内村 コロナ。 ウッチャン(内村光良)のコロナ感染は大丈夫?嫁の徳永有美さんが報ステ出演見合わせ

報道ステーションでコロナ!徳永アナと旦那・内村光良の番組は?

内村 コロナ

報道ステーションの富川アナが、コロナに感染しました。 一緒にキャスターを務めている、徳永アナは 大丈夫でしょうか? また、 徳永アナはウッチャンナンチャンの内村光良さんの 奥さん。 多くの番組を抱える、内村さんも大丈夫でしょうか? Sponsored Link 報道ステーションでコロナ!富川アナのコロナ 富川アナウンサーの、検査陽性がわかるまで 4月3日、4日:発熱 その後すぐに熱が下がった 4月8日頃:息切れ 4月9日まで:番組へ出演 4月10日:入院 4月11日:感染が確認された 報道ステーションでコロナ!徳永アナ 富川アナと一緒に、メインキャスターを務めている 徳永アナ。 今後、出演するかどうかは検討中だそうです。 接触があった共演者やスタッフのなかで、 発熱などの 症状を訴える人は、 現時点では 確認されでいないそうです。 また、 社内で接触があったスタッフは自宅待機になっているとのこと。 Sponsored Link 報道ステーションでコロナ!旦那・内村光良の番組は? 徳永アナの旦那さん、 ウッチャンナンチャンの内村光良さんは、 多くの番組を抱えています。 現在の内村さんの番組は以下 旦那・内村光良の番組 - スクール革命 レギュラーメンバー Hey! Say! すでに4月期の テレビドラマの多くは放送延期になっています。 バラエティ番組も、危険かもしれないですね。 ニュースだけは何らかの形で、続けられるといいのですが。 Sponsored Link.

次の

肺年齢95歳!?内村光良に迫り来る「コロナ感染」に心配の声が殺到!(2020年4月13日)|BIGLOBEニュース

内村 コロナ

1年延期で選手への影響は? の感染拡大の影響で、7月24日に開幕するはずだった東京五輪が1年程度延期となったことで、選手にはどのような影響があるのか。 1988年ソウル、92年バルセロナ五輪の体操で計4つのメダルを獲得したタレントの池谷幸雄氏(49)に、調整の難しさ、問題点などを聞いた。 「はっきりしてくれて、みんな良かったんじゃないですか。 あるかないか分からない状態で練習を続けるのは難しかったでしょう。 「全日本選手権とNHK杯、種目別大会の3つで、これから五輪の代表選手を決める予定でした。 体操に関しては、予選前でよかった。 最高の演技で出場を決めた後だったら、かわいそう。 「体操って寿命が短い。 女子なら25、26歳までやっていたら長い方。 16歳からなら10年弱です。 男子なら20代後半まで。 18歳から出たとしても10年くらいです。 1年は10分の1ですから、めちゃくちゃでかいですよ。 ケガをする時もあればという中での10年。 1年変われば計画も変わってきます。 体操の場合、1年経つと、伸びてきたり、落ちてきたりがある。 早くに決めないのはそういうこと。 だから直前に選ぶんです。 「運営側も選手側もできるだけ通常開催の可能性を、というのがあった。 政治的にとか、お金の問題、場所も。 選手側と運営側の思惑は別物。 調整がつきません。 場所、人員、チケットの販売……。 そもそもコロナ問題が終息しているのか。 「清風高校から出ましたが、1年後なら日体大の選手でした。 学校の名誉も変わってきます。 伸び盛りの若い選手はいい。 今回はダメだったけど、1年あれば、という可能性もある。 (若手有望株の)北園丈琉選手(17)はチャンス。 今年はどうかなと思っていたが、来年ならいけるかもしれない。 逆に選手(31)は来年はもっと厳しい戦いが待っています。 延期はショックでしょう。 ただ、体を休められる。 ケガを治す時間ができたと考えられたらいい。 高校1年の夏が終わって冬に入る時に、僕と西川君が監督に呼ばれて『オリンピックを狙ってみろ』と。 遅いですよね。 本番まで1年半くらいしかありませんから。 高2の秋が1次予選。 そこまで1年弱。 そこである程度、仕上げていないといけない。 半年後に2次予選、そして最終予選だった。 ちょうど伸び盛りの頃で成長過程だったのでよかった。 インターハイはあと2年は勝てるってことで、『五輪も可能性はゼロじゃない』と。 『何言ってんの?』と思いました。 その前のモスクワ(80年)は日本が参加していないので、8年間空いているわけです。 8年前(76年モントリオール)は五輪に出たいと思っている年齢じゃないし、中2で次のソウルを狙おうなんて全く思いませんよ。 開会式で人が空を飛んでいたのが一番印象に残ったくらい(笑い)。 ロスの時の体操の代表選手は、20代半ばから後半の選手ばかり。 森末さん、具志堅さんとか。 僕は14歳くらいで見ている。 五輪を目指すとしたら10年後の話で、だいぶ先だと思っているわけですよ。 五輪の規定を覚えて、高校にはほとんど行かず、半分は日体大で大学生と練習をさせてもらった。 6畳一間のアパートに監督と西川君の3人で川の字になって寝ながら合宿をしました。 大阪では清風高校の目の前にある監督の家に泊まって合宿をしながら代表の座を掴みました。 大学生が休んでいる時も練習です。 調整の難しさは違いましたか? 「全然違います。 まず年齢が違います。 高校生の時はイケイケドンドン。 ケガをしても練習をしながら治ったんです。 精いっぱいやった状態でソウルに臨めた。 ハタチを過ぎてからはケガの治りが遅い。 練習はしないといけないのに、ケガをひどくさせてもいけない。 無理したら元も子もないし。 試合をするために体調を整えること。 22歳だけど体が変わってくる。 だから22歳で引退したんです。 体操って極限までやる。 骨にヒビが入ったり、絶対に壊れてくる。 抑えつつやらないといけない。 コンスタントに練習しないといけない競技。 「他競技は代えないことはあまりないと思います。 年内開催ならそのままで問題はなかったでしょうけど、1年経ったら選手は変わります。 今年なら決まっていたのに、もし来年出られなくなった選手は裁判を起こすかもしれません。 五輪はそれだけ価値があるし、人生が変わります。 それだけ影響力のある大会に、本来なら出られたのに出られないとなると、言ってもしょうがないんですけど、言いたい気持ちも分かります。 人間は老いには勝てません。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、学校休校や部活動の制限など不自由な生活が続く子供たちと保護者が気軽に楽しめる内容になっている。 2001年に「池谷幸雄体操倶楽部」を設立。 これまで延べ10万人を超える子供たちを指導してきた。 17年の世界体操の「ゆか」で日本人女子初となる金メダルを獲得した村上茉愛(23)も教え子だ。 ネット配信を通じて時間と場所にとらわれない体操教育を提供する。 4歳から体操を始め、清風高3年の88年、ソウル五輪に出場し、団体銅、個人種目別ゆかで銅メダル。 日体大4年の92年にバルセロナ五輪で団体銅、個人種目別ゆかで銀メダル。 同年に引退し、タレントに転向。 01年に池谷幸雄体操倶楽部設立。 タレント業と並行して、村上茉愛らを育成した。

次の

「報ステ」コロナ感染は必然か、徳永有美の“自宅待機”で心配される内村光良

内村 コロナ

連日、発表される新型コロナウイルスの感染者数が徐々に少なくなってきているが、テレビ界の「アフターコロナ」は、かなり深刻な状況となりそうだ。 5月8日発売の「週刊現代」(講談社)によると、テレビ局はスポンサーからの広告出稿が激減しているという。 「記事によると、新型コロナによって民放キー局の収益は昨年度比15%から20%、金額にして200億から300億円ものダウンになるといいます。 この影響で、今後は大物芸能人の出演料を払えない状況になるのだとか。 今、の1本あたりのギャラは、300万円、170万円、140万円とのこと。 彼らがMCの番組は今年中に打ち切りとなる可能性があるとのことです」(テレビ誌ライター) そんなコロナの影響でテレビから消えてしまう可能性があるのは、だけではない。 「ヒットドラマを連発する人気女優に対しても、オファーを避ける流れが出来つつあるようです。 その筆頭が。 彼女のギャラは女優として最高ランクの1話500万円とあって、経営が悪化するテレビ局は、たとえが取れるとしても、高額ギャラを出してまで起用するというマインドにならなくなっているそう」(前出・テレビ誌ライター) 報道番組に目を向けると、リストラ危機に瀕しているのが加藤綾子だ。 「年間2億円のギャラを払って迎えていれた夕方の『Live News it!』()は、在宅率が上がってテレビの視聴層が前年比150%になっている中で、もっか一人負け状態となっています。 主婦ウケがイマイチなのに加え、頼みの男性人気も昨年にが発覚したことで尻すぼみです。 このまま行けば秋以降には間違いなく降板が検討されるでしょう」(テレビ関係者) 来年以降、テレビ出演者の顔ぶれはガラッと変わってしまうかもしれない……。 あわせて読みたい•

次の