費無料キャンペーンにより工事費相当額が毎月割引されている場合であっても、解約時には工事費の残額が請求されるので注意しましょう。 工事費の残額に対しては、• 工事費の残債がなくなるまで契約を続ける• eo光など工事費の残額を負担してくれるプロバイダを選ぶ• 高額キャッシュバックを工事費の残額の負担に充てる という方法を取る必要があります。 インターネット光回線の工事費の残額を負担してくれるプロバイダは少ないので注意しましょう。 解約時に撤去費用が請求されるケースがある 自宅にインターネット光回線を導入するときは、次の機器設備が設置されます。 光ファイバー 遠く離れた場所に高速で「光信号」を伝えることができる伝送路です。 光コンセント 「光ファイバー」と「ONU(終端装置)」を光ケーブルで接続するための差込口です。 光コード 両端に「光ファイバー」のコネクターが付いている曲げに強いコードです。 回線終端装置(ONU) 光ファイバーに流れる「光信号」をパソコンが認識できる「デジタル信号」に変換する装置です。 通常、これからの機器設備は、インターネット光回線を解約する際に「残留」として そのまま残しておくことが可能です。 しかしながら、• 大家や管理会社に原状復帰として光回線の撤去を言い渡された• インターネット光回線事業者から撤去工事が必要と言われた といった場合は、機器設備を撤去する必要があります。 大家や管理会社に原状復帰として光回線の撤去を言い渡された 集合住宅や借家では、退去をする際に部屋を入居時の状態に戻す 原状回復の義務が生じます。 インターネット光回線の場合は、次の入居者が機器設備をそのまま利用できることからメリットも大きく「撤去の必要はない」と言われるケースも多くなっています。 しかしながら、大家や管理会社によっては、インターネット光回線の撤去を求められるケースもあり、賃貸借契約上、その指示に従わなければなりません。 主なインターネット光回線の撤去費用は、次のとおりです。 インターネット光回線 撤去費用 フレッツ光 (光コラボレーションモデル) 無料 auひかり 2万8,800円 eo光 1万円 コミュファ光 1万2,000円 メガ・エッグ光 1万円 ピカラ光 1万円 BBIQ光 5,000円 インターネット光回線事業者から撤去工事が必要と言われた 2018年3月1日以降に「auひかり ホーム」を契約した方は、解約時に光ファイバー引込設備の撤去工事を必ずしなければなりません。 このことは、auひかり ホームのページ(解約時のご注意)の項目にも明記されています。 auひかり ホームの撤去工事改定 改定前(2018年2月28日以前) 10,000円(任意) 改定後(2018年3月1日以降) 28,800円(必須) auひかり ホームを解約するときは、撤去費用を負担してくれるプロバイダを選ぶことをオススメします。 違約金・解約金の負担キャンペーンを利用する注意点 違約金・解約金の負担キャンペーンを利用することで手軽にインターネット光回線を乗り換えることが可能です。 しかし、• 違約金・解約金を一旦支払う必要がある• 違約金・解約金の証明書を保管しておく• 有料オプションの申し込みが必須のケースがある といった点には注意が必要です。 違約金・解約金を一旦支払う必要がある 違約金・解約金の負担キャンペーンは、 一旦は自分で違約金・解約金を支払わなければなりません。 基本的な流れとしては、• 違約金・解約金を負担するプロバイダを申し込む• 他社インターネット光回線を解約する• 他社サービス解約金請求書明細を提出する• 指定の振込口座等に違約金・解約金の負担分が還元される となります。 違約金・解約金の請求書明細などは、捨てずに保管しておきましょう。 有料オプションの申し込みが必須のケースがある 違約金・解約金の負担キャンペーンでは、有料オプションの加入が必須となるケースがあります。 例えば、コミュファ光の違約金・解約金の負担キャンペーンでは、• コミュファ光の「光ネット+光電話+光テレビ」または「光ネット+光電話」に新規で申し込み• 有料オプションの「光電話付加サービス割引パックPlus」「コミュファ光ビデオ(U-NEXT)」「コミュファ光くらしサポート(自転車&おうちパック)」のいずれか最低1つを同時に新規で申し込み という条件を満たさなければなりません。 最後に インターネット光回線を乗り換えるときは、• インターネット光回線の違約金• プロバイダの違約金• 工事費の残額• 撤去費用 などが発生する可能性があります。 だからこそ、実際にインターネット光回線を乗り換える前に「どのくらいの違約金・解約金がかかるのか」を確認することが先決です。 もし、高額な違約金・解約金が発生するのであれば、その金額分を負担してくれるプロバイダを中心に比較検討してみましょう。

次の