藤川 阿部 なんj。 藤川球児 : まとめてんじぇい(なんJまとめ)

藤川球児 : まとめてんじぇい(なんJまとめ)

藤川 阿部 なんj

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] チーム「小高坂ホワイトウルフ」時代にから投手にされた。 に進学すると、2年生の時にに兼控え投手として兄の順一との兄弟で出場、2回戦でを擁するに敗れた が、のと共に2年生では2人だけ高校日本代表に選出された。 高校時代は、らと共に「高知三羽烏」と呼ばれていた。 ので阪神から1位指名を受け入団。 背番号は 30。 入団発表の記者会見では、当時の監督のにビッグマウス気味な話術を褒められた。 阪神時代 [ ] は体力強化を中心に過ごし、二軍でも3試合のにとどまった。 にに選出されてで登板し、初めて一軍登録もされてプロ初登板を果たしたが、野村監督の期待に応えることはできなかった。 同年、高校時代から交際していた女性と結婚して同学年・のプロ野球選手で最初の既婚者となった。 監督がに代わったから背番号を名前の「きゅうじ」に掛けた 92に変更。 として積極的に起用されて12試合に登板し、9月11日の対戦で8イニングを1失点に抑えて初勝利を挙げ、フレッシュオールスターゲームの先発投手も務めたが、同年は前出の1勝のみでに定着することはできず、までは目立った成績を残せなかった。 2003年のではを記録し胴上げ投手になったが、では登板機会がなかった。 なおこの年に球団からを受ける可能性があった事が、同年オフにコーチから昇格して新監督となったによって明かされている。 5月、肩の故障もあって二軍生活を送っていた頃、当時二軍投手コーチだったのアドバイスを受けフォームを改造し 、高校の先輩でもある一軍投手コーチのの助言で に転向した。 このフォーム改造・ポジション転向によってシーズン後半には一軍に定着。 31回を投げて35を奪った。 は背番号を 22へ変更。 この時「さん、さんと同じ背番号で光栄です」と語っている。 シーズンではに定着すると、、とともに「」を形成。 6月14日から7月20日にかけてプロ野球記録となる17試合連続を記録し、6月にはを受賞。 のファン投票では中継ぎ投手部門1位で初出場を果たした。 チームがリーグ優勝を決めた9月29日の対(巨人)戦では、当時のシーズン最多登板記録を更新する79試合目の登板をし、最終的に登板数は80試合を記録。 また、同年53で初タイトルとなるを獲得した。 とのでは第3戦で登板し、にタイムリーにされ降板し、チームは敗れた。 翌日の第4戦も敗れ、4連敗でシリーズを終えた。 2006年WBCでの藤川 は開幕前の3月に開催されたのに選出された。 背番号は、同じ「22」を着けるに配慮して 24を選んだ。 戦ではのバットを直球で折った。 シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月にの久保田が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。 7月4日の対戦で35試合連続無失点となり、が持っていた日本記録を更新。 7月21日の第1戦では登板前に「のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のへの投球前に、全球ストレートを予告し、一回もバットに当てさせず空振り三振に取り、続くに対しても全て直球を投じて空振り三振に打ち取った。 7月23日の第2戦では、同年からに移籍した清原と再び対決。 全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。 なお同年はと優勝を争う状況だった阪神だが、7月30日の対ヤクルト戦で藤川に初めて延長3イニングを投じさせるほど決定打を欠いて引き分ける戦いぶりに象徴される様に、オールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。 そんな中、首の寝違えで8月12日より登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板してとなりに立つと、からの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。 結局チームは優勝を逃したが、藤川自身は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得した。 は開幕から抑えとして安定した投球を見せた。 7月20日の第1戦ではセ・リーグから登板した9人の投手のうち最後に登場し、「僕の変化球なんか誰も見たくないでしょ?」と全て直球勝負で2三振を奪い、試合を締めた。 9月7日の対巨人戦ではリリーフ投手として史上初の3年連続100奪三振を達成。 シーズン終盤にはセ・リーグ記録となる10試合連続登板をして2勝7セーブ、防御率1. 80で、チームは10連勝した。 10月3日のチーム最終戦で日本タイ記録(前々年のと並ぶ、右投手としては新記録)となる46セーブ目を挙げ、初のを獲得。 オフには球団にの行使を申請し、「自分の気持ちにウソをついたまま来年プレーするのがイヤだった」として を希望していることを表明したが、ポスティング行使は球団に拒否された。 は前までに30セーブを挙げ、オールスター直後のに選ばれ、監督の構想した7・8・9回を担当する「トリプル抑え」の一角として指名された。 五輪では準決勝の対韓国戦で2対1とリードした7回から登板したが同点打を浴びた。 帰国後は同点時や大差のリード時などのセーブのつかない場面や、2イニングのなど、起用法は過酷になったが終始安定した投球で応え、9月25日の対横浜戦で通算100セーブを達成。 しかし、中日とのファーストステージでは、1勝1敗で迎えた3試合目で9回にに決勝打を浴びてチームは敗退。 オフには年俸4億円で契約更改し「メジャー挑戦の思いは持ち続けるが、阪神に入って10年。 酸いも甘いも知った。 来年はもう1回、阪神で巨人を倒したいという気持ちが強い」と語った。 は開幕前の3月に開催されたのに選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。 背番号 22をつけ、1次予選・2次予選の4試合に登板して防御率0. 00と結果を残した。 しかし、直球が走らずにたびたびを出すなど内容が不安定だったことから、準決勝と決勝ではが抑えを務め、自身は登板なしに終わった。 この際、抑えの経験がないダルビッシュに求められ気構えや調整方法などについて助言した。 大会終了後、この起用法に不満があるとして日本代表を引退するかのような報道が多数された が、後日自身の公式サイト内のブログで「悔いが残るとか、準決勝・決勝と連投して胴上げ投手になりたいという発言は一切していない」「代表を引退するとも言っていない」と報道を完全否定した。 シーズンでは5月途中の時点で早くも3敗を喫するなど不調にあえぎ、前年までと比較して登板数が大きく減少したが、6月以降は負けなしの5勝3敗25セーブでシーズンを終え、3年連続20セーブを達成した。 この年のオフも「あえてしゃべらなくても、やることは同じ。 どんな状況でも全力で前を向いてトライしていかないといけない。 ポスティングは交渉の中で伝えていこうと思う。 球団の了承がない限りメジャーに行けない」として2011年以降のメジャー挑戦のためポスティングシステムの行使を球団に申請したが、「やすやすとは出したくない。 ビジネス以前の問題」として拒否された。 は開幕から16試合連続無失点を記録し、例年以上の好調ぶりを見せた。 この年は他の中継ぎ投手の不調でセットアッパーが固定できず、交流戦と夏場を中心に、本来の抑え投手の役目に加えてセットアッパーのポジションも兼任することとなった。 結果として例年よりイニングをまたぐ登板が増え、1イニング以上の登板した試合はシーズン全体で12試合に及んだ。 4月13日での対巨人戦で、通算セーブ数での130セーブを抜き、歴代単独14位と球団記録を達成した。 ファン投票(セ・リーグ抑え部門1位)で6年連続のに選出され、第1戦の9回に登板し、里崎智也・・を迎えて投じた16球全て直球で、三者連続三振に仕留めた。 9月5日の対広島戦で通算150セーブを達成。 9月に入ると久保田の復調でイニングまたぎ登板は減ったが、制球が定まらず9月だけで2本の逆転被本塁打を打たれたり、それ以外でもピンチを招く場面がたびたびあった。 この年の被本塁打はプロ入り後ワーストの7本を数え、防御率・WHIPはそれぞれ2. 01と1. 08で、いずれも中継ぎに定着した2005年以降では最低の数字であった。 も抑えとして活躍し、前半戦は26試合に登板して防御率0. 76(自責点2)で昨年に続いてファン投票(セ・リーグ抑え部門1位)で7年連続のに選出され、第1戦では2007年同様にセ・リーグから登板した9人の投手のうち最後に登場して試合を締めた。 8月25日の対巨人戦で同点の場面で登板し3者連続三振で1回を抑え、この登板で通算100ホールドを記録し、史上初の通算100ホールド・100セーブの2つを達成した投手となった。 10月21日の対横浜戦でセーブを挙げ4年ぶりの40セーブに達し、最終的に41セーブを挙げて二度目の最多セーブ投手を獲得した。 オフにはこの年取得したを行使せず残留。 契約更改の交渉でも球団から2,000万アップの年俸4億2千万円を提示されたが、優勝を逃したことを理由に固辞し、翌年の海外FA権取得を見据えての単年契約の4億+出来高払いで更改した。 は、この年からチームがキャプテン制度を定めたのに伴い、野手キャプテンのと並んで投手キャプテンに選ばれた。 この年も抑えとして活躍し、4月11日の対広島戦で通算200セーブを達成した。 オフには海外FA権を行使し、「2007年のオフに初めてお話しさせていただいた、メジャーリーグへの思いはずっと抱き続けておりました。 今年に入ってからはすべての可能性を考え、熟慮した末、やはり、長年の目標に挑戦したい気持ちは強く、考えが変わることはありませんでした」として 、とを代理人としてMLB挑戦を表明した。 カブス時代 [ ] 2012年12月2日にと2年総額年俸950万ドル+出来高(3年目は年俸550万ドルの球団オプション。 が一定数以上の場合は年俸600万ドルで自動更新)で契約合意し 、12月7日に契約。 背番号は 11となった。 入団会見では「すべてが挑戦。 しっかりと結果を出すために努力を重ねたい」と語った。 、渡米前にで「向こうで(現役の)最後までやるつもりでやってくる」と語った。 開幕戦となった4月1日の対戦の9回二死の場面でメジャー初登板し、2球でメジャー初セーブを挙げた。 4月7日には不振のに代わりクローザーとして起用されることが発表された。 4月12日の対戦では2点リードの場面で登板し、3安打1死球1暴投の3失点で逆転を許した ものの、その裏に味方が逆転したためメジャー初勝利を挙げた。 しかし、13日に右前腕部の張りで入り。 5月10日の対戦で復帰し、復帰後は7試合の登板で防御率1. 17・WHIP 0. 55と好投を続けていたが、5月26日の対戦で右前腕部の張りを再発させ降板した。 を受けることが5月29日に球団から発表され 、6月11日に手術を受けてシーズンを終えた。 3月30日に前年の手術の影響で、15日間の故障者リスト入りし 、5月3日に60日間の故障者リストへ異動した。 7月16日にリハビリのためA級に異動。 8月6日に故障者リストから復帰した。 オフにFAとなった。 レンジャーズ時代 [ ] 2014年12月16日に年俸100万ドル+出来高の1年契約(翌年の契約は年俸200万ドル+出来高の球団オプション)でと契約。 背番号は 21。 は右脚付け根の張りで故障者リスト入りして開幕を迎えた。 5月14日に復帰し移籍後初登板。 しかし2試合の登板で3失点を喫した のち17日にとなってから外れ、22日に自由契約となった。 四国IL高知時代 [ ] レンジャーズを自由契約となった後、古巣・阪神が先発投手として獲得を調査していることが明らかになり 、一部では「阪神復帰が決定的」とも報じられた。 しかし、「地元の子どもたちに夢を与えたい」との思いから出身地である高知で野球人生を再スタートすることを決意し 、阪神からのオファーを拒否して・への入団を決めた。 これには、かつての藤川のチームメイトであり、当時阪神球団の駐米スカウトを務めていたおよび両名からのシビアな報告に球団側が及び腰になっていたことが背景にあった、と報じるメディアもあった。 高知と藤川との間に契約文書はなく、試合外での行動については球団ではなく藤川の所属するが管理する異例の形であった。 背番号は 11。 6月20日にで行われた・連合チームとのオープン戦に先発し、4回を1失点という内容であった。 2015年シーズンのNPB復帰期限だった7月31日までにオープン戦3試合に登板したが、NPB球団との契約には至らなかった。 これに伴い、高知球団は8月4日に藤川と、リーグの基準に従った形で後期シーズン(ポストシーズンを含む最終戦まで)の契約を締結した。 ただし、引き続き報酬は受け取らない条件で、以前同様常時チームには帯同しないと報じられている。 8月6日の対徳島戦に先発し、リーグ公式戦に初登板したが、先頭打者への5球目の投球が頭部に接触したため「危険球」として退場処分になった。 翌8月7日の対愛媛戦で、チームが6-2とリードした5回から登板し、5イニングを無失点・12奪三振の内容で、アイランドリーグ公式戦で初勝利をあげた。 地元の高知で開かれた9月7日の対香川戦では、先発投手として登板すると、被安打3の完封で2勝目を記録。 公式戦での完封勝利は、阪神の投手としてウエスタン・リーグ公式戦で2完封勝利を挙げた2000年以来15年振りであった。 球団では9月10日に、藤川との契約を2015年シーズン限りで終了することを発表。 当初は、最終登板として同月16日の対徳島戦での先発を予定していた。 しかし、発表直後に左足首を痛めたため先発を回避。 同カードおよび、チームのシーズン最終戦(同月17日の対香川戦)ではベンチに入ったものの、登板機会のないままシーズンを終えた。 在籍中には、阪神を含め複数のNPB球団関係者が藤川の投球を視察。 高知との契約期間満了直後には、中日やヤクルトが、藤川の獲得を視野に調査を進めていることが報じられた。 阪神復帰 [ ] 阪神では、渡米前のチームメイトだったが、2015年10月17日に一軍監督へ就任。 金本は監督就任の直後に藤川へ接触するとともに、球団として復帰を受け入れる姿勢を改めて示した。 ヤクルトも水面下での交渉で藤川サイドに2年契約を提示していたが、条件面などで折り合いが付かなかったこと から、藤川は阪神への復帰を決断。 11月14日には、阪神との入団契約で合意に達したことが球団から発表された。 契約期間は2年で、期間中の年俸総額は推定4億円。 同月24日には、球団と正式に契約を結んだ後に、入団記者会見で背番号 18の付いたユニフォーム姿を披露した。 首脳陣は藤川の復帰が決まった時点で、2014年から藤川の渡米前の背番号(22)を着用していたクローザー・の残留を前提に、藤川へ先発陣の一角を担わせることを構想。 当時一軍の投手コーチだったも、藤川に対して先発向けの調整を求めた。 ちなみに金本は、藤川の役割について、「先発の準備をしておけば途中から中継ぎにいける(転向できる)。 中継ぎの準備しかしていなかったら、先発(への転向)はしんどい」と説明している。 もっとも、阪神球団では、2015年12月で呉との残留交渉が決裂(詳しい経緯はを参照)。 藤川自身は、この時点で、先発以外の役割も担う姿勢を示していた。 球団では後に、や、カブス時代のチームメイトであったを呉の後任クローザー候補として獲得している。 には、先発投手としての調整を春季キャンプ以降も継続。 オープン戦では、3月6日の対巨人戦(甲子園)でNPB復帰後初登板を果たすと 、先発でチーム最多の2勝を挙げた。 公式戦では、中日との開幕カード第3戦(3月27日・京セラドーム大阪)で、先発投手としてNPB復帰後初の公式戦登板。 4月3日の対DeNA戦(横浜)にも先発すると、6回を2被安打無失点という好投で、NPB復帰後初勝利を挙げた。 また、NPBでは2003年9月19日の対巨人戦(東京ドーム)以来、自身4580日振りの先発勝利であった。 しかし、14年振りの甲子園での先発登板となった4月10日の対広島戦で、自己ワーストの7失点と復帰後初黒星を記録。 結局、5試合の先発登板で1勝2敗、防御率6. 12と振るわなかったため、5月中旬から再び救援投手に転向。 同月18日の対中日戦(甲子園)では、本来のクローザーであるマテオやセットアッパーのドリスが体調不良でベンチ登録を外れたことから、1点リードの9回表に復帰後初めてクローザーとして登板。 NPBでは2012年9月15日の対巨人戦(東京ドーム)以来のセーブを挙げた。 さらに、ドリスが登録を抹消された4月19日の対中日戦(甲子園)でも、同点で迎えた9回表に登板。 復帰後初の連投であったが、チームが9回裏にサヨナラ勝ちを収めたことによって、復帰後初の救援勝利を記録した。 なお、救援投手としては38試合に登板。 チーム事情に応じてセットアッパーやクローザーを担いながら、甲子園で16登板試合連続無失点を記録した ほか、4救援勝利(4敗)、3セーブ、10ホールド、救援防御率3. 58という成績でシーズンを終えた。 には、背番号を復帰前の 22へ戻す とともに、セットアッパーとしてレギュラーシーズンをスタート。 4月6日の対ヤクルト戦(京セラドーム大阪)では、延長10回表からの救援登板で2イニングを無失点に抑えると、のサヨナラ本塁打によってシーズン初勝利を挙げた。 また、この救援勝利によってNPB公式戦での通算HPが155に達し、ウィリアムスの持つ球団記録(154HP)を更新した。 同月中旬以降はがセットアッパーに定着したことなどから、点差の開いた展開やビハインドの局面での登板機会が増加。 この年のセ・パ交流戦最初の試合であった5月30日の対ロッテ戦()では、8点リードの9回裏に登板すると、先頭打者・の見逃し三振によってNPB史上146人目のNPB一軍公式戦通算1000奪三振を達成。 レギュラーシーズンでは、一軍公式戦52試合の登板で、3勝無敗、6ホールドをマーク。 前述した起用法の影響で2004年以来13年振りにセーブを記録できなかったものの、防御率は2. 22で、も前年から大幅に向上した。 には、レギュラーシーズンの開幕から、主に中継ぎで登板。 セ・パ交流戦の期間中からは、一軍の救援陣で戦線離脱者が相次いでいたことを背景に、セットアッパー やクローザーも務めた。 6月16日の対楽天戦()では、1点リードの9回裏に急遽クローザーとして登板すると、無失点で凌いだ末に公式戦2年振りのセーブを記録した。 7月21日の対DeNA戦(京セラ)7回表には、から見逃しで三振を奪ったことによって、救援登板では球団史上初めてのNPB一軍公式戦通算1000(先発登板を含めれば1093)奪三振をマーク。 9月5日の対広島戦(マツダ)では、球団史上最多の一軍公式戦通算701試合登板を達成した。 球団史上最長の14連戦が見込まれていた9月下旬に、右肘痛で戦線離脱を離脱。 シーズン全体では、自責点が付かない場面での救援失敗も多く 、「勝利の方程式」への再定着までには至らなかった。 それでも 、前年を上回る53試合に登板。 32という成績を残した。 シーズン終了後の契約更改では、この年に二軍監督を務めた矢野が一軍監督へ就任したことを背景に、クローザーへの本格復帰に挑戦する意向を明かしている。 、中継ぎ陣の一角として開幕を迎えたものの、4月6日の対広島戦(マツダ)で1イニング2本塁打を浴びるなど精彩を欠いたことから、自ら二軍調整を申し出翌7日に登録を抹消された。 4月27日に再昇格を果たすと 、同日の対中日戦(ナゴヤドーム)から6月11日の対戦()まで18試合連続無失点を記録。 その間、5月8日の対ヤクルト戦(神宮)で、球団記録となる通算142ホールドを達成し 、既に自身の記録が球団記録となっていたセーブ、HPと併せて救援3部門で球団歴代単独トップに立つと 、6月11日には通算150ホールドを達成してNPB史上初の「150セーブ・150ホールド」を達成した。 にセ・リーグ監督推薦で7年振りに出場。 甲子園での第2戦(7月13日)に9回表から登板し、オール直球で三者凡退に抑えた。 7月26日には当時クローザーだったラファエル・ドリスが外国人枠の関係でと入れ替わる形で登録を抹消された為、代役クローザーに任命。 8月31日には現役最多となるNPB通算235Sを達成。 ドリスが再び1軍に上がってもそのままシーズン終了までクローザーの座に就いた。 結果的にシーズン終了まで16Sを上げ、4勝1敗23H16S防御率1. 77という好成績をマーク。 奪三振率13. 藤川の好投もあってチームは土壇場で6連勝で3位に上がり、クライマックスシリーズに進出。 クライマックスシリーズもファーストステージ、ファイナルステージ合わせて4試合登板し、無失点の好投を見せた。 ストレートは打者の手元で浮き上がるように「伸びる」のが特徴であり 、その球筋・球威から「 火の玉ストレート」と称される。 ストレートを投じる際は、人差し指と中指を揃え完全に密着させた独特の握りで 、リリース時にはピンポン玉のように浮かび上がらせることを意識しボールを潰すような感覚で投げる。 また、できるだけ前でボールをリリースするために、投手板から踏み込んだ左足までが7足分という広いストライドを作る。 さらにタイミングをずらすために、打者の振り出してくるタイミングとキャッチャーミットにボールが届くまでの時間を体で感じながら、体の開きや腕の振り、リリースポイントを微妙に変えているという。 は藤川のストレートを「20年見た中でナンバーワン(のストレート)。 火の玉や」と称賛しており 、2006年のWBCで藤川との対戦経験を持つは「あんなストレートは見たことがない。 下から上がってくるんだぜ」と証言している。 プロの選手が真っすぐを待っているにもかかわらず、その真っすぐで空振りを取れる。 そんな投手は今のプロ野球界にはいない。 間違いなくナンバーワンのストレート」と評している。 NPBにおいて主戦リリーフ投手として活躍した2005年から2012年までの期間は、通算奪三振率12. 81という高い値をマーク。 から復帰した2014年には平均球速90. このようにストレートの平均球速などについては年々減少傾向にある一方で、現在も変わらず毎年投球回を上回る奪三振数を記録しており、2011年は変化球を多用することで特にフォークでの空振りを増やし奪三振率12. 59と高い数字を保った他 、2018年には40試合以上に登板したセ・リーグ救援投手の中でトップの被打率. 159を記録するなど、依然として高い投球術を誇るリリーバーとして活躍している。 高知へ入団してから阪神への復帰直後までの先発再転向時代はスライダーやカーブなども多用していた。 藤川は抑え投手として三振やフライでアウトを取ることにこだわっているが、これは野手の守備力という外的要素を排除したいが故の考えであり、その考えの根底には、で主流のの存在がある。 藤川とクルーンのリリースポイントを調べると藤川の方が10cm前だった。 藤川は身長184cm(当時)でクルーンは188cmと大きな差はないが、でのアナウンサーの取材によると、平均的投手は踏み出す足をプレートから6足半の場所に置くが、藤川は7足目であった。 数値流体力学者のによる調査の結果、あるプロ野球選手15人のストレートの回転数の平均値が1秒間に37回転(2220rpm)であるのに対し、藤川のストレートは1秒間に45回転(2700rpm)していることが判明。 また、一般的な投手が投げるボールの回転軸の傾きは水平軸に対して約30度であるのに対し、クルーンとは約10度であった。 しかし、藤川の場合その二人よりもさらに傾きが少ない約5度だったため 、より効率的にボールに揚力が発生していると考察された。 人物・エピソード [ ] 父が草野球でを達成した翌日に生まれたため、奇縁から「球児」と名付けられた。 幼少期はぜんそくを患っているなど決して丈夫な体ではなかったという。 (元投手)の大ファン。 「野球を始めたきっかけの人。 あの人がいなかったら野球をやっていなかった」と語り、グラブとマジックを持ってサインをもらいにいったことがある。 ・出身で、とは中学時代の同級生。 阪神入団時には「自分のことのようにうれしく思っています」とコメントされ、激励の手紙も受け取っている。 中学3年生時代(1995年)にはに転落した男性の救助活動をしたことで、仲間3人とともにから感謝状を受けている。 とは出身中学・高校が同じである。 もともと先発投手としてプロ入りしたものの、当初から「中盤以降に球威や制球力が大幅に落ちる」という傾向が見受けられていた。 2004年に一軍監督へ就任したは、この傾向を踏まえて、先発で伸び悩んでいた藤川を救援要員へ転向させることを決断。 当時の二軍投手コーチ・は、藤川に対して「上から投げ下ろすようにボールを叩き付ける感覚で投げろ」というアドバイスを送った。 これを機に、下半身を使って、しなりを残しながらも右ひざをあまり折らずにタメを作って投げ下ろすフォームに改造。 軸足をうまく使う方法を身に付けたことで、球速が急激に増加した。 ちなみに、NPBの一軍公式戦のみで1000奪三振を達成した投手としては、2017年5月時点でただ1人完投を経験していない。 高知へ入団してから阪神への復帰直後までは、トミー・ジョン手術を受けた右肘への負担を軽減させるなどの目的で先発に再転向していた。 2005年4月21日の対巨人戦にて、7回裏二死でに対してフルカウントからでに打ち取ったが、試合後には清原から「フルカウント二死満塁の場面でフォークを投げるような逃げ腰のピッチングは臆病な投手の判断」という趣旨 の罵倒を受けた。 しかし、藤川は「あの一件のおかげで、僕はストレートにこだわるようになった。 自分を常に磨かないといけないと思うようになった」 とこれに発奮し、6月25日に再び清原と対戦した際、今度はで三振を奪った。 これに清原は「完敗。 僕が20年間見てきた中で、最高のストレートです」 と藤川を絶賛した。 、付近のにて、他の選手とともに降車専用スペースから行列の順番を無視して乗車する光景が撮影されツイッターで拡散。 同月20日、球団広報担当者はルール違反の事実を認め謝罪している。 スコアボード表示名 阪神時代には、2010年に同姓のが入団した。 本来なら区別のためスコアボードなどの表記が「藤川球」となるところであったが、本人の希望を理由に、表記は「藤川」のままにすることが2010年1月22日の契約合意時に決定された。 そのため、2010年シーズンは藤川球児が「藤川」、藤川俊介が「藤川俊」として区別されていたが、報道では「藤川球」または「球児」と表記されることが多かった。 なお、藤川俊介が登録名を「俊介」に変更した2011年からは、登録名・報道での表記とも「藤川」に統一された。 兄・順一と同時に出場した高知商業高校時代の1997年夏の甲子園大会では、甲子園球場のスコアボードで「藤川球」(兄は「藤川順」)という表記を使用していた。 登場曲• 「every little thing every precious thing」 阪神主催試合での登場テーマ曲は、夫人と結婚する前からの2人の思い出の曲である、の「」だった。 この曲が流れると、スタンドでは多くの阪神ファンがメガホンを曲に合わせて左右に振りながら歌っている光景が見られた。 のは「(他の選手がアップテンポな曲を使う中)藤川投手は可愛らしい曲を選びますね」とコメントした。 なお、2007年には藤川と同郷であるの「笑顔のゆくえ」が併用されることになったが、こちらは結局一度も使われなかった。 2007年3月14日に系『』(同年4月1日放送)の企画で、リンドバーグのボーカルと甲子園で初対面し対談。 それによれば、藤川は観客やファンにどうしたら自分を表現できるかをずっと考え、そのために夫人が大好きな曲で、自身も歌詞と歌声に感激したため登板する際のテーマ曲に決めたという。 から出て行く時、曲が始まってから出るタイミングを決めており、歌詞の一部分で一瞬に気力を高めるという。 これを聞いて感激した渡瀬に、藤川は同年使っていた『気力一瞬』の刺繍が入った自身のをプレゼントした。 同年8月1日には、藤川が甲子園球場のマウンドで投げている姿の写真をジャケットに使った再発盤シングルを発売。 初週で3629枚を売り上げるとともに、で初登場38位を記録した。 2016年の阪神復帰後も、ファンの意向を受けて、この曲を登場曲に使用している。 「Don't leave me」 が司会のクイズ番組『』で結成されたの「」は藤川をイメージした曲で、藤川の許可なく作られたものであったが、この縁から2009年7月16日のでの対中日戦では、合田家族のメンバーである、、がに登場した。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 球 団 19 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 113 22. 2 25 1 18 3 4 25 4 0 15 12 4. 76 1. 90 12 12 0 0 0 1 5 0 --. 167 285 68. 0 56 6 30 0 2 64 4 0 33 28 3. 71 1. 26 17 2 0 0 0 1 1 0 --. 500 126 29. 1 28 4 12 1 1 19 2 0 12 11 3. 38 1. 36 26 0 0 0 0 2 0 0 -- 1. 000 129 31. 0 26 3 11 0 2 35 0 0 10 9 2. 61 1. 19 80 0 0 0 0 7 1 1 46. 875 349 92. 1 57 5 20 1 1 139 5 0 20 14 1. 36 0. 83 63 0 0 0 0 5 0 17 30 1. 000 306 79. 1 46 3 22 2 0 122 5 0 6 6 0. 68 0. 86 71 0 0 0 0 5 5 46 6. 500 313 83. 0 50 2 18 4 1 115 2 0 15 15 1. 63 0. 82 63 0 0 0 0 8 1 38 5. 889 249 67. 2 34 2 13 3 3 90 3 0 6 5 0. 67 0. 69 49 0 0 0 0 5 3 25 3. 625 217 57. 2 32 4 15 2 1 86 0 0 9 8 1. 25 0. 82 58 0 0 0 0 3 4 28 5. 429 257 62. 2 47 7 20 2 5 81 1 0 14 14 2. 01 1. 08 56 0 0 0 0 3 3 41 5. 500 193 51. 0 25 2 13 1 1 80 3 0 9 7 1. 24 0. 75 48 0 0 0 0 2 2 24 2. 500 189 47. 2 34 1 15 2 1 58 2 0 7 7 1. 32 1. 03 12 0 0 0 0 1 1 2 1. 500 50 12. 0 11 1 2 0 2 14 2 0 7 7 5. 25 1. 08 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 64 13. 0 18 2 6 2 2 17 2 0 8 7 4. 85 1. 85 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 1. 2 2 1 0 0 1 1 0 0 3 3 16. 20 1. 20 阪神 43 5 0 0 0 5 6 3 10. 455 275 62. 2 58 7 30 2 3 70 4 0 34 32 4. 60 1. 40 52 0 0 0 0 3 0 0 6 1. 000 232 56. 2 41 3 24 1 5 71 2 0 15 14 2. 22 1. 15 53 0 0 0 0 5 3 2 21. 625 229 54. 1 29 3 37 4 1 67 2 0 20 14 2. 32 1. 22 56 0 0 0 0 4 1 16 23. 800 226 56. 0 29 3 32 2 0 83 4 0 11 11 1. 77 1. 09 :16年 766 19 0 0 0 59 35 241 162. 628 3688 922. 0 617 56 330 30 31 1205 43 0 236 207 2. 02 1. 03 :3年 29 0 0 0 0 1 1 2 1. 500 122 26. 2 31 4 8 2 5 32 4 0 18 17 5. 74 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 WBCでの投手成績 [ ] 年 度 登 板 先 発 勝 利 敗 戦 セ | ブ 打 者 投 球 回 被 安 打 被 本 塁 打 与 四 球 敬 遠 与 死 球 奪 三 振 暴 投 ボ | ク 失 点 自 責 点 防 御 率 4 0 0 1 0 13 2. 2 4 0 0 0 1 3 0 0 1 0 0. 00 4 0 0 0 0 15 4. 0 3 0 1 0 0 3 0 0 0 0 0. 00 タイトル [ ] NPB• :2回 (2007年、2011年)• :2回 (2005年、2006年) 表彰 [ ] NPB• :2回 (投手部門:2005年6月、2008年9月)• 優秀選手賞:1回 (第2戦)• オールスターゲーム・ベストピッチャー賞:1回 (第2戦)• :1回 (救援賞:2008年6月)• :1回 (2012年)• :1回 (2005年、捕手:)• 最優秀バッテリー賞特別賞:1回 (2008年)• :1回 (2012年)• ・阪神タイガースMVP賞:1回 (2005年)• MVP大賞:2回 (2006年、2011年)• サンスポMVP特別功労賞 (2012年)• (2008年) 記録 [ ] NPB投手記録• 初登板:2000年3月31日、対1回戦()、3回裏に2番手で救援登板、2回無失点• 初奪三振:同上、3回裏にから空振り三振• 初先発:2002年7月21日、対横浜ベイスターズ18回戦(横浜スタジアム)、4回2失点• 初勝利・初先発勝利:2002年9月11日、対26回戦()、8回1失点• 初安打:2002年8月11日、対20回戦()、3回表にから左前安打• 初打点:2010年9月5日、対広島東洋カープ20回戦()、9回表にから左前適時打 NPB節目の記録• シーズン46セーブ:2007年、記録(達成当時はと並ぶNPBタイ記録 )• 17試合連続ホールド:2005年、と並ぶNPBタイ記録• 開幕以降11試合連続セーブ:阪神タイガース球団記録• 38試合連続無失点:セ・リーグ記録• 10試合連続登板:セ・リーグ記録(2007年8月30日 - 9月9日)• 150セーブ・150ホールド:NPB史上初の記録• 出場:9回 (2005年 - 2012年、2019年) MLB投手記録• 初ホールド:2013年4月4日、対ピッツバーグ・パイレーツ3回戦(PNCパーク)、8回裏に4番手で救援登板、1回無失点• 初奪三振:同上、8回裏にから空振り三振• 初勝利:2013年4月12日、対2回戦()、9回裏に3番手で救援登板、1回を3失点 NPB・MLB通算節目の記録• 1000奪三振:2016年7月26日、対東京ヤクルトスワローズ14回戦(阪神甲子園球場)、8回表にから空振り三振 独立リーグでの投手成績 [ ] 0. 82 6 2 1 0 2 1 0 33. 0 124 21 1 47 3 3 5 3 通算:1年 0. 82 6 2 1 0 2 1 0 33. 0 124 21 1 47 3 3 5 3 背番号 [ ]• 30 (1999年 - 2001年)• 92 (2002年 - 2004年)• 22 (2005年 - 2012年、2017年 - )• 24 (2006年WBC)• 28 (2008年北京五輪)• 22 (2009年WBC)• 11 (2013年 - 2014年、2015年6月 - 同年終了)• 21 (2015年 - 同年5月)• 18 (2016年 代表歴 [ ]• 関連情報 [ ] 著書 [ ]• 未熟者()2009年3月 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2019年12月10日閲覧。 、2013年1月19日号• 2006年1月18日. の2006年7月20日時点におけるアーカイブ。 2018年12月25日閲覧。 、2007年12月12日• 日刊スポーツ、2007年12月13日• 日刊スポーツ、2008年12月17日• スポーツニッポン、2009年3月25日。 サンケイスポーツ、2009年3月25日。 デイリースポーツ、2009年3月25日。 公式サイト内のブログ• livedoorスポーツ、2009年3月26日。 日刊スポーツ、2009年11月24日• 日刊スポーツ、2009年11月25日• 氏原英明「野球善哉」, 2010年10月13日。 サンケイスポーツ、2011年12月1日• 日刊スポーツ、2012年11月9日• 阪神タイガース公式サイト、2012年11月8日• MLB. com. 2012年12月2日. 2012年12月2日閲覧。 日刊スポーツ 2012年12月8日. 2015年8月27日閲覧。 2013年2月1日配信 同日閲覧• 日刊スポーツ 2013年4月3日. 2013年4月3日閲覧。 日刊スポーツ 2013年4月2日. 2013年4月3日閲覧。 スポーツニッポン. 2013年4月13日. 2013年4月13日閲覧。 日刊スポーツ、2013年4月15日。 日刊スポーツ、2013年5月28日。 MLB. com, 2013年5月29日。 日刊スポーツ、2013年5月30日。 日刊スポーツ、2013年5月30日。 日刊スポーツ、2013年6月12日。 MLB. com Cubs Press Release 2014年3月30日. 2014年3月31日閲覧。 MLB. com Cubs Press Release 2014年5月3日. 2014年5月4日閲覧。 デイリースポーツ、2014年7月16日、2014年7月21日閲覧• 日刊スポーツ 2014年8月8日. 2015年8月27日閲覧。 スポーツニッポン、2014年12月17日• 藤川球児オフィシャルブログ• 日刊スポーツ、2015年4月5日• スポニチ、2015年5月16日• 日刊スポーツ、2015年5月17日• スポーツニッポン、2015年5月26日• スポーツ報知、2015年6月1日• 日刊スポーツ、2015年6月1日• 藤川球児オフィシャルブログ、2015年6月1日• サンケイスポーツ、2015年6月1日• 高知ファイティングドッグス公式サイト、2015年6月1日• スポーツニッポン、2015年6月9日• 高知新聞、2015年6月20日夕刊• - 日刊スポーツ(2015年6月20日)• - 高知新聞2015年8月1日• - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2015年8月4日)• - 高知新聞2015年8月5日• - 高知新聞2015年8月7日• - 高知新聞2015年8月8日• 東京スポーツ、2015年9月8日。 サンケイスポーツ 2015年9月8日付記事• - 高知ファイティングドッグス 球団公式サイト 2015年9月10日閲覧• 日刊スポーツ、2015年9月17日。 日刊スポーツ、2015年6月28日。 デイリースポーツ、2015年9月24日。 日刊スポーツ、2015年10月3日。 サンケイスポーツ、2015年10月25日。 スポーツ報知、2015年10月30日。 2015年11月14日。 日刊スポーツ、2015年11月14日。 サンケイスポーツ(共同通信配信記事)、2015年11月24日。 阪神タイガース公式サイト、2015年11月24日。 日刊スポーツ、2015年11月24日。 日刊スポーツ、2015年11月27日。 日刊スポーツ、2015年11月26日。 日刊スポーツ、2015年12月3日。 日刊スポーツ、2016年3月6日。 スポーツニッポン、2016年3月27日。 デイリースポーツ、2016年4月3日。 日刊スポーツ、2016年4月11日。 日刊スポーツ、2016年5月11日。 日刊スポーツ、2016年5月18日• デイリースポーツ、2016年5月19日• スポーツニッポン、2016年9月22日• 日刊スポーツ、2016年11月17日• スポーツニッポン、2017年4月7日• 日刊スポーツ、2017年5月30日• スポーツニッポン、2018年6月7日• デイリー 2018. 17 2019. 28閲覧• 日刊スポーツ、2018年6月16日• サンケイスポーツ、2018年9月5日• 時事通信社、2018年9月24日• 産経新聞WEB 2018. 17 2019. 28閲覧• ニッポン放送 2018. 11 2019. 28閲覧• 阪神タイガース2018年12月5日付球団ニュース• 日刊スポーツ、2019年4月26日• 日刊スポーツ、2019年5月9日• 日刊スポーツ、2019年5月7日• 読売新聞オンライン 2019年6月12日• 日刊スポーツ、2019年7月13日• 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2011年、184頁。。 Full-count 2019年1月11日• 日刊スポーツ 2017年5月30日• デイリースポーツ online 2019. 01(2019年12月2日閲覧)• スポニチアネックス(スポーツニッポン) スポーツニッポン新聞社. 2009年1月1日. の2018年12月25日時点におけるアーカイブ。 2018年12月25日閲覧。 栃山直樹 2010年6月25日. サンケイスポーツ. 2010年6月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2019年11月12日閲覧。 山崎道生(運動部記者)「」『高知新聞』高知新聞社、2005年10月。 2006年10月30日閲覧。 の2006年10月29日時点におけるアーカイブ。 山崎道生(運動部記者)「」『高知新聞』高知新聞社、2005年10月15日。 2006年10月30日閲覧。 の2006年10月30日時点におけるアーカイブ。 『中日ドラゴンズ '96ファンブック』中日ドラゴンズ(発行)・中日新聞本社(発売)〈中日ドラゴンズファンブック〉、1996年3月13日、47頁。 日刊ゲンダイ 2016年4月11日• J-castニュース 2018年8月20日. 2018年9月1日閲覧。 、2010年1月24日付。 阪神タイガース公式サイト、2010年12月28日• 日刊スポーツ、2007年3月14日。 サンケイスポーツ 2015年12月28日• 2015年12月12日. 2018年3月1日閲覧。 2016年11月23日. 2017年9月7日閲覧。 参考文献・資料 [ ]• 松下雄一郎『藤川球児 ストレートという名の魔球』ヨシモトブックス、2008年、• 日刊スポーツ連載コラム「伝説」~剛速球に賭けた男 山口高志~ 2008年9月2日 - 9月6日・9月9日 - 9月13日掲載 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - NPB. jp 日本野球機構• 選手の通算成績と情報 、、、、、• (マネジメント)• (2015年6月1日 - ).

次の

[B!] 昨日の阿部慎之助vs藤川球児wwwwwwww : なんJ(まとめては)いかんのか?

藤川 阿部 なんj

コメント一覧 13• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:19• シーズン最終戦の本拠地最終戦で勝つための采配したのに批難されるとか可哀想 どうせ勝負して打たれて負けてたら怒ってたくせに• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:31• 中日がまだCSの可能性がある中で忖度してもらっといて断トツのドベ確のくせに申告敬遠はねえわ。 それまでに点取ってないクソ打線は知らんふりで勝ちにいったとか笑かしにくるのも大概にせえよ。 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:36• 勝負見たかったけど采配批判するような甘ったれにはなりたくない 自分の思う様にならない事の方が多い• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:56• あのタイミングで出すほうが悪い。 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 19:16• 阿部は引退した年好成績を残し最後の打席は敬遠で終わったって書くと伝説っぽくなるからええやろ• 名無しのまとめりー• 2019年09月29日 19:33• 普段からもっと勝つための采配しろや• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 21:26• 敬遠させるくらいの強打者ってことでいいやわ• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 22:34• 青木が引退する時に同じことされても文句言わないなら問題ないな• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 04:43• ヤクルトファンは今年何を見てきたんだ? 毎回ああいう場面で勝負をして打たれてるのと最近のマクガフの調子を見てきただろ• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 04:46• そもそもマクガフは生活かかってんだから阿部の最終打席なんて知らんでしょw• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 05:02• 最下位確定だし打たれてもよくないか? マジで謎やな• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 06:54• 引退試合の後に出てくるほうが悪い• 名無しさん@NPB好き• 2019年10月01日 23:06• だって阿部は引退するような成績じゃないし 普通に恐怖の代打やし.

次の

巨人阿部「ありがたい」藤川直球勝負にマン振り三振

藤川 阿部 なんj

コメント一覧 13• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:19• シーズン最終戦の本拠地最終戦で勝つための采配したのに批難されるとか可哀想 どうせ勝負して打たれて負けてたら怒ってたくせに• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:31• 中日がまだCSの可能性がある中で忖度してもらっといて断トツのドベ確のくせに申告敬遠はねえわ。 それまでに点取ってないクソ打線は知らんふりで勝ちにいったとか笑かしにくるのも大概にせえよ。 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:36• 勝負見たかったけど采配批判するような甘ったれにはなりたくない 自分の思う様にならない事の方が多い• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 18:56• あのタイミングで出すほうが悪い。 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 19:16• 阿部は引退した年好成績を残し最後の打席は敬遠で終わったって書くと伝説っぽくなるからええやろ• 名無しのまとめりー• 2019年09月29日 19:33• 普段からもっと勝つための采配しろや• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 21:26• 敬遠させるくらいの強打者ってことでいいやわ• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月29日 22:34• 青木が引退する時に同じことされても文句言わないなら問題ないな• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 04:43• ヤクルトファンは今年何を見てきたんだ? 毎回ああいう場面で勝負をして打たれてるのと最近のマクガフの調子を見てきただろ• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 04:46• そもそもマクガフは生活かかってんだから阿部の最終打席なんて知らんでしょw• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 05:02• 最下位確定だし打たれてもよくないか? マジで謎やな• 名無しさん@NPB好き• 2019年09月30日 06:54• 引退試合の後に出てくるほうが悪い• 名無しさん@NPB好き• 2019年10月01日 23:06• だって阿部は引退するような成績じゃないし 普通に恐怖の代打やし.

次の