シャチ 水族館。 【2019年度版】シャチに会える水族館

シャチにイルカにペンギンも!見どころいっぱいの「名古屋港水族館」|ナイスタイム(NICE TIME)

シャチ 水族館

テレビで報道されたことで、一躍人気の水族館となった「名古屋港水族館」ですが、他にも色々な魚達が見られるみたいですね。 名古屋港には、シャチが3匹もいるそうで、シャチを見るのなら、名古屋港水族館もおすすめです。 日本でシャチが見られる水族館は、鴨川シーワールドもありますが、日本ではシャチが見られる水族館は二か所しかないそうです。 鴨川シーワールドにするか、名古屋港水族館にするかは、交通事情もあるので一概には言えませんが、シャチ好きなら、両方の水族館を見るのをおすすめします。 シャチの凄い所は、自然海では敵なしと恐れられるその外見と泳ぎの早さですね。 泳ぎの達人とも言われる「バンドウイルカ」と同じくらい速いそうで、時速60~70kmで泳ぐことが出来るそう。 マツコの知らない世界で有名になったシャチかどうかはわかりませんが、あるシャチが5億円で名古屋港水族館に譲渡されることが決まったそう。 ただ、譲渡されてわずか7か月間で、そのシャチは死んでしまったそうです。 残念な話ですが、シャチの飼育は難しいそうなので、仕方のない部分もあったかも知れませんね。 シャチの飼育は、難しいと言われています。 水族館で余り見られないのはそれが理由みたいですね。 日本でシャチを見ようと思ったら、水族館は「名古屋港水族館」か「鴨川シーワールド」ですが、どちらのシャチも可愛いそうなので、シャチ好きにはたまらない「シャチショー」なども開催されているそうです。 泳ぐのが早いと書きましたが、時速70kmで泳ぐ動物は稀ですし、その好奇心の高さから、人間にも擦りよって来るのがまた人気の秘密かも知れません。 ちなみに、シャチ自体は飼育が難しく、世界でも6各国だけ、しかも全部で42頭のみなんだとか。 また、飼育が難しいのは、シャチ自体の好奇心の高さが災いしているようで、中にはじゃれて見物客に怪我をさせたり、飼育員が死亡したりするケースもあるようです。 可愛いからと言っても、元は野生動物であることを忘れてはいけないですね。 父はオスカーで、母はラビーというシャチでした。 アースは、2015年に、鴨川シーワールドから名古屋港水族館へと引越しが決まったそう。 ちなみに、リンは2012年に名古屋港水族館で生まれたシャチで、ステラの娘になります。 リンもアースも、お母さんっ子だったようで、しばらくべったりだったと言います。 名古屋港水族館にいるシャチは、アース、ステラ、リンの3頭ですが、3頭を見るだけでも、一日中退屈しないそうですよ? 施設の規模が大きい割には、入場料は安く、大人でも2000円ほどで見られるそうです。 名古屋港の近くに行かれる時には、ぜひ名古屋港水族館に寄ってみて下さい。 名古屋港水族館と鴨川シーワールドでしか見られないシャチや、シャチの子供達の迫力は半端ないそうです。 名古屋港水族館とは違い、当時からシャチを飼育していた鴨川シーワールドでも、シャチのショーを見ることが出来ます。 鴨川シーワールドでは、1995年にマギーが出産しましたが、この赤ちゃんは逆子で生まれ、残念ながら亡くなってしまった過去がありました。 そんな過去を経て、1998年にステラが出産した子供「ラビー」は一躍人気者に。 更にその後、ラビーが10歳になった頃、ラビーもまた出産し、3代目に当たるアースが生まれ、現在名古屋港水族館でステラとアースは、鴨川シーワールドから名古屋港水族館へと引っ越しをしています。 鴨川シーワールドのすごい所は、日本で唯一 と言っても日本では二つしか水族館はないですが… シャチの飼育に成功しており、名古屋港水族館よりも、その点では鴨川シーワールドが一歩先をいっている感じですね。 鴨川シーワールドでは、現在4頭のシャチが暮らしています。 ランは、2015年に名古屋港水族館から鴨川シーワールドへと引越して来ました。 鴨川シーワールドでは、飼育に成功していることもあり、日本でも有数のシャチの水族館と言えそうですね。 鴨川シーワールドでは、Facebookなどから、状況を知ることも出来ます。 シャチのいる水族館と言うことなら、鴨川シーワールドも外せません。 実は、日本では二つの水族館でしか見られないシャチですが、昔和歌山のアドベンチャーワールドではシャチがいたそうです。 そして、マツコの知らない世界でも触れられていたかもしれませんが、名古屋港水族館では、シャチをレンタルではなく、4億8000万円で購入に踏み切ったそうです。 名古屋港水族館では、2012年度~年間使用料4,900万円で5年契約の貸与をしている、いずれもメスのシャチのステラとリンを飼育していますが、2017年にその契約が切れます。 それを受けて、育ったアースの譲渡を鴨川シーワールドに要請しているんだとか。 ただ、5億円と言えばすごい金額なので、一部では反対意見もあったんだとか。 また、鴨川シーワールドでは、飼育に成功した実績がありますが、名古屋港水族館では無事飼育が出来るのか?と危ぶむ声もあります。 実際に譲渡されたシャチ「ナミ」は7カ月ほどで亡くなってしまったと前述しましたが、やはり飼育環境が違うと、シャチの飼育は難しいのかも知れませんね。

次の

シャチがいる日本の水族館!マツコも注目「シャチショー」はどこで見れる?

シャチ 水族館

Type Cとされる個体。 アイパッチが他と比べ小さい。 の仲間では最大の種であり、平均ではオスの体長は5. 8 - 6. 7メートル、メスの体長は4. 9 - 5. 8メートル、オスの体重は3,628 - 5,442キログラム、メスの体重は1,361 - 3,628キログラム。 最大級のオスでは体長は9. 8メートル、体重は10トンに達する。 背面は黒、腹面は白色で、両目の上方にアイパッチと呼ばれる白い模様がある。 生後間もない個体では、白色部分が薄い茶色やオレンジ色を帯びている。 この体色は、群れで行動するときに仲間同士で位置を確認したり、獲物に進行方向を誤認させたり、自身の体を小さく見せたりする効果があると言われている。 大きな背びれを持ち、オスのものは最大で2メートルに達する。 の根元にサドルパッチと呼ばれる灰色の模様があり、個々の模様や背びれの形状は一頭ずつ異なるため、これを個体識別の材料とすることができる。 長さ8 - 13センチメートル の円錐状の鋭い歯が上下のあごに計44 - 48本並んでいる。 歯の形状は全体的にほぼ均一であり、獲物を咀嚼することよりも噛みちぎることに特化したものになっている。 現時点では一種として扱われているものの、少なくとも南極海だけで1万年ほど前から混血のない3タイプに分化しており、食性、サイズが異なる。 南極海海域のシャチについて区別の必要がある場合、以下のような分類がなされることがある。 タイプA 最近の論文などではwhale eater killer whaleと記述されることが多い。 一般的にイメージされるシャチであり、等を主食とする。 アイパッチの大きさは中間的。 流氷の少ない沖合に棲む。 タイプB 最近の論文などではmammal eater killer whaleと記述されることが多い。 タイプAよりやや小型であり、海生哺乳類を主食とする。 ・・・等も捕食する。 アイパッチがAの2倍ほど大きく、白色部がやや黄色い。 流氷のある沿岸近くに棲む。 食性や体長などの違いから、ラージタイプBとスモールタイプBに分ける説もある。 タイプC 最近の論文などではfish eater killer whaleと記述されることが多い。 Orcinus glacialisという学名が新たに提案されている。 最も小さいタイプであり、タイプAと比較してオスで100センチメートル、メスで60センチメートルほど小さいと思われる。 を中心とした魚食性。 最も大きな群れを作る。 アイパッチが他と比べ小さく、体の中心部の黒白の境界面に対して大きな角度を持つ。 白色部がやや黄色い。 流氷のある沿岸近くに棲む。 タイプD 2004年以降、提唱されるようになった種。 通常よりも小さい目、短い背びれ、に似る丸みを帯びた頭部によって認識される。 活動範囲は南緯40度 - 60度の間の亜南極海域で、地球を回るように周回していると考えられている。 主な食事については知られていないが、魚類を捕食することが報告されている。 現在タイプB・Cは別種とすべきという研究が提出されつつある。 北太平洋付近の観測もある。 研究の進んでいるカナダのブリティッシュ・コロンビアで、定住型(レジデント)・回遊型(トランジェント)・沖合型(オフショア)の3タイプの個体群が知られている。 定住型は主に魚を餌とし、大抵は十数頭の家族群を形成して生活する。 魚の豊富な季節になると、特定の海域に定住し、餌を追うことから定住型と呼ばれる。 それに比べ、回遊型は小さな群れまたは1頭のみで生活し、決まった行動区域を持たず、餌も海に住む哺乳類に限られる。 沖合型は文字通り沖合に生息し、何十頭もの巨大な群れを形成する。 3タイプの中で最もデータが少なく、餌についてもほとんど分かっていないが、傷が多かったり歯がすり減ったりしているという特徴があるため、手強い獲物(サメなど)を食しているとも考えられている。 上に挙げた3タイプのシャチ間での交配は報告されておらず、遺伝子も異なることがわかっている。 分布 [ ] 一般的に冷水を好むが世界中の海に生息し、としては珍しくやにも生息する。 餌になるが多いことなどから、特に極地付近の沿岸に多く住む。 主にの・の・の・のなどに住む個体群の研究が進んでいる。 地球上で最も広く分布する哺乳類の一種と言われる。 時には餌を求めて、数百キロメートルも川を遡上することも報告されている。 日本ではのからにかけてや、にて度々目撃されている。 生態 [ ] ブリーチングするシャチ 非常に活発なであり、ブリーチング(海面へ自らの体を打ちつけるジャンプ)・スパイホッピング(頭部を海面に出し、辺りを見渡すためと言われる行動)など、多彩な行動が水上でも観察されている。 また泳ぐ速さは時速60 - 70キロメートル以上に及び、「泳ぎの達人」と呼ばれると並んで、哺乳類では最も速く泳ぐことができるのひとつである。 餌を求めて1日に100キロメートル以上も移動することが知られている。 また、好奇心も旺盛で、興味を持ったものには近寄って確かめる習性もある。 他のハクジラと同様、2つの種類の音を使い分けていることが知られている。 1つはコールと呼ばれ、群れのメンバー同士のコミュニケーションに使用される。 もう1つはクリック音と呼ばれ、の奥にある溝から、と呼ばれる脂肪で凝縮して発射する音波である。 この音波は物質に当たるまで水中を移動するため、シャチはその反響音を下あごの骨から感じ取ることで、前方に何があるか判断することができる。 この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼ぶ。 クリック音の性能は高く、わずか数ミリメートルしか離れていない2本の糸を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分、果ては内容物まで認識することが可能だという。 オスの平均寿命は30歳、最高寿命は約50歳で、メスの平均寿命は50歳、最高寿命は80歳あまりである。 食性 [ ] 骨格標本 肉食性。 海洋系での食物連鎖の頂点に立つ。 武器を使うを例外にすると自然界での天敵は存在しない。 ただし弱った個体や体の小さな個体がサメや他の大型のクジラに攻撃されたり、シャチの体内から別のシャチが発見されたこともある。 利益にならない戦闘は避ける傾向もあり、食べる必要のないものを襲うことは少ないと考えられている。 アザラシやオタリアを襲うとき、海面上に放り投げ必要以上の苦痛を与えることがあるが、これは子供のシャチに安全な海中(上)で狩りの練習をさせるためだと考えられている(陸上のアザラシを捕食する際、シャチ自身が海に戻れなくなり死亡することがあるため)。 しかし、はっきりしたことは未だわかっていない。 各タイプのメインの獲物だけでなく、小さいものでは魚・・海鳥・、比較的大きなものでは・・・、時にはやなど、捕食する動物は多岐に渡るとされる。 ヒゲクジラ類では、比較的小さいやの幼獣をよく狙い、まれにザトウクジラやシロナガスクジラも狙う。 ヒゲクジラ類はシャチよりも体が大きく、幼獣に大抵母クジラが側にいて、幼獣を守ろうとするため、シャチにとっても手強い獲物となる。 一部を別種とする学説すらあることからわかるように、1頭のシャチがさまざまな種類の動物を捕食するというより、個体ごとにさまざまな好みを持った生物であると理解した方が現実に近い。 個体ごとに見れば、どちらかといえば偏食な動物である。 氷の下からの奇襲・群れでの協力・挟み撃ちなど、高度な狩りの技術を持つ。 前述のクリック音を通常より凝縮させて獲物に当てて麻痺させ、捕食しやすくする行動も知られている。 また、アルゼンチンのバルデス半島においては、海中から浜辺へ突進し這い上がり、浜辺にいるアシカやオタリアなどを捕食する「オルカアタック」と呼ばれる行動がみられる。 水面下を遊泳していた3メートルほどのサメを真下から攻撃し一撃で仕留めた例を、海洋学者のの海洋探査船が報告している。 やを捕食する場合、獲物の身体をひっくり返し状態にすることで抵抗出来なくしてから食べる。 軟骨魚類特有の性質を用いた有効な狩猟方法だが、エイの尾にある猛毒によって致命傷を負うこともある。 口に入れた魚を吐き出してをおびき寄せ、集まってきたカモメを食した例も報告されている。 好物はクジラの舌、口付近であり、他の多くの部分は放置されるが、しばしばシャチがクジラの死体のある場所におとずれて死体を食べることがある。 ヒトへの危害 [ ] 「」も参照 シャチが、仲間に危害を加えた人間に報復したと見られるケースは報告されている。 また、サーファーが足を噛まれた例があるが、これもじゃれたり、シャチ特有の好奇心の強さによるアプローチだとされ、捕食目的とは違うと見られる。 ただし、もしシャチが現実に人間を襲ったとすれば、歯と顎の大きさから一溜まりもない。 また、で飼育されているシャチがステージ上にいた飼育員を水中にひきずりこみ溺死させる事件も起こっている。 この事例の個体は過去にも飼育員と客を死なせており三人目の犠牲者だった。 ただしこの場合は被害者は水中にいたという違いがある。 これまでにシャチが意図的に人を食い殺したというはっきりした事例は知られていないが、その巨体故にじゃれる程度でも場合によっては被害を被る可能性もあり、安全とは言い難い部分もあるので、触れあったりする場合にも、細心の注意をするに越したことはない。 これはシャチに限らず、大型の動物類全てに言えることでもある。 また、経済面では漁業被害の事例も報告されており、シャチは大型魚を食い荒らすため、漁業関係に与える被害も決して無視できるほど小さくはなく、まだ捕鯨が行われていた時代には、仕留めた鯨を食いにやってきたシャチの食害も報告され、などの日本以外の捕鯨国では、シャチ撃退用にライフルマンを雇っていたこともあった程だった。 社会性 [ ] これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 単体、または数頭から数十頭ほどの(ポッド)を作って生活し、非常に社会的な生活を営む。 群れは多くの場合、母親を中心とした血の繋がった家族のみで構成され、オスは通常一生を同じ群れで過ごし、メスも自身の群れを新しく形成するものの、生まれた群れから離れることは少ない(これらの情報は主に、研究の比較的進んでいるカナダのレジデント個体群から集められたものであり、同海域でのほかの2タイプ、または他の海域のシャチ全てに当てはまるわけではない)。 それぞれの群れは、その家族独自の「方言」とも呼ばれるコールを持ち、それにより情報を互いに交換し合っている。 「方言」は親から子へ、代々受け継がれていく。 群れの中でのじゃれ合いなどのほかにも、違う群れ同士が交じり合い、特に若い個体間での揉み合いや、激しいコールの交換なども観察されている。 ある特定の海域では年に1回、いくつもの家族が100頭以上の群れを形成する「スーパーポッド」という行動も知られている。 この行動は、複数の家族が任意な交配を行うことで、それぞれの家族の血が濃くなるのを防ぐためだと考えられている。 特に、生まれたばかりの個体に対する「気配り」とも取れる行動は多く観察されている。 母親が餌取りに専念している間、他のメスが若い個体の面倒を見る「ベビーシッティング」的な行動や、自身のとった獲物を若い個体に譲ったり、狩りの練習をさせるためにわざと獲物を放ったりすることも知られている(このとき獲物は殺さず、教え終わったら逃がすケースも見られている)。 一般に、生まれたばかりの若い個体のいる群れは移動速度が遅く、潜水時間も短い。 このあたりから、バンドウイルカなどと非常に似通った習性を持つと考えられる。 2018年には、生後間もなく死んだ子供のシャチを3日間にわたり浮き上がらせようとする母シャチが確認された。 分類と系統 [ ] に属するのはシャチ1種のみである。 体の大きさでは小型のに分類される。 しかしもちろん、体の大きさでクジラとを分けるのは系統的ではなく、系統的には同じく小型のクジラである類と共にイルカ系統の内部に位置し、最も近縁なと共にに分類される。 に近縁とする説もある。 シャチ (その他の) マイルカ科の ゴンドウとは近縁で、現在はゴンドウの一種とはされないが、歴史的にはゴンドウと呼ばれることもあった。 尚、現在では一種とされるシャチであるが、複数の種に分割する見解もある(特徴を参照)。 人間との関係 [ ] 名称 [ ] においては「シャチ」(伝説上の生物「」にちなむ)以外の名称として サカマタ(逆叉、逆戟)がある。 の オルカを使う研究者もいる。 での名称はレプンカムイ(repun kamuy 沖の神)のほかに、アトゥイコロカムイ(atuy koro kamuy 海 持つ 神)、カムイフンペ(kamuy humpe 神 鯨)、イコイキカムイ(ikoyki kamuy )などがある。 の方言ではレポルン(タ)カムイ(reporun ta kamuy)、トマリコロカムイ(tomarikoro kamuy)、チオハヤク(ciohayaku)、カムイチシ(kamuy cis)とも呼ばれる。 ではイコイキフンペ(ikoyki humpe)、モハチャンクル(mohacan kur)、シハチャンクル(sihacan kur)、イモンカヌカルクル(imonkanukar kur)、カムイオッテナ(kamuy ottena)といった名称があり、ではトミンカルカムイ(tominkar kamuy)、カムインカルクル(kamuinkar kur)、イソヤンケクル(isoyanke kur)、カムイラメトク(kamuy rametok)といった名称がある。 これらのアイヌ語名のうち、イコイキカムイ(i koyki kamuy)、イコイキフンペ(i koyki humpe)、イソヤンケクル(iso yanke kur)については、後述の「狩り」に由来する名称である。 飼育 [ ] で芸をするロリータという名のシャチ 人間には懐きやすく訓練への適応も高いので、幾つかので飼育され、ショーにも利用される。 日本での初飼育は、1970年のである。 日本、アメリカ合衆国、カナダ、フランス、スペイン、アルゼンチンの6ヶ国11施設で、計42頭が飼育されている(2008年)。 うち、野生個体(野生状態から捕獲した個体)13頭、繁殖個体(飼育下で出産された個体)29頭である。 日本国内での捕獲は学術目的以外では禁止されている。 2019年8月現在、日本でシャチが見られる水族館は、鴨川シーワールドとの2館のみである。 フィクション [ ] シャチはその知名度故に、海を舞台にした映画や、漫画などの作品に多く登場する。 ・映画『』では家族の復讐のために並みの破壊行為を行う。 ・シャチと子どもの愛情を描いた映画『 』シリーズもある。 ・世界名作劇場のアニメ『』にも登場する。 ・小説『モビィ・ドール』 熊谷達也著 ではモビィ・ドールとあだ名されたシャチがイルカ・ウォッチングのための大事なイルカたちを襲う。 脚注 [ ]• Taylor, B. , Baird, R. , Barlow, J. , Dawson, S. , Ford, J. , Mead, J. , Notarbartolo di Sciara, G. , Wade, P. 2008年. Version 2008. 2008年12月14日閲覧。 笠松不二男「1. 5 現生のクジラ類とその特性」『クジラの生態』恒星社厚生閣、2000年、26頁。 Northwest Fisheries Science Center、2015年4月28日閲覧。 Pitman, Robert L. and Ensor, Paul. "Three forms of killer whales Orcinus orca in Antarctic waters" Journal of Cetacean Research and Management 5 2 :131—139, 2003• Spring 2004• 水口博也編集『シャチ生体ビジュアル百科』、2015年、77頁。 水口博也編集『シャチ生体ビジュアル百科』、2015年、79頁。 『朝日新聞』2010年2月25日• Ker Than 2010年2月26日. ナショナル ジオグラフィック. 2015年7月2日閲覧。 CNN. 2018年7月30日. 2018年8月2日閲覧。 祖一誠「題2章 シャチとの出会い」『海獣水族館』、2010年、28頁。 (1970年のからの引用)• 『分類アイヌ語辞典』日本常民文化研究所、1953年。 房日新聞. 2008年6月5日. の2013-4-23 23:11時点におけるアーカイブ。 2013年4月23日閲覧。 祖一誠「題2章 シャチとの出会い」『海獣水族館』東海大学出版会、2010年、37頁。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 シャチに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の

名古屋港水族館|WEB水族館

シャチ 水族館

シャチが見れる水族館はドコ? 日本ではこの2箇所だけ! 日本でシャチが見られる水族館は以下の2箇所だけです。 必ず事前に確認してください。 道なりに築地口方面へ進み、築地口交差点を右折直進。 現在のところ、シャチが見られる水族館はこの2つだけです。 それぞれの特徴や、知っておいた方が良い注意点などをご紹介します! シャチが見れる水族館1 鴨川シーワールド シャチが見られる水族館と言えば、やっぱり 鴨川シーワールドが有名ですよね! 私も行ったことがありますが、とにかくシャチの迫力がすごい! あとで紹介する名古屋港水族館にもシャチはいますが、 本格的なパフォーマンスが見られるのはどうも鴨川シーワールドだけみたいです。 ちなみに、シャチショーは日によってプログラム内容が変わっているみたいなので、必ずしも見たいものが見られるわけではないみたいです。 (たとえばシャチが空中ジャンプしてボールを蹴ったりとか…) また、夏期には有名な 『シャチの水かけショー』が楽しめますよ! ただしこちらは、あとで紹介する 注意事項をよく確認しておいた方がいいです! 鴨川シーワールドでシャチショーを見る際の注意点! 鴨川シーワールドのシャチショーは本当に迫力があって楽しいのですが、いくつか 気をつけなければならない点があります。 これを知らないと、せっかくのシャチショーが楽しめなくなってしまうかもしれませんので、必ず読んでおいてください。 ポンチョは絶対に買おう! シャチショーでは有名な水かけショーがあります。 シャチが観客席に向かって水をかけるのですが、 とにかくその水量がものすごい! 『ちょっと濡れるくらいでしょ?』 なんて思っていると、とんでもないことになります。 ただ濡れるだけなら良いですが、携帯やお財布など、濡れては困るものまでビショビショになってしまいます。 そうならないためにも、事前に 300円で売っているポンチョ(カッパみたいなもの)は必ず買っておきましょう。 お金がもったいないと思う場合は、百均でカッパを買っておくのも良いと思いますが、防ぎきれるかどうかは微妙です。 ちなみに、 『水槽から離れた席にいれば塗れないでしょ?』と思うかもしれませんが、シャチを侮ってはいけません。 観客席の5列目ぐらいまでは普通に水が飛んできます。 特に最前列は、シャチが間近で見られるので大迫力ですが、その分すさまじい水を浴びます。 『ポンチョも買いたくないし、濡れるのも嫌!』 というひとは、最後列の一番高い席で見たほうが良いかもしれませんね。 撮影するなら防水のカメラで! ポンチョを買っても、絶対に塗れないというわけではありません。 席によりますが、多少は濡れます。 ですので、 撮影するなら防水のカメラを使った方が良いでしょう。 スマホだと、最悪海水を浴びて壊れてしまいます。 私も、 『水が来たときだけポンチョのなかに隠せばいいや』とスマホで撮影しようとしたのですが、危うく濡らして壊してしまうところでしたw 曇りの日は寒いかも… 真夏日ならば問題ありませんが、夏でもやや肌寒かったり、曇り空で涼しい日などは、 水をかけられるとちょっと寒いです。 私もはじめて鴨川シーワールドでシャチショーを見たときは正直、寒かったです… ですので、ちょっと肌寒いかな?と思うときは、最前列はやめておいた方が良いでしょう。 子供は泣いちゃう可能性も… シャチショーの水かけはものすごく刺激的で楽しいですが、残念ながらすべての子供が喜んでくれるわけではありません。 なかには、 シャチの水が恐くて泣き出してしまう子もいます。 あまりに小さいお子さんや怖がりなお子さんの場合は、保護者と一緒に水がかからない上の方の席で見ることをオススメします! 早めに席を確保しよう! シャチショーは30分程度ですが、やっぱり人気があるので 早くいかないと席がなくなってしまいます。 また、シャチショー、イルカショー、アシカショーなどはそれぞれ別々の場所で行われますが、時間が繋がっているので移動時間が足りません。 10:00 イルカショー 10:30 アシカショー 11:00 シャチショー という具合に、別の場所で行われるので、続けてみることは不可能です。 この場合は、アシカショーを見ないで、イルカショーが終わったらすぐにシャチショーの会場にいかないと、間に合いません。 席を確保したい場合は早めに会場に行くようにしましょう。 鴨川シーワールドでシャチショーを外から見る裏ワザ! オマケとして、鴨川シーワールドのシャチショーの 穴場スポットを2つご紹介します。 シャチショーはオーシャンスタジアムで行われますが、 実はこの会場に入らなくても見ることができます。 どこかというと、 1つは観客席の正反対。 会場の外側から、シャチショーが立ち見できる場所があるのです。 これはこれでシャチが間近に見れたり、トレーナーさんとシャチのやりとりが至近距離で見られるのでオススメですよ! ただし、屋根のない場所で立ち見になってしまうので、下記は熱中症に要注意です。 もうひとつは、 オーシャンスタジアム横の半地下になっているフードコート内です。 窓がついているため、そこから水槽のなかを泳ぐシャチを眺めることができますよ! もしかしたら、小さいお子さんにとってはこちらの方が喜んでくれるかもしれませんね! シャチが見れる水族館2 名古屋港水族館 シャチが見られる水族館の2つ目は、 名古屋港水族館です。 こちらでは、パフォーマンスというほど大掛かりなものではありませんが、 シャチとトレーナーさんがトレーニングをしている光景などを見ることができます。 ショーは一回15分程度で、シャチの体調しだいでは中止になってしまうこともあります。 シャチが見られるのは 北館の2F、3Fです。 ただし公開シャチショーが見られるのは3階の シャチプールですので、気を付けてください。 会場には椅子も設置されているので、ゆったりとショーを楽しむことができます。 ただし、水槽近くにいると海水がかかって濡れてしまう可能性があるので、濡れるのが嫌なひとは水槽から離れた席に座るようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 『シャチが見れる水族館』 をご紹介しました。 日本でシャチが見られるのは2箇所しかありませんので、ぜひとも足を運んで、大迫力のシャチを楽しんできてください! 関連記事.

次の