アラセナ軟膏 ニキビ。 妊婦は塗り薬は使ってもいいの?

プロトピック軟膏(アトピー薬 )の副作用(かゆい、ヒリヒリ、ニキビ)と対策

アラセナ軟膏 ニキビ

副作用 (添付文書全文) ネリゾナユニバーサルクリーム0. ネリゾナ軟膏0. ネリゾナクリーム0. 1.重大な副作用 1).眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意する。 2).大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、後嚢白内障、緑内障等の症状が現れることがある。 2.その他の副作用:副作用が認められた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。 1).皮膚感染症:(0. 2).その他の皮膚症状:(0. 3).過敏症:(0. 4).下垂体・副腎皮質系機能:(頻度不明)大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)による下垂体・副腎皮質系機能抑制。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.皮膚結核、梅毒性皮膚疾患、単純疱疹、水痘、帯状疱疹、種痘疹の患者[症状を悪化させることがある]。 2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 3.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎の患者[鼓膜の自然修復を阻害する恐れがある]。 4.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷の患者[上皮形成の阻害が起こる可能性がある]。 (重要な基本的注意) 1.皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合には、あらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか、又はこれらとの併用を考慮する。 2.大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用により副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様な症状が現れることがある。 3.本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化がみられる場合は使用を中止する。 (高齢者への使用) 一般に高齢者では副作用が現れやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては特に注意する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦に対する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある女性に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避ける[動物実験(ラット、マウス、ウサギ:連日皮下投与)で催奇形作用が報告されている]。 (小児等への使用) 長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来す恐れがある。 また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意する。 (適用上の注意) 1.使用部位:眼科用として使用しない。 2.使用方法:患者に化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意する。 (取扱い上の注意) 小児の手の届かない所に保管するよう指導する。 (保管上の注意) 遮光。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

妊婦は塗り薬は使ってもいいの?

アラセナ軟膏 ニキビ

用法・用量に関連する注意• 1 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること• 2 目に入らないように注意すること。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗うこと。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること• 3 外用にのみ使用すること• その後も、違和感が残る場合は、医師の診療を受けてください。 効能・効果 ひび、あかぎれ、切りきず、しもやけ、やけど、ぢ、打身 成分・分量 成分 100g中 分量 アロエ末 0. 5g アロエ葉末 2. 0g 添加物として、ワセリン、ラノリン、オリブ油、トウモロコシデンプン、香料を含有する.

次の

マイザー軟膏0.05%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

アラセナ軟膏 ニキビ

このページの目次• 処方された塗り薬、妊娠初期でも使っていいの? 塗り薬が処方される皮膚トラブルや病気にはさまざまなものがあります。 処方されたけれど使っても大丈夫なのでしょうか? 基本的には大丈夫 塗り薬は 塗った部分だけに効果があらわれるものがほとんどで、皮膚から吸収される量も飲み薬に比べるととても少ないといわれています。 塗り薬が胎盤を通して お腹の赤ちゃんに影響する可能性はとても低いと考えられ、初期の敏感な時期も 基本的に問題ないとされています。 妊娠中であることを伝えて処方されている塗り薬は、基本的には 用法・用量をきちんと守れば問題ないと考えてよいでしょう。 妊娠していることを必ず伝え、また妊娠中はトラブルを起こしやすいので 自己判断での市販薬の使用は避けましょう。 妊娠中の皮膚トラブルはどんなものがある? では塗り薬が処方されることが多い、皮膚トラブルや病気にはどんなものがあるのでしょうか? また処方される薬にはどんなものがあるのでしょうか? アトピー性皮膚炎 湿疹とかゆみをともない、アレルギー体質や皮膚の弱いがなりやすいアトピー性皮膚炎。 妊娠すると 免疫力が下がるためアレルギー体質だった方は悪化したり、また妊娠を機に症状の出る方もいます。 治療には主に ステロイドの塗り薬や抗ヒスタミン剤が処方されます。 プレドニゾロン、オイラックスHクリームなど(弱い)• キンダベート、ロコイドなど(おだやか)• リンデロンV、メサデルムなど(やや強い)• マイザー、アンテベートなど(強い)• ダイアコート、リンデロンDPなど(非常に強い) ヘルペス 体内の神経細胞にいる ヘルペスウイルスが原因の感染症で、免疫力が低下すると口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水ぼうそうや帯状疱疹などを発症させます。 妊娠中は単純ヘルペスウイルスが原因の 口唇ヘルペスや 性器ヘルペスが出やすくなります。 ピリピリした痛みから赤く腫れ、水ぶくれができてきます。 治療は 抗ウィルス薬の服用が主ですが、塗り薬も処方されます。 主に処方される塗り薬• ゾビラックス軟膏(アシクロビル)• アラセナA軟膏(ビダラビン) ニキビ 主に頬やおでこ、口周辺、下あごなどにできる発疹で、 毛穴にたまった皮脂が詰まり炎症を起こし、小さくふくらんだ状態になります。 炎症がひどくなると膿んで痛みをともなう場合もあります。 妊娠初期はホルモンバランスの崩れからニキビができやすい状態になります。 治療には主に 塗り薬を使用します。 主に処方される塗り薬• ディフェリンジェル(アダパレン)• ダラシンTジェル(抗生物質)• リンデロンVG軟膏(ステロイド) カンジダ膣炎 膣内に入った カンジダ真菌が増えることで炎症を起こし、激しいかゆみをともないます。 また白くポロポロとした酒粕状のおりものになります。 カンジダ真菌は常在菌のうちのひとつで普段症状が出ることはないのですが、 免疫力が下がるとかかりやすくなります。 治療には抗真菌の錠剤を膣に入れ菌の増殖を抑えるとともに、 抗真菌の塗り薬も処方されます。 主に処方される塗り薬• エンペシドクリーム(クロトリマゾール)• フロリードクリーム(硝酸ミコナゾール)• パラベールクリーム(硝酸エコナゾール)• オキナゾールクリーム(硝酸オキシコナゾール) 痔 肛門の病気で炎症を起こしたり出血したりします。 代表的なものにいぼ痔や切れ痔などがあります。 妊娠初期は 冷えによる血行不良が原因になったり、 便秘でいきむことが増え、痔になりやすくなります。 治療には主に ステロイドの塗り薬と座薬が用いられます。 主に処方される塗り薬(ステロイド)• ネリプロクト軟膏• 強力ポステリザン軟膏• ヘモレックス軟膏 ステロイドは控える?やめた方がいいの? 皮膚トラブルの塗り薬にはアトピー性皮膚炎を筆頭にステロイド配合のものが多くあります。 妊娠初期にステロイドが処方された場合、使ってもいいのでしょうか? 用法・用量を守れば大丈夫 副作用の心配をついしてしまうステロイドですが、 決められた用法と用量を守れば胎児に影響はないとされています。 これまでに妊娠中のステロイドの使用が原因で、 胎児に奇形が発生したということは実際ありません。 ただ中には 「妊娠中の使用に関する安全性は確立していない」とされるものもありますので、 必ず妊娠していることを医師に告げ、そういったものは極力避けて処方してもらいましょう。 どうしても気になる場合は、 非ステロイド薬に変えて様子をみてもいいでしょう。 赤ちゃんに影響がある薬はあるの? 妊娠を伝えて処方されるほとんどの塗り薬は問題ないと考えていいのですが、中には 長期使用や乱用を 避けた方がいいとされるものもあります。 下記の薬はなるべく避け、別なものに変えてもらうと安心です。 妊娠中の使用を控えた方がいいとされる薬 禁忌(投与しないこと)• ディフェリンジェル (ニキビ治療薬)• プロトピック軟膏(アトピー治療薬 ) 投与しないことが望ましい• リンデロン-DP(ステロイド/アトピー)• ジフラール(ステロイド/アトピー) 長期使用を避ける• リンデロンV (ステロイド /アトピー)• プロクトセディル(ステロイド/痔)• 強力ポステリザン(ステロイド/痔) 塗り薬の3つの正しい使用法 赤ちゃんに影響はないとはいえ、妊娠中の薬の使用はなんとなく避けたいですよね。 塗り薬の正しい使い方を知って、早めに治しましょう。 1.用法・用量をきちんと守る 処方される場合、必ず薬剤師さんから1日の使用回数や使用量、使用日数の説明があると思います。 特にステロイドは 「症状が治まったらやめるように」との指示があることがほとんどです。 他の塗り薬もそうですが、 決められた用法・用量をしっかり守り、治ったら使用をやめましょう。 そうすることで長期使用を防ぐことができます。 2.手をきれいに洗ってから塗る 手指が汚れた状態で薬を触ると、 薬自体が汚染されてしまいます。 そのまま薬を塗ると、傷があった場合など他の皮膚炎などを起こす原因になりかねません。 薬を塗る場合は必ず手をきれいに洗い、 ペーパータオルなどの使い捨てのものできれいに拭くことをお勧めします。 3.チューブやヘラを直接患部につけない 患部から直接薬の中に菌などが入るのを防ぐためにも、 チューブの先端やヘラなどを直接患部につけて塗らないようにしましょう。 必ず清潔な手にとって塗るように心がけましょう。 まとめ 妊娠中に塗り薬を使用する場合の症状も、ほとんどがホルモンバランスの崩れや免疫力の低下から起こっています。 症状が出たら薬をあまり怖がらずに、使い方を守って早く治し、ストレスを減らすこともママと赤ちゃんにとっては大切です。 まずは規則正しい生活を送るよう心がけ、疲れをためないようにして病気にかからないようにしたいですね。

次の