青葉真司。 青葉真司の生い立ちと職歴が判明!家族と両親は自殺をし、精神疾患持ちの無敵の人だった?

青葉容疑者、死亡率95%超だった…懸命に治療した医師「君も罪に向き合って」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

青葉真司

罪に向き合ってほしい」。 近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)で約4か月、治療にあたった医師の一人が読売新聞の取材に経緯を語った。 熱傷患者の専門治療ができる同病院に、容疑者がヘリで搬送されてきたのは事件2日後の昨年7月20日。 やけどは全身の9割超に及び、最初に搬送された京都市内の病院では手に負えなかった。 当時の症状から計算した死亡率は「95%超」。 医師は「救命は難しいかもしれない」と感じた。 実施したのは「自家培養皮膚移植」と呼ばれる治療法だった。 焼けずに残った部分の皮膚の細胞を培養で増やしてシート状にし、やけどした部分に移植する。 培養に3~4週間かかるため、この間の全身管理が難しい。 皮膚の機能がなくなると体内の水分が失われるほか、感染症にかかりやすく、死亡リスクもある。 青葉容疑者は、事件時に身に着けていたかばんのひもの下や、足の付け根などに、わずかに正常な皮膚が残っていた。 数センチ角の皮膚を切り取り、専門の業者に頼んで細胞を培養。 その間、やけどの激しい部分の皮膚を取り除いては、動物のコラーゲンでできた「人工真皮」を貼り付ける手術を繰り返した。 8月中旬に1回目の培養皮膚移植を実施。 体の表面の20%程度が覆われると、血圧など全身状態が徐々に改善した。 3回目の移植で救命のめどが立ち、移植は9月中旬、5回目で終わった。 10月上旬には呼吸管理のための管を抜き、会話もできるようになった。 青葉容疑者は現在のさいたま市で生まれ、定時制高校を卒業後はアルバイトを転々とした。 21歳の頃に父親が職を失って自殺後、窃盗事件やコンビニ強盗事件を起こしていた。 服役中は刑務官に繰り返し暴言を吐いたり、騒いだりし、精神疾患と診断された。 出所後は、生活保護を受給しながら、さいたま市のアパートで暮らしていたが、音楽を大音量で流すなどの奇行が目立ち、住民とトラブルにもなっていた。 青葉容疑者は近大病院でのリハビリ中、「意味がない」「どうせ死刑だから」「(自分は)意味のない命」などと投げやりな態度を見せた。 食べ物の好き嫌いも激しく、病院食を拒むことも多かった。 しかし、この医師が「私たちは懸命に治療した。 君も罪に向き合いなさい」と繰り返し諭し、リハビリをさせると、次第に態度の変化も見られた。 昨年11月の転院時、青葉容疑者は医師に「他人の私を、全力で治そうとする人がいるとは思わなかった」と漏らしたという。 あわせて読みたい•

次の

青葉真司の現在!やけど治療や逮捕状況、裁判は?生い立ちや家族にも迫る!

青葉真司

5月27日の朝、京都府内の病院で逮捕された青葉真司容疑者は、取り調べを受けるため京都・伏見警察署へと移送された 「『京都アニメーション』社内にガソリンをまいて放火した青葉真司容疑者 42 は、自らも全身に大やけどを負い、一時は意識不明の重体でした。 昨年11月頃、ようやく供述ができるまでに回復し、捜査は進展。 2月末頃から、何度か逮捕情報が流れましたが、新型コロナの影響で延期となっていました。 全身の9割以上をやけどした重病人の青葉が、万が一コロナに感染でもしたら、死に至る危険性もある。 緊急事態宣言が解除されるまで待とうというのが京都府警の意向でした。 また、被害者の実名を出さないよう報道規制を敷いた府警に対し、新聞・テレビが実名報道を求め、府警と記者クラブは揉めていた。 そのため、青葉の捜査状況は記者に知らされず、今回の逮捕について? んだのも直前でした」(全国紙社会部記者) これほどの厳重な対応は、すべて事件の真相を聞き出すためだ。 しかし、一方で青葉容疑者を生かすために、多額の税金が投入されていたことも明らかになった。 やけど治療のエキスパートである、麹町皮ふ科・形成外科クリニックの苅部淳院長は話す。 「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。 これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。 今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150~250枚ほど。 7500万円近くはかかっているはずです。 ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」 一般人には到底払えない高額医療費。 本来は自己負担だが、彼は違うようだ。 「生活保護受給者である青葉の治療費は全額保護費で賄われる。 基本的に、4分の3は国からの支出、残りの4分の1は青葉が住んでいた埼玉県やさいたま市の支出となります」(前出・社会部記者) 国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。 以下ネットの反応.

次の

[青葉真司]京アニ小説盗作は事実の可能性大!ディズニーパクリ作品と比較アニメ業界の闇

青葉真司

遠山大輔弁護士が優秀すぎる 36人が亡くなった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、京都府警に殺人などの容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)の国選弁護人が28日、勾留決定の取り消しを求めて京都地裁に準抗告した。 青葉容疑者は大阪拘置所に勾留されているが「勾留の理由や必要性がない」としている。 参照: ついに京アニ事件容疑者青葉真司の弁護士が決まった。 担当は国選弁護人の「遠山大輔(とおやま・だいすけ)」弁護士。 遠山大輔弁護士は、超優人。 過去に京都府舞鶴市で起きた女子高校生殺害事件で弁護人をを務める。 その際検査側から容疑者に対し死刑を求刑されていたが、遠山大輔弁護士は高等裁判所で逆転無罪判決を得ている。 舞鶴女子高生殺人事件で無罪判決 遠山大輔弁護士が過去に無罪を勝ち取った事件は、2008年に京都で起きた事件。 2008年5月7日に当時15歳の女子高生が行方不明になり、翌日8日に雑木林で遺体で発見された事件があり、その事件で中勝見(なか・かつみ)元受刑者が起訴されています。 舞鶴女子高生殺人事件は、京都地裁では「無期懲役」の有罪判決でした。 しかし直接的な証拠が発見されておらず、大阪高裁では「状況証拠だけでの立件は難しい」として「 推定無罪」の判決が下りました。 この時の担当弁護人が遠山大輔弁護士です。 舞鶴女子高生殺人事件では無罪判決でしたが、中勝見は2011年11月に当時38歳だった女性を刺し、殺人未遂事件で逮捕されています。 青葉真司容疑者も無罪になる可能性 青葉真司容疑者は障害者手帳を所持しています。 ここで今回の京アニ事件の重要な論点になりそうなのは、刑法「第39条」の「精神障害者の免責」です。 刑法39条では• 心神喪失者の行為は、罰しない。 (第1項)• 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。 (第2項) とされています。 犯行に責任能力が認められない場合は、避難できず、責任が認められないので犯罪が成立しない。 という内容です。 善悪が判断できていない人にとっては、一般的な犯罪が犯罪と思えていないということですね。 青葉真司容疑者は「書いた小説を盗作された」と供述していたり、過去にコンビニ強盗を起こして服役中に「精神障害」と診断され、障害手帳を渡されています。 事件概要は• 2008年に東村山でアパート隣室の老婦人(73)が女性被告(61)に殺害される• 被告人は逮捕後に「幻聴が聞こえた」「誰でもよかった」など供述• 地裁で行われた裁判員裁判では懲役8年6月の有罪判決• その後東京高裁で行われた裁判では「心神喪失(しんしんそうしつ)」だった疑いがあるとして逆転無罪 このようなことが実際に過去に起きていきます。 その他にも 睦沢町で2014年2月、井戸掘削会社社長の男性=当時(61)=が自宅に侵入してきた男に刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた無職の男(64)に対し、心神喪失として無罪を言い渡した千葉地裁判決について、千葉地検は30日、控訴を断念したことを明らかにした。 控訴の期限の同日が過ぎれば、男の無罪が確定する。 参照: コチラでは男の殺害行為が認められたものの、「統合失調症の影響を強く受けていて行動の制御が困難だった」として千葉地裁によって無罪判決。 東京都世田谷区の自宅で今年1月、生後3カ月の長女を浴槽に沈めて殺害したとして、殺人罪に問われた無職、鈴木由美子被告(39)に対し、東京地裁の裁判員裁判は30日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)の有罪判決を言い渡した。 島田一裁判長は「子を守るべき立場にありながら、水に沈めるなど犯行態様は悪い」と非難する一方、事件当時は心神耗弱状態だったと認め「治療の必要性が高い」として執行猶予を付けた。 参照: コチラの事件では、求刑4年の懲役だったが、「心神耗弱」として懲役3年の執行猶予5年。 (5年間犯罪を犯さなければ3年の懲役はなくなる) という減刑判決になった。 青葉真司容疑者はすでに障害者認定を受けていますが、事件に対して第39条をはじめとする責任の有無が判決に大きく関わりそうです。 犯行当時の状況によっては無罪の可能性もゼロではないということになります。

次の