タイピング 寿司 できない。 ブラインドタッチができない僕が、タッチタイピングの練習を始めた結果www

【寿司打のコツ】タイピング速度を上げたい学生は必読!練習方法や始め方は?

タイピング 寿司 できない

タイピングを練習してもなかなか上達しない• センスがないから?• それとも何か上達するコツがあるの? こういった疑問にお答えします。 この記事の内容• タイピング初心者が陥りがちな落とし穴• タイピングが誰でも必ずマスターできる理由• 初心者の頃に実際に行っていた練習法 この記事を書いているぼくは、タイピング歴13年ほど。 小学生の頃からタイピングを始め、現在は仕事やプライベートで1日10時間以上はキーボードに触れています。 また、パソコンのインストラクターのお仕事もしているため、初心者の方からよくタイピングの相談も受けるので、そういった観点から初心者の方にも分かりやすく解説していきます。 スポンサードサーチ タイピング初心者が陥りがちな落とし穴 タイピングを始めた頃によく陥りがちなのが、キーボードのキーの位置を全て 覚えようとしてしまうことです。 これが、なかなかタイピングが上達しない理由です。 タイピングが早い人は、キーの位置を考えながら打っていません。 自転車に乗るときに、乗り方を意識しなくても乗れますよね。 それと同じように「りんご」と打ちたいと思ったら、指が自然にそのキーの位置に移動するイメージです。 このあたりは、感覚的な部分もあるので言葉で説明しづらいですが、練習方法のところでもう少し詳しく解説します。 タイピングは誰でも必ずマスターできる タイピングにセンスは必要ありません。 タイピングをマスターするコツは、クセをつけることです。 「HAPPY」と打ちたいときに、「H」はどこだっけ?と探すのではなく、指をこのへんの位置に動かしてキーを押せば「H」を入力できるという感じで入力します。 「指をこのへんの位置に動かす」というクセがつけられると、タイピングは一気に上達します。 スポンサードサーチ 初心者の頃に実際に行った練習法 ぼく自身が小学校の頃に、実際に行っていた練習方法をご紹介します。 小学生にもできたので、あなたにも絶対できるはずです! ステップ1 ホームポジションを覚える 徒競走のとき、スタートラインに指を置くように、キーボードも入力を始める前に指を置く位置が決まっています。 これをホームポジションというのですが、手元を見ずにすばやくタイピングをするには必須です。 入力を始める前と入力を終えたあと(次の入力を始める前)には、必ずホームポジションに指を合わせるようにします。 指の置き方は以下の図を参考にしてください。 引用:ちびむすドリル小学生 指を合わせるコツとして、「F」と「J」のキーの上にある、小さな突起を目印にします。 こうすることで、キーボードをいちいち見なくてもホームポジションに指を合わせられるようになります。 メモ帳などを開き、あいうえおと打ってみる 次は実際に文字を打ちながら練習してきます。 メモ帳やワードなど何でもいいので、文字を入力できるソフトを起動させてください。 ホームポジションに指を置き、「あいうえお」と入力してみます。 打ち終わるたびにホームポジションに指をセットするのを忘れないでください。 「あいうえお」ー「ホームポジション」ー「あいうえお」…と連続で入力していきます。 少しなれてきたら、徐々にスピードをあげていきます。 限界までスピードをあげて20回は繰り返し入力してください。 速い速度で同じワードを繰り返し入力していくと、頭で考えて打つ余裕がなくなります。 「この順番で指を動かせば打てる」という感覚で打つことによって、クセをつけていきます。 20回程度打てたら、同じ要領で「かきくけこ」も練習してみましょう。 これを50音分すべて行います。 最初のうちはこれを毎日繰り返します。 タイピングサイトを使って腕試し 1週間も練習すると、キーボードに少し慣れてきます。 そのタイミングで、タイピングサイトで腕試ししてみましょう。 おすすめをまとめます。 どちらもタイピングの練習ができる有名なサイトです。 最初はスコアが低くても心配する必要はありません。 できるだけ手元を見ないで入力するように意識してみてください。 タイピングが上達するとこんなに便利 タイピングをマスターすると下記のメリットがあります。 練習を頑張るモチベーションにもなるので、ぜひ覚えておいてください。 作業のスピードが早くなる:打てる文字数が増えるので• 考えることに集中できる:考えなくても打てるので• 長時間作業しても疲れにくくなる:目線がモニターとキーボードを行き来しなくなるので• 資格取得に活かせる:P検ではタイピングの実技テストがあります スポンサードサーチ.

次の

ブラインドタッチができない僕が、タッチタイピングの練習を始めた結果www

タイピング 寿司 できない

ブラインドタッチ(タッチタイピング)とは タッチタイピング(英: Touch typing)とは、パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。 ブラインドタッチ、タッチメソッドとも呼ばれる。 要は、キーボード見ずに叩きなさいってことらしい。 キーボード見なきゃ、文字打てないよ。 しかし、各キーの場所を把握できていない僕が、いきなり見ずに打つなんてできるはずがありません。 見ないで打つためには、基本的なキーの場所を把握することが必要です。 そこで、まずはキーの場所を覚えることだけを目指しました。 この時に利用したのが、以下のサイト 作って遊べる無料タイピング練習サイトのmytypingです。 この中にという、超初心者向けの講座を発見したので早速講座を受けてみました。 このサイトでは徹底して以下のことに気をつけました。 キーがどの位置にあるのか• どの指で押せばいいのか 練習時間は、1日あたり30分程度でしょうか。 今現在では、目を閉じていても任意のキーを押せるようになりました。 さすがに、タタタターンッ!と高速で入力することはできませんが、当初目標に掲げていたブラインドタッチはマスターできました。 振り返ってみると、ここでしっかりと基礎を抑えたのが良かったのかもしれません。 練習を始めてすぐは、早く入力したい一心でキーボードを叩いてました。 しかし、早く入力するには、指にキーの場所を記憶する必要があります。 早く入力したところで間違いだらけだと、気分がかなり萎えてきます。 なので高速で入力したい気持ちを抑え、日々少しずつ少しずつ指にキーをなじませるのは、ちょっとしんどかったです。 毎日少しずつ練習しまでクリアできるようになったら、次のステップへ進みましょう。 (本日もなんとかクリアできました。 8回で、正誤率は94. 7%でした。 他のタイピングソフトでも実力を検証してみる。 たまたまマイタイピングと僕の相性がよかっただけ?の可能性も否定できないので あえて別のタイピングサイトで実力を検証してみました。 使用したのはこちらのサイト おすすめ ここので検証してみます。 結果は以下のとおり。 入力文字数394文字に対して、入力時間2分21秒(141秒) ここから打鍵を導きだします。 8 正解率は93. 65% イータイピングでのレベルはC、スコアは124〜140で 「個人的な用途でのパソコン利用には問題のないレベル」だそうです。 オフィスワークレベルには、まだまだ達していないようです。 泣 2つのサイトから平均を出してみる。 イータイピングの結果は、マイタイイングと比較してみても、そこまで大きな差はなかったです。 そして、2つのサイトの平均から 打鍵 2. 175% が、自分の実力だというのがわかりました。 まとめ フリック入力習得の時もそうでしたが、何事も日々の努力が欠かせないというのが身をもって理解できました。 でも、基礎を習得できれば、ブラインドタッチができなかった頃よりも数倍も文字入力が早くなり、時間も効率化できること間違いないでしょう。 この記事を最後まで読んで頂いた方で、ブラインドタッチができない方は これを機会に、ぜひ習得してみてはいかがでしょうか? 僕にでも出来たんです。 必ずあなたにも習得できます。 かならずね。 できなかったことができるようになる快感を、ぜひ体験していただければ嬉しく思います。 記事の作成にかかった時間は、1時間38分でした。 ほぼブラインドタッチで行いました。 最後までお読みいただきありがとうございました! 経過報告 キーの配置を覚えることから初めて、ほぼ2ヶ月が経過しました。 キー配置を覚えてからは、速さよりも正確さ重視で練習して ある程度伸び悩んできたら練習らしい練習はしないようにしました。 一応、毎日何かしらパソコンは扱うのでそれが練習の代わりになっていたのですが。 で、2ヶ月経過した今日テストしてみたところ、マスターまであと一歩のところまで上達していました。 いやいや、嬉しい。 ただただ嬉しいです。 2017年12月 何の不自由もなくタイピングできるようになりました。 今でも、日頃のパソコン作業でタイピングミスが多く感じた時には1、2回練習するようにしています。 が、自転車と同じで一度体が覚えた事は、なかなか忘れないようで、すぐにスコアも回復します。 初めのうちに、しっかり反復練習した賜物だと確信しています。 ブラインドタッチができず、文章作成に時間がかかる人は、ブラインドタッチを覚えましょう。 初めのうちは、ブラインドタッチを練習している時間がもったいないと感じるかもしれません。 しかし、身につきさえすれば今後の作業時間の大幅な短縮が見込めます。 ブラインドタッチが早くできれば、あなたの自由な時間が増えてより良い結果をもたらす事でしょう。 応援してます。 あきらめずに頑張りましょう!.

次の

無料タイピング練習

タイピング 寿司 できない

タイピング早くならない・遅い場合の上達方法 人それぞれタイピングを打つ環境(パソコン・キーボード)は違いますが共通してできるpointなどを詳しく書いていきます。 分かりやすいように「 初心者編・ 上級者編」で分けてみました。 初心者編「基本のやり方・手の位置」 初心者編では 『タイピングを始めたばかり』 『全くうまくならない』 『単語入力がやっと』 というような人用に解決策を書いていきます。 ホームポジション(指)の固定 タイピングをする上で「 ホームポジション」は1番重要です。 ここで間違った覚え方をしていると頑張って練習してもなかなか早くはなりません。 ホームポジションさえしっかりしてればどんどん上達していきます。 もし指が分からなくなったら 「 左手人差し指:Fキー」「 右手人差し指:Jキー」だけ覚えておけば後は横に指を広げていくだけでホームポジションが完成します。 最初は手や指が慣れていなく、「 ホームポジションがずれる」ということも多いと思いますが、練習していくうちに段々と手や指が慣れてくるので安心して下さい。 絶対にキーボードを見ない「ブラインドタッチ」 「 キーボードを見ないで打つ」というのは当たり前のようで意外と忘れがちになっている習慣の1つです。 特に初心者の頃は、 ミスタイピング(文字を打ち間違える)度にキーボードを見てしまうのでそれがクセとなってなかなか上達しません。 管理人も昔は常にキーボードを確認するクセがあり、その習慣のせいでブラインドタッチがなかなか身につきませんでした。 コツとしては『 どんなにゆっくりでもいいので正確に、キーボードを絶対に見ない』これを意識するだけで少しづつ体がキーボードの配列を覚えてくれます。 毎日1回は「50音+濁音+半濁音」の練習 いくら頭で理解しても結局は「 体や指が感覚として覚える」という状態に最終的にはならないといけません。 時間も 5~10分程度でできるので「 体で覚える・早く打てるようになる」為の基礎には欠かせない項目だと思います。 ゲームで上達&腕試し 管理人もそうでしたがタイピングを『 何から初めて良いかわからない、』という人はゲームで覚えるのがおすすめです。 タイピングソフトはゲーム感覚ででき、 『 基礎から学ぶ』 『 基礎を覚えたら腕試し』 と、初心者~上級者まで使うことができます。 管理人は「 特打ヒーロー名探偵コナン」で打ち方・ブラインドタッチなどの基本をすべて覚えました。 これを継続していくと、知らないうちにタイピング速度もかなりUPしています。 変換のタイミングを覚える 文章を作る際に「 変換」は必ず何度も使用します。 ただ、変換のタイミング(区切り)を間違えてしまうとかなりスピードダウンになります。 良い例 「 切手を集めるのが趣味です。 」 悪い例 「 切ってを厚めるのが趣味です。 」のように細かく区切って行くことで誤変換が少なくなりタイピングもスムーズにできるようになります。 変換箇所は練習を積めば自然と分かってきます。 「タイピング練習+ライティング」でお金を稼ぐ 「 書いた文章がもったいない」 「 効率よくやりたい」 「 練習ついでにお金も稼ぎたい」 このような場合はタイピングソフトで練習するより「 クラウドソーシング」などで文章を投稿するほうが効率的です。 在宅なうえ、初心者や主婦の方でも投稿できる内容がいっぱいあります。 管理人も登録していますが日本最大級の「クラウドワークス」なんかが安全性・選べる仕事内容と、在宅ワークスの中では1番有名だと思います。 クラウドワークスは専門知識がいらない案件が多いので誰でも気楽にできるのが特徴になります。 在宅ワークなうえ、やりたいときだけできるのでクラウドワークスに登録だけしておくと便利でおすすめです。 おっさんになってから始めた管理人でさえ、今では1日に 3~4000文字程度はブログに全然書けるので年齢や始めた時期なんかは全く関係ないです。

次の