映画 僕のワンダフルライフ ネタバレ 感想。 僕のワンダフルライフのラスト結末とネタバレあらすじ!感想も

映画「僕のワンダフルライフ 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

映画 僕のワンダフルライフ ネタバレ 感想

(今作品の主人公は、「犬」です。 全編をとおして犬の目線で語られます) 〔1回目〕 最初は、短い「犬生」でした。 野良犬の赤ん坊として生まれた「僕」は、きょうだいといっしょに楽しく遊びます。 ところが楽しい時間は、あっという間に終わりました。 ある日、『野犬捕獲業』の人間に捕まった「僕」は、短いいのちを終えます…。 〔2回目〕 …次に「僕」が気付くと、ゴールデン・レトリーバーに生まれ変わっていました。 眉間のところに、うっすらと白い毛があります。 ブリーダーのところを抜け出した「僕」は、通りがかった男性2人に見つかり、「こいつを売れば金になるな」と捕まえられます。 捕まえたものの、男性2人は車中に「僕」を残し、出かけていきました。 車中に残された「僕」は脱水症を起こし、ぐったりします。 その時、奇跡は起きました。 ある少年がぐったりした「僕」を見つけ、少年の母が窓ガラスを割って助けてくれたのです。 少年と母はそのまま「僕」を連れ帰り、介抱してくれました。 いのちを救われた「僕」は、「絶対にこの子を離さない」と決意します。 1954年。 少年はイーサンという名でした。 白い家に父・ジム、母・エリザベスと、3人で暮らしています。 ほかに飼い猫もいました。 イーサンは8歳で、「僕」にベイリーという名をつけ、犬を飼うのをきらう父親を説得しようと思います。 父は「犬は家を散らかすぞ」と言いながらも、さほど反対を唱えませんでした。 イーサンはベイリーを飼い始め、可愛がります。 ベイリーはすぐにイーサンになつきます。 車に乗ったベイリーは、イーサンの母・エリザベスの両親・ビルとフランのもとへ行きます。 そこは農場でした。 初めてニワトリを見たベイリーは追いかけ回します。 「イーサンを離さない」という決意が揺らぎ、このまま本能のおもむくまま、犬生を楽しんでもいいのではないかと、ベイリーは思ったりなんぞもしました。 農場でのバカンスを、ベイリーも楽しみます。 農場には、しぼんだラグビーボールがありました。 それを見つけたイーサンは、ためしにそれをフリスビーのように投げます。 取りに行ったベイリーは、イーサンに戻しながら、この遊びは面白いと思いました。 次にイーサンが宙高く放った時には、イーサンの背中を踏み台にしてジャンプし、空中でキャッチします。 (しぼんだラグビーボールと、この取り方が大きな伏線なので、覚えておいて!) イーサンはベイリーが大好きでした。 ボス犬(ドッグ)というあだなもつけます。 イーサンが学校に通っているあいだ退屈なベイリーは、「犬になるためのしつけ」を猫にほどこそうとしました。 結果、部屋が散らかります。 帰宅したイーサンは父を怒らせまいと、あわてて片付けようとしました。 そこへ父が帰宅します。 父・ジムは上司を招いており、イーサンに早く部屋を元通りにしろと命令しました。 父は金貨の収集が趣味でしたが、イーサンがいじっていて落とし、ベイリーがその金貨を呑みこんでしまいます。 上司を招いての夕食の席。 父・ジムは上司に「外回りの営業から、内勤になりたい」と希望を告げますが、上司からやんわりと断られました。 上司は話題をかえるために、ジムの趣味の金貨の話をします。 まずいと思ったイーサンは、早く金貨を取り戻そうと、ベイリーを連れて家の外に出て、うんちをするよう急かしました。 すぐにはできないと思いつつ、ベイリーは用を足します。 金貨はなんとか出てきました。 イーサンはそれを拭いて、父の収集箱に戻そうと思います。 ところが戻ると、上司と父たちがまさしくその箱に、手を伸ばしているところでした。 あせったイーサンは、おもわず「ネズミがいる!」と言って、注意を別のところへ向けます。 そして大人たちの注意がそれたところで、コインを元に戻しました。

次の

僕のワンダフル・ライフのレビュー・感想・評価

映画 僕のワンダフルライフ ネタバレ 感想

映画「僕のワンダフル・ライフ」あらすじ 「大好きな飼い主のイーサンに会いたい!」 その一途な想いで、50年で3回生まれ変わったベイリー 遂にイーサンと再会したベイリーが気付いた〈使命〉とは? 犬を飼うことのいちばんの幸せ、それは犬たちがくれる無償の愛。 ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーが、その愛を捧げた相手は、自分の命を救ってくれた、 イーサン少年。 1人と1匹は喜びも悲しみも分かち合い、固い絆で結ばれていく。 だが、犬の寿命は人間よりうんと短い。 引用: 衰弱していたベイリーと助けたイーサンの絆を描く物語。 イーサンに会いたい、願いを胸に何度も人生を繰り返す犬のベイリーが愛しくて涙を誘う映画です。 映画「僕のワンダフル・ライフ」総合評価・感想 4. 0 大事な愛犬がいる方なら、 ベイリーに愛犬の姿を重ねて涙してしまうのではないでしょうか。 私は犬はいないのですが、それでも一途なベイリーの姿には胸がきゅっとしてしまいました。 犬を飼っていなくても、生きるうえで大事なことを気づかせてくれる映画で、大切な人と楽しく助け合って生きていかないとと強く思いました。 映画「僕のワンダフル・ライフ」のストーリーネタバレ 映画「僕のワンダフル・ライフ」のストーリー紹介です。 ネタバレしていますので、見たくない方はご注意ください。 イーサンとの楽しいワンダフル・ライフ 子犬だったベイリーを救ったのは、少年イーサン。 イーサンとともに育ち、寿命を迎えたベイリーは静かに旅立ちます。 イーサンと父親の複雑な関係、イーサンの恋などさまざまな経験をイーサンを通してしてきたベイリーは、 記憶を引き継いだまま次の人生へ。 ベイリーの運命パート2 息を引き取りベイリーは生まれ変わるのですが・・・次の人生は 警察犬としての運命でした。 それでも立派に仕事をし、あまり楽しくはなかったとはいえ最後はかっこいい警察犬としての最期を迎えました。 飼い主であるカルロスと厚い信頼関係を築いたベイリーは、役目を終え次の運命へ。 ベイリーの運命パート3 今度はコーギーとして生まれ変わったベイリー。 小さくてかわいい、女性の飼い主と歩む人生です。 飼い主から愛され、犬の相棒もいて、飼い主の子どもという遊び相手もいて。 この人生が一番楽しそうでしたね。 ベイリーの運命パート4 ここでのベイリーは過酷な運命を歩むことになりました。 女性に拾われますが、パートナーの男性からは良い顔されず外で飼われ、警察が出動する騒動となり捨てられてしまいます。 外をさまよう中で、懐かしいにおいがし、においの先を追ってみれば・・・そこには年を取ったイーサンの姿が。 でも当然時代も姿も最初に会ったときとは違うからイーサンはベイリーに気づかず・・・。 ですが、その後イーサンはベイリーを家族に迎えます。 そして、ベイリーとの再会をきっかけにイーサンとハンナは再び出会うのでした。 ベイリーが気づいたこと 楽しむこと、困っている人を助けること、大好きな人を舐めること。 そして一生懸命生きる。 輪廻転生の旅を通じベイリーはこれらのことに気づいたのでした。 映画「僕のワンダフル・ライフ」感想ネタバレ イーサンに会いたい、その一心で何度も生まれ変わり、ようやく4度目にしてイーサンと再会するベイリー。 一生懸命イーサンを探し続けるベイリーの姿に胸が締め付けられますね。 おそらく犬と暮らしている方であれば、よりいっそう愛犬の存在がいとおしくなるはず。 ベイリーの冒険を通じて私も人生で大事なことに気づくことができたと思います。 切ないけど最後にはあたたかくなる良い映画でした。 まとめ 以上、映画「僕のワンダフル・ライフ」のあらすじと感想でした。 途中切なくなりますが、最後にはほっこり心があたたかくなるハートフルな映画です。 愛犬がいる方はもちろん、いない方にもおすすめできる作品。

次の

『僕のワンダフル・ジャーニー』ネタバレとあらすじ、感想や評価(最新情報!)

映画 僕のワンダフルライフ ネタバレ 感想

転生を繰り返す犬と飼い主との絆を描いた2017年の作品。 メガホンを取ったのはスウェーデンのラッセ・ハルストレム監督です。 大の犬好きを自称するラッセ・ハルストレムが手掛けた本作は、『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『HACHI 約束の犬』に続く3本目のドッグ・ムービーということで公開前から話題となりました。 何度も生まれ変わる犬のベイリーが最初の飼い主を一途に思い続ける姿が涙を誘う感動作。 こちらの記事では、映画『僕のワンダフル・ライフ』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる『僕のワンダフル・ライフ』のあらすじネタバレや感想・評価についても紹介します。 今すぐ映画『僕のワンダフル・ライフ』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック 目次• 映画『僕のワンダフル・ライフ』動画を無料視聴する方法とは? 映画『僕のワンダフル・ライフ』の動画を無料視聴する方法を調査した結果! 映画が見れる動画配信サービスで、初回にもらえるポイントを利用すれば、無料で視聴できることがわかりました。 2019年9月現在、映画『僕のワンダフル・ライフ』を配信している動画配信サービスは以下の通りとなります。 料金は1作品あたりの金額(税抜)です。 映画『僕のワンダフル・ライフ』は、複数の動画配信サービス(VOD)で配信されていますが、 U-NEXT・ビデオパスであれば初回の登録でもらえるポイントを使うことで、無料で見る事ができます。 また、 huluであれば無料期間中に追加料金なしで見放題となります。 過去に登録したことがある動画配信サービスがあれば、それ以外の所で登録すれば、また無料で見れますので、ご自身の登録状況を確認の上、ぜひ無料で映画を楽しんでみてください。 映画『僕のワンダフル・ライフ』配信サービスを徹底比較!おすすめはU-NEXT! 映画『僕のワンダフル・ライフ』が配信されている動画サービスごとに内容を比較し、おすすめポイントをまとめました。 作品数の多さは断トツでU-NEXT! 映画『僕のワンダフル・ライフ』のフル動画を無料で視聴し、さらに他の映画もたくさん観たい方にオススメなのがです。 月額料金は1990円 税抜 ですが、毎月1200円分のポイントが付与され、最新作を観ることもできます。 4人同時視聴できるので、実質ひとり500円! U-NEXTでは31日間の無料体験があり、はじめて登録する方は 初回登録時に 600ポイントがもらえます。 無料キャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。 31日間の無料お試しキャンペーン中に、是非トライしてみてください! 注意点として『31日間無料体験』は、 過去にU-NEXTを利用したことがあるユーザーには適応されないので、一覧で紹介している他の動画配信サービスの無料トライアルキャンペーンに登録することをオススメします。 詳細はでご確認下さい。 Huluなら追加料金を気にせず全配信が見放題! Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。 月額933円 税抜 で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。 はじめてHuluを利用される方は、2週間無料のおためし期間があります。 おためし期間の終了間際になると、メールが届くので安心です。 ビデオパスおすすめポイント• 国内ドラマやアニメ、バラエティ番組などが充実!• PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!• 毎月もらえるビデオコイン 540円相当 でレンタル可能• 映画チケットの割引特典がある! 映画『僕のワンダフル・ライフ』をレンタルBDやDVDで観たい方はTSUTAYA DISCAS TSUTAYAの定額レンタルサービス『TSUTAYA DISCAS』は、Blu-ray/DVDをネットで注文して、ご自宅まで配送してもらうサービスです。 『TSUTAYA DISCAS』なら、自宅にあるテレビで、オンライン動画配信サービスを楽しめない方でも、ブルーレイやDVDを視聴できる環境であれば、宅配レンタルで「まだまだ話題作」「旧作」の映画を観る事ができます。 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「HACHI 約束の犬」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督がW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を実写映画化し、飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ。 ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。 やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。 3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。 主人公の犬ベイリーの声を担当するのは、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッド。 若き日のイーサン役には新人俳優K・J・アパを抜擢し、成長したイーサンを「エデンより彼方に」のデニス・クエイド、イーサンの初恋相手ハンナを「トゥモローランド」のブリット・ロバートソン、大人になったハンナを「ツイン・ピークス」シリーズのペギー・リプトンがそれぞれ演じる。 映画『僕のワンダフル・ライフ』作品の原作 原作はアメリカの作家W. 映画『僕のワンダフル・ライフ』作品データ• 製作年/2017年• 製作国/アメリカ• 配給/東宝東和• 上映時間/100分 映画『僕のワンダフル・ライフ』キャスト一覧• ベイリー・バディ・ティノ・エリーの声/ジョシュ・ギャッド 犬生の目的を考えつつ転生を繰り返す犬。 まったく異なる犬種として生まれ変わる度に違う飼い主との生活を送ります。 最初の飼い主であるイーサンのことをいつでも思っていて、いつかまた会いたいと願い続けています。 イーサン/デニス・クエイド(大人)K・J・アパ(高校生)ブライス・ガイザー(少年) 車内に放置されていた子犬を助けて飼うことに。 犬をベイリーと名付けていつでも一緒に過ごし、次第にかけがえのないパートナーになっていきます。 高校生になるとアメフトで活躍します。 奨学金での大学進学を決めた矢先に足の怪我で選手生命を絶たれると、自暴自棄になり恋人のハンナとも別れてしまいます。 ハンナ/ブリット・ロバーソン(高校生)ペギー・リプトン(大人) イーサンの初恋の人。 ベイリーを通じてイーサンと出会い恋人になります。 ケガをしたイーサンを支えようとしますが別れを切り出され、ベイリーとも会えなくなってしまいます。 カルロス/ジョン・オーティス エリーの飼い主。 警察官。 大切な人を失った悲しみを抱えながら生きています。 警察犬であるエリーに厳しい訓練を課しますが、カルロスの悲しみに寄り添ってくれるエリーと絆を深めていきます。 マヤ/カービー・ハウエル=バプティスト ティノの飼い主で大学生。 人付き合いが苦手で家に籠ってジャンクフードばかり食べています。 ティノにもピザやポテトチップスを与えてしまい、運動のために連れて行った公園でロクシーを散歩させていたアルと親しくなります。 アル/プーチ・ホール マヤの同級生でティノが恋をしたロクシーの飼い主。 やがてマヤと結婚し家族となります。 エリザベス/ジュリエット・ライランス イーサンの母。 イーサンと共に弱っていたベイリーを助け出しました。 イーサンの良き理解者で、ベイリーとイーサンを温かく見守り続けます。 ジム/ルーク・カービー イーサンの父。 犬があまり好きではありません。 職場で希望の部署に配属できず次第に無気力になっていきます。 ついには酒に溺れて家を出ていくことに…• フラン/ガブリエル・ローズ• ビル/マイケル・ボフシェバー• ベイリー/バディ/ティノ/エリー(声)ジョシュ・ギャッド 映画『僕のワンダフル・ライフ』スタッフ一覧• 監督/ラッセ・ハルストレム• 製作/ギャビン・ポローン• 製作総指揮/アラン・C・ブロンクィスト、マーク・スーリアン、ローラ・ファイファー• 原作/W・ブルース・キャメロン• 挿入歌には、ヤエル・ナエムの『New Soul』の他、サイモン&ガーファンクルやビージーズなどの名曲も使われており、音楽的にも聴きごたえたっぷりな映画となっています。 映画『僕のワンダフル・ライフ』のあらすじ 野良犬としての短い犬生を終えてゴールデンレトリーバーに生まれ変わった子犬(ジョシュ・ギャッド)。 悪い二人組に盗まれ車内に放置されていたところを少年イーサン(ブライス・ガイザー)と彼の母親に救出されました。 子犬はベイリーという名前を付けてもらい、イーサンの家の飼い犬となります。 毎日一緒に遊びかけがえのない相棒となったイーサンとベイリー。 つぶれたボールをイーサンがフリスビーのように宙に投げ、ベイリーがイーサンの背中に飛び乗りキャッチする遊びが大のお気に入りでした。 イーサン(K・J・アパ)が高校生になるとハンナ(ブリット・ロバーソン)という名の恋人ができ、ベイリーはイーサンとハンナとの3人で毎日楽しい時を過ごします。 イーサンはアメフト選手として奨学金をもらい大学進学を決めますが、嫉妬した友人のいたずらでケガを負い選手生命を絶たれてしまいました。 傷心のイーサンはハンナとも別れ農業学校へ進学するためにベイリーを残して家を出ます。 やがて年老いたベイリーはイーサンに見守られその一生を終えました。 その後ベイリーは転生しエリーという名のメスの警察犬になります。 イーサンのことを恋しく思いつつも新しい飼い主カルロス(ジョン・オーティス)のために懸命に生きました。 その後も転生を繰り返したベイリーは飼い主に捨てられ迷い犬に。 果たしてベイリーは最愛の飼い主イーサンと再会し、自分がかつての相棒ベイリーだと気づいてもらえるのでしょうか? 映画『僕のワンダフル・ライフ』見所 本作で一番の魅力は全編通して登場する愛らしい犬たち。 彼らの名演技を見ていると愛犬家でなくとも犬を飼ってみたくなります。 言葉で通じ合えなくても飼い主のために懸命に生きる主人公ベイリー(ジョシュ・ギャッド)の健気さに思わず胸を打たれることでしょう。 また、犬の視点で描かれる映像もユニークです。 無邪気な子犬時代を経て、生命力にあふれた成犬時代、そして遊びや食べ物への興味を失い弱っていく老犬時代。 人間よりはるかに短い一生が丁寧かつリアルに描かれています。 犬を亡くした経験がある人なら自らの愛犬の一生と重ね合わせずにはいられません。 共にかけがえのない時を過ごした愛犬が生まれ変わって自分の元に戻ってきてくれるという、愛犬家にとって理想的なファンタジーが見る人に夢を与えてくれます。 映画『僕のワンダフル・ライフ』の感想・評価 ベイリーとイーサンの絆の深さに感銘を受けました。 イーサンにとって少年時代から多感な青年時代にかけて、楽しい時も苦しい時も共に過ごしたベイリーは誰よりも心を開ける存在でした。 恋人のハンナと最愛のベイリーを失った後のイーサンは、どんな人生を歩んだのでしょう?転生して別の飼い主たちと暮らしたベイリーのように、心のどこかに満たされない気持ちや孤独を抱えて生きていたのかもしれません。 大人時代のイーサンを演じたのは幅広い役柄を演じられることで定評のあるデニス・クエイドです。 本作ではイーサンの悲哀を巧みに表現しています。 彼の寂し気な表情を見ていると、再びベイリーとハンナのいる幸せな生活を手にしてほしいと願わずにはいられません。 『僕のワンダフル・ライフ』は笑いあり涙あり、小さな子どもから大人まで家族で楽しめる作品です。 老犬ベイリーは飼い主のモンゴメリー夫妻(イーサンとハンナ)に可愛がられ、幸福な日々を過ごしていた。 ベイリーは夫妻の孫娘であるクラリティ(CJ)と遊ぶのが何よりも好きだったが、CJの母親(グロリア)は犬嫌いであったため、ベイリーのことを疎んじていた。 グロリアはCJの世話をまともにしようとせず、義理の親であるイーサンとハンナとの関係も悪化の一途を辿っていた。 最終的に、グロリアはCJを連れてモンゴメリー夫妻の家を出ることになった。 孫娘と離ればなれになった夫妻は悲しみに暮れたが、ほどなくして、ベイリーの胃に大きな腫瘍が見つかった。 ベテランの獣医でも手の施しようがなかったため、ベイリーは安楽死させられることになった。 別れ際、イーサンは「どうかCJのことを見守ってやって欲しい」とベイリーに言った。 ベイリーは愛する飼い主の願いを聞き入れ、再度転生の旅を行うことにした。 『僕のワンダフル・ライフ』をご覧になって感動された方は、続編の『僕のワンダフル・ジャーニー』も観に劇場に行かれてみてはいかがでしょうか。 上映劇場の情報はでご確認下さい。

次の