三井住友visaカード クラシック 違い。 三井住友VISAとSMBC CARDの違いは?共通点やメリットまとめ【初心者向け クレカ基礎講座】 |Gポイント

三井住友カードと三井住友カードAの違いを徹底比較!

三井住友visaカード クラシック 違い

決済カードブランドは、その名のとおり、決済機能の使いやすさにこだわっている国際ブランドで、Visa、Mastercardが該当します。 中でも、VisaとMastercardに共通しているのが、決済システムのみを提供しているということです。 VisaもMastercardも世界中のクレジットカード会社に決済システムを提供していますが、どちらも自社ではクレジットカードを発行していないという特徴を持っています。 クレジットカードを選ぶ際は、このような国際ブランドごとの特徴について意識してみてもいいでしょう。 Mastercardのメリット Visaと並んで、世界中で普及率が高いMastercardのクレジットカードのメリットをご紹介します。 プライスレス・シティを利用できる さまざまなキャンペーンやタイアップを企画・実施しているMastercardは、 「プライスレス・シティ」というMastercard会員だけが利用できる特典プログラムを用意しています。 プライスレス・シティでは、ニューヨーク、ロンドン、ホノルル、北京、香港、シドニーといった主要都市で特別なイベントに参加できたり、優待サービスを受けたりすることができます。 2015年からは日本国内で利用できる「プライスレス・ジャパン」が導入されており、ショッピングや旅行、飲食、エンタテインメントといった分野で、特別な体験や優待サービスを受けられる特典を提供しています。 海外でのキャッシングが使いやすい Mastercardは、独自のグローバルATMネットワーク「Cirrus(シーラス)」を展開しています。 CirrusマークのあるATMなら、どこでもMastercardを使ってキャッシングすることが可能です。 世界中にある何百万台ものATMで、すぐにクレジットカードの口座へアクセスできるため、海外旅行のときも安心です。 どちらの国際ブランドのクレジットカードを持つべきか? では、実際にクレジットカードを作るのなら、VisaとMastercardのどちらを選べば良いのでしょうか。 おすすめは2枚持ちですが、その理由と注意点について確認していきましょう。 おすすめはVisaとMastercardの2枚持ち おすすめは、「VisaとMastercard両方のクレジットカードを作ること」です。 どちらのクレジットカードも世界中で広く使われているとはいえ、Visaしか使えない店舗やATMもあれば、反対にMastercardしか使えない店舗やATMもあります。 2枚持ちで上手に使い分けることができれば、店舗での支払いやATMでのご利用に困ることはないでしょう。 2枚持ちは海外キャッシングにも役立つ 現金が必要となったときに、街中のATMでクレジットカードを使って現金を引き出すことができるキャッシング。 日本国内と同様に、海外でも空港や街中、銀行などに設置されているATMでキャッシングすることができます。 海外でキャッシングする際は、VisaとMastercardの両方を持っていると安心です。 というのも、海外でキャッシングをするとなると、持っているクレジットカードが1枚だけでは、そのブランドに対応したATMを探すことが日本と比べて困難であるからです。 やっとATMを見つけても、自分のクレジットカードに対応していないということも珍しくありません。 そのようなとき、世界中で使えるVisaとMastercardの両方を持っていれば、いずれかのクレジットカードでATMを使える可能性は非常に高いです。 カードの持ちすぎに注意しつつ上手に使い分けよう クレジットカードは、紛失や磁気不良などのトラブルに備えるためにも、最低2枚持っていると安心です。 ただし、年会費がかさんだり、使いすぎたりしてしまう可能性もあるため、どのくらい使っているのかしっかり管理はしておきましょう。 年会費無料のクレジットカードも選択肢に入れつつ、 無理なく自己管理できる組み合わせで持つようにしてください。 VisaもMastercardもおトクに持てる「デュアル発行」 三井住友カードでは、「デュアル発行」というサービスを提供しています。 これは、VisaとMastercardの2枚を作ることができるうえ、2枚目のクレジットカードの年会費が割引されるサービスです。 例えば、三井住友カードの年会費は通常1,375円(税込)ですが、デュアル発行の場合、2枚目の年会費は275円(税込)と大変おトクになります。 もちろん、Mastercard1枚のみでお申し込みいただくことも可能です。 すでにVisaまたはMastercardいずれかのクレジットカードをお持ちの場合は、異なるカードブランドで同じクレジットカードにお申し込みいただくことで、自動的にデュアル発行となります。 例えば、三井住友カード ゴールドのVisaブランドをお持ちの場合、同じ三井住友カード ゴールドならばMastercardでのデュアル発行が可能ということです。 なお、デュアル発行は、以下のクレジットカードで可能です。 三井住友カード プラチナ• 三井住友カード ゴールド• 三井住友カード プライムゴールド• 三井住友カード エグゼクティブ• 三井住友カード• 三井住友カード アミティエ• 三井住友カード A Visa、Mastercard、どちらも持っておきたいという場合に、ぜひ検討してみてください。 新規入会限定キャンペーン実施中! 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。 キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。 1 2020年5月1日時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。 (注)エブリプラスを含む 2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。 今回の記事のまとめ Mastercardについて• Mastercardは国際ブランドのひとつ 国際ブランドは2つのカテゴリに分けられる• 「決済カードブランド」は決済システムを提供しているが、自社ではクレジットカードを発行していない• VisaとMastercardは、ともに国際ブランドかつ決済カードブランド Mastercardのメリット• 「プライスレス・シティ」で珍しいイベントや地元の隠れた名所などを体験できる• 独自のATMネットワーク「Cirrus(シーラス)」で海外キャッシングできる VisaとMastercardの違い• どちらのクレジットカードもほとんど同じように利用することが可能• 場所によって使える店舗やATMなどに違いがある どちらのカードを持つべきか• おすすめはVisaとMastercardの2枚持ち• 三井住友カードの「デュアル発行」を利用すれば両方を持てるうえ、2枚目の年会費は大幅割引に.

次の

三井住友カードの重複持ちは何枚まで可能か?

三井住友visaカード クラシック 違い

三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友カードが発行しているゴールドカードです。 三井住友カードでは、様々な種類のクレジットカードを発行していますが、三井住友カードのプロパーカードの中でゴールドクラスは、三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードの2種類になります。 三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードは、どちらも一般カードに比べて充実したサービスを受けることが出来るステータス性の高いクレジットカードになりますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。 そこで、三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴について、そして三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードの違いについてまとめました。 三井住友VISAゴールドカードとは? とは、三井住友カードが発行している一般向けのゴールドカードになります。 三井住友VISAゴールドカードの年会費は、10,000円(税別)となりますが、マイ・ペイすリボの登録などの割引特典を利用することで、年会費を4,000円(税別)まで下げることが出来ます。 三井住友VISAゴールドカードは、家族特約付きの海外旅行傷害保険など、付帯保険の補償内容も充実しています。 また、その他にも空港ラウンジサービスなどのゴールドクラスならではのサービスもしっかりと付帯されています。 三井住友VISAゴールドカードは、年会費割引を利用することで、手軽な年会費でハイスペックなサービスを受けることが出来る非常にコストパフォーマンスの良いゴールドカードと言えます。 三井住友VISAプライムゴールドカードとは? とは、三井住友カードが20代の方を対象に発行しているゴールドカードです。 三井住友VISAプライムゴールドカードは、20歳以上30歳未満の方限定のいわゆるヤングゴールドカードとなります。 三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は、5,000円(税別)となりますが、三井住友VISAゴールドカードと同様に、年会費割引を利用すると最大で1,500円(税別)まで年会費を下げることが出来ます。 三井住友VISAプライムゴールドカードは、三井住友VISAゴールドカードとほぼ同様のサービスを受けることが出来るにも関わらず、非常に安価な年会費で持つことが出来るゴールドカードです。 三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代の方限定のヤングゴールドカードとはなりますが、年齢が該当する方であれば非常にメリットの多いゴールドカードと言えます。 三井住友VISAゴールドカードとプライムゴールドカードはどこが違う? とはどこが違うかと言うと、まずは申し込みが出来る年齢です。 三井住友VISAゴールドカードは一般向けのゴールドカード、三井住友VISAプライムゴールドカードは20代向けのヤングゴールドカードになります。 また、三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費も異なりますが、その他付帯保険や付帯サービスなどの内容はほぼ同様となります。 三井住友VISAゴールドカードとプライムゴールドカードの違い 対象年齢 三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードは、対象年齢が違います。 三井住友VISAゴールドカードは、満30歳以上の方を対象とした一般向けのゴールドカードとなります。 対して、三井住友VISAプライムゴールドカードは、満20歳以上30歳未満の方を対象とした20代限定のヤングゴールドカードとなりますので、30歳以上の方は三井住友VISAプライムゴールドカードへ申し込むことは出来ません。 年会費 三井住友VISAゴールドカードの本会員の年会費は、初年度無料で翌年度以降は10,000円(税別)です。 三井住友VISAプライムゴールドカードの本会員の年会費は、初年度無料で翌年度以降は5,000円(税別)となります。 ただ、三井住友VISAゴールドカードも三井住友VISAプライムゴールドカードも年会費割引を利用することで、年会費をかなり安くすることが出来ます。 マイ・ペイすリボ登録とWEB明細登録などの年会費割引特典を利用した場合、三井住友VISAゴールドカードは最大4,000円(税別)、三井住友VISAプライムゴールドカードは最大1,500円(税別)まで年会費が安くなります。 ちなみに、家族カードの年会費は、どちらも1人目無料、2人目以降は1,000円(税別)です。 また、ETCカードの年会費は初年度無料で翌年度以降は500円(税別)ですが、どちらも年1回以上の利用で翌年度の年会費が無料になります。 三井住友VISAゴールドカードとプライムゴールドカードはどちらがおすすめ? とは、どちらも三井住友カードのゴールドカードとなりますが、20代の方の場合は三井住友VISAプライムゴールドカードの方がおすすめです。 三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代限定のヤングゴールドカードとなりますので、30歳以上の方は申し込みが出来ませんが、20代の方にとっては非常にメリットの大きいゴールドカードとなります。 三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は通常5,000円(税別)ですが、年会費割引を利用することで、最大1,500円(税別)まで年会費を下げることが出来ます。 三井住友VISAゴールドカードと三井住友VISAプライムゴールドカードは、対象年齢や年会費を除く、付帯保険、付帯サービスなどのスペックはほぼ同様となります。 そのため、三井住友VISAプライムゴールドカードは、1,500円(税別)という非常に安価な年会費でゴールドクラスの充実したサービスを受けることが出来るのです。 一般向けのも年会費割引を利用することで、最大4,000円(税別)まで年会費を安くすることが出来ますが、20代の方の場合はさらにコストパフォーマンスの良いへの申し込みがおすすめです。

次の

三井住友VISAクラシックカード年会費実質無料!メリットデメリットまとめ

三井住友visaカード クラシック 違い

三井住友VISAカードの特徴と種類まとめ たくさん種類があってそれぞれの特徴を覚えにくい、「 三井住友VISAカード」各種の特徴や違いをまとめてみました。 PR 三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードカードAは2項目に分けて表記しています。 通常カード カード名 特徴の一言まとめ スタンダード 三井住友VISAクラシックカード 最もスタンダードな一枚 スタンダード 三井住友VISAクラシックカードクラシックカードA クラシックよりも旅行保険が充実。 他は同じ。 スタンダード エブリプラス リボ払い専用カード ヤング層向け 三井住友VISAデビュープラスカード 18歳~25歳限定カード。 年会費は実質無料。 女性専用 三井住友VISAアミティエカード 女性限定カード。 年会費割安でクラシックカードAと同等。 ケータイ支払いでポイントが2倍 準ゴールド 三井住友VISAエグゼクティブカード クラシックカードAよりさらに旅行保険が充実 ゴールド(ヤング層) 三井住友VISAプライムゴールドカード 20代専用のゴールドカード ゴールド 三井住友VISAゴールドカード 30歳以上のゴールドカード プラチナ 三井住友VISAプラチナカード 三井住友VISAカードの最上位カード 中国滞在向け 三井住友銀聯カード 中国で最も使われている「銀聯 ぎんれん 」ブランドのカード インターネット決済専用 三井住友VISAバーチャルカード インターネット決済専用のバーチャルカード ローン 三井住友カード ゴールドローン 全国のCD・ATMでお借り入れが可能 学生カード 学生 三井住友VISAデビュープラスカード(学生) 18歳~25歳限定カード。 ポイント積算が優遇など。 旅行保険付帯なし。 三井住友VISAクラシックカード(学生) 通常 非学生クラシック と同様。 旅行保険完備。 在学中は年会費一切無料 三井住友VISAクラシックカード クラシックカードA(学生) 旅行保険が更に拡充。 年会費は税抜250円。 学生(女性限定) 三井住友VISAアミティエカード(学生) 女性専用カード。 旅行保険はクラシックカードAと同じ。 プロパーの対となるカードは「提携カード」です。 三井住友カード年会費まとめ 年会費は登録サービスなどによって3段階の割引設定があります。 この辺りも三井住友VISAカードが複雑になる要因の1つです。 わかりやすくまとめてみます。 三井住友VISAカード14種のプロパーカードは、プラチナカードを除き、永年無料のカードを含め、すべて初年度の年会費は無料です。 さらに3つの条件をクリアしていくと次年度の年会費も減額されます。 それが以下です。 WEB明細書サービスの利用で翌年度年会費一般カード500円、ゴールドカード1,000円割引• 前年度のご利用額に応じて翌年度年会費無料・半額 詳しい解説はこちらの記事を参照ください。 クラシックカードには、「クラシック」「クラシックカードA」という2種類あり、ごっちゃになりやすいので解説してみます。 この2つの違いはパッと見、補償額の違いと捉えられがちですが、実は全く異なります。 この差異をきちんと理解しておきましょう。 旅行先での死亡・後遺障害に関する補償 下記が年会費と補償内容の違いになります。 この保険は旅行中の事故による「ケガが原因で死亡」、または「後遺障害」が生じた場合に補償が受けられるものです。 クラシックカードですと、見ての通り国内旅行に関しての補償はありません。 また同じ海外旅行時の2,000万円に関しても、クラシックは「利用付帯のみ」に対して、クラシックカードAは「自動付帯」だけでも300万円の補償が受けられます。 利用付帯は、旅行代金 航空機などの旅客運賃 をクレジットカードを使って支払っている場合にのみ適用されます。 その一方の「自動付帯」を当該カード利用の有無に関わらず自動的に補償されます。 ただ、個人的にはこの担保項目に関しては自動付帯300万円と言うのは十分なメリットではないと思います。 海外旅行に関して言えば、どちらのカードであっても旅行代金をカード払いにすれば同様の保障内容だからです。 国内旅行に関して言えば、クラシックでは全く保証されませんので、クラシックカードAのアドバンテージは大きいです。 国内旅行で補償されるのは傷害死亡・後遺障害のケースのみです 旅行中のケガ・疾病に関しての補償 その他の担保項目も比較してみます。 上記金額は限度額です。 詳細は 担保項目 クラシック クラシックカードA 付帯条件 利用付帯 自動付帯 傷害治療費用 海外旅行時、怪我をしたら 50万 100万 疾病治療費用 海外旅行時、病気で入院したら 50万 100万 賠償責任 海外旅行時、法律上の 賠償責任を負ってしまったら 2,000万 2,500万 携行品損害 海外旅行時、身の回りの品が盗まれたり・壊れたら 15万 20万 救援者費用 海外旅行時、長期入院し、家族が現地に赴く際の支出に対して 100万 150万 金額の差も然ることながらやはり重要なのは、 付帯の条件でしょう。 クラシックカードAは海外旅行時のお守り代わりにとても心強いということです。 クラシックとクラシックカードAの違いまとめ• 年会費の差は250円 税別• クラシックには国内旅行に関する補償がない• 結論を先に言いますと、アミティエカードはクラシックカードAカードの完全上位互換になります。 つまり女性はクラシックカードAカードを選ぶと損します。 クラシックを選ぶと超損をします。 なお、 家族カードは男性でもOKです。 ということは、男性がクラシックカードAを申し込んで奥さんの家族カードを発行して使うよりも、奥さんが本会員として申し込んで、家族カードを男性に持った方が総合的にはお得です。 一番の大きな違いは「ポイントの貯まり方」「旅行保険がデビュープラスは付帯しない」「申し込みの年齢制限がある」この3つですね。 デビュープラスカードは、初めてクレジットカードを使う人がその仕組やクレジットカードのメリットが利用者にわかりやすいように、シンプルな仕組みであると思います。 デビュープラスカードユーザーは「出世魚」 その他にもデビューカードは26歳を過ぎてからの更新時、 三井住友VISAプライムゴールドカードに自動昇格できるのが魅力です。 さらに更に30歳を過ぎてからのカード更新時には、 三井住友VISAゴールドカードへと自動でランクアップします。 つまりデビュープラスを使い続けていれば、一般のゴールドカードまで上り詰めることができます。 まるで出世魚のようです。 笑 三井住友VISAゴールドカードは普通に申し込んで、簡単に審査を通過出来るようなカードではありません。 もちろんゴールドカードの年会費は払う必要がありますが、「マイ・ペイすリボ」にご登録しておけば、ゴールドカードは年会費が半額に減額されます。 希望しない場合、クラシックカードに切り替えも可能です。 デビュープラスカードユーザーはこんな方にはおススメです。 初めてクレジットカードを持つ人(クレジットカードを勉強したい人)• 三井住友VISAカードの中でもポイントを貯めることに専念したい人• 海外旅行に全く興味のない人• いずれ三井住友VISAゴールドカードを持ちたい 20代後半でゴールドカードを持っている人ってなかなか居ませんからね。 ゴールドカードに憧れている人にとっては、クラシックを使い続けるよりも近道かもしれません。 PR クラシックカードとゴールドカードの違い ゴールドカードの特徴を箇条書きでまとめたいと思います。 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険• 年間300万円までのショッピング保険• 全国28の空港でラウンジが無料で利用できます。 ゴールドデスクが利用可能• ドクターコール24が利用可能 医療・ストレス・健康の不安について、医療知識のある専門スタッフが電話で24時間・年中無休で相談に応じてもらえます。 情報誌「VISA」の無料購読サービス• 家族特約 カードを持たない本会員・家族会員以外の家族にも海外旅行傷害保険が付帯 が適用される ゴールドカードとプライムゴールドカードの違い 同じゴールドカードでもプライムゴールドがどれだけ優遇されているのかまとめてみました。 特典については上記で紹介したゴールドカードが両方に当てはまります。 ゴールドカード プライムゴールドカード 申込資格 原則として、満30歳以上 安定継続収入のある方 満20歳以上30歳未満で、 安定継続収入のある方 年会費 税抜10,000円+税 初年度年会費無料 翌年度以降も最大4,000円(税抜)まで割引(条件付) 税抜5,000円+税 初年度年会費無料 翌年度以降も最大1,500円(税抜)まで割引(条件付) 更新時 ー 「継続サンクスポイント」付与 (ゴールドカード更新特典) 「プレミアムグルメクーポン」付与 (ゴールドカード更新特典) 年会費は「WEB明細書」と「マイ・ペイすリボ」選択でプライムゴールド最高1,500円、ゴールド4,000円まで減額することができます。 1,500円でゴールドカードが持てます。 20代であればプライムゴールドを選んで間違いありません。 デザイン自体もほぼおなじで、小さく「PRIME プライム 」のロゴがあるだけです。 先にも紹介したとおり、プライムゴールドカードは30歳を過ぎてからのカード更新時に、 三井住友VISAゴールドカードへと自動でランクアップします。 一般カードと学生カードはどうちがうのかまとめてみます。 なので学生カード=年会費が無料と理解してください。 デビュープラスカード 一般 と 学生 の違い ただしデビュープラスカードは、一般と学生カードについて、実は全く同じものになります。 唯一の違いと言えば学生カードの場合、インターネット入会の際に、 学生の方には学校名などを入力するくらいの違いです。

次の