アニメ おもしろ。 アニメ ランキング|今見るべき面白い人気アニメトップ100

おもしろアニメ

アニメ おもしろ

INDEX• 「幼女戦記」がおもしろすぎる!テレビアニメ10話のあらすじと原作ネタバレ 登場キャラクター ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐 本作の主人公 若干9歳にして将校になった幼女 ライン戦線では共和国から 「ラインの悪魔」と呼ばれ恐れられた撃墜王 第203航空魔導大隊を率いて各戦線で多大な戦果を上げる。 ハンス・フォン・ゼートゥーア准将 帝国軍参謀本部の戦務参謀次長。 企業で言えば経営戦略の中枢にいる人物でターニャの直属の上官。 理知的で軍人というよりも学者然とした人で、その実力は高く参謀本部内でも一目置かれている。 彼がデスクで思索に耽るのは参謀本部の名物。 第203航空魔導大隊 ターニャが鍛え上げた精鋭部隊 本来は志願者たちを落として落として、大隊の話そのものを流してやろうと厳しい訓練を課していた そのおかげで、おそらく帝国最強の部隊が出来上がってしまった。 「幼女戦記」がおもしろすぎる!テレビアニメ10話のあらすじと原作ネタバレ 第10話「勝利への道」 共和国ライン方面軍司令部への襲撃 追加加速装置「V-1」は見事に役割を果たし、ターニャたち選抜中隊を目標地点へと送り届けた。 各小隊はそれぞれの目標への襲撃を開始、見事に敵司令部と弾薬庫の破壊に成功。 突然の作戦結果の知らせに唖然とする帝国の政治家たちに、ゼートゥーア少将は不敵な笑みを向ける。 その頃ライン戦線左翼では、解錠作戦の準備が進められていた。 坑道戦術による共和国軍右翼の撃滅。 これが解錠作戦であり、そのまま回転ドア作戦へと直結する。 無事解錠作戦は成功し、帝国軍左翼は前進した共和国軍左翼を包囲すべく前進する。 衝撃と畏怖作戦を終え、味方の潜水艦に回収されていたターニャ達選抜中隊も帰還がてら参戦するが、突如国籍不明の魔導部隊の反応が出現。 交戦に突入する... 「幼女戦記」がおもしろすぎる!テレビアニメ10話のあらすじと原作ネタバレ 補足 衝撃と畏怖作戦ですが、ターニャ達第1班が破壊したA目標はアニメでは完全なハズレでしたね。 しかし書籍版ではかなりの大当たりでした。 もちろん任務本来の目的から考えればハズレでしたが。 突入後、ハズレに肩を落とすターニャ達でしたが、そこで突然の魔導反応。 隠し扉から一人の魔導師が飛び出してきました。 魔導師は一人だけで無事排除されましたが、隠し扉の奥には地下へ続く階段があり、異様なほどの深さが見て取れました。 ターニャの見解では「280㎜砲弾の直撃にも耐える深さだろう」というほどです。 巧妙に隠蔽された地下空間で、話し声なども聞こえてくることから、人がいることは確実ですが、ターニャ達には時間がないのでナパーム系の燃焼術式で盛大に焼き払いました。 熱と酸欠で敵を排除するためです。 ちなみにこの施設は、連合王国と共和国の共同諜報施設だったはずです。 この件で連合王国情報部のハーバーグラム少将がまたブチ切れします。 潜水艦の艦長やクルーと仲良くやった後、帝都へ帰還がてらの出撃です。 アニメではここで連合王国部隊と接敵して終了となりました。 詳しい話は次回の11話でしますが、もちろんアンソン大佐は出てきません。 原作ではもう死んでますので 最後に 今回ついに回転ドア作戦が始まりました。 戦史に残るにも匹敵するような作戦です。 実に燃えますね! 次回11話でいよいよ決着です。 ではまた次回にお会いしましょう! 次の記事 前の記事 幼女戦記の立ち読みはこちらから!.

次の

おもしろフラッシュ総合サイト

アニメ おもしろ

今回、アニメ『鬼滅の刃』の魅力を全人類へ伝えるべく、『鬼滅の刃』の連載が始まった2016年11号から2018年52号までの約3年間における「週刊少年ジャンプ」での本作の掲載順をグラフにまとめた。 資料集めのために国会図書館に丸々3日ほど通う必要になったが、その甲斐あってか興味深いデータが取れたと思う。 アニメの魅力を語ったあとにこのデータを踏まえて、 アニメ『鬼滅の刃』を見てくれ! という布教をしていく。 とりあえずここでは、『鬼滅の刃』は 話が進むほどにおもしろさが爆発的に加速していく、ということだけ心の片隅に入れておいてほしい。 圧巻の描写力! オープニングの波と雷で震えた アニメ1話開始直後、作品の世界にグっと引き込まれる感覚に陥った。 (画像はより) (画像はより) 炭治郎の息遣い、雪を踏みしめる足音、揺れる視界、吹雪で包まれる雪山の情景……描写に対する気合の入りかたがまるで別次元。 ただただ圧倒されてしまう。 さらに個人的にもっともシビれたのが本編終了後に差し込まれたオープニングアニメーション。 オープニングテーマ「紅蓮華」を歌うのはLiSAさん。 これを目にした瞬間、鳥肌が立った。 和風テイストの強い本作、まさかこういう見せかたをしてくれるとは。 ヤバい。 (画像はより) (画像はより) さらに、善逸が雷を纏って斬撃を放つシーン。 雷の動きがかっこいい。 完全に原作ファンを殺しにきている。 一応ネタバレを避けるためこれらの表現がなにを指すのかにつて言及はしないが、なんなのか知らなくても純粋に「すごい」と息をのむような作画であるし、もし原作ファンだったならその100倍くらいテンションが上がるシロモノ。 具体例を挙げると 弟や妹を何度も「よしよし」をする場面だ。 これは原作では描かれておらず、アニメ独自のシーンとなっている。 まず、本作の大きなテーマとして、 炭治郎と禰豆子との兄妹の絆がある。 これがとにかく尊い。 (画像はより) (画像はより) とくに、アニメ2話で描かれた炭治郎の独白シーンは、花江夏樹さん迫真の演技と合わさって 愛しさと切なさマシマシ。 これまで弟妹のためにいろいろ我慢してきた禰豆子、そんな彼女の幸せを心から願う、自分の手で叶えるという意思を確固たるものにするという、炭治郎の意思が伝わってくるようだった。 まだアニメでは描かれていが、このときの彼の長男力はかなりのもの。 本人は至って真剣なところも彼の天然っぷりを引き上げている。 いや、そうに違いない。 ふとそんな考えが頭をよぎり、思わずニコっとしてしまった。 『鬼滅の刃』の魅力はこんなもんじゃない と、ここまでアニメ『鬼滅の刃』1話褒めちぎるだけ褒めちぎってきたわけだが、ちょっと待ってほしい。 『鬼滅の刃』のおもしろさはまだまだここから先加速していく! 1話2話で満足しないでこの先の物語まで刮目してくれ!! このことを全人類に伝えたいがためにこの記事を書いたと言って過言ではない。 原作をリアルタイムで読んでいたのだが、最初から『鬼滅の刃』はおもしろかった。 だが、おもしろさが爆発したのは少し話が進んだ単行本4、5巻くらいだった記憶がある。 そう、あくまで個人的な所感だが、『鬼滅の刃』の魅力はアニメを数話見ただけでは味わい尽くせない。 まだまだこんなものではないのだ。 上記のグラフは、冒頭でも紹介した『鬼滅の刃』の連載が始まった2016年11号から2018年52号における「週刊少年ジャンプ」での本作の掲載順をグラフにまとめたもの。 ここから見て取れることは、 ・2017年、2018年と徐々に掲載順が巻頭に近づいている ・幹部クラスの敵とのバトルが描かれている時期に掲載順が前へ ・同時にアニメオープニングにも映る猛者っぽい方々が登場するタイミングでもある ということ。 (画像はより) もちろん、 掲載順=人気(盛り上がり)に直結するわけではないのは重々承知だ。 しかし、「週刊少年ジャンプ」を代表する人気漫画『ONE PIECE』の掲載順が1~3番目に集中していることや、連載終了する漫画の掲載順がページの後ろのほうにある傾向があるのもまた事実。 この記事では、掲載順を作品のひとつの盛り上がり度として仮定して考えてみた。 というわけで、このグラフで掲載順が巻頭に近づいていく単行本4巻5巻付近のストーリー、ここがおもしろさの大きな波のひとつだと個人的に思う。 戦闘描写はもちろん、オープニングにあった波や雷のようなエフェクト、もちろんキャラどうしの掛け合い、もう全部期待しててくれ! アニメの話数、進行ペース、オープニングアニメーションの描写から、今回のアニメで描かれるのはほぼ確実。 放送されるのを心待ちにしてほしい。 (画像はより) アニメ1話はニコニコチャンネルで無料で見れるし、最新話はニコニコ生放送でも上映される……この際ニコニコ関係なくどの媒体でもいいから『鬼滅の刃』を見てくれ。 見続けくれ。 そしてできれば原作も買ってほしい。

次の

おもしろフラッシュ総合サイト

アニメ おもしろ

INDEX• 「幼女戦記」がおもしろすぎる!テレビアニメ10話のあらすじと原作ネタバレ 登場キャラクター ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐 本作の主人公 若干9歳にして将校になった幼女 ライン戦線では共和国から 「ラインの悪魔」と呼ばれ恐れられた撃墜王 第203航空魔導大隊を率いて各戦線で多大な戦果を上げる。 ハンス・フォン・ゼートゥーア准将 帝国軍参謀本部の戦務参謀次長。 企業で言えば経営戦略の中枢にいる人物でターニャの直属の上官。 理知的で軍人というよりも学者然とした人で、その実力は高く参謀本部内でも一目置かれている。 彼がデスクで思索に耽るのは参謀本部の名物。 第203航空魔導大隊 ターニャが鍛え上げた精鋭部隊 本来は志願者たちを落として落として、大隊の話そのものを流してやろうと厳しい訓練を課していた そのおかげで、おそらく帝国最強の部隊が出来上がってしまった。 「幼女戦記」がおもしろすぎる!テレビアニメ10話のあらすじと原作ネタバレ 第10話「勝利への道」 共和国ライン方面軍司令部への襲撃 追加加速装置「V-1」は見事に役割を果たし、ターニャたち選抜中隊を目標地点へと送り届けた。 各小隊はそれぞれの目標への襲撃を開始、見事に敵司令部と弾薬庫の破壊に成功。 突然の作戦結果の知らせに唖然とする帝国の政治家たちに、ゼートゥーア少将は不敵な笑みを向ける。 その頃ライン戦線左翼では、解錠作戦の準備が進められていた。 坑道戦術による共和国軍右翼の撃滅。 これが解錠作戦であり、そのまま回転ドア作戦へと直結する。 無事解錠作戦は成功し、帝国軍左翼は前進した共和国軍左翼を包囲すべく前進する。 衝撃と畏怖作戦を終え、味方の潜水艦に回収されていたターニャ達選抜中隊も帰還がてら参戦するが、突如国籍不明の魔導部隊の反応が出現。 交戦に突入する... 「幼女戦記」がおもしろすぎる!テレビアニメ10話のあらすじと原作ネタバレ 補足 衝撃と畏怖作戦ですが、ターニャ達第1班が破壊したA目標はアニメでは完全なハズレでしたね。 しかし書籍版ではかなりの大当たりでした。 もちろん任務本来の目的から考えればハズレでしたが。 突入後、ハズレに肩を落とすターニャ達でしたが、そこで突然の魔導反応。 隠し扉から一人の魔導師が飛び出してきました。 魔導師は一人だけで無事排除されましたが、隠し扉の奥には地下へ続く階段があり、異様なほどの深さが見て取れました。 ターニャの見解では「280㎜砲弾の直撃にも耐える深さだろう」というほどです。 巧妙に隠蔽された地下空間で、話し声なども聞こえてくることから、人がいることは確実ですが、ターニャ達には時間がないのでナパーム系の燃焼術式で盛大に焼き払いました。 熱と酸欠で敵を排除するためです。 ちなみにこの施設は、連合王国と共和国の共同諜報施設だったはずです。 この件で連合王国情報部のハーバーグラム少将がまたブチ切れします。 潜水艦の艦長やクルーと仲良くやった後、帝都へ帰還がてらの出撃です。 アニメではここで連合王国部隊と接敵して終了となりました。 詳しい話は次回の11話でしますが、もちろんアンソン大佐は出てきません。 原作ではもう死んでますので 最後に 今回ついに回転ドア作戦が始まりました。 戦史に残るにも匹敵するような作戦です。 実に燃えますね! 次回11話でいよいよ決着です。 ではまた次回にお会いしましょう! 次の記事 前の記事 幼女戦記の立ち読みはこちらから!.

次の