日産 ルークス ハイウェイ スター。 ルークス ハイウェイスターの中古車を探すなら【グーネット中古車】|日産の中古車情報

日産・デイズルークス

日産 ルークス ハイウェイ スター

車種の特徴 「デイズルークス」は、日産からリリースされたハイトワゴンです。 同社が展開する「デイズ」シリーズの第2弾で、「ルークス」の後継車として2014年2月に登場しました。 楽・空・感」をコンセプトに開発されており、ボディの全高を高めに設定したことで、広い室内空間をつくり出すことに成功しています。 なお、2014年7月には、同社が展開する福祉車両「ライフケアビークル」に「アンシャンテ 助手席スライドアップシート」として新しくラインナップに追加されています。 2018年5月発売モデルでは、「S」「X」「ハイウェイスター X」などのグレードがラインナップされており、性能が改善された衝突回避支援システムの「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が全車両に標準装備されています。 また、「ハイウェイスター」が設定されているグレードについては、「車線逸脱警報(LDW)」が標準装備となっています。 そのほか、このクルマの特別仕様車については、2017年4月発売モデルにラインナップされている「X Vセレクション」「ハイウェイスター X Vセレクション」や、2018年5月発売モデルにラインナップされている「ボレロ」「ライダー(ハイウェイスター X Gパッケージベース)」などがあります。 グレードからデイズルークスの中古車を探す デイズルークス(日産)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 35. 8〜 177. 7万円 - - - - - - - 28. 5〜 135. 9万円 146. 5万円 21. 8万円 139. 2万円 21. 5〜 149. 9万円 158. 6万円 20. 8万円 20. 9〜 155万円 193. 1万円 20. 8〜 109万円 168. 4万円 20. 5〜 173万円 179. 3万円 20. 7万円 20. 8〜 133万円 171. 5万円 20. 9〜 169. 6万円 209. 8万円 - 659cc CVT フルタイム4WD 4名 5 57. 5〜 148万円 209. 3万円 - 659cc CVT フルタイム4WD 4名 5 39. 5〜 167万円 165. 2万円 20. 9〜 178. 9万円 185. 9万円 20. 5〜 176万円 182. 6万円 20. 8〜 179. 5万円 192. 2万円 20. 5〜 168万円 173. 4万円 - 659cc CVT フルタイム4WD 4名 5.

次の

日産・ルークス

日産 ルークス ハイウェイ スター

日産のトールワゴン軽自動車で、スズキのパレットをベースにしているルークス。 2009年に登場して以来、様々な改良がなされた結果、高い燃費性能を誇っている。 アイドリングストップ機能とヒルスタートアシストを採用したモデルの車種では、燃費はJC08モードで22. 室内の広さが特色であり、乗り降りのしやすい構造もポイント。 座席は2列4人乗りで、荷物の搭載容量も大きく、家族や友人と出かけたり、仕事で使ったりと幅広く利用できる。 現在では、後継車のデイズルークスが発売されている。 こちらは室内の広さをそのままに、優れた燃費性能をより高め、最新の機能により高い操作性と快適性を実現している。 中古車市場における相場は、40万円弱から170万円台までと幅広い。 競合車種はタント・ムーヴ・ワゴンRといったモデルが挙げられる。 後続モデルが発売されている現在でも、中古車市場においては高評価をしているユーザーも多く、高い人気を維持している。 エリアから探す - ルークス ハイウェイスター 日産 の中古車.

次の

日産 ルークスの燃費

日産 ルークス ハイウェイ スター

各グレードの特徴、捉え方 デイズルークス・ハイウェイスターXは、LEDヘッドランプ以外のほとんどがデイズルークスXと同等の装備となっています。 Xターボの装備内容も同様の為、ハイウェイスターXターボはデイズルークスXの上位互換と考えておくと良いでしょう。 ハイウェイスターGパッケージは、両側リモコンオートスライドドアを搭載しています。 Xターボとの違いは、ベースとなるグレードに機能を追加している点です。 ターボ車には、3B20インタークーラーターボエンジンが搭載されています。 通常エンジンでは6500回転時に36馬力だったのですが、ターボエンジンでは6000回転時に47馬力となっているのです。 トルクも、向上しています。 エンジンのスペックについては、ただなんとなく「少ない回転数で多くのパワーが出せるのか」と考えてください。 装備を基準にグレードの特徴を見てみる デイズルークス・ハイウェイスターのグレード間の違いは、装備の違いを見ることでわかります。 先ほど述べた特徴で違いの大部分が出尽くしているのですが、もう少し細かく見てみましょう。 これから挙げる装備内容は、下記PDFから一部抜粋したものです。 もっと細かく・深く装備内容を把握したいという方は、ご参照ください。 nissan. pdf 全グレード共通の標準装備• LEDヘッドランプ LEDポジションランプ、オートレベライザー付• ハイビームアシスト• オートライトシステム ワイパー連動• アラウンドビューモニター• 本革巻ステアリング• プッシュエンジンスターター• インテリジェントキー 運転席・助手席・バックドア感知、キー2個• タコメーター• オートエアコン タッチパネル式、作動確認機能付• 高性能エアコンフィルター 花粉・黄砂・PM2. 5対応タイプ• 「ナノイー」搭載リヤシーリングファン• アイドリングストップ 基本的に、デイズルークスX 上位グレード と同等の装備が、全車標準で付けられています。 例えば、空調関係やプッシュエンジンスターター・アラウンドビューモニターなどが、その代表例です。 その他、室内の装飾や加工もほとんどがデイズルークスXに準じています。 では、ハイウィスターならではの装備は何でしょうか。 それはLEDヘッドランプとその周りの機能です。 これによって夜間の走行がとても安全になり、走りやすくなりました。 夜間走行に映えそうなハイウェイスターのエクステリアに、ぴったりな装備ですよね。 また、デイズルークスよりも上位仕様となっているハイウェイスターの全車標準装備は、車として十分以上のものが揃っています。 ベースグレードでも何不自由なく運転することができるでしょう。 何不自由なくと言いましたが、車として必要なものは大方これで揃っています。 グレード間の違いは、細かく小さなものばかりです。 何かに強いこだわりがあるというわけではないのなら、上位グレードを購入する意味はないのではないでしょうか。 Xの装備、インテリア、エクステリア• 4スピーカー• リモコンオートスライドドア 助手席側• 5J 、インセット:46、P. D:100 4穴 オーディオレスの4スピーカー、助手席側だけのリモコンオートスライドドア。 上位装備があるために見劣りするかもしれませんが、これでも十分な装備内容です。 ハイウェイスターはアルミホイール装着が大前提なので、足回りもしっかりとしています。 軽自動車の大きさ・重さであれば、14インチで十分でしょう。 15インチは、かえって足回りが硬くなり、好みではないという人も多いです。 軽自動車で15インチアルミホイールというのは、趣味の世界だと考えて良いでしょう。 Gパッケージで搭載される6スピーカーもまた、同様です。 Xターボの装備、インテリア、エクステリア 装備内容は、Xと同じです。 X Vセレクションの装備、インテリア、エクステリア• 本革巻ステアリング(ピアノ調加飾付)• ドアトリムクロス プレミアムグラデーションインテリア(ブラウン〈P〉)• リモコンオートスライドドア〈両側〉• 5J)、インセット:46、P. D:100(4穴) 以上がハイウェイスターX Vセレクションにて追加されている特別装備となります。 本革巻きが加飾されていたリ、ドアトリムクロスやシート地といった細かいインテリアの変更をしつつ、両側にリモコンオートスライドドアを付けて利便性を高めていることが分かりますね。 それに加えて、先ほど趣味の世界といった15インチのアルミホイールをはいているのもポイントとなりますよ。 ハイウェイスターX Gパッケージの装備、インテリア、エクステリア Xターボの魅力、選んでいる人はこんな人 ターボエンジンの加速力が、魅力です。 ハイウェイスターと謳っている以上、ユーザーとしては、高速道路でも不足の無い加速力を求めたくなります。 ノーマルエンジンでも高速道路の走行はできますが、安全運転が前提となり、加速を楽しむことはできません。 それどころか、合流には恐怖を伴うことがあります。 発進加速も遅く、「ハイウェイスターとは名ばかりではないか」と感じてしまうのです。 ターボがあれば、少しは加速を楽しみながら走ることができます。 少なくとも、加速にモタつきはありません。 合流時でも十分なパワーを感じることができます。 デイズルークス・ハイウェイスターで、高速道路を安定して走ろうと思えば、ターボは必要ではないでしょうか。 X Vセレクションの魅力、選んでいる人はこんな人 ハイウェイスターXよりもインテリア面で特別装備となっているVセレクションは、やはりエクステリアだけではなくインテリアにもこだわっている為、細かいインテリアに満足できるかと思います。。 しかも、両側にリモコンオートスライドを装備したり、タイヤを15インチにしたりとなんだかX Gパッケージの下位互換のようなイメージもあるVセレクションは、「Xよりも豪華な内装で、特にクルコンを必要としない」方に人気を集めています。 街乗りで充分、高速道路は特に乗る機会がないという方なら、乗り心地と運転性能、利便性で満足できると思いますよ。 X Gパッケージの魅力、選んでいる人はこんな人 両側リモコンオートスライドドアが魅力のパッケージですが、コストパフォーマンスが悪いです。 装備内容があまり変わらないため、正直Gパッケージを選ぶ意味はほとんどないでしょう。 口コミサイトなどでも、購入者をほとんど見かけません。 ハイウェイスターGターボターボの魅力、選んでいる人はこんな人 クルーズコントロールが搭載されているのが魅力ですが、それだけを理由で購入するには価格が高すぎます。 トータルで200万近くの価格になってしまい、コストと内容が見合わないのです。 正直、魅力的なグレードではありません。 もしもハイウェイスターをさらにカスタムしたライダーと悩んでいる方は、下記ページも一緒に参考にしてください。 ライダーについて詳しく紹介しています。 総合的に売れているグレードを考察 ハイウェイスターX Vセレクション、もしくはハイウェイスターX・ターボをおすすめします。 特におすすめなのはハイウェイスターX・ターボです。 ハイウェイスターの名に恥じない加速力を感じることができますし、高速道路の利用を前提とするなら、ターボは必須と言えます。 高速道路を利用せず、市街地メインで運用するのであれば、Xでも十分でしょう。 車を安く乗り換える上で最も大切なことご存知ですか? 車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。 私はこの方法で毎回新車を 30万円安く購入しています。 覚えておいて損はありません。

次の