レクサス 認定 中古 車。 レクサスの認定中古車はなぜ高い?メリットと選ぶべき理由を徹底解説【remobii(リモビー)】

レクサスの中古車は絶対に認定中古車CPOで買うべし!非CPOはデメリットが大きい

レクサス 認定 中古 車

LS全て 118台• LS600h 9台• LS460 12台• LS500h 56台• LS500 41台• GS全て 124台• GS450h 36台• GS350 13台• GS300h 56台• GS300 8台• GS200t 10台• GS250 1台• GSF全て 11台• GS F 11台• HS全て 21台• HS250h 21台• ES全て 23台• ES300h 23台• IS全て 185台• IS350 11台• IS300h 112台• IS300 11台• IS200t 39台• IS250 11台• IS250C 1台• LC全て 38台• LC500h 17台• LC500 21台• RC全て 66台• RC350 14台• RC300h 33台• RC300 7台• RC200t 12台• RCF全て 18台• RC F 18台• CT全て 177台• CT200h 177台• UX全て 46台• UX250h 20台• UX200 26台• LX全て 41台• LX570 41台• RX全て 558台• RX450hL 31台• RX450h 250台• RX350 2台• RX270 5台• RX300 45台• RX200t 225台• NX全て 466台• NX300h 190台• NX300 52台• NX200t 224台 乗り換え 車両返却*2のうえ、次のおクルマにお乗り換えいただけます。 車両買取 最終回のお支払い額を一括でお支払いいただくか、再分割でお支払いいただくかをお選びいただけます。 詳しくはセールスコンサルタントまでお問い合わせください。 登録時点からの経過年数・お車の状態により、残価率は異なります。

次の

レクサスの認定中古車は普通の中古車とどう違う?メリット・デメリットから値引き情報まで

レクサス 認定 中古 車

では、CPO以外の中古車だと本当に何のメリットもないの?と心配になると思います。 ですが、安心してください! レクサスではCPO以外の中古車を購入した方向けの「Gリンクライト(G-Link Lite)」というサービスがあるんですよ~。 通常、新車でレクサスを購入すると「G-Link」が3年間無料、CPOの場合は2年間無料です。 それに対してG-Link Liteは、はじめから年間17,000円、契約時には事務手数料として8,000円。 (新車やCPOの場合も無料期間が終わると、契約を継続するのにはこの年会費がかかります。 ) 内容もほぼG-Linkと一緒です。 前にご紹介したG-Linkのそれぞれのサービスも載せておくのでご覧ください。 その他のGリンクライトのサービス、契約方法についてはを参考にしてください。 レクサスG-LinkとG-Link Liteの違い レクサスG-LinkとG-Link Liteの基本的なサービス内容はどちらもほぼ同じですが、少しだけ違うポイントがあります。 そして、それらの費用や修理後の自宅への搬送費用などを一定条件により負担してくれるというサービス。 しかし、G-Link LiteではJAFの手配までとなります。 まとめ G-Link Liteでは、G-Linkと年会費は同じでもちょっぴりサービス内容が違うんです。 ですが、これだけでも十分すぎるほどのサービスだとリエコ的には思いますよ。 レクサス中古車をCPO以外で購入することのデメリットは、今までたっぷりご紹介してきたレクサスオーナー限定の特典で使えないものがあるという事なんです。 オーナー特典をしっかり味わいたい!という方は、割高でもCPOを購入した方が断然いいと思います。 ですが、もう少しリーズナブルにレクサスに乗りたいという方は中古車販売店で購入するのもアリですよね。 新車保証もレクサスディーラーで点検を受ければしっかりと継承してもらえますのでご安心ください。 レクサスオーナーズラウンジには入る事はできませんが、G-Link Liteがあるので普段はあまりCPOオーナーさんと変わりなく、レクサスLIFEを楽しんで頂けることと思いますよ~。 ちなみにG-Link Liteはレクサスディーラーへ行かなくても、レクサスのから申し込みをして車のナビ画面上で手続きが完了できるので簡単です。 レクサスの中古車を検討している方のご参考になると嬉しいです。

次の

レクサスの中古車は、CPO(認定中古車)一択ではない理由

レクサス 認定 中古 車

毎週のように100キロ以上高速道路を運転するため、乗り心地がよい車で、加速も十分なものがよいと思っていました。 また、貯金もあったため、この機会にベンツ、BMW、アウディ、レクサスのいずれかにしようと決めていました。 排気量については2000㏄以上がよいと思っていたので、Dクラス、Cクラスのセダンか同等排気量のSUVがターゲットでした。 その中でもまずレクサスブランドを選んだのは店舗のサービスが良かったことに加え、部品のほとんどが純粋な日本製であるということでした。 日本のハイエンドブランドを応援したいという気持ちもありました。 車種は、GS、IS、NXで悩んでいましたが、それまで乗っていた車がフォルクスワーゲンのゴルフであったことから、GSでは大きすぎると思い、ISとNXで悩み、走行安定性の良さからISに絞られました。 個人的に外観も一番かっこよいと思い満足しています。 正規ディーラーのサービスに感動! 家から近い正規ディーラー店で購入しました。 この店舗では認定中古も取り扱っていました。 購入店舗の対応は非常に良かったです。 アポなしで訪問しましたが、いきなり試乗してみますか?と聞かれました。 この店舗は駅から近かったため、徒歩で訪問したのですが、帰りは店のレクサスで自宅まで送迎してくれました。 その後、店舗を訪問するときは、自宅まで迎えに来てくれ、往復の移動は常にレクサスでした。 このサービスには感動しました。 店舗内でのサービスは毎回コーヒーやジュース、お菓子が提供され、キッズスペースも充実しているため、子供を気にすることなく商談できました。 女性スタッフが子供の相手をしてくれることもありました。 私はほかにBMW、フォルクスワーゲン、アウディにもアポなしで訪問しましたが、買うか買わないかわからない段階でのサービスでは、レクサスが最も良かったと思います。 一方で、値引きについては新車はもとより、中古車でも基本的に提示された価格から引くことはありませんでした。 これは 「レクサスのルールで値引き自体を禁じているため」とのことです。 しかし、下取りがある場合には、下取り価格を高めにして、実質値引きを行うことはできるという話でした。 また、特にドイツ御三家などの外車からの乗り換えだとより下取り価格を高くしてくれると話していました。 中古車でも車両・サービス共に大満足! ディーラー車で走行距離12000kmのものを購入しましたが、感覚としては新車とかわらないと思います。 シートのすわり心地がよく、長時間乗っていても疲れません。 シートにホールドがついているのでカーブを高速で曲がってもしっかり保持してくれます。 認定中古車で購入しましたが、サービスは新品と変わらないようです。 レクサスオーナーズデスクが使え、全国レクサス店のラウンジが無料で使えます。 また、新車が出るたびに案内が届き、買う意思がなくても容易に試乗させてもらえます。 カーケアについては、半年ごとに点検があります。 その他、アフターケアで特筆すべきなのが、 洗車無料サービスです。 担当営業マンが空いていれば、いつでも洗車を無料で行ってくれます。 これはかなりありがたいです。 レクサスに試乗にいく前に!! レクサスは値引きが無いことで有名。 それでも交渉次第では値引きを頑張ってくれたという事例もあります。 ですが、レクサスのディーラーとはアフターサービスを通して長い付き合いになることが多いので、 過度に値引きの交渉をすると担当者とのその後の付き合いに影響が出ることは想像できますよね? そこでおすすめなのが現在の愛車を下取りではなく、 中古車販売店に売却することです。 「下取り」と「売却」どちらが高く売れるのかは需要と供給ですので、一概には言えません。 ですが、他社の車を下取りすることはディーラーにとっても利益が少なく面倒な作業。 購入の商談だけの方が担当者にも喜ばれるのです。 試乗、商談までに愛車を売却するなら を使用する方が多くなっています。

次の