プレース ホルダー と は。 プレースホルダーオブジェクト (PowerPoint)

Adobe InDesign でのデータ結合による定型レター、封筒または宛名ラベルの作成

プレース ホルダー と は

自動でデータ流し込みをしてデザインデータを作りたい。 データ結合を使ってみたい。 冊子、名刺、いろいろなものを作成する際に考えることではないでしょうか。 その中でも一番簡単と言われるIndesignでの自動組版について、様々な罠にハマったので解説します。 エラーメッセージ:選択した変数ライブラリが無効です。 原因:インポートしたデータソースファイルが不正である Indesignでは. csvファイルを読み込むことができます。 このファイルのカラム(一番上の行)には必ず全てにデータが含まれるようにしてください。 また、文字コードを. csv UTF-8 形式で保存しなければなりません。 ExcelやGoogle Spreadsheetから保存した段階では,違う文字コードが設定されていることが多いためそのまま利用するのではなく,一度テキストエディタ等で開いて保存し直す必要があります。 ドキュメントの「配置」を使ってIllustratorファイルをIndesignへ載せることは不可能です。 解決策として,Indesignでデータフィールドプレースホルダーを改めて作ります。 自動組版のためには、 データフィールドプレースホルダーというものが必要です。 これは何かというと、データソースのカラムを配置したい場所に仮に置いておく、テキストボックスのことです。 フォントも再度設定しなければならなく面倒ですが、必要な作業なので我慢しましょう。 Tips:名刺データの流し込み 単ページに設定しておきましょう。 名刺や片面ビラなどを作るときには単ページで作成しましょう。 見開きページだと、結合面で塗り白が重なってしまいます。 エラーメッセージ:データソース内に見つからないデータプレースホルダーが少なくとも1つあります。 一語一句でも間違っていると同じであると認識されないため,気をつけてください。 原因:ページを作成していない これは初歩的なミスですが,マスターページを元にして自動組版する場合にもページを作成して置かなければなりません。 マスターページをオーバーライドしただけのもので構いません。 もしページがない場合,データ結合のプレビューはできるが結合ドキュメントを作成できないという状況になっているでしょう。 原因:無効なハイパーリンクが挿入されてしまっている 自動組版の2回目以降,つまりテンプレートを再利用してデータを作成しようとしたときに起こります。 なぜなら,データプレースホルダーはデータソースの情報を保存しています。 テキストボックスそれぞれがデータソースのパスを保持しています。 データソースのパスを持ったままのテキストボックスに新しいデータソースのカラムを追加しても,古いデータソースのパスは上書きされることなく保持され続けるため,そのパスが参照できず,上記のようなエラーが発生します。 この場合は,マスターBページです。 この場合,古いデータソースのパスが残っているので,削除しましょう。 なお,赤いポッチを触ると URLを使用できませんといわれますがそのままで問題ありません。 最後に 以上のことを守れば,簡単なデータ結合は完璧にこなせると思います。 ご愛読ありがとうございました。 詳しいことは公式ドキュメントをご参照ください。 でもAdobe公式って、文字ばかりで読みづらいと思うのは僕だけですか?.

次の

【PHP講座】プレースホルダとは

プレース ホルダー と は

コンテクストに沿った説明やヒントは、入力フォームのそれぞれに何が入るかを明確にするのに役立つ。 その結果、入力が促進され、は向上する。 ヒントの提供方法はいろいろとある。 実装として一般的なのは、入力フォーム内に説明を入れるやり方だ。 しかし、残念ながら、 入力フォーム内のプレースホルダはユーザビリティに役立つよりも 損なうことのほうが多いことがユーザビリティテストでは繰り返し示されている。 ラベルとプレースホルダ ラベルはその入力フォーム内にどんな情報を入力するのかをユーザーに伝えるものだが、通常は入力フォームの外に置かれる。 プレースホルダテキストは入力フォーム内に置かれて、ヒントや説明、あるいは特定の入力欄に必要な情報の例を追加するものである。 こうしたヒントはユーザーが入力欄に入力をすると、消えるのが一般的である。 ラベル代わりのプレースホルダ ページをすっきりさせたり、フォームを短くしようと、入力フォームの中には、入力欄のラベルを入力欄内のプレースホルダテキストで置き換えているものもある。 これは良かれと思ってされているわけだが、調査からは、そうすることでいろいろと悪影響が出ることが明らかになっている。 最悪な例: プレースホルダテキストがラベル代わりに用いられている。 以下は、プレースホルダを入力欄ラベルの置き換えに用いてはならない、7つの主な理由である。 消えるプレースホルダテキストはユーザーのに負荷をかける もしユーザーがヒントを忘れるとどうなるだろう。 こういうことは長い入力フォームの記入中にはよくあることだ。 そうなると、彼は書いたものを削除したり、場合によっては、その入力欄から離れたところをクリックして、プレースホルダテキストをもう一度出さなければならない。 理想の世界では、ユーザーというのはフォームに入力中は完全にそれに集中しているものかもしれない。 しかし、現実には、 ユーザーは複数のタスクを同時に行う。 彼らはさまざまなタブを開いていることもあれば、eメールや電話に気が取られている場合もある。 複雑なタスクの場合には、作業を中断して、書類や注文番号を取ってこなければならないこともあるだろう。 我々のでは、モバイルユーザーはデバイスの利用中、気が散ったり、中断させられることが多いこともわかっている。 したがって、ユーザーが中断したところからまた始めやすくすることが重要である。 検索ボックスやログインフォームのような入力欄が1つか2つしかないシンプルで使用頻度の多いフォームは、複雑だったり、めったにしか使わないフォームほどには記憶負荷が問題にならない。 フォームがシンプルでよく知っているものなら、何を入力しなければならないかをユーザーが推測できるからだ。 とはいえ、シンプルなログインフォームでもラベルがなければ、入力するのは ユーザー名でもeメールアドレスでもよいのか、それとも ユーザー名だけなのかをユーザーが思い出せないこともある。 ラベルがないと、フォームの送信前にユーザーが自分の入力内容をチェックできない ラベルがないと、フォームにざっと目を通して、自分の回答が正しいかを顧客が確認できなくなる。 また、ブラウザが 入力フォームを自動補完するものだと、入力される情報が不正確になる可能性もある。 ラベルが消えたり、特殊な指示が見えなくなってしまうと、顧客はいちいち各入力欄のテキストを削除して、プレースホルダテキストを表示させ、入力内容が説明に一致しているかを確認しなければならない。 現実には、そうしたエラーの可能性に気づきさえせず、ダブルチェックをしようとしないユーザーが多いだろうが。 エラーメッセージが出たときに、問題の解決方法がわからない フォームを入力し終えても、入力フォームの外にラベルや説明が出てないと、ユーザーは各入力欄に戻って、説明を表示させて、エラーを修正しなければならない。 入力フォーム内にカーソルが入るとプレースホルダテキストが消えるのは、ユーザーをイライラさせる Tabキーを使うユーザーの入力欄から入力欄への移動は迅速だ。 彼らは次の入力欄へのタブ移動前に立ち止まって、その入力欄について調べたりはしない。 入力済みの入力欄が目につきにくい 調査によると、 ユーザーの目は空の入力欄にいく。 つまり、最低でも、ユーザーが空ではない入力欄を見つけようとすると余分に時間がかかることになる。 すなわち、それはことといえる。 そして、最悪の場合、彼らは完全にその入力欄を見逃す。 こうなると、ビジネスを台無しにする大惨事となる。 ユーザーがプレースホルダを自動入力されたデータだと勘違いする恐れがある 入力欄に既にテキストが入っていると、ユーザーはそこに入力できるとあまり考えなくなる。 中にはプレースホルダテキストをデフォルト値と思って、 その入力欄を完全に飛ばす人もいる。 プレースホルダテキストを手動で削除しなければならない場合がある ユーザーが入力フォーカスを入力欄内に移動させても、プレースホルダが消えない場合がある。 プレースホルダが入力欄内に 編集可能なテキストとして残っていると、ユーザーは手動でそれを選択し、削除するしかない。 そうすると、ユーザーに不必要な負荷がかかるので、フォーム入力に対するが増加することになる。 カーソルがテキストボックス内に置かれると、プレースホルダの表示が薄くなる場合もある。 残念ながら、こうしたインタラクションの方法は珍しいので、ユーザーはなじみがない。 その結果、そこにあるテキストを手動で削除しなければならないと、その時点でまだ考える人もいる。 彼らは何度か失敗し、たくさんのクリックをしてから、薄くなったテキストに重ねて入力し始めればいいことに気づくことが多い。 ラベルとプレースホルダテキスト プレースホルダテキストとフォームラベルの併用は正しい方向への第一歩である。 入力フォームの外にあるラベルは、必要不可欠な情報を常に目に入るようにしてくれる一方、入力フォーム内のプレースホルダテキストは補足的な情報に利用可能だ。 しかしながら、ラベルを利用し、重要なヒントや説明を入力フォーム内に置くようにすれば問題の程度は軽くなるものの、 前述した7つの課題を引き起こす可能性は残る。 フォームの正確な入力に 不可欠な説明を一部の入力欄に追加するくらいなら、そうしたテキストは入力欄の外に置き、いつでも見られるようにするのが一番である。 多少マシな例: プレースホルダテキストがヒントとして利用され、ラベルがさらに付け加えられている。 プレースホルダとアクセシビリティ 検討すべき最後の課題が、プレースホルダテキストは一般には を阻害する、ということだ。 確かに、アクセシビリティソフトウェアや最近のブラウザは良くなってきてはいるが、まだ先は長い。 アクセシビリティに関する最大の問題は以下の3点である:• デフォルトの薄い灰色のプレースホルダテキストはほとんどの背景に対してコントラストが弱い。 視覚障害のあるユーザーは色のコントラストが弱いとテキストが読みづらくなる。 すべてのブラウザのプレースホルダテキストがCSSを利用して設定できるわけではないので、これは対応するのが難しい課題である。 認知や運動機能に障害のあるユーザーにかかる負担がさらに重くなる。 これまで見てきたように、プレースホルダはすべてのユーザーにとって問題となりかねない。 消えるプレースホルダは記憶負荷を増加させるし、表示が薄くはなるがずっと出ているプレースホルダは、クリック可能に見えて実はできないときに混乱を引き起こす。 また、自動で消えないプレースホルダは、削除するのにキーボードやマウスによる余分なインタラクションを必要とするからだ。 こうしたことは認知や運動機能障害のあるユーザーにとってはより大きな問題となる。 すべてのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)がプレースホルダテキストに対応しているわけではない。 盲目あるいは視覚障害のあるユーザーは、所有するソフトウェアがプレースホルダのコンテンツを読み上げてくれなければ、そうしたヒントにまったく気づけない可能性もある。 結論 フォームの入力中にユーザーをつまずかせたり、フォームがどう機能するかを理解するのに貴重な時間を無駄にさせるというリスクを取ってはならない。 一番いいのは、いつでも見ることのできる明快なラベルを空の入力フォームの外に置くことである。 ベストな例: ラベルとヒントが入力フォームの外に置かれていて、ユーザーはいつでも見ることができる。 また、ヒントや説明はずっとそこに出ているべきで、入力欄の外に置くのがよい。 フォームは様々なの中でも重要な要素だ。 したがって、ユーザーが早く正確に入力できるようにしておくことに価値がある。 さらに学ぶ 調査レポート(英文)•

次の

placeholder(プレースホルダ)の表示とCSSでの装飾方法 [ホームページ作成] All About

プレース ホルダー と は

コンテクストに沿った説明やヒントは、入力フォームのそれぞれに何が入るかを明確にするのに役立つ。 その結果、入力が促進され、は向上する。 ヒントの提供方法はいろいろとある。 実装として一般的なのは、入力フォーム内に説明を入れるやり方だ。 しかし、残念ながら、 入力フォーム内のプレースホルダはユーザビリティに役立つよりも 損なうことのほうが多いことがユーザビリティテストでは繰り返し示されている。 ラベルとプレースホルダ ラベルはその入力フォーム内にどんな情報を入力するのかをユーザーに伝えるものだが、通常は入力フォームの外に置かれる。 プレースホルダテキストは入力フォーム内に置かれて、ヒントや説明、あるいは特定の入力欄に必要な情報の例を追加するものである。 こうしたヒントはユーザーが入力欄に入力をすると、消えるのが一般的である。 ラベル代わりのプレースホルダ ページをすっきりさせたり、フォームを短くしようと、入力フォームの中には、入力欄のラベルを入力欄内のプレースホルダテキストで置き換えているものもある。 これは良かれと思ってされているわけだが、調査からは、そうすることでいろいろと悪影響が出ることが明らかになっている。 最悪な例: プレースホルダテキストがラベル代わりに用いられている。 以下は、プレースホルダを入力欄ラベルの置き換えに用いてはならない、7つの主な理由である。 消えるプレースホルダテキストはユーザーのに負荷をかける もしユーザーがヒントを忘れるとどうなるだろう。 こういうことは長い入力フォームの記入中にはよくあることだ。 そうなると、彼は書いたものを削除したり、場合によっては、その入力欄から離れたところをクリックして、プレースホルダテキストをもう一度出さなければならない。 理想の世界では、ユーザーというのはフォームに入力中は完全にそれに集中しているものかもしれない。 しかし、現実には、 ユーザーは複数のタスクを同時に行う。 彼らはさまざまなタブを開いていることもあれば、eメールや電話に気が取られている場合もある。 複雑なタスクの場合には、作業を中断して、書類や注文番号を取ってこなければならないこともあるだろう。 我々のでは、モバイルユーザーはデバイスの利用中、気が散ったり、中断させられることが多いこともわかっている。 したがって、ユーザーが中断したところからまた始めやすくすることが重要である。 検索ボックスやログインフォームのような入力欄が1つか2つしかないシンプルで使用頻度の多いフォームは、複雑だったり、めったにしか使わないフォームほどには記憶負荷が問題にならない。 フォームがシンプルでよく知っているものなら、何を入力しなければならないかをユーザーが推測できるからだ。 とはいえ、シンプルなログインフォームでもラベルがなければ、入力するのは ユーザー名でもeメールアドレスでもよいのか、それとも ユーザー名だけなのかをユーザーが思い出せないこともある。 ラベルがないと、フォームの送信前にユーザーが自分の入力内容をチェックできない ラベルがないと、フォームにざっと目を通して、自分の回答が正しいかを顧客が確認できなくなる。 また、ブラウザが 入力フォームを自動補完するものだと、入力される情報が不正確になる可能性もある。 ラベルが消えたり、特殊な指示が見えなくなってしまうと、顧客はいちいち各入力欄のテキストを削除して、プレースホルダテキストを表示させ、入力内容が説明に一致しているかを確認しなければならない。 現実には、そうしたエラーの可能性に気づきさえせず、ダブルチェックをしようとしないユーザーが多いだろうが。 エラーメッセージが出たときに、問題の解決方法がわからない フォームを入力し終えても、入力フォームの外にラベルや説明が出てないと、ユーザーは各入力欄に戻って、説明を表示させて、エラーを修正しなければならない。 入力フォーム内にカーソルが入るとプレースホルダテキストが消えるのは、ユーザーをイライラさせる Tabキーを使うユーザーの入力欄から入力欄への移動は迅速だ。 彼らは次の入力欄へのタブ移動前に立ち止まって、その入力欄について調べたりはしない。 入力済みの入力欄が目につきにくい 調査によると、 ユーザーの目は空の入力欄にいく。 つまり、最低でも、ユーザーが空ではない入力欄を見つけようとすると余分に時間がかかることになる。 すなわち、それはことといえる。 そして、最悪の場合、彼らは完全にその入力欄を見逃す。 こうなると、ビジネスを台無しにする大惨事となる。 ユーザーがプレースホルダを自動入力されたデータだと勘違いする恐れがある 入力欄に既にテキストが入っていると、ユーザーはそこに入力できるとあまり考えなくなる。 中にはプレースホルダテキストをデフォルト値と思って、 その入力欄を完全に飛ばす人もいる。 プレースホルダテキストを手動で削除しなければならない場合がある ユーザーが入力フォーカスを入力欄内に移動させても、プレースホルダが消えない場合がある。 プレースホルダが入力欄内に 編集可能なテキストとして残っていると、ユーザーは手動でそれを選択し、削除するしかない。 そうすると、ユーザーに不必要な負荷がかかるので、フォーム入力に対するが増加することになる。 カーソルがテキストボックス内に置かれると、プレースホルダの表示が薄くなる場合もある。 残念ながら、こうしたインタラクションの方法は珍しいので、ユーザーはなじみがない。 その結果、そこにあるテキストを手動で削除しなければならないと、その時点でまだ考える人もいる。 彼らは何度か失敗し、たくさんのクリックをしてから、薄くなったテキストに重ねて入力し始めればいいことに気づくことが多い。 ラベルとプレースホルダテキスト プレースホルダテキストとフォームラベルの併用は正しい方向への第一歩である。 入力フォームの外にあるラベルは、必要不可欠な情報を常に目に入るようにしてくれる一方、入力フォーム内のプレースホルダテキストは補足的な情報に利用可能だ。 しかしながら、ラベルを利用し、重要なヒントや説明を入力フォーム内に置くようにすれば問題の程度は軽くなるものの、 前述した7つの課題を引き起こす可能性は残る。 フォームの正確な入力に 不可欠な説明を一部の入力欄に追加するくらいなら、そうしたテキストは入力欄の外に置き、いつでも見られるようにするのが一番である。 多少マシな例: プレースホルダテキストがヒントとして利用され、ラベルがさらに付け加えられている。 プレースホルダとアクセシビリティ 検討すべき最後の課題が、プレースホルダテキストは一般には を阻害する、ということだ。 確かに、アクセシビリティソフトウェアや最近のブラウザは良くなってきてはいるが、まだ先は長い。 アクセシビリティに関する最大の問題は以下の3点である:• デフォルトの薄い灰色のプレースホルダテキストはほとんどの背景に対してコントラストが弱い。 視覚障害のあるユーザーは色のコントラストが弱いとテキストが読みづらくなる。 すべてのブラウザのプレースホルダテキストがCSSを利用して設定できるわけではないので、これは対応するのが難しい課題である。 認知や運動機能に障害のあるユーザーにかかる負担がさらに重くなる。 これまで見てきたように、プレースホルダはすべてのユーザーにとって問題となりかねない。 消えるプレースホルダは記憶負荷を増加させるし、表示が薄くはなるがずっと出ているプレースホルダは、クリック可能に見えて実はできないときに混乱を引き起こす。 また、自動で消えないプレースホルダは、削除するのにキーボードやマウスによる余分なインタラクションを必要とするからだ。 こうしたことは認知や運動機能障害のあるユーザーにとってはより大きな問題となる。 すべてのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)がプレースホルダテキストに対応しているわけではない。 盲目あるいは視覚障害のあるユーザーは、所有するソフトウェアがプレースホルダのコンテンツを読み上げてくれなければ、そうしたヒントにまったく気づけない可能性もある。 結論 フォームの入力中にユーザーをつまずかせたり、フォームがどう機能するかを理解するのに貴重な時間を無駄にさせるというリスクを取ってはならない。 一番いいのは、いつでも見ることのできる明快なラベルを空の入力フォームの外に置くことである。 ベストな例: ラベルとヒントが入力フォームの外に置かれていて、ユーザーはいつでも見ることができる。 また、ヒントや説明はずっとそこに出ているべきで、入力欄の外に置くのがよい。 フォームは様々なの中でも重要な要素だ。 したがって、ユーザーが早く正確に入力できるようにしておくことに価値がある。 さらに学ぶ 調査レポート(英文)•

次の