ラジエーションハウス 2話 あらすじ。 【ラジエーションハウス】2話の感想は?あらすじネタバレ&無料見逃し配信視聴方法も!

ラジエーションハウス2話、あらすじ・ネタバレ感想、キャスト・ゲスト情報

ラジエーションハウス 2話 あらすじ

今回はドラマ『ラジエーションハウス』第2話のあらすじ&ネタバレを書いていきたいと思います。 注意:現時点で2話は放送されていません。 あくまで原作漫画からのネタバレ予想となります。 ドラマ『ラジエーションハウス』(ラジハ)前回(1話)のあらすじ&ネタバレは・・・ 唯織はコミュ障でいくつもの病院を首になった診療放射線技師だが、本当は医師免許を所持した世界的名医にも匹敵する優秀な人材であった。 幼馴染の杏との約束を果たすために甘春総合病院に転職した唯織だが、当の杏は彼を覚えてはいなかった。 それどころか彼女は放射線技師を軽視していた。 しかし、菊島亨という写真家の頭部写真が上手く撮影できないトラブルを一人解決し、彼の頭痛の本当の原因を解明したことで杏は彼を軽視できなくなる。 無料期間でドラマや映画を見るならFODプレミアムが一番お得。 ドラマ「ラジハ」も見逃し視聴出来る、漫画版も読める。。 本編が放送され次第更新します。 しこりが見つかる蛭田夫妻 ネトゲをする 【蛭田真貴 32 】と 【蛭田志郎 32 】。 志郎はずっと好きだった幼馴染の真貴と結婚して4年。 こんなささやか幸せが続けばいいと思っていたが、人間ドックの結果真貴の胸にしこりが見つかった。 ランニングをする杏。 帰宅すると、母に父のそばになるべくいるように言う。 唯織は渚に放射線科医は不足しているからそれで働く気はないのかと聞くが、彼は約束を優先させるようだ。 説明を受ける裕乃 ラジエーションハウスでは、モダリティ(機器)ごとに担当が決まっているが、新人は慣れるまで一週間ずつ様々なモダリティを回る。 裕乃はあたふたしながら、胸の写真を撮るマンモグラフィの説明を受ける。 マンモグラフィは、患者の胸を挟んで押し潰しながら撮影するモダリティ。 12キロもの重さがかかるらしい。 たまきに 「体で試してみる?」と迫られ、悲鳴を上げる。 騒ぎ立てる美佐子 甘春総合病院に来た蛭田夫妻。 しかし、 【千葉美佐子 46 】が息子の 【千葉健太郎 11 】の足が痛いから自分のついてに見てもらえないかと騒ぎ立てる。 しかし整形外科の診察をまず受けるよう言われ、本日予約を撮れば明後日には診れると言われるが、そんなに仕事を休めないと返す。 唯織は美佐子の撮影の時に勝手に部屋に入るなどしたため、また杏に誤解される。 本当は何かを説明したかったのだが、勝手に上半身裸の彼女に近づいたためだ。 そして蛭田真貴の番になる。 落ち込む男二人 とうとう真貴の番になる。 機械で胸を挟み、裕乃に見てもらう。 唯織はあの出来事があったせいで落ち込む。 五郎は彼を心配しつつ、 「唯織が自分の代わりに見て欲しいと言っていた」と嘘をついて作業をするが、来たのがガチムチのオネエだったので、唯織と二人して落ち込む。 手遅れなのか… 杏はCT撮影をした山下という患者について電話で説明する。 次にマンモについてだ。 真貴の写真を見て、棘状の大きめのしこりがあるから悪性の可能性が高いと判断する。 その夜、帰宅した志郎に真貴は縋りつく。 胸のしこりが悪性と判断されたからだ。 志郎は乳がんについて調べ、12人に1人がなる珍しくない病気であり、早期発見なら治る確率が高いと説明するが、早期ではないと言われる。 真貴 「もしかしたら手遅れに…」 志郎 「大丈夫っ…!! 僕が…僕がついてるからっ…」 志郎と真貴の出会い 志郎と真貴は親同士が仲のよい幼馴染。 彼女は女子にしては珍しくTVゲームが大好きで、よく一緒にゲームをした。 中学になって綺麗になっていく彼女。 そんな彼女に釣り合うようになりたく、柔道に打ち込んで地区の中学では敵なしになった。 しかし生来気の弱い彼は先輩からいびられて高校1年の時に柔道を辞め、大学後は彼女とも完全に離れ離れになる。 しかし、ネトゲ世界で再び彼女と出会い、そしてプロポーズをして結婚した。 せめて彼女の不安を取り除こうと、甘春総合病院に相談しようとしていた所、急に唯織が後ろからぶつかってくる。 唯織と話す志郎 ぶつかった志郎と唯織。 志郎は彼に医者なのかと聞くが、唯織は放射線技師と答える。 しかし医療関係者である。 志郎は彼の肩に手を置くと、どうか自分の話を聞いてもらえないかと言う。 妻が乳がんの疑いありと診断された大まかな筋を話す。 唯織はゆっくり話すように言い、自分と彼女が幼馴染だった事から話す。 自分の人生の幸せは自分自身の力ではなく、彼女に与えてもらったもの。 だから自分の人生は彼女のためにあるのだと。 それを聞いた唯織も涙を流し、彼と意気投合してしまう。 診断の結果 唯織は自分も好きな人の力になりたいと思い、最高の放射線技師になるために医師免許まで取得した事を正直に話す。 医師免許さえ持っていれば、放射線技師や看護師といった全ての医療行為ができるのだ。 唯織は志郎に自分に診させて欲しいと話し、承諾を受ける。 真貴のマンモを撮る作業をしながら的確に説明する唯織は、普段とは想像もつかないほど頼もしさあふれる。 撮影が終わると、唯織は 「悪性ではありません」と言う。 『線維化が主体の病変(RSL)』という珍しい良性の腫瘍らしい。 喜ぶ二人。 志郎は涙を流してまで安心する。 杏の印象に残る唯織 次の日、唯織が撮影した真貴の写真を皆で見る。 そう、杏が悪性腫瘍と診断した患者だ。 撮影者が唯織と聞き、また彼の事を頭に浮かべる。 唯織はこれがバレたらまた杏に嫌われるのではないかと思うが、あの夫婦の幸せそうな姿が見れて嬉しそうだ。 ドラマ『ラジエーションハウス』(ラジハ)第3話の考察(感想) どんどん唯織の優秀さが読者や発揮されていると同時に、杏のミスが目に付くようになっています。 彼女は何度か唯織が相当優秀であると思われる出来事を見たり説明もされているのに、まだ彼の実力を見抜けていません。 同じ放射線科医であるにも関わらずです。 以前ネットでという記事を見た事があるのですが、杏もそのような傾向があると思います。 何より深刻なミスを(漫画の流れだから仕方ないとはいえ)2回もしているのですから。 私は杏を無能とは思いたくないです。 父の病院を継ぐ決意があるのでかなり勉強もしていると思います。 しかし、彼女には能力以上の問題があります。 それは『唯織が優秀である事を認められないプライドの高さ』です。 それさえ認められれば、彼の力を借りつつ彼からも多く学び、病院をさらに繁栄させられると思います。 杏は唯織にとって特別な存在なのですから、誰よりも彼を生かす事が可能なはずです。 ドラマ『ラジエーションハウス』(ラジハ)第3話のネタバレ&あらすじ ComingSoon 漫画版『ラジエーションハウス』(ラジハ)を無料で読むには? ラジエーションハウスの原作漫画はグランドジャンプにて連載中です。 現在7巻まで単行本が発売されています。 実は単行本を 無料で読む方法があります。 それは FODプレミアムの無料の1300ポイントと無料期間1ヶ月を使う方法です。 この方法で原作漫画も読んでくださいね。 1ヶ月以内の解約なら料金はかかりません。 しかも 解約はとても簡単なので安心して登録出来ます。 私はFODプレミアムに加入しており、7巻まで無料ポイントを貯めて購入しました。 ちなみに 月額料金は888円(税込)です。 888円で1300ポイントは とてもお得ですよ。 ちなみに ドラマ版ラジハも見逃し視聴出来ます。 無料期間でドラマや映画を見るならFODプレミアムが一番お得。 ドラマ「ラジハ」も見逃し視聴出来る、漫画版も読める。

次の

ラジエーションハウス~2話ネタバレ感想・離婚はしない小野寺俊夫 (遠藤憲一)・あらすじも

ラジエーションハウス 2話 あらすじ

技師として 院長・大森渚 和久井映見 は唯織 窪田正孝 に尋ねる。 医師免許があれば全ての医療行為ができるのになぜ医師として働かないのか。 唯織は言う。 「技師の撮る良質な画像がなければいい診断ができない。 医師免許をとったのは病気のことを深く知ることができると思ったから。 医師と技師がタッグを組めば最高の診断ができると思う。 」 言い分はわかったが、周りには医師免許を有していることを言うなと釘を刺す。 母と息子 ひざの痛みを訴える少年・健太郎 石田星空 のレントゲン撮影を行う小野寺 遠藤憲一 は、息子・大樹 田中奏生 のことを考えていた。 杏 本田翼 は検査を終えた健太郎に、成長痛だから心配ないと伝える。 健太郎はそれほどひざが痛いわけではなかったが、仕事でばかりの母・美佐子 中越典子 にかまってほしくて大げさに言ってしまったと後悔していた。 病院を出た母子だが、美佐子が倒れてしまう。 すぐに病院に戻って腹部レントゲン撮影を行う。 レントゲンでは目立った所見はなさそうだが、小野寺は美佐子に見覚えがあり、過去に副腎皮質癌を治療した患者だと言う。 更に、家族歴に母と姉がそれぞれ脳腫瘍と白血病で死去とあった。 唯織は追加の検査を勧めるが美佐子は拒否する。 美佐子は契約社員であり、治療の為に長期間入院することになれば解雇されて無職になってしまう。 過去の経験もあり病気であることがわかるのを恐れていたのだ。 健太郎や周りに諭されて美佐子は検査を受けることにする。 CT検査の結果は膵炎で、しばらく入院すれば大丈夫とわかった。 小野寺の確かな技術 倒れた美佐子に付き添っていた少年は、小野寺の息子の大樹だった。 唯織は大樹をラジエーションハウスに連れてくる。 小野寺が席をはずしていることがわかると、 大樹は母から離婚届を預かったから父に渡してほしいと言ってすぐに去ってしまう。 黒羽たまき 山口紗弥加 は大樹を追いかけ、小野寺に直接渡せと離婚届を返す。 唯織は小野寺とレントゲン写真のフィルムを現像していた。 昔はレントゲン写真の現像には時間がかかり、失敗が許されなかった。 その時代を経験している小野寺の撮影技術はさすがだと称える唯織。 「フィルムはデジタル化が進んだ今ではもう使わない、更にモニターもいいものになって撮った写真は大差がないから、今はもう意味がない」と卑下する小野寺。 現像されたフィルムのレントゲン写真を見た唯織は、健太郎のひざの痛みは成長痛ではないと確信する。 ちょうどその頃、金田製薬の会長が脳ドックをしたいとやってきた。 金田製薬は部長の鏑木 浅野和之 の研究費を支援するスポンサーである。 鏑木は受け入れ、ラジエーションハウスに依頼する。 健太郎の本当の病気 会長の検査の前に健太郎のMRI検査を始めた唯織に、オーダーのない検査を勝手にするなと鏑木が検査をとめようとする。 技師は医師のオーダーがない検査は行ってはいけないのである。 断固ゆずらない鏑木だったが、そこに杏が現れて「病変が隠れている可能性があるのでMRI検査のオーダーをしたと」言うのだ。 検査を進めた唯織は病変部の異常を見つける。 骨肉腫、つまり骨の癌だとわかる。 健太郎の病気を美佐子に告知する整形外科医・辻村 鈴木伸之。 リ・フラウメニ症候群という遺伝性疾患で、50万人に1人の割合で発症する珍しい病気である。 杏は、美佐子と健太郎をラジエーションハウスが見守り続ける。 だから一緒にがんばろうと勇気づける。 杏の過去と唯織の決意 たまきに離婚届を返された大樹は、ラジエーションハウスにすぐに戻ってきたが、一部始終が終わるまで机の下に隠れていた。 最初は鏑木に小言を言われる父をだせぇと思っていた大樹だが、働く姿や想いを感じて父に対する感情が変わってきていた。 今度こそ直接小野寺に離婚届を手渡して出て行く大樹。 小野寺はサインして大樹に渡す。 だが、離婚届にはサインはなく、「バーカ 離婚なんてするか」と書かれていた。 ばかはどっちだと言いながらも少しうれしそうな大樹であった。 杏は現像されたレントゲン写真を見て、技師の大切さを思い出す。 そして、唯織にお礼を言おうとする。 しかし、唯織の顔を見ると「オーダーにない検査をやるなんてありえない」と、つい毒づいてしまう。 それを見た渚が許してほしいと言う。 病院を継ぐはずだった杏の兄は20年前に事故で亡くなってしまった。 それ以来、彼女は過去のことを話さなくなってしまったと。 知らなかったとはいえ、今までの自分を責める唯織。 杏のことは自分が技師として支えると決意する。 ドラマ「ラジエーションハウス」2話を見た方の感想 ラジエーションハウス2話を見た視聴者の方のネタバレ感想をご紹介します。 唯織が放射線医師の免許を持っているにも関わらず、放射線技師として働く決意を院長に告げたことは、一途に杏を思っていてのことなのかと不思議ですが、応援したくなってしまうキャラです。 母親が以前ガンの治療をしていたことを覚えていた小野寺のおかげで、この息子の足の異常を察知できたと思います。 家族がガンの家系であると、ガンになるリスクが高くなること、唯織の知識の深さで小さな少年を救ったと考えされ、この親子が無事に治療を終え元気でいることを、信じています。 技師長小野寺が部下と患者のことを考え「責任はとる」と言った姿勢が感動的です。 息子はラジエーションハウスで隠れながら父の仕事ぶりや寛大さに気づいたはずです。 離婚届にサインしたかのように思え、離婚はしないよと書いたメッセージが面白かったです。 「自分が倒れたら子供はどうなるんだろう」と心を痛めているシングルマザーは多いです。 小野田も「夫婦は簡単に紙切れ1枚で別れられて便利だな。 」と言いながらも絶対に別れないのは、 子供と妻がもしもそんなことになった時に支えたい!と思っているからだとすごく伝わってきて、競馬は止められないかも知れないけど父として旦那としては私は100点満点だと思いました。 お金なんてどうにだってなるけれど、愛情だけはどうにもならないです。 そんな簡単なことを改めて今回のドラマをみて感じました。 放射線科には、これからもいろいろな問題が起こるようです。 それを窪田正孝さん演じる五十嵐唯織の、天才的なひらめきが解決していくのでしょう。 病気を治すのは医師の仕事ですが、撮影で病気を見つけるのは放射線科技師です。 写真を見て「見えた……!」と言う五十嵐の台詞が決め台詞になっていくのか気になります。 また、五十嵐の片思いしている医師・甘春杏との恋はどうなっていくのかもあわせて見守っていきたいところです。 「写真を武器に命を救おうとする者たち」というナレーションは心に響きますし、2話ではどうやら小さな少年が病気をかかえているようで気がかりです。 彼らならきっと少年を救ってくれるのだろうという期待を抱きながら見たいと思います。 しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。 放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。 その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした。 ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。 膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。 辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。 一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。 閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。 そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。 杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。 富恵は、威能(丸山智己)の機転によって無事にMRI検査を終える。 ところが、その間に表につないであった富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生。 唯織は、後を追って無事捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、部長の鏑木(浅野和之)から叱責される。 実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。 健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。 そこで健太郎は、母子家庭で、仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。 杏は、そんな健太郎に「お母さんはどんなに忙しくても、健太郎くんのことを一番大事に思っているはず」と話す。 検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。 ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。 出典: ラジエーションハウス キャストと相関図 FODで人気の見放題作品• ストロベリーナイト・サーガ• パーフェクトワールド• ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜• ミラー・ツインズ Season 1• モンテ・クリスト伯• 絶対零度• パパ活• 彼氏をローンで買いました• 不倫食堂• 目障りな広告やCMもナシで快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ラジエーションハウス記事 フジテレビ関連記事.

次の

【ラジエーションハウス】2話の感想は?あらすじネタバレ&無料見逃し配信視聴方法も!

ラジエーションハウス 2話 あらすじ

技師として 院長・大森渚 和久井映見 は唯織 窪田正孝 に尋ねる。 医師免許があれば全ての医療行為ができるのになぜ医師として働かないのか。 唯織は言う。 「技師の撮る良質な画像がなければいい診断ができない。 医師免許をとったのは病気のことを深く知ることができると思ったから。 医師と技師がタッグを組めば最高の診断ができると思う。 」 言い分はわかったが、周りには医師免許を有していることを言うなと釘を刺す。 母と息子 ひざの痛みを訴える少年・健太郎 石田星空 のレントゲン撮影を行う小野寺 遠藤憲一 は、息子・大樹 田中奏生 のことを考えていた。 杏 本田翼 は検査を終えた健太郎に、成長痛だから心配ないと伝える。 健太郎はそれほどひざが痛いわけではなかったが、仕事でばかりの母・美佐子 中越典子 にかまってほしくて大げさに言ってしまったと後悔していた。 病院を出た母子だが、美佐子が倒れてしまう。 すぐに病院に戻って腹部レントゲン撮影を行う。 レントゲンでは目立った所見はなさそうだが、小野寺は美佐子に見覚えがあり、過去に副腎皮質癌を治療した患者だと言う。 更に、家族歴に母と姉がそれぞれ脳腫瘍と白血病で死去とあった。 唯織は追加の検査を勧めるが美佐子は拒否する。 美佐子は契約社員であり、治療の為に長期間入院することになれば解雇されて無職になってしまう。 過去の経験もあり病気であることがわかるのを恐れていたのだ。 健太郎や周りに諭されて美佐子は検査を受けることにする。 CT検査の結果は膵炎で、しばらく入院すれば大丈夫とわかった。 小野寺の確かな技術 倒れた美佐子に付き添っていた少年は、小野寺の息子の大樹だった。 唯織は大樹をラジエーションハウスに連れてくる。 小野寺が席をはずしていることがわかると、 大樹は母から離婚届を預かったから父に渡してほしいと言ってすぐに去ってしまう。 黒羽たまき 山口紗弥加 は大樹を追いかけ、小野寺に直接渡せと離婚届を返す。 唯織は小野寺とレントゲン写真のフィルムを現像していた。 昔はレントゲン写真の現像には時間がかかり、失敗が許されなかった。 その時代を経験している小野寺の撮影技術はさすがだと称える唯織。 「フィルムはデジタル化が進んだ今ではもう使わない、更にモニターもいいものになって撮った写真は大差がないから、今はもう意味がない」と卑下する小野寺。 現像されたフィルムのレントゲン写真を見た唯織は、健太郎のひざの痛みは成長痛ではないと確信する。 ちょうどその頃、金田製薬の会長が脳ドックをしたいとやってきた。 金田製薬は部長の鏑木 浅野和之 の研究費を支援するスポンサーである。 鏑木は受け入れ、ラジエーションハウスに依頼する。 健太郎の本当の病気 会長の検査の前に健太郎のMRI検査を始めた唯織に、オーダーのない検査を勝手にするなと鏑木が検査をとめようとする。 技師は医師のオーダーがない検査は行ってはいけないのである。 断固ゆずらない鏑木だったが、そこに杏が現れて「病変が隠れている可能性があるのでMRI検査のオーダーをしたと」言うのだ。 検査を進めた唯織は病変部の異常を見つける。 骨肉腫、つまり骨の癌だとわかる。 健太郎の病気を美佐子に告知する整形外科医・辻村 鈴木伸之。 リ・フラウメニ症候群という遺伝性疾患で、50万人に1人の割合で発症する珍しい病気である。 杏は、美佐子と健太郎をラジエーションハウスが見守り続ける。 だから一緒にがんばろうと勇気づける。 杏の過去と唯織の決意 たまきに離婚届を返された大樹は、ラジエーションハウスにすぐに戻ってきたが、一部始終が終わるまで机の下に隠れていた。 最初は鏑木に小言を言われる父をだせぇと思っていた大樹だが、働く姿や想いを感じて父に対する感情が変わってきていた。 今度こそ直接小野寺に離婚届を手渡して出て行く大樹。 小野寺はサインして大樹に渡す。 だが、離婚届にはサインはなく、「バーカ 離婚なんてするか」と書かれていた。 ばかはどっちだと言いながらも少しうれしそうな大樹であった。 杏は現像されたレントゲン写真を見て、技師の大切さを思い出す。 そして、唯織にお礼を言おうとする。 しかし、唯織の顔を見ると「オーダーにない検査をやるなんてありえない」と、つい毒づいてしまう。 それを見た渚が許してほしいと言う。 病院を継ぐはずだった杏の兄は20年前に事故で亡くなってしまった。 それ以来、彼女は過去のことを話さなくなってしまったと。 知らなかったとはいえ、今までの自分を責める唯織。 杏のことは自分が技師として支えると決意する。 ドラマ「ラジエーションハウス」2話を見た方の感想 ラジエーションハウス2話を見た視聴者の方のネタバレ感想をご紹介します。 唯織が放射線医師の免許を持っているにも関わらず、放射線技師として働く決意を院長に告げたことは、一途に杏を思っていてのことなのかと不思議ですが、応援したくなってしまうキャラです。 母親が以前ガンの治療をしていたことを覚えていた小野寺のおかげで、この息子の足の異常を察知できたと思います。 家族がガンの家系であると、ガンになるリスクが高くなること、唯織の知識の深さで小さな少年を救ったと考えされ、この親子が無事に治療を終え元気でいることを、信じています。 技師長小野寺が部下と患者のことを考え「責任はとる」と言った姿勢が感動的です。 息子はラジエーションハウスで隠れながら父の仕事ぶりや寛大さに気づいたはずです。 離婚届にサインしたかのように思え、離婚はしないよと書いたメッセージが面白かったです。 「自分が倒れたら子供はどうなるんだろう」と心を痛めているシングルマザーは多いです。 小野田も「夫婦は簡単に紙切れ1枚で別れられて便利だな。 」と言いながらも絶対に別れないのは、 子供と妻がもしもそんなことになった時に支えたい!と思っているからだとすごく伝わってきて、競馬は止められないかも知れないけど父として旦那としては私は100点満点だと思いました。 お金なんてどうにだってなるけれど、愛情だけはどうにもならないです。 そんな簡単なことを改めて今回のドラマをみて感じました。 放射線科には、これからもいろいろな問題が起こるようです。 それを窪田正孝さん演じる五十嵐唯織の、天才的なひらめきが解決していくのでしょう。 病気を治すのは医師の仕事ですが、撮影で病気を見つけるのは放射線科技師です。 写真を見て「見えた……!」と言う五十嵐の台詞が決め台詞になっていくのか気になります。 また、五十嵐の片思いしている医師・甘春杏との恋はどうなっていくのかもあわせて見守っていきたいところです。 「写真を武器に命を救おうとする者たち」というナレーションは心に響きますし、2話ではどうやら小さな少年が病気をかかえているようで気がかりです。 彼らならきっと少年を救ってくれるのだろうという期待を抱きながら見たいと思います。 しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。 放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。 その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした。 ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。 膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。 辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。 一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。 閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。 そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。 杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。 富恵は、威能(丸山智己)の機転によって無事にMRI検査を終える。 ところが、その間に表につないであった富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生。 唯織は、後を追って無事捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、部長の鏑木(浅野和之)から叱責される。 実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。 健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。 そこで健太郎は、母子家庭で、仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。 杏は、そんな健太郎に「お母さんはどんなに忙しくても、健太郎くんのことを一番大事に思っているはず」と話す。 検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。 ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。 出典: ラジエーションハウス キャストと相関図 FODで人気の見放題作品• ストロベリーナイト・サーガ• パーフェクトワールド• ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜• ミラー・ツインズ Season 1• モンテ・クリスト伯• 絶対零度• パパ活• 彼氏をローンで買いました• 不倫食堂• 目障りな広告やCMもナシで快適に見られるので、ぜひ無料お試しを利用してみてくださいね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 ラジエーションハウス記事 フジテレビ関連記事.

次の