岩手県コロナなぜ。 岩手県はなぜ感染者ゼロか PCR検査は? 専門家「いつまでも続かない」

神戸新聞NEXT|総合|なぜ?!岩手で新型コロナ感染者ゼロ…

岩手県コロナなぜ

岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのはなぜ? 岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのはなぜか、その理由を知るには岩手県が持つ特徴や個性を知ることがポイントといえます。 寒い気候や広い面積、豊かな自然など岩手県の特徴はたくさんありますが、新型コロナウイルス感染者がいないことと必ずしも結び付くものでもありません。 そんな岩手県で新型コロナウイルス感染者がいない理由として、次の3つが考えられます。 岩手県の人口密度は、下のように全国で北海道に次いで低い都道府県になっています。 これによって感染リスクが高まるといわれる「密閉」「密集」「密接」の3密の状態に他県よりなりにくいといえます。 じゃ北海道はなぜ多いのかという声が聞こえてきそうですが、北海道は札幌雪祭りの時に春節で中国人が大挙押し寄せたことが原因として考えられます。 人口密度(人/㎢) 1位 東京都 6,354. 79 2位 大阪府 4,631. 03 3位 神奈川県 3,807. 54 : 46位 岩手県 80. 29 47位 北海道 66. 93 さらに岩手は北上山地を中心として内陸と沿岸の2つに大きく分けられていて、人の移動も少ないことも理由にひとつといえそうです。 お上からお達しがでたことには素直に従う県民性でもあり、よく指示を守っています。 また、緊急事態宣言が発令される前から新型コロナウイルスに対しては警戒感がありました。 ここ数か月、テレビでは毎日、朝から晩まで新型コロナウイルスの話題で溢れていますから岩手にいつ入ってきてもおかしくないと感染予防に努めてきたことも功を奏してきたといえるでしょう。 今の日本社会のこれだけ人・物の行き来が激しい時代において、岩手だけ新型コロナウイルス感染者がいないというのはどうしても考えづらいことです。 岩手県の人口は現在、約122万人なのですが、そのうち約30万人が県庁所在地の盛岡市に集中しています。 北東北の玄関口で人の往来も多い盛岡市で新型コロナウイルス感染者がいないのは、もはや運がいいといいとか考えられません。 岩手県民も薄々はどこかにいるはずだと思っていますし、運が占める要素が強いのかなと思っています。 岩手の新型コロナウイルスの検査数 新型コロナウイルスの国内での感染拡大以来、問題となっている日本のPCR検査数ですが、医療崩壊を防止するという目的ですべての方に実施してきませんでした。 世界から見ても日本のPCR検査数はかなり少ないですが、そんな中で 岩手県のPCR検査数は全国最少の302件です。 (4月27日まで) 人口に対する検査人数においても0. 008%と全国最低となっており、次いで低い福島県の0. 018%と大きな差があります。 上述した人口密度の低さも影響しているので一概には何とも言えませんが、このような検査数の少なさが感染者がいないことに影響しているのではないかという声もあります。 医療崩壊を心配して検査の申し出を控えていたとすれば話は別ですが、新型コロナウイルスに感染したと疑われる症状がないということであれば、岩手の新型コロナウイルスの検査数の少なさも納得できる数字というところでしょう。 岩手の新型コロナウイルス感染者~まとめ 今回は、岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのはなぜか、検査数は十分なのかなどについて見てきました。 岩手に新型コロナウイルス感染者がいないのは、人口密度の低さ、まじめで実直な県民性、そして運がいいということが理由としてあげられます。 また、岩手はPCR検査数が全国最少となっていますが、この検査数の少なさが感染者数ゼロに影響しているかどうかは何ともいえないところです。 岩手県民も感染者はいるはずだと思っていますが、できればこのまま感染者ゼロ記録が続くことを祈ります。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

岩手県に新型コロナウイルス感染者がいない(ゼロ)のはなぜ?隠蔽や検査拒否の実態を調査│めでぃらぼ

岩手県コロナなぜ

今回は、全国で広がっているコロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについて紹介していきます。 全国で猛威を振るっている「コロナウイルス」。 4月10日に、46都道府県で感染者が確認され、残る未確認の自治体は岩手県のみとなりました。 そこで、なぜ岩手県では確認されないのか調べてみました。 また、東京などの緊急事態宣言が出された地域からのいわゆる「コロナ疎開」の影響についても紹介します。 それでは、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けします。 是非最後までご覧下さい。 4月9日・10日と最後に残っていた3県のうち、島根県と鳥取県で感染者が確認されて、残る未確認の地域は岩手県のみとなってしまいました。 そこで、岩手県でなぜ感染者が出ないのか調べてみました。 ネット上のある記事では、「岩手独自の対策があるのか?」と疑問に思って、岩手県に取材したそうですが、、、 帰ってきた答えは、 「もしあれば、こちらが教えてほしい」とありました。 どうやら岩手県民の皆さんも、他の都道府県民の皆さんと同じく、手洗いうがいといった基本の対策を呼びかけているようです。 そこで、思い当たるのが次の2つの点です。 人口が少ないこと。 県の面積が大きいこと。 まず人口ですが、、、 岩手県の人口は 約122万人で、全国で 30番台と人口が少ない県です。 もちろん人が少なければ、接触する人数が減って感染のリスクは下がりますね! 次に県の面積ですが、岩手県の面積は 約15,000㎢で全国で 2番目の広さです。 人口密度も 80. ちなみにツイッターにもありますが、岩手県の県庁所在地盛岡市の人口は約29万人で、これは東京都の豊島区とほぼ同じ人口になります。 しかし面積を見ると、盛岡市は886㎢に対して豊島区は13㎢と大きく開きがあります。 つまり、岩手県では感染者が増えている東京などのように人が密集することがなく生活していることになります。 岩手県では盛岡市の人口が一番多いため、他の市町村はもっと少なくなります。 また盛岡市よりも面積が大きく、人口密度が低い市町村もあります。 このことから、 人口の少なさと県の面積の大きさが、少なからず影響していると思われますね! 感染者が出ていないのは本当? 感染者が確認されていないことは良いことなんですが、、、、、 一部では、「検査してないだけなんじゃ?」などといった声も聞かれます。 確かに岩手県のPCR検査数は、 全国で最も少なくなっています。 実態については専門家ではないので分かりませんが、濃厚接触者などにはしっかり検査をしていて、陰性が確認されています。 もちろん闇雲に検査をすれば良いというわけではありませんので、疑われる人にしっかりと検査をしてこの検査数になっている思います。 検査数に関しては、岩手県に検査をする機関が少なく1日の検査数の上限が少ないというのも関係しているかもしれませんね。 島根・鳥取・岩手の感染症病床数。 島根:12 鳥取:30 岩手:38 感染爆発が起きたら、あっという間に医療崩壊しそうです。 — ふる どうでしょう藩士 moonkiba 感染者が確認されていない岩手県ですが、1つ心配なことがあります。 普通ならば、帰省で久しぶりに再会したり、来県で観光業などに良い影響があるのですが、今回は心配されています。 ネット上で「コロナ疎開」という言葉まで飛び交っているように、コロナ感染者が確認された地域から、多くの方が訪れて岩手県で広まってしまうのでないかと言われています。 実際に盛岡市のバスターミナルには、首都圏からのバスから多くの方が降りてきています。 岩手県には、感染症の病床があまりありません。 そのため岩手県で感染が急速に広がってしまうと、重病の患者が入院できなくなったりする医療崩壊が起きやすくなってしまいます。 岩手県の達増拓也知事も、 緊急事態宣言の対象地域からの来県を自粛するように呼びかけており、どうしても来県した場合は 2週間の不要不急の外出自粛を要請しています。 緊急事態宣言の対象となっている7都府県の皆さんなどは、感染を広げないためにも自粛をお願いします! 岩手県民の反応は? 複雑な理由だけど、岩手が注目されました。 感染者ゼロだからってコロナ疎開はくれぐれもやめてほしい。 すでに避難民が来てるから感染者出るのも時間の問題。 地方の医療は脆弱なのです。 これ以上はやめてね。 — ホモと革ジャン wrx0323 それにコロナの検査や治療できる場所が他に比べてめちゃめちゃ少ないから、コロナ疎開で岩手に来るみたいなアホな選択はやめとけマジで。 自己責任。 — 乃助 gi4nosuke2 岩手に疎開してきても2週間『自粛』していただきますので、真面目に来ないでください。 時間とお金の無駄です。 — ランペイジこんくん Gathering Round! 岩手にコロナ疎開してごらん?万が一かかっても満足のいく治療は受けられない。 本気で来ない方いいよ — maya 4y*1y alice1011maya スポンサーリンク まとめ コロナから生き残った岩手県の遠野にあるカッパ淵へ、河童を釣りに行ったのはいい思い出。 岩手県民の皆さんも心配していますが、「感染者が出ていないから安心!!」などと言って、岩手県に行くのは絶対にやめて下さいね! では、コロナウイルスの感染者がなぜ岩手で出ないのか、東京などからの「コロナ疎開」で岩手の病床は大丈夫なのかについてお届けしました。 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の

「第1号を責めません」 唯一感染者ゼロの岩手県知事 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

岩手県コロナなぜ

感染者ゼロの背景にあるものは… 岩手医科大学・櫻井滋教授: あの時、世界は変わったんですよ。 岩手県人にとって 岩手県の新型コロナ対策の専門委員会委員長の岩手医科大学・櫻井滋教授。 9年前の震災では、避難所の感染症対策などにあたった。 岩手医科大学・櫻井滋教授: 生き方、考え方、価値観が変わる体験を一度しているということが、今度の難局に向かっても生きているのではないか。 小平忠孝 県教育委員: 「復興教育」の果たした役割。 今回のコロナウイルスに関しては、子どもたちから親へ、地域へ伝わったのでは。 教育の効果が表れたのでは 着実に受け継がれる命を守る取り組み 震災で1,064人が犠牲になった釜石市にある釜石東中学校。 3年生・佐々木太一さん: いつでも自分の命を守れるように、現在もいざという時に備えて、さまざまな活動をしています 5月20日、3年生が1年生に備えの大切さを伝える生徒会の活動が行われていた。 この中学校では、震災前から隣の小学校と合同の避難訓練を行うなど、防災教育に力を入れていて、震災当日には、生徒と児童約600人が無事に高台に避難した。 3年生・佐々木太一さん: 地震や津波についてしっかり学習し、応急手当などの経験を積んでおくからこそ、いざという時に動くことができます。 いざという時には、日頃の生活態度が出てしまいます。 避難訓練を適当にやるのではなく、緊張感を持って行うことが大切です 東日本大震災から9年、防災への取り組みは着実に受け継がれている。 ーー震災の記憶はありますか? 1年生・花輪祐輔さん: ないです。 命の大切さや普通のことが周りにあることが幸せだということを改めて実感しました 生徒会では2020年度、新型コロナウイルス対策にも取り組むことになった。 3年生・佐々木太一さん: 自分から見て 紙の 下から上に折ります。 幅は1cmくらいです 20日は、キッチンペーパーとゴムを使って、緊急時のマスクの作り方を学んだ。 自分たちが今できることに取り組もうと考えたのだ。 3年生・佐々木あおいさん: 津波も一緒だと思うけれど、コロナウイルスも周りの人の命を救うためにも、支えあって協力していけば感染は防げると思う 1年生・川崎拓真さん: 命が大切なので、みんなで協力することを忘れず生活したい 命への高い意識を持つ生徒たち。 当然のように、日頃から授業の合間の換気や手洗いなどの予防対策にも取り組んでいる。 3年生・佐々木太一さん: 災害とコロナで 意識することは違うけれど、結局は自分やほかの人の命に関わることなので、共通することだと思います 「第1波が来たか、わからないうちに終わることも」 この釜石市で、実際にあの日避難した人の中にも、被災地ならではの特別な意識があると感じる人がいる。 現在、伝承施設に勤務する川崎杏樹さん。 いのちをつなぐ未来館・川崎杏樹さん: 東日本の方々、震災の被害に遭った方は、忍耐力があると思う。 他人に言われるまでもなく、抑制的な行動を元々取っていたのでゼロになったし、これからも取っていけるのではないか 被災県、岩手で続く感染者ゼロ。 岩手医大の櫻井教授は、「今の程度の努力を続けていくことで、第1波が来たか来ないかわからないうちに終わることも期待できるかもしれない」と話している。 岩手めんこいテレビ.

次の