い みち ぇ ん 17。 (17)水の恵みを知るみち/茨城県

いまみちともたか

い みち ぇ ん 17

密集市街地整備の前線で活動を行う民間コンサル、NPOなどの団体からのコアメンバーを選出し、コア会議により意見交換を行いながら現場の実態に沿った運営を行っていきます。 入会のご案内 街みちネットでは会員を募集しております。 会員の皆様には事務局からのお知らせ(見学・交流会などのご案内など)の情報メール(年5回程度)を配信させていただきます。 ・設立の趣旨に同意すること ・密集市街地でのまちづくりに向けて意欲があること 入会を希望される方は下のフォームからお申込み下さい。 退会について 退会を希望される方は下の退会申込からお手続き下さい。 これまでの活動の紹介 見学・交流会 回 日時 地区• 第25回 令和2年1月30日 中野区江古田三丁目地区• 第24回 令和元年10月17日 新宿区若葉地区• 平成31年2月8日 柏市豊四季台• 平成30年11月13日 世田谷区太子堂・三宿地区• 平成30年2月9日 千代田区神田周辺エリア• 平成29年10月12日 品川区戸越一・二丁目地区• 平成29年2月9日 台東区谷中地区• 平成28年10月19日 荒川区荒川二・四・七丁目地区• 平成28年2月3日 足立区関原一丁目地区• 平成27年10月6日 埼玉県鴻巣市すみれ野地区• 平成27年2月3日 街みちネットシンポジウム• 平成26年10月14日 世田谷区における環境共生・地域共生のまちづくり• 平成26年2月27日 東急電鉄「ア・ラ・イエ」• 平成25年5月30日 墨田区京島地区• 平成25年1月31日 横浜市初黄・日ノ出地区(黄金町)• 平成24年9月29日 コレクティブハウスと住コニュニティ創再生の取組み• 平成24年1月17日 東日本大震災からの復興まちづくり• 平成23年10月12日 台東区根岸三丁目地区• 平成23年2月9日 国の動き、地方都市の事例の勉強会• 平成22年12月8日 大森ロッヂ、アイリスタウン計画• 平成22年2月15日 江戸川区篠崎駅西部地区• 平成21年10月1日 墨田区向島地区• 平成20年11月26日 富士見市鶴瀬東地区• 平成20年6月19日 板橋区大谷口上町地区• 平成19年11月9日 北区上十条地区(Jコートハウス) その他の活動 活動 活動内容 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2019. 26) 勉強会では、スタヂオ・カタリストの松原氏のご協力により、神戸市の密集市街地のまちづくりの取組みについてご紹介いただきました。 コア会議では、第24回見学・交流会(新宿区若葉地区)の総括及び次回以降の見学・交流会の企画や勉強会についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2019. 21) 勉強会では、東京都市大学名誉教授の住吉先生、UR都市機構OBの大野氏、 株 象地域設計の木下氏のご協力により、北区神谷一丁目地区の事例紹介(座談会形式 と現地視察を行いました。 コア会議では、次回以降の見学・交流会の企画や勉強会についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2019. 26) 勉強会では、(株)アルメックVPIのご協力により、江戸川区の防災まちづくり等の取組みについてご紹介いただきました。 コア会議では、第23回見学・交流会(柏市豊四季台)の総括及び次回以降の見学・交流会の企画や勉強会についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2018. 18) 勉強会では、(株)熊谷組のご協力により、高齢者関係施設についてご説明いただき、意見交換を行いました。 コア会議では、第22回見学・交流会(太子堂・三宿地区)の総括及び第23回見学・交流会(柏市豊四季台)の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2018. 3) 勉強会では、UR都市機構より東日本大震災におけるURの復興支援について紹介を行いました。 また、NPO法人都市住宅とまちづくり研究会の杉山氏にご協力いただき、東松島市あおい地区の防災集団移転等による被災者主体の新しいまちづくりについて紹介を行いました。 コア会議では、第22回見学・交流会(太子堂・三宿地区)の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2018. 19) 街みちネットのコアメンバーとして、旭化成不動産レジデンス株式会社より吉井氏に代わりまして久田氏をお迎えし、 新たにNPO法人モクチン企画の連氏をお迎えしました。 コア会議では、UR都市機構より密集市街地整備におけるURの取組みについて紹介を行いました。 また、次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 勉強会では、NPO法人自立支援センターふるさとの会の秋山氏ご協力いただき、取組みについてご紹介いただきました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 (2018. 27) 勉強会では、NPO法人モクチン企画の連氏にご協力いただき、取組みについてご紹介いただきました。 コア会議では、第21回見学・交流会(神田周辺エリア)の総括及び次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2017. 6 勉強会では、かみいけ木賃文化ネットワークの山本氏、山田氏にご協力いただき、取組みの紹介と物件の視察を行いました。 コア会議では、第20回見学・交流会(戸越一・二丁目地区)の総括及び第21回見学・交流会(千代田区神田エリア)の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2017. 31 勉強会では、UR都市機構 東日本賃貸住宅本部 神奈川エリア経営部の尾神氏より「ルネッサンスin洋光台の取組みについて」の紹介を行い、洋光台北団地の視察を行いました。 コア会議では、第20回見学・交流会(戸越一・二丁目地区)の企画についての話し合いを行いました。 コア会議の開催 2017. 26 街みちネットの会長として、新たに首都大学東京名誉教授の高見澤氏をお迎えしました。 コア会議では、UR都市機構より密集市街地整備におけるURの取組みについて紹介を行いました。 また、次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2017. 3 勉強会では、UR都市機構 都市再生部 事業管理第1チームの大野氏による「新潟県糸魚川市の大規模火災の現地調査報告」と、(株)まちづくり研究所 丸山氏による「富山県射水市放生津地区における密集市街地整備の取組み」の紹介を行いました。 コア会議では、第19回見学・交流会(台東区谷中地区)の総括及び次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会の開催 (2017. 24) コアメンバー勉強会として、コアメンバーの旭化成不動産レジデンス(株)吉井氏のご協力により、旧同潤会中延住宅の現地視察会を行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2016. 13 勉強会では、芝の家の視察を各自で行い、港区芝地区総合支所協働推進課の福永氏及び施設スタッフの田渕様より大学連携による芝地区の地域事業についてご紹介いただきました。 コア会議では、第18回見学・交流会(荒川区荒川二・四・七丁目地区)の総括及び第19回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2016. 7 勉強会では、多摩平の森(多摩平団地)の視察を行い、多摩平の森自治会との意見交換会を実施しました。 コア会議では、第18回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2016. 19 勉強会では、旭化成不動産レジデンス(株)の吉井氏より中延二丁目旧同潤会地区防災街区整備事業の取組みについてご紹介いただきました。 コア会議では、次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2016. 10 勉強会では、NPO都市住宅とまちづくり研究会 理事・事務局長 関氏よりNPOとしまち研の都心部における地域再生への取り組みについてご紹介いただきました。 コア会議では、第17回見学・交流会(足立区関原一丁目地区)の総括及び次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2015. 16 勉強会では、足立区の金井課長より足立区関原一丁目地区、西新井駅西口周辺地区における密集市街地整備の取組みについてご紹介いただきました。 コア会議では、第16回見学・交流会(埼玉県鴻巣市すみれ野地区)の総括及び第17回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2015. 12 コアメンバーの(株)熊谷組に会場を提供していただき、勉強会では、(株)熊谷組の大槻氏による新宿区若葉地区における密集市街地整備の取組みのご説明と、全国路地のまち連絡協議会の木村氏の案内による神楽坂地区の視察を行いました。 コア会議では、第16回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会の開催 2015. 17 コアメンバー勉強会として、佐倉市ユーカリが丘地区の視察を行いました。 コア会議の開催 2015. 21 第16回、17回の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2015. 12 新たなコアメンバーとして、旭化成不動産レジデンス(株)、(株)熊谷組が加わりました。 勉強会では、コアメンバーの近況報告として、木密地域不燃化10年プロジェクト等についての各社の取組みの紹介を行いました。 コア会議では、第15回交流会(街みちネットシンポジウム)の総括及び次回以降の見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2014. 26 勉強会では、全国路地のまち連絡協議会の木村氏より「路地からのまちづくり(全国路地のまち連絡協議会の活動と全国の路地のまちの取り組み)」についてご講演いただきました。 コア会議では、第14回見学・交流会の総括及び第15回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2014. 31 勉強会では、一般社団法人 移住・住みかえ支援機構の斉藤氏を講師に迎え「『シニア向け住み替え支援』に関する様々な取組み」についてご講演いただきました。 コア会議では、第14回見学・交流会及び第15回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2014. 29 勉強会では、東京都「木密地域不燃化10年プロジェクト」への取組み状況の報告と、コアメンバーである象地域設計の取組みの紹介を行いました。 コア会議では、前回に引き続き第14回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会・コア会議の開催 2014. 08 勉強会では、(株)HITOTOWAの荒氏を講師に迎え「ネイバーフッドデザイン=ご近所づきあいのお手伝い」についてご講演いただくとともに、コアメンバーである首都圏総合計画研究所の取組みの紹介を行いました。 コア会議では、第14回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コア会議の開催 2014. 15 新たなコアメンバーとして、日本都市計画家協会が加わりました。 コアメンバーであるURリンケージ、都市企画工房、まち・いえづくり支援の集、日本都市計画家協会の取組みの紹介や、 第13回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コア会議の開催 2013. 21 新たなコアメンバーとして、都市企画工房、まち・いえづくり支援の集が加わりました。 コアメンバーであるUR都市機構、都市住宅とまちづくり研究会、まちづくり研究所の取組みの紹介や、 第13回見学・交流会の企画についての話し合いを行いました。 コアメンバー勉強会 2013. 22 コアメンバー勉強会として、NPO自立支援センターふるさとの会の 大久保地区での取組みの視察を行いました。 街みち甓版 官と民とが密集市街地の整備・改善等に関する情報を共有する場の情報として、会報をお送りしております。 社会への取り組み• 環境への取り組み• デザインの取り組み• その他の取り組み• 広報誌• 企業紹介パンフレット• 企業紹介パンフレット(海外向け)• 販売書籍• 事業制度• プロジェクト紹介• パンフレット・刊行物• URのまちづくり支援(コーディネート等)• 関連情報•

次の

いまみちともたか

い みち ぇ ん 17

当実行委員会では、昨今の状況を鑑み大会の中止及びエントリーされた皆様へ、エントリー料の対応につきまして協議を進めてまいりました。 今大会におきましては、特例といたしまして、参加費を全額返金することと決定いたしました。 つきましては、順次エントリーいただきました御住所へ現金書留郵送にて対応させていただきます。 今後とも「時空の路ヒルクライムin会津」を何卒よろしくお願い申し上げます。 すでに、お申し込みいただいた方々の参加費の取り扱いにつきましては、 改めて参加者の皆様へお知らせいたします。 尚、大会開催につきましては、3月25日に判断を行います。 エントリー完了された方々におかれましては、中止の場合、参加費の対応について現在協議中でございます。 時空の路ヒルクライム実行委員会 尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。 チームメンバーは個人戦への参加が必要です。 必ず 代表者が団体戦へのお申し込みを行ってください。 * ご注意 * チームの代表者のみ、お申し込みの際に個人戦と団体戦の2種目を選択してください。 チームメンバーは別途個人戦のみを選択してお申し込みください。 ただし、チームメンバーも申込フォーム内で必ず「チーム名」をご入力頂くようにお願いします。 種目 参加料 状況 【個人戦】 個人戦:ロードレーサーの部(距離13. 個人戦申し込みが必須です。 団体戦:ロードレーサーの部(距離13. 3,300円 受付終了 団体戦:MTBの部(距離13. 3,300円 受付終了 開催場所 福島県会津美里町役場本郷庁舎 郵便番号 969-6042 事務局 福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町甲3161-1 会津美里町本郷インフォメーションセンター内 「時空の路ヒルクライム会津実行委員会事務局」 電話番号 0242-56-4637 参加通知書について 参加通知書は、大会事務局より4月下旬から5月2週目ごろ発送予定です。 尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。 主催者より許可された方。 大会の中止・大会内容の変更・不参加の場合も返金いたしません。 コースの特徴 県道下郷会津本郷線(大内宿こぶしライン)距離13. 5km、高低差600m 表彰 各1~6位 賞状・入賞盾・副賞記念品 その他、遠来賞など特別賞(団体戦は各クラス優勝のみ表彰) 保険 今大会は、参加者に対して傷害保険に加入します。 補償内容をご確認の上、必要とあれば参加者ご自身で別途ご加入ください。 その他 【参加許可】 参加を認められた方には、実行委員会より参加案内書とともに参加証を後日、送付します。 3人の個々の合算タイムをチームのタイムとする。 改めての団体戦レースは行わない。 男女の混合・バイクの種別混合は認めない。 個人戦申し込みが必須。 1.大会参加に際して、良好な健康状態であること。 2.大会に関して、主催者が定めたすべての規約、規則、指示に従うこと。 3.大会期間中の自身の死亡、負傷、その他の事故については、自己の責任において処理し、大会開催障害保険による保険給付のほか、主催者にその責任を問わないこと。 4.大会期間中、貴重品はもとより自身の所持品は自身で管理すること。 5.大会に関するテレビ、新聞報道、雑誌記事、各種印刷物、主催者ホームページなどで、私の名前および写真を私の了承なしに自由に使用すること。 6.自然災害や気象状況の悪化それに伴う競技環境の不良などで、大会が中止または内容が変更になって開催された場合、参加料の返還を求めないこと。 7.私が大会に提出した書類の記載事項がすべて真正であること。 【個人情報】 参加申込に関する個人情報は、時空の路ヒルクライム会津実行委員会(以下、「当実行委員会」)で個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を厳守し、個人情報を取り扱います。 当実行委員会では、大会参加者へのサービス向上を目的とし、参加案内、記録通知、関連情報の通知、記録発表に利用いたします。 また、当実行委員会もしくは、委託先からの申込内容に関する連絡をさせていただくことがあります。 受付場所.

次の

密集市街地情報ネットワーク 街みちネット

い みち ぇ ん 17

当実行委員会では、昨今の状況を鑑み大会の中止及びエントリーされた皆様へ、エントリー料の対応につきまして協議を進めてまいりました。 今大会におきましては、特例といたしまして、参加費を全額返金することと決定いたしました。 つきましては、順次エントリーいただきました御住所へ現金書留郵送にて対応させていただきます。 今後とも「時空の路ヒルクライムin会津」を何卒よろしくお願い申し上げます。 すでに、お申し込みいただいた方々の参加費の取り扱いにつきましては、 改めて参加者の皆様へお知らせいたします。 尚、大会開催につきましては、3月25日に判断を行います。 エントリー完了された方々におかれましては、中止の場合、参加費の対応について現在協議中でございます。 時空の路ヒルクライム実行委員会 尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。 チームメンバーは個人戦への参加が必要です。 必ず 代表者が団体戦へのお申し込みを行ってください。 * ご注意 * チームの代表者のみ、お申し込みの際に個人戦と団体戦の2種目を選択してください。 チームメンバーは別途個人戦のみを選択してお申し込みください。 ただし、チームメンバーも申込フォーム内で必ず「チーム名」をご入力頂くようにお願いします。 種目 参加料 状況 【個人戦】 個人戦:ロードレーサーの部(距離13. 個人戦申し込みが必須です。 団体戦:ロードレーサーの部(距離13. 3,300円 受付終了 団体戦:MTBの部(距離13. 3,300円 受付終了 開催場所 福島県会津美里町役場本郷庁舎 郵便番号 969-6042 事務局 福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町甲3161-1 会津美里町本郷インフォメーションセンター内 「時空の路ヒルクライム会津実行委員会事務局」 電話番号 0242-56-4637 参加通知書について 参加通知書は、大会事務局より4月下旬から5月2週目ごろ発送予定です。 尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。 主催者より許可された方。 大会の中止・大会内容の変更・不参加の場合も返金いたしません。 コースの特徴 県道下郷会津本郷線(大内宿こぶしライン)距離13. 5km、高低差600m 表彰 各1~6位 賞状・入賞盾・副賞記念品 その他、遠来賞など特別賞(団体戦は各クラス優勝のみ表彰) 保険 今大会は、参加者に対して傷害保険に加入します。 補償内容をご確認の上、必要とあれば参加者ご自身で別途ご加入ください。 その他 【参加許可】 参加を認められた方には、実行委員会より参加案内書とともに参加証を後日、送付します。 3人の個々の合算タイムをチームのタイムとする。 改めての団体戦レースは行わない。 男女の混合・バイクの種別混合は認めない。 個人戦申し込みが必須。 1.大会参加に際して、良好な健康状態であること。 2.大会に関して、主催者が定めたすべての規約、規則、指示に従うこと。 3.大会期間中の自身の死亡、負傷、その他の事故については、自己の責任において処理し、大会開催障害保険による保険給付のほか、主催者にその責任を問わないこと。 4.大会期間中、貴重品はもとより自身の所持品は自身で管理すること。 5.大会に関するテレビ、新聞報道、雑誌記事、各種印刷物、主催者ホームページなどで、私の名前および写真を私の了承なしに自由に使用すること。 6.自然災害や気象状況の悪化それに伴う競技環境の不良などで、大会が中止または内容が変更になって開催された場合、参加料の返還を求めないこと。 7.私が大会に提出した書類の記載事項がすべて真正であること。 【個人情報】 参加申込に関する個人情報は、時空の路ヒルクライム会津実行委員会(以下、「当実行委員会」)で個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を厳守し、個人情報を取り扱います。 当実行委員会では、大会参加者へのサービス向上を目的とし、参加案内、記録通知、関連情報の通知、記録発表に利用いたします。 また、当実行委員会もしくは、委託先からの申込内容に関する連絡をさせていただくことがあります。 受付場所.

次の