穴のあな。 「穴をあける」の「あける」はどんな漢字を使いますか

穴窯(アナガマ)とは

穴のあな

くぼんだ所。 向こうまで突き抜けた所・向こうまで貫通している所。 また、常用漢字表で「あな」という読み方が記載されているのは「穴」だけです。 もう一つの「孔」は常用漢字外です。 よって 「穴」と「孔」の使い分けに迷った場合には、「穴」を使っていれば間違いはありません。 また、正しい漢字の表記が求められる公用文や学校のテストの解答用紙に「あな」と書く場合は「穴」しか使えません。 正しい漢字の表記が求められる場面ではくれぐれもご注意ください。 くぼみ・へこんだ所である「あな」を「孔」と書き表すことはできません。 よって、壁に「あな」が開いた場合でも、壁土の表面一部がくずれただけで、その「あな」から壁の向こう側の空間が見えない場合には「穴」。 壁土の表面だけでなく壁そのものも崩れて、「あな」から壁の向こう側の空間が見えてしまう場合には「穴」と「孔」、両方を使うことができます。 壁の「あな」が 向こう側まで貫通していることを強調したい場合などに「孔」を使います。 ただし、上にも述べた通り常用漢字表では「孔」は「こう」としか読みません。 「あな」とは読みません。 たとえ「あな」が貫通したことを強調したい場合でも、公用文など漢字の正しい表記が求められる場面では「穴」を使ってください。 【穴/孔】違い、まとめ 「穴」と「孔」の違いと使い分け方、このページの解説でおわかりいただけましたでしょうか。 最後にもう一度、「穴」と「孔」の違いのポイントを以下にまとめます。 穴 孔 貫通している場合 OK OK 貫通していない場合 OK NG.

次の

「穴」と「孔」

穴のあな

A ベストアンサー 「穴をあける」について、 広辞苑には、【明く・開く】の項に、岩波国語辞典でも、【明ける・開ける】の項に記載されていますが、いずれの辞典にもどちらを使うか明解に分類されていません。 しかし、三省堂の新明解国語辞典には、はっきりと分類されていました。 転記します。 [A] 【明ける】 自下一 一定の期間・状態が終わって、次の期間・状態となる。 「夜が-」「年が-」「年季が-」「夜も日も明けぬ」 [B] 他下一 1. 【開ける】そこを占拠している物や さえぎっている物を取り除いて、開口部や通路の・流通 交通 をはかる。 「戸 店・穴・間・道 を-」「幕を-」「蓋を-」 他下一 2. 【明ける】そこに・満ちていた 満ちているはずの ものを、ほかへやって空 から にする。 「部屋を-」「水を-」「からだを-」 注 [B]の一部の用法は、「空ける」とも書く 一般的には、「穴を開ける」と思いますが、いろいろですね。 さてさて、どちらの辞典を信じたものか? 「穴をあける」について、 広辞苑には、【明く・開く】の項に、岩波国語辞典でも、【明ける・開ける】の項に記載されていますが、いずれの辞典にもどちらを使うか明解に分類されていません。 しかし、三省堂の新明解国語辞典には、はっきりと分類されていました。 転記します。 [A] 【明ける】 自下一 一定の期間・状態が終わって、次の期間・状態となる。 「夜が-」「年が-」「年季が-」「夜も日も明けぬ」 [B] 他下一 1. 【開ける】そこを占拠している物や さえぎっている物... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー 1 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。 したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

そうだったのか!「孔」と「穴」の違い

穴のあな

歴史 [ ] 2年()成立の『穴太寺観音縁起』によれば、2年()、の勅願によりが開創したとされる。 穴太寺の像は「身代わり観音」の伝説で知られ、この伝説が『』に取り上げられていることから、末期には観音霊場として当寺が知られていたことがわかる。 『今昔物語集』所収の説話によると、昔、のをしていた男が、都の仏師に依頼して聖観音像を造り、仏師に褒美として自分の大切にしていた名馬を与えた。 しかし、与えた名馬が惜しくなった男は、家来に命じて仏師を弓矢で射て殺してしまった。 ところが、後で確認すると仏師は健在で、聖観音像の胸に矢が刺さっていた。 改心した男は仏道を信じるようになったという。 同様の説話は『』にもあるが、ここでは男の名が「宇治宮成」、仏師の名が「感世」とされている。 この聖観音像は(43年)11月に盗難に遭っている。 の戦火によって伽藍が被害を受ける。 年間( - )には、の攻めに巻き込まれて焼失した。 17世紀中頃に行廣上人が再興する。 13年()に本堂が焼失するが、享保20年()に再建している。 (29年)に本堂の天井裏からが発見された。 境内 [ ]• - 享保20年()再建。 内陣にの作とされる木造釈迦涅槃像(なで仏)が安置され布団が掛けられており、自分の体の病のある部分と同じ涅槃像の体の部分を触ると参拝者の病気がよくなると伝わる。 堂 - 2年()• - 元年()• 仁王門 - 17世紀中期に再建。 宇治宮成の墓• 三十三所観音堂 - の各札所の砂が祀られている。 鎮守堂() - 18世紀中期。 - 9年()建立。 円応院 - 本坊でもある。 表門 - 宝永2年(1705年)• 庫裏・方丈 - 庫裏の南側が方丈建築となっている。 また、本堂と渡り廊下で繋がっている。 5年()建立。 庭園 - 京都府指定 文化財 [ ] 鎮守堂 重要文化財 [ ]• 木造聖観音立像(伝・感世作) - 像高110センチメートル。 鎌倉時代の作。 (43年)11月に盗難に遭い、未発見である。 京都府指定有形文化財 [ ]• 多宝塔• 穴太寺観音縁起 京都府登録有形文化財 [ ]• 鎮守堂• 方丈表門 京都府指定名勝 [ ]• 穴太寺庭園 - 江戸時代中期。 亀岡市指定有形文化財 [ ]• 穴太寺伽藍• 方丈庫裏• 仁王門• 念仏堂• 木造釈迦涅槃像 行事 [ ] 1月3日、「福給会」(ふくたばえ、ふくたまえ)が催される。 これは、300年以上続く伝統行事で、1から33番までの札3,000枚を本堂から巻き、拾った番号によってくじが行なわれる。 3枚だけ赤い札が入っており、それを拾った人は1年間幸せに過ごせるという。 前後の札所 [ ] 20 - 21 穴太寺 - 22 129 - 130 穴太寺 - 131 所在地 [ ] 〒621-0029 京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46 交通 [ ]• ()から、• バス60系統行で穴太口下車徒歩10分 昼間は20分毎の運行。 57系統京都先端科学大学行は穴太口を通過する。 京阪京都交通バス59系統穴太寺循環で穴太寺前下車徒歩1分 昼間は1時間毎の運行。 周辺情報 [ ]• (応挙寺)(徒歩4分)• (徒歩3分)• 脚注 [ ] [].

次の