手足 口 病 いつから うつる。 手足口病になったらお風呂はいつから?症状悪化とうつる可能性

手足口病はプールでうつる?いつからOK?予防法も!

手足 口 病 いつから うつる

手足口病とは Q1 手足口病とはどのような病気ですか? A1 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。 子どもを中心に、主に夏に流行します。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。 Q2 どのようにして感染するのですか? A2 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。 特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。 理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。 また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。 Q3 どのような症状が出ますか? A3 感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。 発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。 ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。 しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。 (特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。 )また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。 手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。 予防対策について Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか? A4 手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。 また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。 これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、現実的でもありません。 前述したように、衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。 しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。 これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。 特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。 また、タオルの共用はしてはいけません。 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。 国内及び世界の発生状況について Q6 日本での発生状況は? A6 毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。 過去10年間では、平成23年に最大の流行が発生しましたが、平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、注意が必要です。 手足口病は、ほとんどの場合、軽症で治りますが、重症化する割合が高いといわれているEV71による手足口病も流行していますから、しっかりと経過観察をする必要があります。 Q7 世界での発生状況は? A7 手足口病は、世界中で日本と同様子どもを中心にみられる病気です。 温帯地域では、主に夏に発生します。 EV71による手足口病の流行は、これまでにも、アジア各国で報告されています。 マレーシア、台湾、中国、カンボジア、ベトナムなどでは、近年、EV71による手足口病の大きな流行が報告されています。

次の

[医師監修・作成]手足口病は周囲の人にうつるの?

手足 口 病 いつから うつる

手足口病とは? 手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。 原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、複数の種類があるので何度もかかる可能性も。 患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。 手足口病の特徴• 夏季に流行し、7月にピークを迎える。 何度もかかってしまうことも。 まれに大人も感染することがある。 子どもの三大夏風邪に注意! 夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。 "子どもの三大夏風邪"と呼ばれたりもしますが、例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えますので、特徴や注意点を確認し、事前の感染対策に備えましょう。 エンテロウイルス、コクサッキーウイルスは「ノンエンベロープウイルス」 潜伏期間は、3〜6日。 口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1〜3日間発熱することがあります。 水疱は、かさぶたにならずに治る場合が多く、1週間程度でなくなります。 また、1〜2ヶ月後に手足の爪がはがれることがありますが、大事にはいたらずすぐに新しい爪が生えてきます。 ですが、口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。 また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。 潜伏期間は、3〜6日• 口の中・手のひら・足の裏や甲に水疱性の発疹、発熱、爪がはがれることも• 口内炎の痛みから、飲食を受けつけずに「脱水」になることも• また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。 しっかり手洗い・消毒し、 感染をストップさせましょう!• マスクでしっかり予防しましょう。

次の

手足口病はいつまでうつる?厳選した情報をまとめました!

手足 口 病 いつから うつる

Contents• 手足口病の初期症状は?発疹がサイン?かゆみは? ちなみに手足口病は英語で、Hand, Foot and Mouth Disease、略してHFMDです。 この病気ってわかりやすいですよね。 文字通り、手と足と口が病気になります。 具体的には 手足や口に水疱性の発疹いわゆるブツブツができる病気で、肛門周辺にも発疹が出ることもあります。 かゆみを伴うケースは少なく、ブツブツができてもあまり痒くはなりません。 そして、 発熱することも三分の一程度で、発熱したとしても38度以上になることはほとんどありません。 熱も出ないし、痒みもないがブツブツがでるという症状が一般的な初期症状のようです。 発疹の症状はこのような感じです。 出典:国立感染症研究所ホームページ 症状として見た目にわかればよいですが、口の中の場合はわからなかったりします。 子供が特に熱もなく食べなかったり、いつも以上によだれが出ている場合などは、手足口病に感染しているケースもあるので注意が必要です。 実際に子供が手足口病になった時の動画はこちらです。 手足口病で発疹が出るのは、手と足と口だけ?顔や胸や背中は? 先ほども言ったように手足口病で水ぶくれが出るのは、手足や口がほとんです。 そして、もう一カ所発疹が出るのが、おしり、肛門周辺です。 おしりだけだとオムツかぶれかと思う方も多くいるみたいですが、注意が必要な個所かもしれません。 顔や胸や背中など他の場所に水ぶくれが出た場合は、他の病気を疑った方が良いと思います。 違う病気が考えられるので、単なる夏風邪の手足口病だと安心せずに、病院に受診した方が良いと思います。 手足の発疹が指先にまで達すると、1,2か月後ぐらいには爪がはがれてしまうようなこともありますが、およそ一週間から10日ほどで症状が落ち着き治るので、それほど心配する必要はありません。 手足口病の原因となるのはウイルス? 手足口病の原因となるのは、基本的にウイルスですが、いくつかのウイルスが原因となります。 その代表的なものが、エンテロウイルスとコクサッキーウイルスです。 これらのウイルスの中でも、複数の種類があるのですが、コクサッキーウイルスA16型とエンテロウイルス71型が代表的で、2009年からはコクサッキーウイルスA6型が原因となっていることが増えてきているようです。 その他ではコクサッキーウイルスA10型も原因となるウイルスの一つです。 ウイルスが一つではなく複数なので、手足口病は一度だけではなく、何度か感染してしまう可能性があります。 過去には髄膜炎などの合併症で亡くなった赤ちゃんも 手足口病の原因の一つのエンテロウイルスは、過去に流行したときには死者も出ているウイルスで、急性髄膜炎の合併症、中枢神経系で合併症を起こすことが、他のウイルスより多いことが原因です。 2000年に兵庫県で脳炎による死亡例がありました。 海外では中国やベトナムで死亡例が報告されています。 合併症には、髄膜炎、小脳失調症、AFP、脳炎などの中枢神経系合併症を引き起こすことがあります。 その中でも最近アジアでよくみられるのが、EV71というウイルスの種類による急性脳炎による中枢神経合併症が原因だと考えられています。 それほど多くはないようですが注意は必要ですね。 手足口病って大人もなるの? 患者の半数が2歳以下の赤ちゃんで約9割が子供です。 しかし、まれに大人も感染することがあります。 しかも大人が感染すると重症化することが多く、注意が必要です。 子供の軽い症状と同じように口や手足に水疱性の発疹が出るのはもちろんですが、発熱することがよくあり3割ほどの人が40度以上の高熱を出します。 手足口病に有効な薬はあるの? 結論から言うと、手足口病に有効な薬というものはありません。 抗生剤などの投与も特に意味がないので、処方されることは基本的にありません。 発疹にもかゆみを伴わないことがほとんどなので、抗ヒスタミン剤を投与されることはありますが、副腎皮質ステロイド剤を投与することはありません。 そこまでは必要ないという事ですね。 解熱剤に関しても、それほど高熱が出ることがまれなので、必要ないケースがほとんどです。 しかし、まれに元気がなかったり、高熱が出る場合があるので、その場合は解熱剤を投与されるでしょう。 手足口病で赤ちゃんを病院に連れていく? 有効な薬もないので、病院に連れて行っても意味がないなどという事で連れて行かないケースもあるようですが、簡単に自己判断しないことも大切です。 自分で手足口病だと確信が持てる場合はいいですが、確信が持てない場合は、病院へ連れて行ってあげましょう。 そして、しっかりとした診察をしていただき、お医者さんに適切な判断で処置をしていただけば、お父さんお母さんも安心ですし、何より赤ちゃんにとっても良いでしょう。 手足口病で入院することはあるの? 手足口病で入院にまで至るケースは、先ほどから言っているように、重症化することは稀なのでほとんどないと言ってもいいでしょう。 しかしながら、まれなケースの合併症の危険がある場合は、入院となることも考えられますので、そこはしっかりとお医者さんに見てもらって判断をしてもらいましょう。 手足口病にかかっている赤ちゃんの生活は?食べ物、お風呂、保育園 手足口病にかかっている時に、どんな食べ物を与えればいいか迷ってしまいますよね。 まずは普段と同じようなもので問題ありません。 しかしながら、症状によっては口腔内病変、口の中に発疹ができている場合は、刺激を与えるとしみたりして痛みがあるので、刺激がない食べ物をあげるのが良いでしょう。 いつもより柔らかく薄味の食べ物をあげましょう。 一番大切なのは、口の中に違和感があったりすると、何も口にしないなどといったことも考えられます。 そういった場合でもしっかりと水分はあげましょう。 経口補水液を少しずつでも、頻繁にあげるようにしたりして、水分はしっかりとあげてください。 もし水分を取らないようなケースは、経静脈的輸液、いわゆる点滴が必要になるケースもあります。 手足口病の赤ちゃんをお風呂に入れても大丈夫? 基本的にお風呂に入ることで、手足口病が悪化することはないので、お風呂に入れてあげても問題ありません。 しかし、熱がある場合は注意が必要です。 発熱することは少ないですが、熱があるときにお風呂に入ると脱水症状を起こしたり、必要以上に体力を消耗したりするので、その点には気を付けてあげましょう。 また、発疹はかゆみをあまり伴いませんが、お風呂に入った後に体が乾燥してかゆみを促進することがあります。 長時間入ると体が乾燥してしまうので、できるだけ短時間にしてあげるのが良いでしょう。 また、お風呂で感染することも考えられます。 水疱から感染することがあるので、感染した子供は最後に入れてあげるのが良いでしょう。 手足口病で外出は?保育園は行ってもいいの? 基本的に赤ちゃん、子供が元気であれば外出しても良いでしょう。 しかし、それは感染している子供自身の話で周囲に移す危険があるのは承知していてください。 と言っても手足口病のウイルスが、完全になくなるのは1ヶ月程度はかかります。 なので、元気なのに1ヶ月も、外に出ないというわけにはいかないでしょう。 国立感染症研究所のホームページでは、基本的に周囲に移すことはあまり意識せず、感染した本人の症状で判断することを推奨しています。 手足口病で保育園は行っても問題ないの? 手足口病で保育園に行ってもいいかというと、基本的には行っても問題ありません。 が、保育園によっては方針が違ったりすることもあるので、個別に確認はした方がいいでしょう。 ここでは、ごく一般的なお話をさせていただきます。 もちろん、熱があったり、食欲がなかったりと、いつもの体調ではない場合は保育園に行かすことはできません。 しかし、熱などもなく、子供自身が元気で食欲もあれば普通に保育園に行かしても問題はありません。 学校保健法という法律上でも、手足口病は伝染病の扱いではありません。 理由は下記の国立感染症研究所の内容にもありますが、基本的には重症化することは少ない病気だというのがあるようです。 学校保健法での取り扱い 手足口病は、学校で予防すべき伝染病1~3種に含まれていない。 主症状から回復した後もウイルスは長期にわたって排泄されることがあるので、急性期のみ登校登園停止を行って、学校・幼稚園・保育園などでの流行阻止をねらっても、効果はあまり期待ができない。 本疾患の大部分は軽症疾患であり、集団としての問題は少ないため、発疹だけの患児に長期の欠席を強いる必要はなく、また現実的ではない。 通常の流行状況での登校登園の問題については、流行阻止の目的というよりも患者本人の症状や状態によって判断すればよいと考えられる。 出典:国立感染症研究所ホームページ 感染経路は?手足口病ってうつるの? 手足口病は感染症ですのでうつる病気で、人から人への感染もある病気です。 感染経路としては飛沫感染と接触感染、経口感染です。 飛沫感染は咽頭からのもので、くしゃみや咳をした時に出るつばから感染します。 接触感染は手足口病に感染した人が触れたドアノブやおもちゃなど、手に振れたものにウイルスが付着し、そのウイルスが付着しているものを触ることによって、そのウイルスが手に付着、更にその手で口や鼻、目などを触ることによって、それらの粘膜から体の中にウイルスが侵入してしまい感染してしまいます。 経口感染については、ウイルスが便に含まれていることがあります。 便中に排出されたウイルスが人の手などにつき、やがて口に入ることによってうつることがあるようです。 また、水疱内容物からの感染することもあります。 手足口病はうつってからすぐに症状が出るの?潜伏期間は? 手足口病はウイルスに感染してから、次の日に症状が出るというわけではありませんが、比較的早い段階で症状が出始める病気です。 潜伏期間は2日~7日、1週間ほどと言われていて、もちろんその時々によって症状の出初めは異なりますが、長い場合は感染してから1週間後に症状が出始める場合もあるようです。 その後、1週間程度で、かさぶたなどになることなく治ることが多いようです。 しかし、1ヶ月ほどは、ウイルスを保持している状態が続きますので、治ったと思っても、完全に安心せず、見守っていくようにしましょう。 手足口病の予防方法はどうするの?予防接種は? インフルエンザのような予防接種は残念ながらありません。 予防はインフルエンザと基本的には同じ予防方法ですね。 手洗い• うがい• 咳チケット 感染症の予防にはやはりこれらが大切ですね。 しっかりと予防して赤ちゃんを守ってあげましょう。 冬に流行した手足口病の原因は? 2017年の夏に流行した手足口病が、12月になっても流行が治まらずに1週間当たりの患者数が12月としては、過去10年で最多となったそうです。 より このグラフを確認いただくとお分かりになると思いますが、2017年を示す紫のひし形で書かれた折れ線グラフが42週~49週まで過去10年で最も多くなっていました。 そして、この2017年の冬に流行していた手足口病のウイルスは通常夏に流行するものと、異なるエンテロウイルスA71型というものだそうです。 手足口病の基本的な原因となるウイルスは、コクサッキーA16(CA16)、CA6、エンテロウイルス71(EV71)などのエンテロウイルスというものだそうです。 その後、49週を過ぎてからは少しずつ落ち着いてきて、2018年に入って過去10年で最多というような流行は見せませんでした。 2019年の手足口病のウイルスの動向は? 2019年は少し流行するかもしれない恐れが出てきています。 というのも、第22週の定点当たりの報告数が過去5年で最も多く、19週以降増加が続いています。 まだ大流行というほどの状況ではありませんが、実際に私の子供も感染の疑いがあったり、行ってい保育園でも感染した子がいるようなので、しっかりと状況を見ていく必要がありそうです。

次の