けんつめし bgm。 けんつめし選手が「クラッシュ・ロワイヤル」の予選大会で優勝。東アジア予選に日本代表選手として参戦

けんつめし

けんつめし bgm

お互い反省点があると思いますよ。 たしかにドズルさんときおきおさんは完璧に準備ができていない中での生放送でした。 しかし忘れてはいけないのが、あの配信動画の解説は韓国語で、ドズルさんときおきおさんはその解説の日本語verを引き受けているわけですし、e-sportsとも呼べる大規模な大会の解説をする訳なので、いつもの個人の生放送と同じような雰囲気で放送するべきではないのではと個人的には思いました。 きおきおさんは「おけまる!」を連呼したり、選手や解説者の容姿についてかたったりなどと、かなり自由な発言をされてました。 それに対してけんつめしさんは勿体無い、残念だという気持ちを抱いたのでしょう。 けんつめしさんは日本を背負って出場する選手の1人として会場にいたので、その場の雰囲気というものを一番理解しているのかとおもいますし、当時は本人も生半可な気持ちで挑んだわけではないでしょう。 そのように真剣に戦ってきた人からすると、きおきおさんは雑な解説(解説なのか…?)だったり、意味の薄いことや、似たようなことを何度も連呼し、ふざけているように感じてしまうでしょう。 正直自分もその気持ちはよくわかります。 ええ、大会には出ていませんが。 ただ生放送を見ていて、「きおきおさんは頑張って放送を盛り上げようとしているな」という風に感じました。 少なくとも彼なりに努力はしていたとはおもいます。 が、場の盛り上げ方があまり浮かばず、その結果無理やりにでも盛り上げようとして雑めな解説になってしまった感じがありました。 そこはきおきおさんも落ち着いて解説すべきだとはおもいますが、それに対してのけんつめしさんのツイートはあまりにも配信側のことを考えていない、人の心を読めない、人を傷つけるツイートだなと感じました。 確かに言いたい気持ちはわかりますが、それをそのままさらっとツイートしてしまうようなことは、このような争いを避けたいならすべきではないとは思いますね。

次の

けんつめし

けんつめし bgm

みかん坊やさんの動画で流れてる音楽も気になる~! うぃっす、クラロワ愛好家のフーゴです。 つい最近、けんつめしさんの動画に流れてるBGM音楽が気になって、 曲名やアーティスト名を調べて、関連情報も記事にしてみました。 そうしたら今度はみかん坊やさんの動画で流れてる音楽も 「すごく良い曲だし気になるなーっ」ということで調べてみました。 ツイッターをみていても、このBGMが好きな方は多いようですね。 みかん坊やさんの動画はオープニング~ゲーム中の音楽と、 エンディング曲と2種類のBGMが使われているんですけど、 まずはオープニングの曲から紹介していきますね。 曲名の「Invincible(インビシブル)」の意味は、 「どんなことにも負けない」「無敵の」「征服できない」なので、 みかん坊やさんの圧倒的な強さにもつながってるのかもしれませんね。 アーティストの「DEAF KEV」の読み方は、 「デフ ケブ」と読む説が今のところ有力みたいです。 みかん坊やさんのエンディング曲の「DEAF KEV-invincible」ってめっちゃいいBGMだよね表情嬉しい 結構好きやわ~ — ゴレ魂 クラロワ ukiukitoo ツイッターにもこの曲のファンがいますね。 クラロワみかん坊やさんの動画のBGM・まとめ 今回はみかん坊やさんの動画で使われている BGMの曲名やアーティスト名、反応などを調べてみました。 クラロワをやるときはみかん坊やさんの曲を流すと、 「ほんのちょっと強くなる」という説もあるみたいです(笑) 本当かどうか今から「The Other Side」聴きながら、 クラロワで対戦して検証してみたいと思います。 そして2分後・・・ 負けました! しかも3クラウンとられるボロ負け(笑) ただやっていてちょっと楽しかったです。 なので、こういったEDMの曲を聴きながら、 クラロワをやるのも気分があがっておすすめです。 では、ではー!.

次の

けんつめし

けんつめし bgm

「2020 クラロワリーグ イースト」 スペシャルシーズンが閉幕 優勝は日本の「FAV gaming」の手に! FINAL MVPは X-Bow Master選手が獲得 モバイルゲーム開発会社Supercellは、「クラッシュ・ロワイヤル(以下、クラロワ)」の公式eスポーツ リーグ「2020 クラロワリーグ イースト」スペシャルシーズンのプレイオフ決勝を、2020年5月23日(土) に開催しました。 決勝はW. EDGM(中国)とFAV gaming(日本)の対戦となり、FAV gamingが見事スト レート勝ちを収めて優勝を手にしました。 準決勝はFAV gaming(日本)vs KIX Team(マカオ) プレイオフはダブルエリミネーション形式で行われ、準決勝はLoser's Bracketを勝ち上がったFAV gaming(日本)とKIX Team(マカオ)の対決となりました。 Set1のKING OF THE HILL(KOH)では、 KIX TeamのBenZer Ridel選手がFAV gamingのJACK選手、だに選手、X-Bow Master選手を相手に3連続 勝利。 序盤から猛攻を受けたFAV gamingですが、続くSet2のトリプルドラフトではキャプテン けんつめし 選手が安定したプレーで取り返します。 そこから一気に流れに乗ったFAV gamingの逆転が始まり、最後は X-Bow Master選手がOnion選手を1v1で下し、決勝へと駒を進めました。 決勝のW. EDGM(中国)戦では、FAV gaming(日本)が隙を与えない強さで大勝利! 決勝戦は、昨年ロサンゼルスで開催された「2019クラロワリーグ 世界一決定戦」の準決勝と同じカード となるW. EDGMとFAV gamingの対決。 そのときはなすすべなく無念の敗北を喫したFAV gamingにとって は、宿敵へのリベンジマッチとなりました。 Set1でお互いに2Gameずつを取り合う攻防のなか、X-Bow Master選手の華麗なプレーが光り、FAV gamingがまずは1勝します。 続いてのSet2 トリプルドラフトですが、ここでも大活躍したのがけんつめし 選手。 トリプルドラフトで勝率80%を誇る強敵Higher選手をストレートで下し、チームを? 舞するととも に優勝への道をX-Bow Master選手に託します。 迎えたSet3の1v1はX-Bow Master選手とHigher選手の対 決。 勢いに乗ったFAV gamingは、X-Bow Master選手がHigher選手に反撃の隙を与えない見事なプレーで、 なんとストレート勝ち。 その結果、クラロワリーグ アジア、クラロワリーグ チャイナが統合した新たな リーグ「クラロワリーグ イースト」の初代チャンピオンの座はFAV gamingに決定しました。 試合の様子は公式YouTubeにアーカイブしています 試合結果とルール 試合 結果 準決勝 FAV gaming 3:1 KIX Team 決勝 W. それと同時に、次は王者として迎え撃つ 側になるので今後もより一層がんばらないといけない なぁと思いました。 予選で勝っていてもプレイオフのBO5形 式を勝ちきるにはチームの総力が大事になるので、よくできていて面白かったです。 いつも応援してくれてありがとうございます。 そして、初めての世界チャンピオンになるためにこれからもがんばります。 試合前の激励メッセージのおかげで、私含め選手全員支えられながら自信を もって戦えています。 常にMVPを獲ることを望んでいたので、やっと選ばれた 瞬間、うれしくて泣いてしまいました。

次の