行方意不明 見つかった。 遺体は死後1年以内 空白の13年間に一体何が…白骨遺体は13年前不明の17歳少女

小1女児不明から11日...母が公開した“あの日の行動メモ”から浮かび上がることは?

行方意不明 見つかった

2587人の行方不明者 「津波で流された兄の遺体は、まだ見つかっていません。 最初の頃は『なんで兄だけが』って思ってました。 けど、年を経るにつれていろんな形でちがう苦しみがわくようになった。 『俺が悪いことをした罰なのかな』とか『兄が俺のことを怒っているんじゃないか』とか『兄は何かが無念で帰ってこないんじゃないか』とか……。 時は心を癒してくれるなんていいますが、嘘ですよ。 余計に苦しみが大きくなるだけです」 東日本大震災から6年が経った。 死者は19475人、行方不明者は2587人だ。 行方不明者1人につき10人の身近な親族がいるとすれば、25000人以上の人々が、未だに親族の遺体を見つけられずにいるのだ。 私は震災の発生直後から被災地の取材をし、岩手県釜石市の遺体安置所を舞台にした『』(新潮文庫)という本を上梓した。 以来、あの当時、遺体安置所に集まった人々に何度も継続して話を聞いてきた。 震災から6年目の現在、行方不明者の家族について書きたい。 遺族の1人は次のように語る。 「今更、遺体が見つかるはずがないんですよ。 でも、警察が捜索をしてくれることで、まだ向き合ってくれているんだって思える。 一方で、税金の無駄遣いをしているんじゃないかとか、無駄な仕事をさせられているんじゃないかっていう声が上がる不安もあります。 それでもやってくれる警察には頭が下がりますよ」 警察の遺体捜索のほか、遺族の心の支えとなっているものがもう1つある。 漁船による底引き網の漁だ。 被災地にあるお寺・仙寿院の芝崎惠應住職は次のように語った。 「ご家族は、遺体が海に流されて底に沈んでしまっていると考えている方も多いです。 そこで底引き網の漁がはじまれば、カレイなんかと一緒に骨が出てくるんじゃないかと期待している。 彼らにとって一つの希望なんです」 私が芝崎住職に会ったのは、『』の取材の最中のことだった。 住職は震災後、自らの寺に大勢の避難者を受け入れる一方で、遺体安置所や火葬場で読経ボランティアを行い、行政が出した土葬案に真っ向から反対。 遺体安置所の閉鎖後は、身元不明の遺骨などをお寺に引き取り、多くの遺族の悲しみに寄り添ってきた。 その経験からこう続ける。

次の

福井で発見の遺体、行方不明の3歳児 過って川に転落か:朝日新聞デジタル

行方意不明 見つかった

2018年11月2日 金曜日 夜から行方不明となり、、広く兄の情報を求めていた件は、兄が遺体となって発見されるという悲しい結末となってしまった。 ・iPhoneの位置情報システム この男性は福島市在住で、出張のため仙台市のホテルに滞在。 23時ごろ「飲食店に行く」ということで同僚とホテル前で別れ、その後、消息を絶った。 iPhoneの位置情報システムが示した最後の場所は「東北大学病院」「支倉町」あたりとなっていた。 ・仙台市の公園で発見か 弟がTwitterに記載した情報によると、兄の遺体は2018年11月18日 日曜日 に仙台市の公園で発見されたという。 同じ日にニュースで「桜ケ丘公園近くの広瀬川に浮かぶ遺体を発見」との情報が報じられているが、同一人物かどうかは不明だ。 1《ご連絡》 本日18日正午過ぎ、仙台中央警察署から兄らしき人が遺体で見つかったとの連絡がありました。 現地に家族が集まって遺体の確認をしたり、所持品の状況から鑑みるに、発見された遺体は兄である可能性が極めて高いです。 明日の司法解剖の結果を待たなければ完全な断定はできませんが — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily 2・これにより行方不明になっていた兄が発見されたと判断し、これ以降兄の情報提供を呼びかけるツイートを見た方が混乱される事を考慮したところ、誠に勝手ながら兄の写真、兄が立ち寄った場所、店名などが含まれるツイートは削除させていただきました。 — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily 3・これまで兄の情報提供・拡散のご協力を頂いたTwitterの皆様、現地で捜索のご協力を頂いた皆様、兄の捜索をして頂いた警察関係の皆様、依頼させて頂いた探偵の方々、結果は大変残念なことになりましたが、まず兄は見つかりました。 本当に、本当にありがとうございました。 — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily 4・これにより当アカウントの目的は達成されました。 Twitterで情報提供を呼びかける前から遺体で見つかることは覚悟しており、むしろ長年の捜索になる事を恐れておりました。 当アカウントは今月いっぱいを持って削除する予定でいます。 最後に、本日から返信なども一度控えますのでご配慮下さい。 — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily 5《ご連絡最後》 最後に、これまでたくさんの、本当にたくさんの方々にご心配をお掛けしてしまい、大変申し訳ありませんでした。 それと同時に、改めて家族一同を代表して最大限の感謝を申し上げます。 本当に、本当にありがとうございました。 兄が見つかりました。 兄がやっと見つかりました。 — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily 兄と思しき遺体が見つかった現場やその状況などを記したツイートは一度削除させていただきました。 まだ兄が発見されただけで終わりではない可能性がありますので、念のために。 — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily 事件性がないと警察が判断すればそれまでかも知れませんが、どうも不可解な点がいくつかあります。 兄の近況を知る一人として、自殺の線ははっきり否定出来ますので。 — 行方不明の兄を探していました wheremyfamily ・自殺の線ははっきり否定出来ます 兄の遺体が発見されたことに対して弟はTwitterで「兄がやっと見つかりました」と語っており、さらに「自殺の線ははっきり否定出来ます」とも話している。 そうなると事件か事故のどちらかが考えられるが、今後の捜査結果を待ちたい。 ・どうも不可解な点がいくつかあります このん位の出来事には、いくつか不可解な点が残る。 行方不明になってから約15日が経過してから発見されるのは不自然にも思えるからだ。 弟自身も「どうも不可解な点がいくつかあります」と語っている。

次の

【悲報】Twitterで公開捜索の男性が遺体で発見される / 弟が死亡確認「兄がやっと見つかりました」 | バズプラスニュース

行方意不明 見つかった

警察当局の話では、女性たちは子どもらの母親と考えられ、彼女らも勾留されていたという。 身元はわかっていない。 ジョージア州のクレイトン郡警察によると、逮捕されたサラジ・ワハジ容疑者は行方不明になっている3歳の男の子の父親だという。 母親が、息子が父親と公園に出かけた後、戻って来ないとして、捜索願を出していた。 男の子は発作を起こす病気を持っており、発達と認知の遅れもある。 また、病状のせいで歩くことができない。 クレイトン郡警察は以上のように発表している。 勾留されていた女性たちからも男の子の行方に関する情報は得られていない、という。 ジョージア州の刑事がこの施設内の人物からと思われるメッセージを受け取り、そこには「私たちは飢えていて、食べ物と水が必要だ」とあった。 それを受け、ニューメキシコの警察当局がこの廃墟の捜査令状を取得したことで今回の1件が明るみになった。 この施設で生活をしていた人々はイスラム過激派だと思われており、厳重に武装している可能性も指摘されていた。 そのため捜査令状をとり、慎重な捜査が行われていた。 この施設では銃数丁と弾薬が発見された。 この施設は地中に埋められた小型トレーラーハウスで、ビニールで覆われ、水はなく、配管や電気も通っていなかった。 「わずかに見つかった食べ物は、不潔なトレーラーハウス内のじゃがいも数個と米1箱だけだった」と、警察の広報官は言う。 「しかし、最も驚き心が痛んだのは、捜査チームが計5人の大人と11人の子どもを発見した時だ。 彼らの外見は難民のようで、食べ物や清潔な水がないだけでなく、靴もなければ個人の衛生状態も最悪。 基本的に汚い布切れを服として着ていた」 「私がこれまで見た中で、最も悲惨な生活状況と貧しさでした」 この記事はから翻訳されました。

次の