寒暖差アレルギー蕁麻疹。 寒冷アレルギーの症状4つと見逃してはいけない理由について|綺麗のトリセツ

寒暖差アレルギーは咳やたんの症状あり?対策は?病院は何科に行く?

寒暖差アレルギー蕁麻疹

スポンサードリンク 寒暖差アレルギーの症状とは? 寒暖差アレルギーとは、その名前の通り、 寒と 暖の 気温差によって起こるアレルギーのことです。 主に「 くしゃみや鼻水」と言った症状がでます。 ・寒い場所から暖かい場所へ移動したとき ・お風呂あがり また、冬場だけでなく、 夏場の冷房での寒暖の差で出るという方も。 症状も、「くしゃみや鼻水」だけでなく、中には「 蕁麻疹」や「 頭痛」がでる場合もあります。 実は、寒暖差アレルギーは、花粉症などのように、特定の「 アレルゲン」があるわけではなく、 自律神経の乱れが原因だと言われています。 ですので、検査をしてもはっきりとした原因は特定されません。 医学的には、 血管運動性鼻炎と呼ばれています。 これも、アレルギーを出にくくする方法です。 また、寒暖差アレルギーは、 普段あまり運動をしない女性の方がなりやすいと言われてます。 これは、運動をしない女性は 筋肉量が少なく、体を温める力が弱いから。 今考えれば、そりゃアレルギー出るよな・・という感じですが、 「寒暖差アレルギー」を知ってからは、マスク着用。 冬場は着込む。 外出時のホッカイロは必需品です。 特に、マスク着用は効果があったなぁと感じています。 マスクの中は暖かいですし。 しかし、それでもアレルギーが出てしまう事はありますよね。 マスクもつけたくない時ってありますしね! でも、あの症状がでてしまうと、それどころではなくなりますから、そんな時は薬で対処しています。 寒暖差アレルギーに市販薬は効くの? 私が、症状が出たときに飲んでいるのは 市販の風邪薬です。 風邪薬の中でも「 鼻」に効く風邪薬を飲んでいます。 これを飲むと、すぐってわけにはいきませんが、だいたい回復し、翌日には全然平気になります。 一般的に、寒暖差アレルギーの鼻水の症状には、花粉症と同じ 抗ヒスタミン薬が効くと言われているのですが、 私の場合、なぜかヒスタミン薬よりも風邪薬で鼻水がとまることが多いです。 ですが、寒暖差アレルギーは自分で寒暖の差を調節することで、予防することができます。 279• 101• 233•

次の

寒暖差アレルギーは咳やたんの症状あり?対策は?病院は何科に行く?

寒暖差アレルギー蕁麻疹

Contents• 寒暖差アレルギーの症状は? 寒暖差アレルギーは名前の通り、夏や冬などに「今日は暑いなぁ~」と思ったら、次の日は「どうして寒いの」というような、気温の差が激しい時や、屋内と屋外の寒暖の差で症状がでてしまうアレルギーです。 このアレルギーは正式名称が「血管運動性鼻炎」といい、寒暖差が原因で自律神経が不調を起こすことでアレルギー症状がでます。 寒暖差アレルギーの症状はかゆみのでる湿疹やじんましんだけではありません。 他にも、鼻水や咳が止まらなくなったり、頭痛が起こることもあります。 よく、温いラーメンを食べると風邪をひいてないのに鼻水がつる~っとでてきますね。 あれも、寒暖差アレルギーの症状の1つなんですよ。 うちの子にもたまに鼻水などの症状がでますが、1番気になるのが湿疹やじんましんです。 中学生は、寒い日に学校から歩いて帰って来て家に入ると、ひざ下から太ももにかけて、皮膚が赤くなり、湿疹が出て、かゆみが出てきます。 下の子は、お風呂から上がると、手の平にブツブツとあかいふくらみができ、「かゆいかゆい」と手の平をかいています。 この寒暖差アレルギーですが、成人女性に多いアレルギーですが、こうやってみると、子供のうちから少しずつ症状が出ているのではないかと思います。 そして、うちでは花粉症などのアレルギーを持っている子に症状が出ているので、アレルギー持ちの子が大きくなるにつれて、どんどん症状が出てくるのではないかと心配になります。 寒暖差アレルギーの原因は? 寒暖差アレルギーには花粉症や食物アレルギーのように、原因物質があるわけではないです。 寒暖差が原因で自律神経が不調を起こすことが原因なので、マスクをしたり、アレルゲンを除去したり・・・というのが難しいです。 この原因となっている自律神経の不調ですが、自律神経は自分でどうにかしようと思ってもできない神経なうえに、脳と連携して痛みを伝えたり、体の動きを調整したりしている神経なので、自律神経のバランスが崩れてしまうと、色々と体に悪い影響を起こしてしまうのです。 そんな状態の体に、寒暖の差で刺激が加わることで、色んなアレルギー症状が出てしまいます。 そうなると、どうしたらいいのでしょうか?何か対策はあるのでしょうか? スポンサーリンク 寒暖差アレルギーの対策(皮膚編) 湿疹やじんましんの症状がひどい場合は、その症状が出てくる前に、抗アレルギー剤を飲み、アレルギー症状を抑えます。 うちの子は小児科で花粉症用にアレロックという抗アレルギー剤をもらっています。 1月にお風呂上がりに湿疹が出て、手のひらに赤いブツブツとかゆみがあった際、花粉症の時と同じ、アレロックを処方されました。 アレロックは花粉症の症状のアレルギー性鼻炎をはじめ、じんましんや湿疹、皮膚のかゆみなどに有効な薬です。 日によっては湿疹やじんましんが出ない日もありますが、それでも毎日、朝と夜にアレロックを飲むことで、症状を抑えられています。 でも、薬に頼りたくない人もいますよね。 その場合は、こういうことを試してみましょう。 ・お風呂と脱衣所の温度差をなくす• ・服の枚数をまめに調整する• ・皮膚をさらさないようにする お風呂上がりに湿疹やじんましんが出る場合は、お風呂と脱衣所の温度差をなくすことで、症状が出ないようにできます。 また、長風呂をすることで体が温まりすぎて症状が出てしまう場合もあるので、ある程度体が温まったら、湯船から出るようにしましょう。 温度差をなくすためには、脱衣所に小さい暖房器具を置いたり、脱衣所がリビングやキッチンなどに隣接しているなら、入口を開けてエアコンの温度設定を高めにして、脱衣所も暖かくなるようにします。 夏は、エアコンを切って、部屋の温度を上げると寒暖差がなくなりますよ。 うちの中学生のように、寒い中歩いた後に湿疹やじんましんが出る場合は、皮膚を寒い空気にさらさないようにします。 厚めのタイツを履いたり、ズボンスタイルでも、インナーにスパッツなどを履いておきます。 ただ、中学生はタイツが不可なので、制服の時は我慢しています。 外から家の中に入ることで、湿疹やじんましんが出る場合は、玄関の中に入ったら上着を脱ぎ、すぐに暖かいリビングには入らず、体をならしていきます。 また、暖房の入っている部屋から入っていない部屋に移動する時は、上着を増やす、スリッパをはくなどの対策もするといいですよ。 ただ、対策だけでは、寒暖差アレルギーが治ったわけではないですよね。 そこで、根本的な原因になっている自律神経のバランスを整えてあげましょう。 簡単にできる自律神経のバランスを整える方法 自律神経のバランスを整えるのは、色々と難しいです。 自分でどうにかできる神経ではないですからね。 でも、最近TVで紹介されたゴルフボールを使った運動が、簡単で凄く効果がでます。 きちんとした数値で効果を証明されていました。 うちでも始めようと、ゴルフボールを出しました。 やることは簡単です。 ゴルフボールを足の裏で30秒、痛気持ちいいくらいにコロコロするだけです。 テレビでは座ってやっても、立ってやってもいいという事でしたが、座ってやると体重をかけにくく、足の裏の刺激が弱かったので、立ってやることをおすすめします。 立ってやると、痛気持ちいいという感じがわかりやすいですよ。 あとは、自律神経を整える音楽を聞くこと。 CDブックも色々出ています。 うちで購入したのはこれです。 6曲入っているうちの2曲を聞くと、気持ちがゆったりした感じになるので、お気に入りの曲を流しています。 YouTubeでも自律神経を整える音楽がありますよ。

次の

寒暖差アレルギーによるじんましんの原因と対処法!

寒暖差アレルギー蕁麻疹

スポンサーリンク 身体の一部、または全身に痒みが起きる症状を「 蕁麻疹 じんましん 」と言います。 蕁麻 じんま 、別名イラクサという植物によって痒みが起きることに似ていることからそう呼ばれているそうです。 蕁麻疹が起こる原因は、 原因物質によって起きるアレルギーによるものと 、薬品や温度差などによる刺激で起きるものがあります。 中には 内蔵の疾患など別の病気が引き金になることもあります。 アレルギー性の蕁麻疹は、原因物質であるアレルゲンを食べたり接触したりすることで免疫が誤作動して痒みを引き起こす ヒスタミンを放出することで症状が出てきます。 アレルギーでない蕁麻疹は、漆などの樹液や薬品など痒みを起こす物に接触することや、寒暖による急激な温度差や局部の締め付けといった刺激によって症状が出るものです。 病気や内臓疾患が起因する場合もあります。 このように食べ物や疾患に関係があるかもしれないということで、皮膚科の病院に行くべきか内科の病院に行くべきかで迷う人もたくさんいるようです。 では、実際に何科の病院を受診するのが良いのでしょう。 スポンサーリンク 痒みの原因が、直接皮膚に関係していないこともある蕁麻疹では、何科の病院へ行くべきかわからないこともあるでしょう。 皮膚に症状だから 皮膚科の病院でしょうか。 それとも食べ物や病気が原因かもしれないから 内科の病院でしょうか。 このように何科が適しているかわからないことはよくあります。 蕁麻疹に関しては、多くの専門医が何科に行くか迷ったらまず皮膚科の病院に行くことをすすめています。 蕁麻疹は皮膚に症状が出るものということもありますが、強い痒みを感じることから掻きむしってしまい皮膚を傷め、中には炎症を起こしてしまっている場合もあります。 そのような場合は皮膚の治療が必要となりますので皮膚科での診察が適切ということになります。 また、皮膚科の医師も蕁麻疹は熟知していますので、何科での診断が必要かをきちんと説明してくれます。 場合によっては蕁麻疹に詳しい病院の紹介をしてくれることもあるでしょう。 何科を受診すべきか迷う場合は、症状が出ている患部を扱う診療科を受診するのが適切でしょう。 状態を見れば何科が向いているかの判断も適切に行ってくれるはずです。 スポンサーリンク.

次の