トランス アジア 航空 235 便 墜落 事故。 台湾トランスアジア機墜落、操縦ミスで第1エンジンも停止 当局が報告書

トランスアジア航空222便着陸失敗事故

トランス アジア 航空 235 便 墜落 事故

乗客54名、乗員4名のうち、48名が死亡した。 また、この事故に民家2棟が巻き込まれ、少なくとも5人が負傷した。 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年2月) トランスアジア航空222便は台湾南部の高雄国際空港から澎湖島の馬公空港へと飛行する予定だった。 16時0分に高雄国際空港を出発する予定だったが、悪天候の影響を受け大幅に遅延し、出発したのは定刻より1時間43分遅れとなる17時43分であった。 当時、台風10号が台湾を直撃していた。 到着予定時刻は19時となり、19時頃馬公空港にて着陸を試みたが天候不良により断念した。 19時6分にはを求めたが、19時8分に事故機の機影は高度300フィート 91 m でレーダーから消えた。 この直後に墜落したと考えられている。 民用航空局は、当時の気象状況は雷雨ではあったが 降水量は45. 5 mm [ 要出典]で暴風圏からは脱しており、視界は 1,600フィート 490 m から800フィート 240 m [ 要出典]で、これはATR 72の着陸が可能とされる値であるとしたが、当時は天候の変わりが激しくリアルタイムでは視界が基準に満たなかったとの見方がある。 この事故で、墜落地点付近の民家2棟が巻き込まれ、地上で5人の怪我人が出た。 犠牲者数は当初47人であったが、病院に運ばれた11人のうち1人は病院にたどり着く前に息を引き取り48人となった。 対応 [編集 ] 事態を知った台湾政府は、「 馬公空難中央災害應變中心」(馬公航空事故中央災害対応センター)を立ち上げた。 事故原因 [編集 ] この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年2月) 最終版の事故報告書 [ ]によれば、台風10号による悪天候が原因の視界不良のため、パイロットたちは滑走路の位置を確認できないまま機体を基準の高度以下にまで下げており、彼らがを決めた際には基本的に既に手遅れであったことを指摘した。 それ故に事故原因はマニュアルに違反したであると分類されている。 合わせてリアルタイムでの天候状況を正確に伝えなかった管制側にも問題があるとされた。 事故機 [編集 ] 墜落したは、とのメーカーがで興した製の航空機で、搭載量を増大し、離着陸性能と操縦性を向上させたタイプである。 事故機のB-22810は2000年に製造され、同年7月にトランスアジア航空に引き渡された。 墜落時点の機齢は約14年だった。 エンジンはを搭載していた。 乗員・乗客 [編集 ] 機長は、60歳で経験20年・飛行時間22994時間であり、副操縦士は39歳、飛行時間2392時間であった。 搭乗者の国籍 [編集 ] 国籍 乗客人数 乗員人数 合計 52 4 56 2 0 2 合計 54 4 58 各国の反応 [編集 ]• :が、哀悼の意を表した。 映像化 [編集 ]• 第16シーズン第2話「Blown Away」 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• 三立新聞 () 2014年7月23日. 2014年7月24日閲覧。 2014年7月23日21:48. 2014年7月23日時点のよりアーカイブ。 2014年7月23日閲覧。 新頭殼newtalk. 2014年7月23日. 2014年7月23日閲覧。 三立新聞 2014年7月24日. 2014年7月24日閲覧。 airfleets. net. 2014年7月23日閲覧。 2014年7月23日. ettoday. 2014年7月23日. 2014年7月23日閲覧。 2014年7月24日. 2014年7月24日閲覧。 [ リンク切れ] 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の

続く航空機事故。危険な航空会社を見抜くには?

トランス アジア 航空 235 便 墜落 事故

乗客54名、乗員4名のうち、48名が死亡した。 また、この事故に民家2棟が巻き込まれ、少なくとも5人が負傷した。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年2月) トランスアジア航空222便は台湾南部の高雄国際空港から澎湖島の馬公空港へと飛行する予定だった。 16時0分に高雄国際空港を出発する予定だったが、悪天候の影響を受け大幅に遅延し、出発したのは定刻より1時間43分遅れとなる17時43分であった。 当時、台風10号が台湾を直撃していた。 到着予定時刻は19時となり、19時頃馬公空港にて着陸を試みたが天候不良により断念した。 19時6分にはを求めたが、19時8分に事故機の機影は高度300フィート 91 m でレーダーから消えた。 この直後に墜落したと考えられている。 民用航空局は、当時の気象状況は雷雨ではあったが 降水量は45. 5 mm [ ]で暴風圏からは脱しており、視界は 1,600フィート 490 m から800フィート 240 m [ ]で、これはATR 72の着陸が可能とされる値であるとしたが、当時は天候の変わりが激しくリアルタイムでは視界が基準に満たなかったとの見方がある。 この事故で、墜落地点付近の民家2棟が巻き込まれ、地上で5人の怪我人が出た。 犠牲者数は当初47人であったが、病院に運ばれた11人のうち1人は病院にたどり着く前に息を引き取り48人となった。 対応 [ ] 事態を知った台湾政府は、「 馬公空難中央災害應變中心」(馬公航空事故中央災害対応センター)を立ち上げた。 事故原因 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年2月) 最終版の事故報告書 [ ]によれば、台風10号による悪天候が原因の視界不良のため、パイロットたちは滑走路の位置を確認できないまま機体を基準の高度以下にまで下げており、彼らがを決めた際には基本的に既に手遅れであったことを指摘した。 それ故に事故原因はマニュアルに違反したであると分類されている。 合わせてリアルタイムでの天候状況を正確に伝えなかった管制側にも問題があるとされた。 事故機 [ ] 墜落したは、とのメーカーがで興した製の航空機で、搭載量を増大し、離着陸性能と操縦性を向上させたタイプである。 事故機のB-22810は2000年に製造され、同年7月にトランスアジア航空に引き渡された。 墜落時点の機齢は約14年だった。 エンジンはを搭載していた。 乗員・乗客 [ ] 機長は、60歳で経験20年・飛行時間22994時間であり、副操縦士は39歳、飛行時間2392時間であった。 搭乗者の国籍 [ ] 国籍 乗客人数 乗員人数 合計 52 4 56 2 0 2 合計 54 4 58 各国の反応 [ ]• :が、哀悼の意を表した。 映像化 [ ]• 第16シーズン第2話「Blown Away」 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• () 2014年7月23日. 2014年7月24日閲覧。 2014年7月23日21:48. 2014年7月23日時点のよりアーカイブ。 2014年7月23日閲覧。 新頭殼newtalk. 2014年7月23日. 2014年7月23日閲覧。 三立新聞 2014年7月24日. 2014年7月24日閲覧。 airfleets. net. 2014年7月23日閲覧。 2014年7月23日. ettoday. 2014年7月23日. 2014年7月23日閲覧。 2014年7月24日. 2014年7月24日閲覧。 [ ] 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の

復興航空(トランスアジア)墜落事故では何が起こったのか / 事故直前180秒の再現ビデオが公開される

トランス アジア 航空 235 便 墜落 事故

トランスアジア航空の本社 、台湾初の民間航空会社としてに設立。 、が原因と考えられた航空機事故が発生したことから運航を停止。 このため業態を国際線の代理業務やに転換する。 、台湾の国産実業グループの傘下入りしたことをきっかけとして、、30年ぶりに自社便での国内線の運航を再開した。 、国際チャーター便の運航を開始し、に線が就航し、本格的に国際定期路線に進出した。 2009年、への定期便運航を開始した。 、日台間のが合意されたのを受け、からの夏ダイヤよりから、、、、、への就航を申請した。 、同社初となるを、・で受領。 2013年10月中旬、航空燃油価格の高騰との出現などの影響により、シンガポール線を運航停止。 2013年11月、台湾初のとなる「」を設立。 、「全民航空」の名称について、公募で「」(台湾名・威航)との名称で決定したと発表。 異常発生時の緊急手順を怠り必要な是正措置を実施しなかったこと、パイロットの対応ミスによりに墜落、43名が死亡、17名が負傷した。 、V Airのをもっての全面運航停止と同社との合併を発表。 同年までは一部早期運航停止路線を除き運航予定。 同時にV Airから台北 - 福岡、チェンマイ線は8月末までに新たな運航を申請し、引き継ぎ就航予定。 同年に、上記統合案を撤回。 V Airを存続させたうえで、10月1日から1年間の休業に変更した。 2016年、22日のトランスアジア航空便全ての運航を停止すると発表した。 2016年午前に開いた取締役会で、運航の終了と会社の解散を決議した。 発券済みのに対しては、払い戻しや他社便への振り替えを実施した。 また、林明昇らに対し、があったとして調査を進めている。 - 線を除く運航停止路線については、の決定でからのまで、(国内線は、子会社の)が運航を引き継ぐこととなった。 定期便 [ ] 国内線 [ ]• - 、、• - 馬公、金門• 、、、、、、、、、、、、、• 、、、、、、• 2016年11月21日現在 保有機材 [ ]• :6機• :5機• :8機 2016年11月21日現在• ATR72型機 マイレージサービス [ ]• Legend Flight Club(TNAレジェンドクラブ、: 復興會員俱樂部)• 無料特典航空券への交換には、国内線の往復チケットが10,000マイル、国際線では35,000マイルが必要だった。 事故 [ ] 藍天鵝墜落事件 、藍天鵝が5時45分に7名の乗客を乗せを出発し、6時10分にへ向け、「高度1フィート距離台北の80浬」と交信をした後失踪。 の軍事顧問4名が同乗していたことにより、アメリカと台湾当局による72時間に渡る捜索でも墜落の痕跡を発見できず、10月1日が中華人民共和国の建国記念日であったこと、またの王緒や馬防部副参謀長鈕英らを乗せていたことより、王によりハイジャックされ中国本土へ亡命したと考えられ、運航業務を停止し業態転換を図った。 2012年、馬祖島の漁師の網にプロペラが掛かり解析した結果、2014年に米国製のPBY-5Aに使用されたのものと判明し、藍天鵝のものと確定。 これにより、55年余りを経て墜落していたことが明らかとなった。 2015年1月現在も墜落理由は判明しておらず、陰謀論も出ている。 引き上げられたプロペラは高雄空軍基地で陳列展示されている。 関連項目 [ ]• - トランスアジア航空が2013年に出資して設立された。 2014年12月就航、2016年9月運航停止。 脚注 [ ] []• (中国語)• 関西国際空港株式会社 [ ]• 柯安聰 2012年11月26日. 自立晚報. 復興航空官方新聞 [ ]• Aviation Wire. 2013年8月8日. FlyTeam. 2014年1月24日. の2016年8月9日時点におけるアーカイブ。 中央社フォーカス台湾. 2016年8月28日. ロイター. 2016年11月21日. 中央社フォーカス台湾. 2016年11月21日. 日本経済新聞. 2016年11月22日. トランスアジア航空. 2016年11月22日. の2016年11月22日時点におけるアーカイブ。 中央社フォーカス台湾. 2016年11月22日. 中央社フォーカス台湾. 2016年11月23日. 日本経済新聞. 2016年11月24日. - 復興航空 2016年11月• - AirFleets. net• (2014年3月21日時点の) - トランスアジア航空• (2014年3月21日時点の) - トランスアジア航空• 中時電子報. 2014年6月1日. 馬祖日報 電子報. 2015年1月3日. の2015年2月4日時点におけるアーカイブ。 馬祖日報. 2015年11月2日. の2015年2月7日時点におけるアーカイブ。 毎日新聞. 2014年7月23日. の2014年7月25日時点におけるアーカイブ。 TVBS新聞. 2014年7月23日. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (中国語) (日本語) (英語)• - (日本語)• - (中国語)• - チャンネル.

次の