ごち めし アプリ。 コロナショックに苦しむ飲食店を、障害者支援をしながら応援! アプリ風HP「すまっぽん!」が、 話題のアプリ「ごちめし」による「さきめし」とコラボ

自治体と連携は全国初 “ごちめし”アプリで「こども食堂」【佐賀県みやき町】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ

ごち めし アプリ

自分の好きなお店の料理を、アプリを通してごちそうできるのがメインの機能。 この「ごちめし」がその機能を使って提唱しているのが、 さきめしという活動です。 これを利用し、未来の自分(もちろん他の人でもOK)にごちを入れることでコロナショックに苦しむ飲食店を応援しようというもの。 いわゆるツケ払いの逆バージョンですね。 さきめしとは、外出の自粛などで今はいけない自分のお気にいりのお店に、ごちめしの機能を使って、「後でたべに行くよ!」の応援の気持ちをこめて食事を先に購入して、落ち着いた後に食べにいこう、という活動です。 コロナウイルスの拡大に伴い、ごちめし運営ではさきめしを音楽・イベント・美容・娯楽といった他業種にも開放中。 この記事では「ごちめし」アプリ、およびそのアプリ内での活動である「さきめし」について詳しく紹介していきます。 「ごちめし」ってどんなアプリ?「さきめし」って何? 「 ごちめし」はアプリの名前で、「さきめし」はごちめしアプリを使った飲食代金先払い(=飲食店応援)活動のことです。 「さきめし」というアプリがあるわけではありません。 「 さきめし」は、ごちめし運営がその仕組みを利用して行う飲食店の支援活動。 今回、新型コロナウイルスの影響で予約や来店客が減少している飲食店のサポートとして、この「ごちる」機能を活用。 「さきめし」と題したこの取り組みで、コロナウイルスの影響で直近はお店に出向くのを遠慮している方が、そのお店のメニューを選んで自分あてに食事代を先払いしておき =自分へ「ごち」を入れ 、終息後に来店してアプリを使って入れた「ごち」で食事をするものです。 ごちめしのもう1つの特徴は、 お店からお金を取らずユーザーが手数料を負担する仕組み。 お店側の負担はゼロ。 実質的に私たちごちめし運営の取り分はわずか6. 各種クラウドファンディングに比べてもかなり低めの手数料ですし、別途飲食店への直接支援もしているらしい。 一部批判もあるとのことですが、私から見ると十分妥当……というよりむしろ低すぎるくらいかなと思います。 詳しくは以下のnoteを参照ください。 まずは、ごちりたい店を探してみましょう。 下部メニューの「ごちる」をタップ。 デフォルトの設定は「現在地からの距離」で並ぶようになっているんですが、 なぜか福岡にいる私に東京の代官山が1番目、福岡県内でも遠く離れた二日市の店が2番目に来る謎。 【追記】上記修正済みとのこと。 確認すると問題なく現在地からの距離で一覧表示されました 地図から探すこともできます。 現在地からの距離のほかには「現在ごちの入っている数」などでソートできますが、地域ごとに分かれていないので現時点での使い勝手はイマイチ。 市区町村、せめて都道府県で絞り込めるようにしてほしい……! ごちを入れる方法としては「お値段ごち」「メニューごち」の2種類があります。 「お値段ごち」は金額を決めてごちる方法、メニューはその名の通り料理などのメニューを決めてごちるやり方。 ここでは「お値段ごち」をやってみることにします。 決める必要があるのは、ごちる金額とごちる相手。 任意でお店に向けてのメッセージも投稿できます。 金額のところをタップすると、値段と個数をそれぞれ編集可。 ごちる人を選ぶには「ユーザー選択」をタップ。 ごちめしアプリのユーザーを指定する方法と、LINE・SNS等に招待URLを送る方法の2種類があります。 前者の場合は、ユーザー選択欄にキーワード(名字やIDなど)を入れて虫眼鏡の検索ボタン。 後者なら「LINE・SNSにおくる」をタップ。 ここでは「LINE・SNS等におくる」を選んでみました。 やや見にくいですが、下の画像の位置に選択結果が表示されているはず。 支払い方法はクレジットカードのみ。 必要な情報を入力して追加。 最終確認して問題なければ「ごちを入れる」ボタン。 これでごち完了です。 今回はLINEやSNS等で送る方法を選んだので、続いて「ごちめし」を贈るを押してみましょう。 スマートフォン内にインストールされている各種アプリで、ごちめし招待へのリンクを送信できます。 ごちった相手がそのURLを押し、店員さんが確認画面をタップするとごちそうが成立する仕組み。 ごち購入直後でなくても、マイページよりいつでもURL送信が可能。 右上のハンバーガー型ボタンを押して「マイページ」をタップ。 ここでは、試しに自分のメモ用LINEにURLを送信してみました。 以下のようなメッセージとともに、ごち用のURLが相手には送られているはず。 もちろん今回のように自分宛に送っても問題なし。 送られてきたURLをタップすると、ごち内容の確認画面へ。 ここで「このメニューをごちられる」をタップすると、お店の人専用のオーダー確認ボタンが表示されるので、これを見せてボタンを押してもらえばOK。 ごちるメニューからお店を選び、好きなメニューの右にある「ごちる」ボタンを押します。 次に、「ユーザー選択」からごちる人を選びましょう。 Facebookアカウントでログインしていたので、名字で検索するとすぐに見つかりました。 右側のボタンをオンにして「ユーザーを確定する」と、ごちる相手として自分が選択されました。 支払い方法などを入力し、確認ができたら「ごちを入れる」。 すると、アプリに「ごちが届きました」との通知が。 自分宛はともかく、友人などにごちる場合にも相手に通知がいくのでわかりやすいですね。 マイページの「自分あてゴチ」をタップすると、先程ごちったメニューが表示されていました。 「ごちられる」を押してお店の人にオーダー確認ボタンをタップしてもらえば、ごち完了。 ごちられたメニューがいただけます。 私の近所のお気に入りの店も、ほとんど加入していません。 よって支援がしたくてもできない。 私が確認した限りでは、前述の通り お店側の金銭的負担はゼロ。 オペレーション的にもごちめし運営との口座等の連携、お店のスタッフに「ごちめし」に関する周知をするくらいかなと推察されます。 なので、これを見た飲食店の経営者さん、音楽・イベント・美容・娯楽施設等々のオーナーの方はぜひ「ごちめし」への登録を検討してみてください。

次の

ごちめしアプリとは何かと使い方は?使用方法/手数料/加盟店/有効期限/評判についても

ごち めし アプリ

コロナなんちゃら?お腹へったので、とりあえず、どこか飲食店で話そう! と、思っています。 いつもお世話になっているお店や、開拓したいお店には普段どおり訪問させて頂きます(お小遣いはあまりないので訪問回数もいままでどおりですが) あまりうろちょろしてると今の世間的にはご迷惑をおかけするのでしょうけど、アホな私でもできる限り配慮して訪問します。 しかも私はおいしいものを食べて免疫をつけたりしないと、ストレスで逆に病気になりそうな気がしますので。 まだまだ日々進化中なので、多少システムが変わる可能性があります。 さきめし とは さきめしとは、外出の自粛などで今はいけない自分のお気にいりのお店に、ごちめしの機能を使って、「後でたべに行くよ!」の応援の気持ちをこめて食事を先に購入して、落ち着いた後に食べにいこう、という活動です。 アホみたいにうろちょろしている私とは違い、様々な事情で行きたくても行けない方々と本当に困ってる感じの飲食店の方々に向けたアプリが完成したようです。 コロナウイルスで困っているお店など、応援したいお店(今は行けないけど、いずれ必ず行く予定のお店)に先払いして料理を注文しておくシステムです(半年間有効)。 お店には先にお金が入りますので、少しは状況が良くなるかもしれません。 本来のの制度は応援したい町に税金を払って支援するシステムでしたが、そんな感じでしょうか? 支払い完了後「 半年以内」にお店に行けば購入したものを食べられます。 お金に困っているかもしれない、飲食店さんに応援の意味を込めて先払い注文するわけです。 お金についてはよくわかります。 私は飲食店ではない商売をしてますが、いつも仕入れるお金と月末等に支払うお金に困ってます(涙)さらに、そんな私の仕事ですらコロナの影響が多少出始めましたので、まさに本日、時間の融通がききそうなバイトにエントリーしてみました。 なんとか応援したいですし、応援されたいです(笑) ちなみにこちらの「さきめし」アプリは「 西海みずき信用組合」さんと「 Gigi(ジジ)株式会社」さんのコラボで実現したアプリで、現在、東日本版と西日本版があります。 「東日本版」 「西日本版」 ジジさんは福岡の会社で、西海みずき信用組合さんは長崎なので、九州のお店が多いみたいですが、東日本版も続々と増えているみたいです。 参考情報ですが、ジジの社長の今井さんは有名な音楽プロデューサーでもあります。 西日本版の中の 「福岡県」をチェックしてみると、以前訪問した 「もぐ俺」さんの 「もぐ俺ラーメン」がエントリーしてました。 私はアプリ関係なく、直接訪問しますけど(笑) お店の方は、今のところは無料で利用できるみたいなので、コロナウイルスのほとぼりが冷めるまで利用してみてはいかがでしょうか?有料になったり、万が一不利な条件が足された場合はその時判断すれば大丈夫そうです。 福岡の店舗でも 「ABCフラワー Tenjin」さんという花屋さんが 「ブーケ3000円」とか出してましたので、結構幅広い業種で、登録できるのかもしれません。 もし気になったらお問い合わせしてみて下さい。 とりあえず、このコロナなんちゃらを力を合わせて乗り越えましょう!!私は(少ないお小遣いながら)お店に直接訪問して応援します!.

次の

自治体と連携は全国初 “ごちめし”アプリで「こども食堂」【佐賀県みやき町】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ

ごち めし アプリ

人にごちそうできるアプリ「ごちめし」。 このたび、アプリユーザー以外も「ごちめし」を利用できるよう、お店のホームページなどWEB上であればどこでも設置できる「ごちボタン」を緊急で作成いたしました。 今回、「ごちめし」では新型コロナウイルスの影響で予約や来店客が減少している飲食店のサポートとして、「ごちる」機能を活用した支援を広げています。 「さきめし」という取り組みで、コロナウイルスの影響で直近はお店に出向くのを遠慮している方が、そのお店のメニューを選んで自分あてに食事代を先払いしておき =自分へ「ごち」を入れ 、終息後に来店してアプリを使って入れた「ごち」で食事をしていただくことで、お店に行けなくても応援の気持ちを伝え、苦境を超える手助けができます。 このたびリリースした「ごちボタン」は、お店のメニューごとに「ごち」ができるリンクを提供する機能になります。 このため、WEB上に「ボタン」として設置でき、アプリユーザー以外も手軽に「ごちめし」をご利用いただけたり、リンクをQRコードにして、ポスターなどに掲載することができます。 ごちめしに登録いただいた飲食店においては、お店のホームページやSNSやポスターなどに「ごちボタン」を設置することで、ごちめし経由で売り上げの獲得につなげることができます。 ぜひこの機会に、「ごちめし」をご活用ください。 なお、コロナ緊急対策として、東日本と西日本でごちめしを利用できる店舗一覧を作成しております。 様々な思いやりを手軽に「ごちる」という形に変え、人から人へ「ありがとう」「頑張ってね」「応援しているよ」などの気持ちを届けることができます。

次の