オキナワ マルバネクワガタ。 マルバネクワガタ属

オキナワマルバネクワガタの飼育(1)

オキナワ マルバネクワガタ

2008年10月3日クワガタ採集記 ご注意! 2016年3月15日、環境省より、 オキナワマルバネクワガタ は、 採集禁止 となりました。 詳細は、 にてご確認下さい。 下記、採集記は規制以前のものです。 その時は全く雰囲気を感じることが出来なく、この時点で「もう沖縄本島遠征は無いだろう...。 」と思っていた。 オキナワマルバネ探索と言えば、他のマルバネと違い、樹に付く個体確認よりも歩行している個体を路上で確認するスタイルがポピュラーであり、薮漕ぎの無い路上採集の方が安全で楽と思われるかも知れないが、実は深夜までやんばるの林道にて車を低速で走らせ路上のみを凝視する行為は、睡魔や疲労との勝負であり、思わぬ事故を招く恐れもあるので決して楽な採集とは言えない。 また時期的に同様の採集者が多く林道に集まってくるので、個体確認は容易ではないので根気と運が必要な探索となる。 3度目の沖縄本島遠征 少しでも早く沖縄本島に着きたかったので、可能な限り早い便で羽田空港を発とうと予定を組んだら、早朝4時過ぎには自宅を出発する事になった。 眠い中、外に出ると完全に夜中だった...。 近所のコンビニにて朝食を購入し、車内で食べながら羽田空港に向かう。 外はまだ夜 午前5時過ぎには羽田空港に着いてしまった。 当然、羽田空港はまだ開店前である。 離島から帰京する場合も最低1時間前には現地空港にて搭乗手続きを行う様にしている。 羽田空港も閑散としている 搭乗手続きを済ませ、登場口付近で出発時刻を待つ。 ・・・羽田空港に到着時はまだ暗かったのだが、気が付くと辺りは明るく夜が明けていた。 早朝の羽田空港 その後順調にテイクオフ。 雲を抜けた頃には完全に夜は明けており、窓の外から眩しい太陽光が射し込んで来た。 夜明けのテイクオフ ・・・朝が早かった事もあり少し休む事にした。 ・ ・ ・ 羽田を発って2時間ほどで着陸態勢に入った。 窓の外を見てみると南国仕様の蒼い海が広がっていた。 この色を見るとテンションが上ってきた。 1年ぶりの沖縄本島上陸になる。 蒼い海が広がる 那覇空港到着後、予約してあるレンタカーを借りに行く前に、ここ最近仕事の疲れが溜まっていた事もあり、空港内のクイックマッサージ店に入ってしまった。 実は月に数回、体の凝りを解す為にマッサージ(ピンク系ではない)店に通っているほど最近肩凝りが酷い...。 疲れを取りに... ・ ・ ・ 少々道草をしてしまったが、その後はレンタカーを借りハンドルを握る。 そのまま北部のやんばるを目指しても良かったが、せっかく沖縄本島に来たので別の遊びをこなしてから北部に向かう事にした。 暫く着陸してくる飛行機を眺めてしまった。 普段は乗っている飛行機も近距離で飛行する姿を見て、改めて「よくこんな質量が飛ぶものだ。 」と感心してしまった。 開放的な空間 とりあえず先に済ませる用事は終了したので、ここから長距離になるが島の北部やんばるに向かう事にした。 那覇市内を抜けて高速道路に向かうのだが那覇市内を走っている限りでは、東京都内を走っているのとあまり変わらないほど都市化が進んでいる。 離島らしくない沖縄市街地 それでも標識の地名を見れば、やはり沖縄を感じられる訳であり、交通量の多い那覇市内を抜けるべくレンタカーを走らせる。 沖縄らしい地名 市内を通り高速道路を使用し、一気に北上する。 天候も良く非常に快適なドライブとなる。 窓を開けて走行しているとオオシマゼミの鳴き声も聞こえてくる。 気分的にも那覇市内の都会モードから徐々に探索モードに切り替わっていく。 高速にて北部へ ・ ・ ・ 高速を走り終えた頃には腹も減り始めたので、せっかくなので美味しいモノを食べたいと思い、地元の定食屋に入る事にした。 事前に聞いた話だと周辺では有名な店との事なので楽しみに入店する。 昼時のピーク時を過ぎているにも拘らず店内は混雑している。 ・・・運ばれてきた器には、普通盛ながらも大盛り以上にボリュームのある具材が乗っていた。 麺は沖縄そばで、具材の牛肉やもやしはかなり味の濃さを感じるものの、それがまた沖縄らしい美味しさと感じ食が進んだ。 採集禁止ポスター 昼食を終えた後は宿のチェックインを行う為、更に北上する。 後は天候の崩れさえなければ、夜を待つのみである。 更に北上する ・ ・ ・ ・・・暫く宿にて休息を取った後、夜食をコンビニにて購入し山に入る。 それにしてもこの北部まで24時間営業のコンビニが出来たので、本当に便利になったと感じる。 因みに全国展開するコンビニでもご当地弁当の様なものがあり、ここでは沖縄仕様のポークおにぎりを購入した。 夕食を購入 ・ ・ ・ 暫く車を走らせ、いよいよオキナワマルバネ探索ポイントまでやってきた。 昨年は2泊3日の探索で、終始寒さを感じるほど気温も低く、全く個体を確認する事が出来なかったのだが、今回は10月の沖縄らしい例年の様な心地良さを感じるので、少しでもチャンスが広がればと思う。 いよいよ、やんばる探索! オキナワマルバネ採集の殆どは、路上に出てきた歩行個体を拾う方法になるので、車を低速で走らせながら路上を凝視していく。 当然、運転をしながらの作業になるので安全第一に、一般車に迷惑を掛けない心掛けが必要になる。 ・・・暫く流していると巨大なアカマタが道路を横切った。 考えてみれば奄美大島ではホンハブを同様に目撃する事はあるものの、この沖縄本島北部ではハブを見かけないのだが、島ごとによって生態にも変化があるのだろうか?。 巨大アカマタ 一応、外灯のある場所も確認してみる。 オキナワマルバネ以外にもリュウキュウコクワやオキナワヒラタなどの個体もチェックしてみたいが、時期的に少々遅い感もあり簡単には確認できない。 それでも外灯に蛾が多く集まっているので期待を持って探索を続けていく。 カマキリ ・ ・ ・ ・・・暫く林道を流して行くが、目に付くほとんどはコオロギや松ぼっくりばかりである。 「もしやっ!」と思い、レンタカーを停めてすぐに駆け寄ってみると...。 4年前に車に轢かれて瀕死になった個体を見て以来、やっと出会えた元気なオキナワマルバネだった。 真っ黒な個体を目の前にして感動を覚える。 せっかくなので暫くそのまま観察してみると、オキナワマルバネは見た目の重量感によらず意外に歩行スピードは早い。 一直線に進んだ場合、反対側の道端へ到達するまでそれほど時間は要さないと感じられる。 やはりオキナワマルバネ採集は運の要素が大きいのかも知れない。 途中、林道で大きなリュウキュウイノシシと遭遇しかなり焦った(写真が撮れないほど... そのリュウキュウイノシシはこちらの車が近付いてもあまり動じないので、クラクションを軽く鳴らすと、やんばるの森へと消えていった。 やんばるらしい標識 時間が経つにつれ徐々に林道は採集車の往来が多くなってきた。 中にはバイクで採集を試みている方も居られる。 沖縄北部は雲の通り道の様な場所で、晴れの予報であっても1日の内どこかでスコールが来るので、雨さえ降らなければバイクという選択も神津島のミクラミヤマ探索の様で楽しそうである。 ライバル車?も確認... 自分の場合、離島探索を行う際も本土同様、ギネスやタコ採れを求める訳ではないので、あえてピーク時を避けて遠征する事が多いのだが、気が付けば今回は完全にピーク時であり、採集者の多さをより感じるものとなった。 それでも個体を確認できたのは、やはり運が良かったのだと感じる。 出会えた個体に感謝したい。 初日は満足! ・・・明日以降も沖縄本島の探索を楽しんで行きたいと思う。

次の

飼育方法国産クワガタ ヤエヤママルバネ

オキナワ マルバネクワガタ

世界のクワガタ、カブトムシ、コガネムシの飼育情報AtoZ 世界のクワガタ、カブト、コガネの甲虫生体、飼育用品の専門店 甲虫専門店だからお届けできる確実な生体と、オリジナルの飼育用品を初め、安心して使える飼育用品を取り揃えています。 成虫の飼育 活動後ペアリング、産卵まで雄雌同居。 成虫飼育温度 活動時期の成虫は25度程度がいい。 成虫の寿命 羽化後約3月。 野外の産卵部位 大木の洞にたまったフレーク中。 ペアリング 産卵を開始したら雄をはなす。 交尾回数が多い方が産卵数が多い。 産卵数 30〜70卵。 幼虫飼育 クワガタが食べた発酵マットをさらに発酵させて微粒子にしたものを使う。 幼虫の管理温度 夏季25度以下、可能ならば22〜23度、冬季は15度以上。 幼虫飼育容器 雄雌とも1〜1. 5リットル程度。 幼虫期間 ほとんどの個体は約2年。 夏に繭を作り秋に羽化し活動する。 蛹化時の注意 高温、過湿に注意。 マットが劣化すると死亡する個体が多い。 羽化後活動までの期間 晩夏に繭の中で羽化し、体か固まると活動を開始する。 羽化後産卵までの期間 羽化後約1月。 成虫の入手 石垣島と西表島に分布するマルバネクワガタだが、両島とも個体数は少なく採集は難しい。 アマミマルバネやオキナワマルバネと比べると個体数はやや多い。 原生林に生息していて活動直後は発生木の周辺にいるが、しばらく経つと雌雄とも地上を歩いている個体が多くなる。 八重山諸島はホンハブがいないためシーズンに山に入る人が多い。 開発の進行と原生林の減少とともに個体数はかなり減っているようだ。 成虫は夏に羽化し晩夏から秋に活動する。 野外産の個体を採集することは個体数が少ないこともあり難しいが、累代されている幼虫や新成虫は入手することができる。 累代は簡単な種類ではなく、かなり難しい種類なので慣れていても失敗することがある。 そのため販売されていることはあまりないが、専門店や通販店に問い合わせてみると良いだろう。 マルバネの中ではこのヤエヤママルバネが最も飼育しやすい。 産卵セット マルバネで難しいのは初令幼虫が食べるエサを用意することだ。 野外では赤枯れのフレークを食べているが、飼育ではなかなか手に入らないことが多い。 幼虫のマットは関東以西ではスダジイの赤枯れフレーク、関東以北ではブナの赤枯れフレークが使えるが、なかなか見つからないし見つけてもさらに加工しないと使えないために手間がかかる。 もし赤枯れのフレークが見つかったら、一度ミキサーで細かく粉砕しさらに数ヶ月発酵させると、いい状態となり使えるようになる。 赤枯れのフレークが手に入らない場合は、クワガタの食べた発酵マットを使用する。 クワガタの交換した使用済みのマットを集め、水分を加えて時々かき混ぜて数ヶ月保管する。 数ヶ月経つと黒土状になるがそれをミキサーにかけて微粒子にして使用する。 赤枯れフレーク、使用済みマットどちらを使っても、使用できるようになるまで数ヶ月かかるため、マルバネの飼育をする場合はあらかじめマットを用意しておくこと。 産卵セットはこのマットを使用して産卵させる。 プラケース大程度の容器にマットの底はかなり固く、中層は固め、上層は押し固めるようにマットを詰め込む。 マットは深めに詰め込んだほうが産卵数は多い。 湿度は過湿にならない程度のやや多目とし、マット表面は成虫が転倒しても起き上がれるように樹皮やマットを置いておく。 エサは普通のゼリーでかまわないが、あまり食べない個体と良く食べる個体がある。 雄は雌が交尾を拒否するようになると雌を攻撃するようになる。 産卵開始までは雌雄同居としたほうが良いが、産卵を確認したら雄は容器から取りだして雌を単独で飼育する。 たまに掛かりが悪い個体がいて産卵しない個体もいるため、産卵しない個体は再度雄と同居させる。 産卵セットは25度程度の温度で管理するが、高温と蒸れには弱いので注意すること。 成虫の寿命は活動開始後約3月だが、最初の1月の産卵数が多く徐々に少なくなる。 産卵セットは途中で交換しても良いが、成虫が死亡するまでそのままの状態で産卵させてもかまわないようだ。 産卵はマットがあわなくてもそこそこの数は産卵する。 産卵がうまくいっても初令幼虫が育つとは限らないためいくつかのマットを用意しておいたほうがいいかもしれない。 幼虫飼育 産卵された卵は約1月で孵化する。 幼虫は初令の食いつきが悪く、マットが合わないと死亡する。 初令の時はマットが合うか合わないかで全ての幼虫がうまく育つか全滅するかどちらかしかない。 終令幼虫が食べているマットでも初令幼虫はまったく食べずに死亡することがある。 そのため卵をいくつかの種類のマットに回収しておいたほうが安全かもしれない。 うまくマットに食いついた初令は2月程度で2令幼虫になり、さらに2月程度で3令幼虫になる。 終令幼虫は同じ容器で飼育していても共食いしないが、初令幼虫は同じ容器で飼育していると数が少なくなってくる。 産卵後の容器は幼虫が孵化したら早めに回収した方が良いようだ。 回収した幼虫は新しいマットを下に詰めた500cc程度の容器を用意し、回収した幼虫とともに産卵に使用したマットを容器の上に入れてやる。 マットは固くつめる必要はなく、軽く押し固める程度にする。 幼虫を保管する温度は冬季15度以上、夏季は25度以下で保管する。 生息地は亜熱帯の樹林になるが、湿度が良く保たれた樹林帯の林庄は夏は日陰になり、水分の蒸散作用により意外に温度が低い。 夏場は可能ならば22〜23度が良いようだ。 幼虫はマットが合えば翌年の3月ころに3令幼虫になっている、この頃になったら幼虫のエサ交換とともに大きな容器に移し替えてやる。 容器は1〜1. 5リットルの容器に移し替えるが、このときも全交換ではなく新しいマットを容器の下に詰め、その上に飼っていたマットとともに新しい容器に入れてやる。 3令になると食性が広がるためか、初令で食べなかったようなマットでも成長するようになる。 湿度はやや多目を好むようだが、過湿の状態にならないように注意が必要だ。 終令幼虫で約1年過ごすため、半年に1回程度のマット交換が必要となる。 マットを交換する際は全交換ではなく、半分新しいマットを入れ、残りは幼虫がいたマットをそのまま使用する。 なお、マルバネは幼虫で雌雄判別はできないので、雌雄で容器を分ける必要はない。 マルバネは劣化したマットを使うためコバエが発生しやすい。 コバエ自体は影響はないが、コバエの幼虫がマットを食べるため劣化が非常に早くなる。 エサとして与える前に十分に防虫したマットを与えたほうが手間はかからない。 マットの防虫は作成したマットを厚手のビニール袋に入れ、中に使い捨てのカイロを入れて空気を抜いて密閉する。 その状態で1週間置いておくと防虫できる。 簡単なのでマットを使用する前に防虫処理しておいたほうが良い。 特に繭を作り始めるとマット交換ができなくなるため、防虫したマットを使用する。 アマミマルバネの幼虫期間は2年で、産卵されてから2年目の夏に繭を作り始める。 繭を作り羽化するまで3月かかるため、繭を作り始める前にマットを交換しておくこと。 さもないと繭を作ってもマットの劣化のため繭内で死亡したり羽化不全になる。 蛹化から羽化 3令幼虫が繭を作り始めるのは孵化から2年目の夏になる。 成虫が自力で脱出するのは晩夏以降になるため、繭を作り始めたらマット交換は控え暗く静かな場所に保管する。 温度は20度前半がいいようだ。 繭を作りはじめた幼虫がいる容器は、外から見ると繭の場所のマットの色が違って見える。 幼虫が出す水分のせいか、明るい茶色になっていることが多い。 繭は過湿と蒸れには弱いため、通気を良くして過湿と蒸れを防ぐ。 ヤエヤママルバネも初令幼虫の時と繭の時期に死亡率が高い。 繭を作っても中で死亡している個体も多く、時期が来ても出てこない個体が多い。 しかし、アマミマルバネやオキナワマルバネよりも繭の期間が短いためか、前の2種より繭の時期の死亡率は低い。 新成虫が自力で繭を脱出したら交尾、産卵可能となっているため、産卵セットを作り交尾、産卵させる。 当サイトの画像、文章を無断使用、転載することを、堅くお断り致します Copyright c 2004 [AtoZ] All Rights Reserved. Since 2002 Jun.

次の

オキナワマルバネクワガタとやんばるの森を想う

オキナワ マルバネクワガタ

概説 の場合、大歯型では大顎全体が上方に反り、先端付近の内歯で噛み合うようになっている。 両歯型ではのようになり、系統発生学的には、ツヤクワガタ属だけではなく、オニクワガタ属やにも近いともいわれる。 「丸羽根」の名の通り上翅を含む平面形はズングリとしている。 体色は全身が黒いものが多く一般的には地味なイメージがあるが、全体或いは前翅のみが褐色のものや、ツヤクワガタ属の一部のように斜めに黄色い模様がついたり、頭部脇にツヤクワガタのような突起が発達する種類も存在する。 判別も前胸背板の後角が尖り方、大顎の内歯の大きさ、有無によって行う。 ヤエヤママルバネクワガタのは体長57mm(2002年)で日本最大。 マキシムマルバネクワガタは体長60mmを越え、クワガタムシのメスとしては世界最大級の大きさである。 オキナワマルバネクワガタ(の展示) 日本では以南のに生息するためか馴染みが薄いが、最大個体は60mm以上になり、横幅もある。 今日知られる分類は水沼哲郎の熱心な研究 によるところが大きく、以前はチャイロマルバネクワガタ以外全種全亜種が「タテヅノマルバネクワガタ」として括られていた。 また、一般に採集されるようになったのはがから返還された以降で、おもにの学生が最も早期から盛んに採集していた。 チャイロマルバネクワガタ Neolucanus insularis Miwa, 1929 、に生息。 8mm - 36. 6mm(飼育下では35. 7mm、2008年)と小型、昼行性、よく飛翔する、幼虫の食物が樹木の赤色腐朽物(フレーク)ではない、といった点で日本の他のマルバネクワガタと大きく異なる。 生活史が長らく不明であったが、幼虫が林床土壌を食べて育つ生態を昆虫写真家が解明した。 では自然環境保全条例の施行規則を改正して、5月から種指定、地域指定の両面から採捕、殺傷を制限しており、本種は保全種に指定されて石垣市内での採捕、殺傷が禁止されるとともに、周辺は保護地区に指定されてすべての動植物の捕獲、殺傷を控えることが求められている。 アマミマルバネクワガタ N. progenetivus Y. Kurosawa, 1976 原名亜種 N. progenetivus 、に生息。 旧タテヅノマルバネクワガタ亜種群中で最もオスの大顎の発達が悪く、大歯型は極めて稀である。 3mm - 65. 2mm(飼育下では68. 3mm、2012年)。 国産マルバネクワガタの中で年間の成虫出現期が最も早い。 奄美大島、徳之島の全市町村で条例により捕獲が禁止されている。 環境省第4次では 絶滅危惧II類 VU ()に指定されている。 ウケジママルバネクワガタ N. hamaii Mizunuma, 1994 に生息。 に鹿児島県の条例で採集が禁止された。 さらに、には(種の保存法)に基づくに指定され、日本国内での捕獲や譲渡が原則として禁止されている。 環境省第4次レッドリストでは絶滅の可能性が2番目に高い 絶滅危惧IB類 EN ()に指定されている。 オキナワマルバネクワガタ N. okinawanus Sakaino, 1984 北部に生息。 黒色で艶がある。 9mm、2012年)。 文献によってはアマミマルバネクワガタの亜種に分類されている。 2016年に種の保存法に基づく希少野生動植物種に指定されており、捕獲や譲渡が原則として禁止されている。 環境省第4次レッドリストでは 絶滅危惧II類 VU ()に指定されている。 ヤエヤママルバネクワガタ N. insulicola Y. Kurosawa, 1976 原名亜種 N. insulicola 石垣島、西表島に生息。 オキナワマルバネクワガタに似るが体色は若干茶色味を帯びる。 6mm - 67. 4mm - 57. 2mm、2006年)。 幼虫は、、等のフレークを食べて育つ。 が生息地であるが、数は減少した。 石垣市では自然環境保全条例の施行規則を改正して、2015年5月から種指定、地域指定の両面から採捕、殺傷を制限しており、本種は保全種に指定されて石垣市内での採捕、殺傷が禁止されるとともに、於茂登岳周辺は保護地区に指定されてすべての動植物の捕獲、殺傷を控えることが求められている。 石垣市での捕獲禁止に伴い、規制のない西表島に採集者が殺到しており、日本甲虫学会では2016年10月12日に節度ある行動を呼びかけている。 環境省第4次レッドリストでは 準絶滅危惧(NT)()に指定されている。 ヨナグニマルバネクワガタ N. donan Mizunuma, 1985 に生息。 4mm - 62. 7mm(飼育下では65. 0mm、2011年)。 生息地はが生息していないため飼育用の材をとるための採集者が増えるとともに、開発が進んだため近年生息数が壊滅的に激減するとともに 、4ヶ所あった生息地が1ヶ所に減少した。 に種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定され原則採集や譲渡が禁止された。 採集品だけでなく市場に大量に出回っている飼育品の譲渡もできなくなったため、愛好家や研究者は、野外で絶滅すれば飼育品も残らずに種自体が絶滅するとして、に指定するか与那国島のみでの採集禁止にするよう求めている。 [ ]環境省第4次レッドリストでは絶滅の可能性が最も高い 絶滅危惧IA類 CR ()に指定されている。 日本以外 マキシムマルバネクワガタ N. maximus 原名亜種 N. 2mm 飼育69. 2mm(2007) に分布。 confucius に分布。 fujitai に分布。 vendli に分布。 パリーマルバネクワガタ N. parryi に分布。 斜めの黄色い模様を持つが、うっすらと模様があるもの、斜めより少しふっくらとしているものなどもいる。 アカマルバネクワガタ N. swinhoei Bates, 1866 に分布。 nitidus Saunders, 1854 に類似しているので、亜種関係もある可能性をもつ。 『月刊むし』によると、与那国島の海岸で採集されたという記録があるが、台湾から海流によって流れてきた可能性が高いといわれている。 デリカトゥスマルバネクワガタ N. delicatus に分布。 大顎は他のマルバネクワガタよりも長くなり、先端に内歯が密集する。 前翅が黒くなるタイプと、のように赤味が付くタイプがいる。 ギガンテウスマルバネクワガタ N. giganteus 北部・・北部・中国南部に分布。 ほっそりとした体型で、マキシムスの次ぐらいに大きくなる。 体色は黒で、前翅は飴のような光沢を持つ。 ブレビスマルバネクワガタ N. brebis ・タイ北部・ラオス・中国。 前翅を除いた胸部が太くなり、がっちりした印象がある。 カスタノプテルスマルバネクワガタ N. castanopterus 北部・・・・ミャンマー・タイ北部・中国雲南省に分布。 頭部が小さく、前翅が褐色に色づく。 バラデバマルバネクワガタ N. 3mm(飼育65. 2mm)。 ラティコリスマルバネクワガタ N. laticolis ジャワに分布。

次の