スマホ 写真 sdカード。 Android の本体データを SD カードに転送する方法

SDカードからスマホ本体へのデータ移行

スマホ 写真 sdカード

SDカードとは? SDカードの正式名称は「SDメモリーカード」。 主にスマートフォンやデジタルカメラなどの外部記憶媒体として使用されています。 スマホ本体内にSDカードを装着してデータの保存先として指定することで、さらに 保存できる容量を増やすことができます。 SDカードが使えるのはAndroidスマホだけ スマートフォンでSDカードを使用する際に、必ず覚えておきたい大前提があります。 それは SDカードが使えるのはAndroidスマホだけということ。 iPhoneではSDカードを使用できないのでご注意ください。 iPhoneで保存領域を増やす場合は、iCloudなどのクラウドサービスを活用するのが一般的です。 多くのAndroidスマホの本体には、SDカードを挿入できるスロットが装備されています。 最近のAndroidスマホでは、SIMカードを挿入するSIMスロットがSDカードと兼用になっていたり、SDカード用のトレイが併設されていることがほとんどです。 対応しているSDカードの種類、SDカードの装着場所はそれぞれの端末によって異なるので、事前に確認しておきましょう 最新のAndroidスマホでもSDカードが使えないことがある 最新のAndroidスマホの中には、 SDカードに非対応の端末も存在しています。 Google純正の人気Androidスマホ、Google Pixelシリーズを例に説明すると、「Google Pixel 3・3a」は、Googleフォトが上限無制限で利用できるユーザー特典がある反面、 SDカードは非対応です。 一方、人気のAndroidスマホ「Xperia 1」は内蔵ストレージが64GBと少ないものの、最大512GBまでmicroSDカードで容量を補うことができます。 近年、スマートフォンのカメラ機能の進化に伴い、撮影した画像・動画のデータが大きくなっていたり、スペックが向上したことでゲームアプリなども大容量化。 そのため、スマートフォン本体のROM容量は増加の傾向にあるように感じられます。 最新スマホとはいえ、購入前にSDカードに対応しているかどうか、しっかりと確認しておいた方が懸命です。 SDカードの選び方 SDカードを選ぶ際には 規格に気をつけなければいけません。 スマホやタブレット本体が対応している規格にあったカードを選ばないと使えなくなってしまいます。 カードの形状・大きさ、容量の大きさ、転送スピードという3項目に分けてみていきましょう。 カードの形状・大きさ 出典: SDカードにも大きさがあり、 標準サイズ、miniSD、microSDの3サイズがあります。 最近の携帯端末に挿入するSDカードは microSD(マイクロSD)という最も小さなタイプ。 古いスマホ用にSDカードを買う場合は、注意してください。 最近のスマホは「micro」サイズのSDカードを使う カード容量の大きさ 32GBまで対応のSDHC 64GB以上対応のSDXC データ容量を表す規格として、 SDカード、SDHCカード、SDXCカードと呼び分けられる規格があります。 これらは単純に、最大容量で分かれていると思っていれば問題ありません。 SDカードのデータ容量の違い SDカード: 128MBから2GBまでの容量 SDHCカード: 4GBから32GBまでの容量 SDXCカード: 64GBから2TB(およそ2048GB)までの容量 また、SDカードだけでなく スマホ本体の対応規格も確認しておかなければなりません。 例として、ファーウェイのスマホ・P8liteの仕様を確認してみます。 外部メディア最大容量のところには 最大32GBと記載されています。 現行モデルでこのケースはほとんどありませんが、この場合はSDHCカードまでの対応であり、原則的に SDXCの規格のカードは認識しない、もしくは動作保証しないということを表しています。 次に同じファーウェイのスマホ・P30 liteを見てみましょう。 これであればどの容量の規格でも認識することがわかります。 SDXCカードの最大容量は2TBなのに128GBまでしか使えないのか?と思いますが、現在一般的に購入できる容量のカードが128GB程度です。 転送スピード クラス表記をされているものもあれば、実速度が書かれているものも もう一つ大切な要素は、 転送スピードです。 スマホやデジカメで写真や動画を撮影するとどんどんSDカードに保存することになりますが、転送速度が追いつかなければ撮影ができなくなってしまいます。 転送スピードには主にクラス、UHSクラスという数字で表されています。 ちなみにUHSはUltra-High Speedの頭文字。 クラス表記の場合、数字が「C」の文字に囲まれている クラスの場合は以下のものがあります。 しかし、最低転送速度というのがくせ者です。 メーカーサイトなどを確認し、 実質的な転送速度を把握しておくことが大切です。 データの書き込み速度、データの転送速度で数字が異なることが多いので、よく注意しておきましょう。 UHSクラス表記。 数字が「U」の文字に囲まれている より大容量のデータを書き込むことが想定されるUHSクラスの場合はこちら。 特に4K動画などを録画するときにはUHS クラス3のmicroSDがあると安心ですね。 UHS自体にはIとIIという規格がありますが、これは最大の転送速度の違いです。 SDカードの使い方 SDカードを購入したら実際に使用してみましょう。 カードの挿入、データの保存・移動方法などを見ていきます。 SDカードを挿入する スマホによってSDカードの挿入場所は様々です。 スマホに挿す際には、マニュアルを確認しつつSDカードの向き、表裏をよく確認してください。 以下に例をあげておきます。 SIMカードスロットとSDカードスロットが共用となっているものも SDカードスロットがカバーを外して挿入するタイプも。 向きなどはマニュアルで確認しよう このようにスマホによって挿入場所が異なるため、メーカーのWebサイトや説明書をよく読んで確認しておきましょう。 データを保存する/保存先を設定する みなさんが最もよく使うのは、おそらくカメラアプリではないかと思います。 撮影した写真で本体容量がいっぱいにならないためにも、 保存先を「SDカード」に設定しておきましょう。 カメラアプリ内にはたいてい設定画面があり、そこで「保存先」を指定できるようになっています。 多くのスマホが、SDカードを挿入すると自動的に写真データの保存先がSDカードになりますが、ここが「本体」になっているのであれば、SDカードに変更しておきましょう。 カメラアプリの設定画面から「保存先」を確認しておく データを移動する 一部アプリは、 アプリそのものをSDカードに移動することができます。 本体の容量が少ないスマホでも負担を一部SDカードに移すことができるため、より多くのアプリを使えるようになります。 スマホの設定アプリから「アプリ」を選択。 スマホによって表記は若干異なる アプリの一覧から、SDカードにプログラムを移動したいアプリを選択 「SDカードに移動」をタップすれば、アプリがSDカードへ移動する ただ一般的に、アプリは本体ROM(内部ストレージ)にあった方が高速に動作します。 ROMの少ない端末を上手に使いたい時などに使いましょう。 覚えておきたい!SDカードの利用にまつわるあれこれ まとめとして、SDカードに関する注意点やその他の使い方をご説明していきます。 Android 4. xのバージョンは要注意 前述したアプリの移動ですが、 Android 4. xのバージョンでは利用できません。 Android 4. xのスマホにはアプリをSDカードに移動させる機能がないため、ROM容量の小さなスマホを工夫して上手に使いたい人には向いていないOSバージョンとなってしまっています。 どうしてもSDカードにアプリを移動させたい場合はバージョンアップを期待するか、Android 5. x以降が搭載されているスマホへの買い換えが必要になります。 Kindleの本データはSDカードに移動しない? Kindleでマンガを購入 電子書籍アプリのKindleをSDカードに移し、その後比較的データの大きい約50MBのマンガを一冊購入してみたのですが・・・ ストレージを購入前・後で確認しましたが、 SDカードの使用量は変わらず、本体の使用量が約50MB大きくなっていました。 どうやらSDカードに保存できていないようです。 Kindleアプリが購入書籍のSDカード保存化に対応してくれるとありがたいですね。 そのほかのアプリでも、データ保存先をSDカードに指定できるかどうか、設定画面から確認しましょう。 「設定」の「ストレージ」から「本をSDカードにダウンロード」がオンになっているかを確認してみましょう。 ただし、Android OSの場合は非対応となりますのでご注意ください。 パソコンにSDカードのデータを取り込む SDカードのデータを直接パソコンに取り込むには、二つの方法が主に挙げられます。 1)スマホをUSBでパソコンに接続し、SDカードの情報をひらく 2)SDカードアダプターを使い、SDカードを直接パソコンに接続する スマホをUSBでパソコンにつなぐと、パソコンからはSDカードもフォルダーとして見られます。 あとは自由にファイルをコピーなり移動なりできますね。 SDカードアダプター SDカードアダプターを購入する際には、前述したSDカードの大きさ、規格などを注意しておきましょう。 特に、SDカードのサイズと手持ちのカードがSDXCだった場合にカードアダプターもSDXCに対応しているかの確認は重要です。 以上の注意を確認しつつ、SDカードを使いこなしてスマホの容量節約を試してみてください!.

次の

iPhone の写真を SDカードに移す4つの方法

スマホ 写真 sdカード

iPhoneはSDカードをつけることができない スマートフォンでSDカードを外部記憶端末として活用することができるのはAndroidのみになります。 iPhoneではクラウドサービスなどを活用して容量を増やすことが一般的ですが、AndroidではSDカードを活用してデータ容量を増やしていくことが一般的です。 SDカードの場合は、1枚が容量上限に到達しても別のSDカードを利用することができるため、容量を気にすることなく利用することができます。 また、SDカードに保存するデータを選択することで、データをSDカード別に管理することもできます。 SDカードの対応種類や接続箇所はAndroid端末によって異なる Android端末によって、 「対応しているSDカードの種類」「接続場所」が異なりますので、SDカードを購入する前に事前に確認しておくことをおすすめします。 格安SIMが存在感を増してから発売されたAndroid端末では、SIMカードを装着するSIMスロットとSDカードを接続するトレイが併設、又は併用になっている場合があります。 SDカード非対応のAndroid端末もあるので注意が必要 クラウドサービスがより便利になり、内蔵ストレージも大規模化されてきた最近では、SDカードの利便性が代替可能なものとなってきました。 そのため、Android端末であっても、SDカード非対応となっている端末も存在します。 例えば「Huawei P20」シリーズにおいては、下記の様に大容量モデルのみがSDカード非対応となっています。 モデル 内蔵容量 SDカード対応 Huawei P20 128GB 非対応 Huawei P20 lite 64GB 対応 microSD 最大256GB 画像、動画、アプリにおいても大規模データの取り扱いが一般的となっている昨今ではSDカードが使えないAndroid端末では、使い方によっては不便さを感じてしまうことがあるかもしれません。 Android端末を購入する際には、SDカード対応についても事前に確認しておく様にしましょう。 適切なSDカードの選び方 SDカードには複数の規格があり、利用中のAndroid端末が対応している規格のSDカードでなければ利用することができませんので注意が必要です。 又、SDカードによって、転送速度の速さや内蔵容量が異なりますので、利用用途と金額を考慮して自分に最適なSDカードを選びましょう。 SDカードの規格 SDカードには下記の3つの規格があり、それぞれ大きさが異なります。 異なる規格のSDカードを購入してしまうと、Android端末に接続させることができなくなりますので注意しましょう。 SDカード規格 縦幅 横幅 標準SDカード 32mm 24mm miniSDカード 21. 5mm 20mm microSDカード 11mm 15mm SDカードの転送速度 SDカードには転送速度についての記載があります。 転送速度が速ければ速いほど、保存やSDカードへのデータ移動にかかる時間が少なくすみます。 SDカードを便利に使うための一つの指標になりますので購入前に必ず確認する様にしましょう。 SDカードの最低転送速度クラス SDカードには転送速度以外にも最低転送速度を表すクラスが記載されています。 クラス別の最低転送速度は下記の通りです。 平均的な転送速度や、書き込み・転送それぞれの速度については、SDカードのメーカーページで確認して比較することが大切です。 SDカードの内蔵容量 SDカードにはデータ容量を表す下記の3つの規格があります。 Androidのダウンロードデータ保存先をSDカードに変える方法 Androidではダウンロードデータの保存先を内蔵ストレージからSDカードへ変更することができます。 音楽や映画などの大容量データをダウンロードすることが多い方は、SDカードに保存先を変更しておくことで、Android本体のストレージ容量を気にすることなくデータをダウンロードしていくことができる様になります。 Androidのダウンロードデータ保存先をSDカードに変更する手順は下記の通りです。 Androidでインターネットを... 404,727件のビュー• Android端末を利用している... 377,880件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,736件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,587件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,759件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,383件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,980件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,624件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,617件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,538件のビュー.

次の

iPhone の写真を SDカードに移す4つの方法

スマホ 写真 sdカード

Androidスマホを使っている皆さんは、撮影した写真や動画が端末のどこの場所に保存されているのかを意識したことがありますか?Androidスマホで手軽にきれいな写真や動画を撮影できるようになった現代では、デジカメを使う機会は少なくなり、写真のデータはスマホに保存されている方が多いのが現状です。 しかし、この写真データが端末のどこの場所に保存されているのかを意識しているAndroidユーザーの方は多くありません。 どこの場所に保存されているかを知らないままでいると、スマホを水没させてしまい、大切な写真データをすべて紛失してしまう、機種変更をした際に、写真のデータ移動に手こずるといった、面倒なことが生じる場合があります。 こういったように、気づけば写真のデータが消えていたという悲劇が起きかねません。 まずは、撮影した写真がAndroidスマホのどこの場所に保存されているのかを確認していきましょう。 Androidスマホで撮影された写真データは、初期設定では内部ストレージという場所に保存される設定になっています。 内部ストレージという場所は、写真やアプリを保存する記憶領域の場所のことです。 PCやスマホを問わず、OSやアプリケーションをインストールすることで、この容量が使われます。 このストレージは、長い動画や音楽などの大容量コンテンツをダウンロードすると、すぐに容量がいっぱいとなってしまうため、外部のストレージに移動し、データのバックアップを定期的にとってストレージの空き容量を確保が必要になります。 初期設定のまま、撮影した写真の保存先を内部ストレージにしておくと、スマホのパフォーマンスに影響を及ぼしかねません。 Androidスマホは、写真の保存先の場所をSDカードに変更できるため、 よりたくさんの写真を撮って保存しておきたい場合は、保存場所 をSDカードへ変更することをおすすめします。 PCとAndroidスマホを接続すると、PC上の画面に様々なファイルが表示されます。 Androidスマホのカメラで撮影された写真は「DCIM」というフォルダの中に保存されています。 「DCIM」とは「Digital Camera IMages」の略です。 この「DCIMフォルダ」の中に「Camera」というフォルダがあり、スマホのカメラで撮った写真や動画のデータが格納されています。 初期段階でスマホに搭載してあるカメラに加え、今では様々な機能に特化したカメラアプリがあり、そのダウンロードしたカメラアプリで撮影した写真データもDCIMフォルダの中に保存されています。 カメラのアプリごとにフォルダに分かれている場合がありますが、DCIMフォルダにまとめられています。 容量ストレージがいっぱいになると、新しいアプリをインストールできなくなります。 アプリをダウンロードするにも、ある程度のストレージ空き容量が必要なので、写真データを外部に移動させる、あまり使っていない既存アプリをアンインストールするといった対処をしない限り、インストールしたいアプリをインストールできなくなります。 様々なカメラアプリや、便利なアプリが日々開発されているため、インストールしたいと思ったアプリをインストールできないのは大変ストレスに感じられます。 ほしいアプリがいつでもインストールできるように、写真のデータは定期的にPCに移動する、保存先をSDカードに変更しておくように習慣化するようにすることをおすすめします。

次の